【意外と知らないラストオリジン】分解時の手間削減法。スクロール連打のストレスが減るかも【小ネタ記事】

スポンサーリンク

はじめに

少し前にちらっと呟いてたやつです。

思いのほか反響があった(?)のでこちらでも記事にしようと思いました。
誤字は仕様。

今回の記事では、こちらの小ネタの詳細を掲載します。

 

分解時の手間削減法

操作順を書き記すとこんな感じです。
画像付きで載せていきます。
 
①.いつもの分解画面で表示順を[入手順]ソートに変更
②.B一括を選択。数の多いBがごっそり選択される
③.レアリティ表示のうちBを選択。Bを表示から除外(B一括選択はされたまま)
④.A以上が入手順で表示される
⑤.スクロールせずともA以上の種類全て選択可能
Ex.4に戻ってAを選択でS以上のみ表示も可能

①.いつもの分解画面で表示順を[入手順]ソートに変更

戦闘員表示はこうして切り替えることができます。
右上の整列フィルターを選択後、右からニュッと出てきた黒枠のうち[獲得]を選択することで獲得順に切り替えることができます。
 

②.B一括を選択。数の多いBがごっそり選択される

 

③.レアリティ表示のうちBを選択。Bを表示から除外(B一括選択はされたまま)
④.A以上が入手順で表示される

 

⑤.スクロールせずともA以上の種類全て選択可能

基本状態だと同キャラが横並びに表示されるため、ダブルタップし全選択→スクロールして別キャラを探す→ダブルタップ、スクロール……と手間でした。
しかしこの方法ならスクロールなしで一番上に入手順のキャラがずらっと表示されるため、Sが1体だけとかでもない限りは数の多いBはもちろん全てのAを選択、分解することができます。
Sが1体だけのドロップなどの場合は、④に戻り[A]も選択しS以上表示に切り替えることでやはり探さなくても分解が可能です。

 

おわりに

今回は、分解時の手間削減法。スクロール連打による後タップの機会が減るかもの小ネタを紹介しました。

Androidやエミュレーターなら指やマウスでささっ、と操作するだけで済む話です。
長押しによるスクロールも苦になりません。
しかし遠隔操作での分解となると話が違いました。

リモートデスクトップでiPhoneから接続した図

ズームすればいいとはいえそれでも画面が!小さい!
スクロールするにも携帯からの小さい画面で小さいスクロールバーを選択せねばならないだけでストレスなのに、キャラドロップが多ければ多いほどスクロールの回数も多いわけです。
休憩時間が短い場合は特に困りもので、「なんとかならんかなこれ」とずっと思っていました。
ラストオリジンユーザーの中で離れた場所で稼働させ続けてでもラストオリジンをプレイしている層がどれだけいるのかは分かりませんが、少なくとも自分はこちらの方法を知ってから短い時間でさくさくと分解作業が捗るようになり休憩時間に余裕が持てるようになりました。
 
ラストオリジンはなまじ選択箇所が多いだけに、「そんなことできたんだ!?」
が多いです……。
有効活用してもらって、より快適なラスオリライフに役立てて貰えたら幸いです。

その他の意外と知らないラスオリシリーズ(小ネタ)一覧はこちら。

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク