【ラストオリジン公式グッズ紹介】キャラアクリルフィギュア [城壁のハチコ]を買ってみた【レビュー記事】

スポンサーリンク

当記事では、日頃ゲームグッズを買い集めてるわけでもない一般人ゲーマーのZelarnyがラスオリ公式グッズを買ってみたレビューを行います。
 
今回は公式グッズ紹介の二つ目の記事になります。
前回の記事はこちら。

はじめに:公式グッズとは

文字通りラストオリジンの公式グッズです。

ピンバッヂ、ステッカー、アクリルフィギュアといった比較的ありきたりなものから、
マグカップ、スマホケース、扇子なんてのまであります。
しまいには立体マウスパッド、クッション、Tシャツ、デスクマットなど多種多様です。
애니플라자“より

今回は、ラストオリジンが好きすぎる筆者ことZelarnyがリアルグッズを買ってみたレビューです。

ゲームそのものとは関係が薄いですが、当ブログは別に攻略ブログなわけではありません。
ただのラスオリ好きの個人ブログです。
好きが高じて攻略ブログみたいになってるだけです。

最後までお付き合い下さると幸いです。

こちらの品物です。

ラストオリジン キャラアクリルフィギュア とは

冒頭でラストオリジンには公式グッズがある、と紹介しました。

今回紹介するのは、前回の本国版のグッズではなく日本版から出ているグッズになります。
日本版で2020年の夏ごろに販売されたもので、
通常スキンのキャラのもの11種と水着スキンVerの12種ががあります。
 

 

実物のハチコVerと再現度/サイズ

今回紹介するのは筆者の最推しキャラクターの一人、"城壁のハチコ"版です。

サイズはキャラにもよるんですが、公式からによると15cm×15cmで収まっているそうです。
ハチコは比較的小柄なキャラ(身長154cm)を反映してか上は12cm、横は10.5cmとコンパクトです。

実物を立てて配置するとこんな感じ。
うーん、立体感。
いかにも現実に「ご主人様~!」と笑いかけてくれているハチコが端にいる気がしてしまいます。

横に同じコンパニオンで姉妹でお姉ちゃんのペロを並べたくなります。

裏と真横から見るとこんな感じ。

 

デメリット?

白地ではあるんですが透けます。

つまりどういうことかというと。
代表として水着メイ。

裏返しにしても透けないってことは隠せないということかもしれません。

ハチコはデフォスキンなのもあり露出度は(大きく開け放たれた胸元やむっちりしたふとももを強調するニーハイを除けば)控えめなんですが、水着キャラは規制版とはいえ肌色面積が多すぎるので一般家庭では表に出しにくいのはデメリットかもしれません。
むしろ家族に見せてラストオリジン流行らせて下さい……

 

余談:心が穏やかになる?

前回のポイちゃんブラッケット記事でも触れているんですが、筆者はこういったゲームグッズはほんとに買いません。
あっても設定資料集や画集くらいです。

今回ハチコのアクリルフィギュアを買ったことでグッズが増えたわけなんですが、これがまたやっぱり"違う"んです。

以前ラストオリジンもブログ更新も併用していたPCが死んだことで、PCが使えない間かなり精神的にやられました。

・大画面で楽しんでいたラストオリジンも携帯端末の小さい画面でしかプレイができない
・操作しにくい
・画面が見にくい
・携帯端末でプレイする関係上、調べ事も時間潰しも周回を止める必要性
・延々周回させ続けるには充電必須。電池の消耗も気になる
・何より書きたいネタは山ほどあるのに書くに書けない

ラストオリジンが生活の一部となっている筆者からすると、いずれも致命的でPCが使えなかった間本当に無気力でした。

新しいPCを買うにもお金はいるしかといって代替品なんてない。
他の仕事も初めて急な出費で減った分の収入を得ないといけないし何より好きなことが楽しめないし……と頭を抱える日々で気分はどん底でした。
 
ですがそんな中、視界の端に常に笑顔で迎えてくれるラストオリジンのキャラクターがいたんです。

そう、ゲームから飛び出しこちらの世界で立体化したハチコのアクリルフィギュアでした。

起動することなく沈黙し不安を塗り固めたような漆黒の闇のみを映すモニターの横に、小さく笑う彼女の姿がありました。

ハチコと言えばこの屈託のない笑顔でお馴染み。
何度ゲーム内でこの笑顔に和んだか分かりません。
 
気分が沈み憂鬱になりかける度、ハチコが笑いかけてくれているような気がして気を持ち直しました。

「大丈夫ですよ、ご主人様! ハチコがついています!」

そんな台詞が聞こえてきそうに思えて、何度表情も仕草も変わることはないただ立ち絵がプリントされただけのアクリル板に微笑みかけ頭を撫でたか分かりません。

それだけ、心の支えになってくれました。
 
日頃しまいっぱなしの設定資料集では開く手間がいります。
ブラッケットも暑い日は使えません。
ですが、アクリルフィギュアなら。
いつでもあなたを見守り、存在を示し気分をあげてくれます。
 
“推し"の立体化。
この機会に、手を伸ばしてみませんか。
 

おわりに

今回は、日頃ゲームグッズを買い集めてるわけでもない一般人ゲーマーのZelarnyがラスオリ公式グッズのアクリルフィギュアのレビューを行いました。

ラストオリジン キャラアクリルフィギュアは日本版ラストオリジン公式グッズ
・イラストは公式立ち絵を使用。新鮮味はないが見慣れていて安心感がある
・サイズはキャラにもよるが15cm×15cm×3mm程度。土台とは枠にはまっているだけ。取り外しは簡単
・設置してみるとやっぱりゲームから飛び出してきた特別な感じを受ける。ラストオリジンをしていない時もラスオリの楽しさを思い出させてくれる
・ただしキャラによっては露出が高く家庭を選ぶ。むしろ流行らせて下さいお願いします

と、いう記事でした。

購入したのが犬モチーフなハチコでしたから、まるで自宅に犬を飼っているような感覚でもありました。
新PCを購入し外仕事している間エアコンつけっぱにして周回させていると、なんだか室内犬を飼っているようにも思えていました。
「行ってきます」「ただいま」と頭を撫でるのが半ば恒例となったくらいです。
昔買っていた犬を思い出します。

「ゲームグッズなんて買っても飽きたら捨てるだけ」

と集める人の気持ちがこれまで理解できませんでしたが、なるほどこれはいいものです。
ゲームグッズそのもの、ではなくきっと"楽しかった思い出などが詰まった特別なもの"へと昇華されるからなのでしょう。
今後もラストオリジンの為に、お仕事ならぬ推し事を頑張ろうと思うのでした。
 
 
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
スポンサーリンク