【日本版ラストオリジン】10/13に実装予定の新キャラクター1(”解体者アザズ”見込み)をネタバレ予習。入手法や性能、活躍を確認【本国版からの予測記事】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・新キャラのネタバレ
・新キャラの性能や入手法、活躍(本国版からの予測)

その2(ドラキュリナ見込み)はこちら。

はじめに:予測が正確な可能性が高い根拠

5月のVer2.0のアプデにより本国版での20年12月のVerが基礎となったと告知がありました。

これで少なくとも日本版が本国版ラストオリジンのデータを使用+日本語化パッチなどの+αの予想が的中した形になりました。
しかしキャラ性能や装備性能に関しては度々のパッチノートが適用された状態となっています。

筆者が確認している限りではこと性能に関しては本国版の6/14まで適用されている、と把握しています。

・21/05/24のアレクサンドラ、AGSの全体強化まで
 (AGSのステ上方修正も9/29のアプデで実装)
・21/06/14のアルバトロス、シェードの強化まで
 (初心者用解説会話シーンは未収録)

これにより実装される内容が本国版基準となる可能性は非常に高い、と見ています。

 

新キャラ予想1

21/10/08(金)、次回13日予定のアップデート予告がありました。

新キャラ2人の影イラストが公開されました。
先行している本国版の情報を元にすると、画像2枚目はほぼこのキャラで間違いないと思います。

解体者アザズ(仮)

 

解体者アザズ(仮) 概要

本国版では20/11/23に実装されています。
ダッチガール、トミーウォーカーなどと同じゴールデン・ワーカーズ所属のメカニッカーです。
見るからに等身が高すぎて人間の域を超えているように見えますが意図的なもので、本国版のGMアイシャからは"バイオロイドは人間ではありません"と回答されてたりします。
身長185とラスオリでもかなりの高身長です。
ラビアタお姉さま(188cm)より3cm低く、不屈のマリー(181cm)より4cm高い中間あたりになります。
 
画像クリックでオリジナルサイズ
解体者、なんて名前でこの見た目なので真面目で堅物なのかと思いきや、かなり自分の関心に忠実なマイペースな変人お姉さんだったりします。
実際PECSの技術者でかなり高位なはずなんですが。
AGSの模型を作るのが趣味で、勝利モーションでは通常スキンの場合ミニゴルタリオン。
水着の場合ミニタイラントを浮かべてご満悦になります。

倒れるとゴルタリオン、スキンアルバトロスの模型をドロップします。
ぴっちりスーツの意味。

 

表情差分

画像クリックでオリジナルサイズ

 

水着スキン

水着……水着?

本国版では21年夏のイベントで実装されました。
日本版も22年夏になりそうな気配ですがはたして…。
中破が実装されているスキンです。
 
画像クリックでオリジナルサイズ

 

水着スキン中破

長い髪の有効活用。

画像クリックでオリジナルサイズ

 

好感度増減

平均と比べて大破だけちょっと減りにくいだけの極々平均的です。
つかみどころのない性格をしているのもありちょっと読めません。

 

本国版誓約実装済キャラクター

解体者アザズは本国版では誓約状態が実装されているキャラクターです。
最近の日本版の傾向的(リアン、エラ、エタニティも実装されています)に、解体者アザズも誓約での特別台詞変更が同時実装の可能性は大いにあります。
 
▽誓約状態での特別仕様についての記事はこちら。

 

入手法

実装直後から最悪半年近くは製造限の見込みです。

アザズは軽装型保護機ですので、一般からも出るには出ますが……。
重装保護機とは別の意味で狙いにくい部品食らいと言えます。
実際本国版では出ないでないとひたすら評判でした。

 

性能

SSランク軽装保護機です。

ラストオリジン攻略wikiを参照しています。

設置されたゴールデンファクトリーのスキル(文字列クリックで展開)

▽フレーバーテキスト紹介

 [参照:本国menuwiki]を和訳サイトpapagoでコピペしたもの

[スキル1:機能解体]
“鉄虫を解体するのは簡単なことですが、実はアザーズは解体よりは組み立てのほうが好きです。"
[スキル2:ゴールデンファクトリー設置]
“機械工学の粋が込められたゴールデンファクトリーの機能は、まだ明らかになっていないものが多いです。 個人の時間に趣味で作ったものなんですが。"
[パッシブ1:先行設計]
“アザズの密かな趣味は… 部品を何個か持って行って、 一人で手作りプラモデルを作るそうです。"
[パッシブ2:弱点補完]
“鉄虫との戦闘は好きではありませんが、いったん戦場に出ればアザーズの工学知識は大きく役立ちます。"
[パッシブ3:協同修理]
“アザズはすべての機械装置の構造を見抜いています。 一人でもいくらでも作業は可能ですが、信頼できる補助があれば仕事ははるかに楽になるでしょう"
 

▽総評:手動だと面白い、が……

正直ちょっと考えただけだとどう扱っていいか全然分かりません。
保護機な理由はフォーチュンお姉さん同様設置物が防御機構として機能することから分かります。
しかしことごとくギミックが待機で起動する不便さを抱えており、保護機として働こうと思うとスキル2で置物を設置し部品確保状態"→待機することで自己標的かつ被害最小化1Round、しかし標的発揮は次のRoundからと自身に攻撃を誘導したいが為だけに3Roundを必要とします。(修正)
しかも置物がある状態で、の話なので自己標的の効果発揮前の2Round目の時点で置物を破壊されたら置物設置からやり直しです。
 
ではスキル1を生かすなら、というと偵察状態かつ待機時、とありますがアザズ自身は偵察を所持していないのでリアンやドラキュリナの同時編成、またはパッシブ1でバリア装備時AP獲得ボーナスがあるにも関わらず偵察装備を装着しなければなりません。
そこまでしてさらに自分が被弾した時、攻撃してきた敵を1Wave1回だけ行動不能にするというリターンの小ささ。
挑発も所持していないので本当に意図的に攻撃されるには攻撃優先度を利用するかスキル2でうまいこと置物が破壊されないのを祈りながら設置して自己標的を有効化するしかありません。
 
ステージ次第では面白いこともできそうですが、いずれにせよオートでの出番はAGSのバフ役くらいにしか活路を見出せないかもしれません。
他の置物と比べて場に残り続けて全域支援を行う、というのは面白いですしアザズ本人もギミックとしては面白いんですが、どうにも扱いにくい印象を受けます
 

活躍動画紹介

面白そうなのがありましたので紹介します。なお実用性。

常設8-8 ラインリッター軸オート 6分

バリア/被ダメージ軽減無視を行うスキル2、保護機、スパルタン、スチールラインの攻撃を支援するスキル1を存分に発揮するラインリッターをアザズ、フォーチュンの二人が強化しかつ支援攻撃対象にもなっている編成です。

Wave1、3とWave2で挙動が違うのは敵のボスのスキルにより射程減少を付与されているからとなっています。
なぜか唐突に味方のAGSに殴りかかるアザズさんが自由すぎる面白い動画です。(実際は待機してる模様)
メイが永戦経験値OSを、ラインリッターがここ8-8で獲得できる新装備を装備している関係上最初からこの編成の完コピをしての周回は出来ませんが、参考にはなりそうです。

※音が出ます。ご注意下さい。

 

おわりに

今回は、10/13日実装予定の2人のうち1人の新キャラのネタバレと新キャラの性能や入手法、活躍を本国版情報から紹介しました。

 解体者アザズ(仮)はSSランク軽装保護機
・軽装保護機だが保護スキルがメインではなく、どちらかというとフォーチュンのSSランク版のような扱いのメカニッカー
・入手は当分の間製造限の見込み。一般、特殊で製造が可能だが特殊で狙うなら部品4000が最低必要
・性能的には扱い次第では保護もできる支援機のようなもの。特にAGS強化に優れている。編成を選ぶが面白い動きが可能

と、いう記事でした。

ここだけの話本国版であまりに話題を見かけないのでこの記事を書いて初めてちゃんと性能理解しました。
キャラデザや性格は好きですし最近水着も出たしと魅力は満載なんですが、運用上彼女を活かそうと思うとAGS編成に混ざる必要があり編成の幅がかなり限られます。
かなり個性的なので活躍させるのは難しいものの、コンセプトや挙動がとにかく面白いのでまた新しい頭の使い方ができそうと思うとちょっと楽しみです。
問題はSSで軽装保護機というところ。
特殊で狙うには最低部品4000は資源が死にますので、淡い期待を抱きながらデイリー程度に一般で狙ってみようかなとか思っています。
部品990で保護機優遇、栄養頭部寄りの上部ちょっとでアザズの外見と性格特攻のつもりの930、機動と攻撃機優遇率最低値の電力90で合計2000到達のSS3%レシピとか…?
SSは3%なので相当な運は必要でしょうが、1日3回回しても3000。
一回で部品4000消費する特殊で闇鍋するよりマシだとは思います。

来てくれたらいいなぁと願いつつ、日々の楽しみの為にやっぱり資源を貯めようと思います。
彼女が活躍する8章もそろそろだとは思うので、8章で詰まらないように育成や装備強化も進めたいところ。
やっぱり目標を持って周回させつつ、実装に備えましょう。

その2はこちら。

彼女がストーリー出演する8章の予習記事はこちら。

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。

 

スポンサーリンク