【日本版ラストオリジン】Ver2.0アプデ後の新挙動”再攻撃”編。慣れないとびっくりするかも【本国版からの予習記事】

2021年6月29日

スポンサーリンク

当記事では、Ver1.0環境と比べスキル調整により挙動が変化する要素のうちの1つ、"再行動"について紹介します。

はじめに:大前提の説明

日本版のVer2.0アップデートでは、大きくスキル調整が入るキャラクターが存在します。

定期通信Vol.4より
本国版では定期的に調整が行われていましたが、日本版はこれまでほぼほぼ行われずに現時点に至っています。
日本版では小さな調整も含めてまとめてVer2.0アップデートで行う可能性が高いです。
中には別キャラのような運用となるキャラクターも存在することを大前提とさせて頂きます。
本国版のVer2.0アップデート時の大幅調整の一覧はこちら(韓国語)。
より知りたい方は翻訳機に通すなどして各々での確認をされて下さい。

その他の多くの敵を巻き込むよう範囲攻撃を使用する、と保護の仕方の変化や戦闘以外の全体的な変化については過去の記事で紹介済みです。

あわせてどうぞ。

再行動(または再攻撃)の分かりやすい動画

※音が出ます。ご注意下さい。

こちらの動画の2:00~あたりからが特に分かりやすいです。

4回行動していることが分かるかと思います。

Ver1.0までの知識だと、ここを見る限り2回しか攻撃できないと分かりますが異なった挙動をしています。

剣のマークと"재공격"と表示されています。日本語訳すると"再攻撃“、となります。

Ver2.0環境ではこのような挙動を行うスキルへと変化するキャラクターが登場します。

 

再行動(再攻撃)所持となるキャラクター一覧(本国版Ver2.0アップデート直後)

筆者が把握している分では以下の4人(シャーロット、ポイ、クイックキャメル、カリスタ)となりそうです。

 

シャーロット

アクティブ2は強化が入ります。
パッシブ1に追加"再行動"が追加されます。

– シャーロット
運用利便性改善のため一部アクティブパッシブスキルが調整されました。
<変更詳細>
*アクティブスキル2:フィナーレ
– 被害量の増加が一般標識挑発にも一部適用されるように調整されました。
– スキルレベルあたりの威力増加数値が上昇しました。

*パッシブスキル1:デュエリスト
– 最大重複時、再攻撃効果が追加されます。

3回攻撃力増加パッシブが重なった場合、バリア/被ダメージ軽減無視に加え再行動効果が追加されます。

冒頭の動画で4回行動しているのは2回の行動+デュエリスト3回蓄積の為再行動発動状態、となっている為です。

 

ポイ

本来はVer2.0環境で実装される予定でしたが、Ver1.0環境では一部再現できなかった為事実上日本独自仕様になっていました。

パッシブ3の性能の一部が軽装保護機のみ+コンパニオンシリーズへと変化します。

コンパニオンシリーズ:ブラックリリス、城壁のハチコ、CSペロ、フェンリル、スノーフェザー、自分は再攻撃

・軽装型保護機、コンパニオンシリーズ所属戦闘員に攻撃支援(自身には再行動)を付与する
・自身の回避+12~30%
興奮状態が解除された時、追加で回避+5~50%

ラストオリジン攻略wiki(本国版日本語wiki)より

ちなみに、Ver1.0環境とでは扱いを改める必要性があります。

本来過興奮状態は1でも攻撃を受けると解除され、2回待機後にしか再度適用されません

しかし現日本版のVer1.0環境下では被弾しても次のラウンドには即座に回復している異常な状態となっています。

ポイのスキルは全て過興奮に依存しています。

現日本版のVerでは軽装デコイなどに使用できますが、Ver2.0では活用できません。
一切被弾しない編成にする必要があります。

クイックキャメル

一気に扱いやすくなります。

– クイックキャメル
運用利便性改善のためスキルが全体的に調整されました。
<変更詳細>
*アクティブスキル1:デュアルマシンガン
– スキル威力が増加しました。

*アクティブスキル2:180mmロケット砲
– スキルレベルあたりに威力が増加しました。
– 標識移動不可対象の追加被害量の数値が増加しました。
-防御貫通数値が増加しました。

* パッシブスキル1:歩兵支援
– AP増加効果が軽装型にも適用されるよう調整されました。

* パッシブスキル2:起動間射撃
– 攻撃力 クリティカル増加 受けるダメージ減少効果発動が行動力増加時 -> 条件なしでラウンド開始時に変更されました。
– 的中増加の効果が削除されました。
– 移動時、行動力増加効果が削除されました。
– 自分を除いた<アンガーオブホールド>隊員1基当たりの行動力増加効果が追加されました。
-範囲内の「アンガーオブホード」隊員の攻撃を支援する機能が追加されました。

もはやよく分からないのでwikiを2つ並べます。編集者さんに感謝を。
(当初左右逆だったんですが後で気づきました。慣れてないことしてるので許してクダサイ)

※あくまで今現在の本国版の倍率です。Ver2.0直後のものとは異なる可能性があります。

パッシブ2の発動には手動前提だったスキルがオートでも発動するように調整されるだけでなく、再行動まで行うようになります。

これにより軽装速攻パの攻撃支援役としてより活躍できるようになります。

 

カリスタ

もはやほぼ別キャラになります。

– A-54 カリスタ
アクティブパッシブスキルが活用しやすいように調整されています。
<変更詳細>
*アクティブスキル1:照準砲撃
– スキル使用時の的中増加効果がバフ方式から的中補正方式に変更されました。 (スキルレベルあたり+4%補正)
– ダメージ量増加の効果が、標識移動不可対象のダメージ量増加から敵が前列に近いほど増加に変更されました。 後列基準の被害量増加数値は従来と同じで、前列の場合は従来より増加します。

*アクティブスキル2:90mm HEAT弾連射
– 紙面ターゲット形式に変更されました。
– 致命的な被害量の増加効果が追加されました。
– 防御貫通増加機能がパッシブスキルに移転されました。

*パッシブスキル1:クリップ再装填 ->自動装填装置
– 既存の機能が削除されました。
– 防御貫通が増加し、戦闘開始後2ラウンドの間に行動力増加再攻撃効果を得ます。
– この効果が無効の状態で待機する場合、再活性化されます。
– 各効果はスキルレベル10から1ラウンド延長されます。

*パッシブスキル2:オーギブリ
– 持続ラウンドが1ラウンドに減少しました。
– スキルレベルあたりに受けるダメージ減少数値が増加しました。

やっぱりよく分からないのでwikiを2つ並べます。編集者さんに感謝を。

※あくまで今現在の本国版の倍率です。Ver2.0直後のものとは異なる可能性があります。

パッシブ1が思いっきり別スキルになり、再行動まで行うようになります。

この調整により敵を1体ずつ倒して行動力ブーストを維持しながら殲滅しきるまで休みなく攻撃を行う……という彼女らしさは少々弱くなってしまいますが、即座に行動する再行動を獲得したことで以前のらしさを残しつつ新しい運用が可能となっています。待機する必要こそあるものの1ラウンド休めば再び最大3ラウンド再行動を繰り返すという性能から、永遠の戦場でエミリーを抑えて主役となったこともあったそうです。

動画はこちら(0:20~あたり)です。

日本版と思いっきり別の挙動をしていることが分かるかと思います。

※音がでます。ご注意下さい。

 

最後に

今回は、Ver2.0で大幅アップデートされるキャラクターの一部の内容のうち"再行動“について紹介しました。

そのVer2.0がいつ来るか分からない、のが今現在の日本版ですが……。
逆に見れば今回の記事のような予習をする時間とすることで
 
“アップデート後の性能をある程度把握しやすい"
 
ということでもあります。
 
Ver2.0では本当に多くの調整が入りラストオリジン2と言っていいほどになります。

実際にどのように実装されるかは分かりませんが、予習が全くの無駄にはならないはずです。

あくまで本国でのVer2.0直後時の性能の予想です。
必ず紹介通りになるわけではないことはご了承願います。
 
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
関連リンクはこちらです。よろしければどうぞ↓
スポンサーリンク