バイオロイドが使えない!?ならばの総力戦AGS縛り中~上級者向けフルオートSSウォッチャー編成を紹介【日本版ラストオリジン】

Round2開始時点でHPこんなにあってこれは大変だ、と思いきや。このあと1Roundの間に残りHP510万を全て削りきって沈めれます。

段階6~9、段階17~19、段階23~25から開始されるコロッサスからは遭遇時点でバイオロイド全てが実質使用不可になるという理不尽デバフを受けてしまうため、AGSたちでまとまった編成を用意して膨大なHPを削りきる必要があります。

そこで白羽の矢がたったのが、22/04/05メンテで上方修正されたことで完全に空気だった立場から最前線まで駆け上がってきたSS昇級ウォッチャーなのです。

バイオロイドが使えるなら、の一撃必殺ラミエル編成はこちら。

 

スポンサーリンク


バイオロイドが使えない?ならAGSだ!なフルオートSSウォッチャー編成紹介

SS昇級ウォッチャーは味方全域の軽装重装に射程+1を付与しつつ、自身は攻撃バフの山を獲得しつつ、自分を含む偵察バフ持ちにバリア/被ダメ軽減無視を付与するなど上方修正以前とは比べ物にならないほど対単体性能が高いです。

しかも敵のHPが低いほど予ダメが伸びる、という「対単体と言ったら」なソワンと似たスキルまで所持しておりAGS版ソワンと言ってもいい存在とまでいえるほど。

そして対単体なら、当然"予ダメ増加デバフの数は多ければ多いほどいい"ということで予ダメ増加デバフ付与持ちや、バッファーを添えてSSウォッチャーの支援攻撃を引き出し続けるそれがこの編成となっています。

SSウォッチャー解説と変化の聖所攻略3-55クリアしてみた、はこちら。

 

SS昇級ウォッチャー

ーステ装備

・改良型出力強化回路+10
・改良型出力強化回路+10
・対重装型戦闘システムEx+10
・改良型出力制限解除装置Ex+10
・ステ:攻撃Lv300
・フルリンクボーナス:射程+1
・スキル1指定

ー補足

上の概要でも記載した通り、SSウォッチャーは圧倒的な自己バフの鬼となりながら味方の軽装重装の射程を伸ばしつつ支援攻撃までする関係で、敵がどこにいようと高い火力で追撃をしてくれます。今回のコロッサスはまさにあの巨躯ながら最奥に配置されている関係で、射程があるととても助かるのもプラスです。

ぱっと見では足りていないクリ率は自己バフとA昇級スパルタンアサルトがカバーしてくれているので安心。

なお、本来は23~25段階のコロッサスだと3つめのHPバーで支援機のステ大幅ダウンデバフを放ってくる性能へと変化するものの、今回の編成だと2番目のHPへ阻止レベルを移した後に3つ目に到達前に撃破しているため影響を免れていたりします。

 

ストロングホールド

ーステ装備

・補助エネルギーパックEx+10
・ステ:クリ少々残り攻撃
・フルリンクボーナス:自由
・スキル1指定

ー補足

今回ほぼほぼ完全にバッファーデバッファーなストホ君です。後方6マスを指定保護しつつ、裏2マスを行保護で守ってくれるありがたさ。なお保護無視。

ストホ君はこの見た目であの攻撃でスキル1には重複する被ダメ増加デバフが入っているため、ただの壁、として扱うよりは手数を出させてウォッチャーの攻撃を誘発させたほうがスムーズに攻略が可能です。

本来は遭遇~2Roundまでのデバフも頼もしいのですが、今回の段階の遭遇時点のコロッサスは「攻撃してくるまで実質ダメージを通す気がない」なスキルを所持しているためそれまでは1ダメを連発することになりむしろ足を引っ張っているという……。

もっと選択肢が欲しいものです。

 

エイダー

ーステ装備

・回路最適化ベータEx+10
・回路最適化ベータEx+10
・突撃型戦闘システムEx+10
・補助エネルギーパックEx+10
・ステ:クリ少々残り攻撃
・フルリンクボーナス:バフデバフ
・スキル1指定

ー補足

スキル2で栄養回復ランと言ったら!なエイダーですが、今回はAGS味方の行動力/APバッファー兼スキル1による重複する敵への被ダメ増加デバフ付与役兼ウォッチャーの支援攻撃誘発役として働いてくれます。

このAP供給能力がAGS編成だと特にぶっ飛んでいて、なんと行動力+11.5%、AP+1.54という手数が欲しい今回ありがたすぎる効果となっています。

後述するSSフォールンの行動力バフでエイダー本人の行動力まで大幅に増しているのもあり、非常に大きな貢献をしてくれています。

 

SS昇級フォールン

ーステ装備

・回路最適化ベータEx+10
・回路最適化ベータEx+10
・突撃型戦闘システムEx+10
・冷却パックEx+10
・ステ:クリ少々残り攻撃(雑)
・フルリンクボーナス:バフデバフ
・スキル1指定

ー補足

一見何してるか分からないフォールン君はこう見えてエイダー並みに大きな仕事をしています。まずパッシブ1では縦方向の仲間に行動力+17%の付与を、そしてパッシブ3では自身のスキルを強化し攻撃の度に重複する被ダメ増加デバフ22%を付与をしています。

そしてなんと自前で最大行動可能回数+1を得ている関係で、エイダーからの行動力AP供給、自前の行動力増加と合わせてAP4のスキル1を放つ度に冷却パックの効果でAPを1回収する、というSSウォッチャーの相方として相性が良すぎる性能をしているのです。

 

A昇級スパルタンアサルト

ーステ装備

・回路最適化ベータEx+10
・回路最適化ベータEx+10
・突撃型戦闘システムEx+10
・補助エネルギーパックEx+10
・ステ:クリ少々残り攻撃
・フルリンクボーナス:バフデバフ
・スキル1指定

ー補足

「A昇級が最大なんて雑魚じゃね?」とか思うことなかれ。

A昇級スパルタンアサルトはなんと、毎Round開始時だけでなく攻撃時にも攻撃/行動力/クリ率+17%を重複加算する、という割とぶっ壊れたスキルを持っています。

平時の速攻編成では目立ちにくいこの効果も、Round数と攻撃回数を重ねまくる今回は一切クリ率に振ってなかろうがAアサルト君一人で気づいたら全員クリ100超えになるレベル。よってSSウォッチャーの最もスキルポイントを食いやすいクリ率を全部彼一人で補っているとなれば、そりゃ510万を1Roundで削り切れるよ……なわけなのです。

 

他の階層はラミエルでOK。ボーナス隊員の用意忘れずに

遭遇時点のこのパッシブを発揮しているのが段階6~9、段階17~19、段階23~25から開始されるコロッサスです。

「段階6になった瞬間勝てねぇ~」

な方はバイオロイドのみ育成していた方だと思われるため、素直にAGSの育成をオススメします。本国では対コロッサス相手のシーズンは6回までありましたので、日本版も同じくらい開催する可能性があります。

逆に言えばAGS実質必須以外の段階では紹介済みのラミエルで消し飛ばせるため、楽できる部分は楽をしていきましょう。

ワンパンラミエル編成はこちら。

総力戦の記事群はこちら。

あとは必ずシーズン毎に異なるボーナス隊員詰め編成も同時出撃しているかを確認しておくことを忘れずに。

他の段階や汎用、別のワンパン編成や、より詳しいコロッサス君攻略などはまた別の機会にしておいて今回はここまでとします。

閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク