【日本版ラストオリジン】噂の”無敵の龍+マリア”編成を徹底解説。常設もイベントステージもデイリーもお任せあれ【初級者後半/中級者向け】

2021年8月22日

スポンサーリンク

この記事で分かること

・龍マリア編成とは
・この二人を同時に編成していると起きていること
・無敵の龍が開幕9マス攻撃を放てる理由の徹底解説

はじめに

「無敵の龍は強い」
「金クラゲ最優先」
「どこでもいける」
とあるもののなんとなくで真似ても上手くいかない……と悩む方やなんでそうなってんの?と挙動が気になる方向けの個人的な解説記事です。
分かりやすく書けたつもりですが、分かりにくい表現がありましたらご指摘下さい。
それでは、以下より解説を始めます。

無敵の龍の記事はこちら。

 

龍マリア編成 概要

説明するより見てもらったほうが早い、ということではい。

最上級オリジンダストデイリーの様子です。
ボスばかり並んでて苦しい戦いを強いられる…かと思いきや龍マリアの手にかかればこの通り。

この最速9マス砲撃のみで敵を壊滅させる高速周回が可能となります。

 

要点解説 大前提

まず最初にこれだけは頭の端に置いておいて欲しいのが、ラストオリジン行動のルールです。

ラストオリジンは所持APが10になった場合に行動できるようになり戦闘が開始されます。
10以下しかいない場合は行動力を加算し続け10を超えるキャラが出現するまで加算されます。
そしてAPは行動力によって毎Round蓄積されます。
ざっくりとですが行動力=毎Round行動増加するAPだと思ってくれていいです。
キャラの行動力が4なら、4+4+4で10を超えます。
3回加算してやっと戦闘が開始されるわけですね。
 
例としてコンスタンツァ。
彼女の行動力が4だと仮定しても、戦闘開始前の2回加算時にこのパッシブで所持APが10を超えるので毎回一人だけ先制攻撃してたわけです。
見覚えありませんか?

こちらを大前提として以下の個別解説に進みます。

 

贖罪のマリア

画像のはスキルレベル10です。

キースキル:[準備物確認]
見ての通り前以外に隣接した味方を強制待機させる代わりに各種ステを大きく増加させるスキルです。
オートの場合、この効果を受けた味方は必ず最初の行動で待機します。
必ず最初は待機です。
覚えて貰えたところで、以下の無敵の龍の項目に進んで下さい。
 

無敵の龍

筆者が汎用のつもりで常用している無敵の龍です。

注目ポイントはオレンジの部分。
黄色の枠は後述します…のつもりでしたがややこしくなるので今回の記事では省略することにします(追記)

①.無敵の龍は9マス攻撃参加してよしバッファー参加してよしの超強力な支援機です。
  スキルレベル+1相当が得られる誓約や好感度200運用で運用されている姿を多く見ます。
②.無敵の龍と言ったら、なパッシブ3です。このパッシブありきでステ振りがされることが多いです。
③.特定条件時パッシブ3を自身にも適用できる為ありきのクリ率になっています。
④.画像の運命の水晶玉+10が鉄板です。
  偵察装備が主に利用されるので偵察ドローンが第二候補ですが、後述する行動力確保にはさらに+αが必要です。
⑤.ペア編成での神髄の9マス砲撃を開幕使用するにあたり重要となってくる行動力です。
  この画像では永戦装備の改良型攻撃チップを装備して+0.1されていますがなくてもいいです。
 

順を追って詳しく解説します。

①.誓約or好感度200について

・約束の花束を10本送りかつ好感度を200まで上げる
・好感度100にしてから誓約の指輪を与える

バフ/デバフ効果Lv+1はスキルレベル」+1と同等と思ってもらっていいです。
つまりスキルレベル10以上の恩恵を得ることができます。当然ステ倍率が増加します。
無敵の龍は9マス砲撃が通じないイベントステージが出てきてからもバッファー参加できます。
長い目で見ても損はしないことは立証されているので、特別な好みがない限り誓約か好感度200オススメです。
 

②.パッシブ3[砲撃座標送信]について

色々書いてありますが、要するに以下の4つです。

・待機すると砲撃モードへチェンジ
など時差着弾スキル持ちにAP配布とステUP付与
2Round目から偵察を獲得
・偵察を得ていると上の時差着弾スキル持ちへのバフAP以外を自分も獲得
 
マリアにより待機させられることで砲撃モードへと転換し、攻撃スキルが[艦隊砲撃開始]へ変化します。

保護無視かつ9割防御貫通の9マス攻撃を全域に放つと。
冒頭の動画で発動しているあれです。
偵察を得ていると自己バフを獲得と予ダメが+45%と大幅に伸びる為、確殺ラインも大きくあがっています。
 

③.クリ率が75.8な理由

前述しているマリアのクリバフ+9.5%と龍のパッシブ3の偵察時のクリバフ+15%が加算されると100%となる数字だからです。
※龍の誓約/好感度200時でスキルレベル11相当時の話。10の場合やマリアも誓約/好感度200やフルリンクボーナスでバフデバフLv+2の場合はこの限りではない
実際に戦闘に出してみると100をギリギリ超えています。
これで基本的にはクリティカル確実です。

 

④.運命の水晶玉+10がなぜ鉄板なのか

②、③で偵察時バフを獲得かつ砲撃の威力が上がる、と掲載しました。
しかし龍のスキルでは偵察はWave2から獲得とも書きました。
ですが冒頭の動画ではWave1から特大火力を打ち込んで全滅させていますよね。
それは運命の水晶玉や偵察ドローンの"戦闘開始時(開幕)から偵察を得られる"効果によるものです。

運命の水晶玉の場合、開幕で偵察を獲得し龍に偵察効果を獲得させます。
ついでに戦闘時しか分かりませんが行動力+15%もついてきます。
こと偵察効果だけなら偵察ドローンでもいいっちゃいいんですが、なぜ水晶玉を推奨されてているかについては次の項目で解説します。
 

⑤.重要となってくる行動力

①~④までで龍が待機しモードチェンジ、偵察効果を得るかつ自己バフを獲得しクリ100と砲撃威力を増加させていることは解説しました。
ここでこの項目冒頭のラストオリジン行動のルールを思い出してください。
冒頭の動画も思い返して欲しいんですが、敵の行動を挟まず待機→砲撃の流れでしたよね。
 
なぜか、というと例のコンスタンツァと同じことをしているだけです。
真っ先に無敵の龍の所持APが10を超えるようにすると龍だけがAP10を超えるので行動可能。
→しかしマリアにより待機しかできない。先行Roundは待機しモードチェンジ
→砲撃どーん
 
と、いう流れなわけです。
つまり龍とマリアの二人で、装備、パッシブこみで龍の行動力が5を超えるように装備を整えると2回目の行動力のカウントで10を超え先行Roundを獲得できるわけです。

龍だけ行動しているRoundだと分かりますね。
この後待機しモードチェンジしつつAPを持ち越し、2Round目の最速で9マス砲撃を放ちます。
 
この行動力5を獲得するのが結構骨です。
龍本人の基礎行動力は4.15。
マリアの行動力付与は+7.25%。
龍装備なしでマリアのバフのみだと4.15×1.0725で4.450875です。
2回カウントしても10には足りません。
 

しかしここで運命の水晶玉+10を装備させると+15%が加算されます。

4.15×(1+0.0725+0.15)=5.073375
※画像のは永戦攻撃チップにより基礎行動力+0.1され4.25の為4.25×(1+0.0725+0.15)=5.19
5を超えている為2カウントで10に到達し最速行動できます。
 

ちなみに偵察ドローン+10で行動力+0.3の場合。

他に行動力加算はマリアのパッシブのみ。
龍も他に装備なしだと仮定すると、行動力は4.15。
(4.15+0.3)×(1+0.0725)=4.772625
5に満たないので他に行動力追加キャラを足すか、SS行動力チップ+10を装備するなどの工夫がいりそうです。
ただSS行動力チップ+10も装備すれば水晶玉+10と同じ先行ラウンド獲得は可能ですが、今度は攻撃力が足りず冒頭の動画のような一確が取れません。
やっぱりことペアで運用させるなら運命の水晶玉が鉄板のようです。
逆に、他のキャラで行動力サポートができて命中が欲しい場合(偵察ドローンは+10で命中+50%)は偵察ドローン+10が用いられたりします。

 

おわりにとまとめ

今回は、龍マリア編成の解説を行いました。

・龍マリア編成は二人だけでもほとんどの常設をクリア可能。キャラを追加すれば6区や7区EXも高速周回可能。オリジンダストデイリー最上級すらさくさく
・偵察効果を開幕から得ることで自己バフと砲撃力増加をWave1から得ている
・ただし前提が非常に高い。
 龍フルリンクは基本
 マリアのスキルレベル10
 龍のスキルレベル10
 運命の水晶玉+10の用意しステ反映後の行動力5↑の確保が鉄板だが絶対ではない
 9マス砲撃一回で敵全てを壊滅させる為他の装備は特攻OSや攻撃チップの高強化が欲しい
・前提条件こそ苦しいが揃ってからはイベントEXすら龍マリアを軸に高速周回が可能。目指す価値は多いにある

という記事でした。

分かりやすく解説できたか分かりませんが、これで少しでも
「真似たものの上手くいかないナンデ?」
を減らせたら嬉しいです。
 
以上、Zelarnyでした。
最後まで閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク