【日本版ラストオリジン】永遠の戦場予習。少しでも深奥を目指す為に留意しておきたいこと【本国版からの予習記事】

2021年6月29日

スポンサーリンク
日本版公式Twitterにて紹介された永遠の戦場画面
日本版でもようやく開催されそうな永遠の戦場での具体的な準備策を掲載します。

公認wikiで既に紹介済みです。

ロビーからも飛べる公認wikiこと攻略ガイド。画像クリックで飛びます
当ブログでも掲載済みです。
永遠の戦場装備の性能や具体的な流れについでも掲載しています。

 

予測が正確である可能性が高いと見ている根拠

“韓国版(以降本国版と表記)の特定地点のデータを使用するから"となっています。

司令官の皆様への定期通信 Vol.5より

日本版ラストオリジンは“本国版特定地点のデータ+日本語化パッチ等などが当てられたもの"と推測できます。

実際サービス開始からこれまでの全てのイベントに参加してきた筆者の体験談からしても
(昇級の実装されていなかった頃のオリジンダストなどの特例を除いて)
ほぼほぼ全く同じ内容となってきました。
上記により日本版ラストオリジンの内容が本国版と同じになる可能性は非常に高い、と見ています。

第1次永遠の戦場:参考動画

永遠の戦場第1次の動画がありました。
投稿者さんに感謝を。
本国ではハロウィンイベントの頃に始まったものでして、丁度1年前の後発アプデ状態の日本版も同様にハロウィンイベント中に開催されるのではとTL内(Twitterのタイムライン)で噂が絶えませんでした。
 
Ver1.0環境かつ敵味方ともにハロウィンイベントまでの入手キャラクターかつ敵エネミーでの永遠の戦場となっています。
 
Ver2.0となった日本版が同じように本国版でVer1.0環境での最初の永遠の戦場を出すのか、は不明です。
だいたいの確認に使用下さい。

※音が出ます。ご注意下さい。

 

永遠の戦場における攻略ポイントについて

永遠の戦場についての考え方と、上記動画からも分かることは以下になります。

・ありとあらゆる敵エネミーが出現する
・事実上手動前提。全階層オートは研究必須
・全階層で見ると完全回避といった概念が通用しない。基本的に被弾前提保護機軸が有効
・同様の理由で完全命中もある程度は諦めも肝心
・防御貫通やバリア/被ダメージ軽減無視を所持する攻撃が有効
・防御無関係の属性攻撃も有用
・これまでは見られなかった組み合わせで厄介なエネミーを保護していることも。保護無視や強化解除も有効
・特殊耐性のエクスキューショナーも出現。手数のない編成をメインとしているなら2PT目も用意する必要がある

最大3部隊+友軍の4部隊を使用できますので、時には部隊を切り替えながら進めることも大事です。

どの編成を用いても1部隊が全滅したらそこで終了です。

(21/05/29追記:勘違いしておりました。1部隊目が全滅しても2部隊目以降で攻略続行が可能です。)

また、Wave間回復も不可能な為いかに敵編成の強みを崩すか、が重要となってきます。
多用な編成を組める戦力があるかないか、が重要です。

後半には永遠の戦場仕様のエネミーが出現することも

特定のボスエネミーは強化特別仕様で登場します。
基本的には従来と同じですが、舐めてかかると壊滅させられることも。

永戦仕様ストーカー

▼変更点
・倒されても爆発しない
・ラウンド経過ごとに防御貫通能力が増加する
 
▼対策
・攻撃を集中させ可能なら速攻で片付けたい

永戦仕様プレデター

▼変更点
・HP25%以下から防御+40%、被ダメ-40%バフを獲得するようになっている
・従来通り瀕死時限定の攻撃特化バフが発動されやすい。動かれると超痛い
 
▼対策
・防御貫通や被ダメージ軽減無視を用いる
・行動遅延も有効

永戦仕様トリックスター

▼変更点
・被弾の度に攻撃力増加効果を獲得
・5回被弾すると高回避+反撃を所持
 
▼対策
・雑に攻撃せず威力の高い攻撃のみ確実に命中させる
・反撃発動バフを5回蓄積しきる前にターンを移しカウントをリセットする

永戦仕様レーダー

▼変更点
・支援攻撃まで行うようになっている
・味方が倒れるごとに回避が増加するだけだったが周囲に強化バフまで付与するようになっている
 
▼対策
・レーダーを集中攻撃し先に潰す

永戦仕様アンダーウォッチャー

▼変更点
・ブレードが増えている
・本体を倒してもジェネレーターが残っている限り全滅しない
 
▼対策
・従来通りの攻略推奨
・ジェネレーター→ブレード→本体推奨

永戦仕様エクスキューショナー

▼変更点(6-8EX仕様?)
・ロングブレードが増えている
・シールドまたはロングブレードが破壊されると行動不能になるが攻撃力が2倍バフ獲得
 
▼対策
・従来と同じ。斜めに配置すると甚大な被害を受ける
・攻撃力増加バフが消えるまで待ってから攻撃を重ねるのも有効
・軽装デコイの回避350または400と攻撃回数が重要

ギミック解説記事はこちら。


まだ見ぬ強敵たち

今回の記事では割愛します。
永遠の戦場限定で出現するエネミーも存在します。
どっかで見たことあると思いますが特別仕様なのでまたちょっと違います

 

積みまたは壊滅想定の仮想敵対策を行う

本国では幾度と無く開催されてきた永戦ですがだいたいいます。
第1回の開催をそのままもってくると想定してハロウィンまでの敵での要注意エネミーを紹介します。

 タランチュラ 

▼対策
・強力な炎攻撃と自爆を行う。炎缶など炎耐性が欲しい
・高回避エネミー。命中400あれば安心かも

ケミカルチックType-X

全てのダメージを1にする特殊耐性持ちだが炎属性攻撃に非常に弱い

▼対策
・炎属性攻撃を命中させることでそのラウンド終了時に大爆発し周囲を巻き込む
・シラユリなど炎属性アタッカーが有用。メイのアクティブ2で爆破できたりも
・強化解除攻撃を叩き込んで問答無用で倒すことも可能

 チラー

浸水状態で攻撃を受けると強化解除を行う
アクアチックと同時出現が多い
浸水状態でラウンドを迎えると回避が+120%され195%まで増加するだけでなく浸水が切れるまで被ダメ最小化バフを獲得する
オートだと思わぬ事故になりがち
 
▼対策
・アクアチックともどもまとめて倒すか次のラウンド以降前に倒す
・浸水ブーストは炎属性攻撃で無力化できる。炎属性攻撃を叩き込むのも有効

ナイトチップType-S (通称赤チック)

6区EXでお馴染みクソエネミー

▼対策
・ラウンド経過ごとに回避が50%ずつ増加していく為積みポイントになりがち
・最大までぐだっても命中450などの高命中の強化解除を叩き込めば大人しくなる

 テストゥド

チョコ女王でも猛威を振るったクソエネミー。
味方を優先して5体倒されると発狂し攻撃性能が爆発的に上昇する
 
▼対策
・バリア/被ダメージ軽減無視または解除攻撃が非常に有効
 -ポイ、ラビアタ、シャーロット、レアのアクティブ2、スパトイアなど

 チックエンペラー

6-3EX、6-4EXと同一固体。動かれると超痛い。前列優先。
味方が死ぬごとに攻撃力が増加し最終的に発狂する
▼対策
・ひたすらタフな為集中攻撃推奨
・事実上LRLなどの行動遅延を繰り返し封殺したり行動力を盛りまくって動かれる前に潰すかの2択

用意しておきたいものまとめ

・メインアタッカー、バフ解除役は高命中推奨
・火炎属性対策と冷気属性対策ができていると良さそう
・バリア/被ダメージ減少無視、防御貫通、属性攻撃アタッカーが有効
・敵編成の強みを起動前に潰す戦術が有効。総じて行動力ブーストましまし速攻編成が有効
・エクスキューショナーなど対策必須エネミーも存在。広範囲圧殺編成と手数編成があると良さそう
▼高命中確保
ー命中チップ、超精密照準器など
 
▼属性耐性
ー耐熱コーティング、耐冷コーティングなど
 
▼耐久確保
ー防御チップ、バリア、防御OS、回避チップ、補助ブースター、標準OSやマニューバなど
 
▼バリア/被ダメージ軽減無視、防御貫通など
ー対装甲装備、戦略爆撃装備、分析装置など
 
▼行動力
行動力チップ、エネルギーパック、グランクリュチョコレート、出力制限解除装置など
 
▼火力確保
クリティカルチップ、攻撃チップ、対軽装OSや対重装OS、対機動OSなど
 
大体筆者の強化優先度及び強化枚数通りです。
参考になりそうな記事はこちらです。

まとめ

今回は、永遠の戦場への姿勢と具体的に用意しておきたいものを掲載しました。

・全階層完全オートも研究されているが敷居が非常に高い
・序盤はソロランでも可能。中盤はオートでも平気そうだが終盤は手動がいいかも
・永遠の戦場仕様の敵も登場。14層以降は既知のボスでも何かが違うこともある為要注意
・過去の全てのイベントから厄介エネミーも再登場。対処法を誤ると壊滅の恐れも
・高命中の確保や確実にダメージを通す手段を用意する幅広い対応力の編成が求められる。いっそ複数編成を用意も有用
・上記理由から幅広いキャラの育成と装備強化を進めておくと楽ができそう。特に速攻編成がオススメ
と、いう記事でした。
あくまで永遠の戦場初回から実装されるだろうという予測の為、実際にはVer2.0実装当時のものかもしれません。
そうなった場合上記に加えセントオルカのフロストバイトやチックコマンダーなどが加わります。
 
永遠の戦場は高難易度エンドコンテンツですし、
開催期間が本国では2週間ペースだった為これまでの

「まったり完全放置するだけのゲーム」

と比べるとちょっと忙しいと感じるかもしれません。
実際本国ユーザー間では「宿題」なんて呼ばれたりもします。

が全階層クリアを目指さなくても序盤適当にいけるとこまでを繰り返して少しずつ報酬を溜めての交換を目指すのもいいと思います。

上級者は腕の見せ所として。
初心者は実力の確認として。
各々の楽しみたいペースで挑戦し、報酬目指して楽しめたらいいな、と思います。
 
参考になりましたら幸いです。
Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
Ver2.0予習記事一覧はこちらです。ついでにどうぞ。
スポンサーリンク