【日本版ラストオリジン】”妖精の村のアリア” Ev2-3EX を解説攻略と周回編成の紹介【龍未使用 21/07/24版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・妖精の村のアリアEv2-3EXの敵編成、敵ステスキル詳細
・安定周回編成例の紹介

はじめに

EXステージは腐ってもチャレンジステージです。

難易度が高いのは普通です。
雑にクリアが難しいなら理解度を高める必要があります。
 
当ブログでは主に"楽しみ方"を紹介しております。
模範解答が欲しいのでしたらwikiや公式ガイド、YouTubeやTwitterなどで検索をかけられればいいと思います。
敵を知り味方を知り、攻略周回を楽しみたい方のみ以下よりお付き合い下さい。

 

今回は2つ紹介します。

1つ目:ハルピュイア、スノーフェザー、エンプレスの比較的新規向け4分弱周回(3倍速)

2つ目:装備強化の敷居高めティアマト単騎4分半周回(3倍速)

 

大前提:基本的には龍マリアでいい

・フルリンクの龍
・龍の装備(水晶玉や偵察ドローン、対軽装OSの+10など)
・ノーリンク可のマリア
 
上記3点が揃っていたら妖精村のEXステージはほぼ全て二人を軸に周回ができます。
Ev1-1EXも、Ev1-2EXも、Ev1-3EXはもちろん、2区のEXステージ三つも同様です。
常設のレベリングはもちろん極一部を除いた常設ステージ全ても同様です。
 
各EXステージごとの異なった編成のキャラや装備をステージを進むたびに時間かけて用意するより、
真っ先に常設7-8クリアを目指し金クラゲを集めながら研究を進めたり資源集めて装備強化したりと冒頭3点を揃えてからイベントに望む方が楽ができます。
 
イベントEXステージは難易度の高いチャレンジステージです。
敵を知り味方を知りその都度最適な攻略編成を組むか、雑に攻略できる編成を用意する必要があります。
基本的には、少ない手持ちでなんとか……と考えるより
龍マリア編成の用意をオススメします。

無敵の龍がクリア報酬の常設7-8の記事はこちら。

無敵の龍の強さについても書かれている記事はこちら。

ちょっと内容が古いですが特殊代用コアこと金クラゲの入手機会についての記事はこちら。

龍マリア+αでの編成例(本国版)一覧についての記事はこちら。

 

こちらを前提とした上で、龍マリアに頼らない編成について考えます。

 

妖精の村のアリア Ev2-3EX ステージ情報

参照:[妖精の村のアリア 2区 – 鉄虫 マップ]

敵編成

Wave1Wave2Wave3Wave4

 

出現エネミー詳細一覧と一言コメント

目に見える範囲の敵の詳細は参照元で確認下さい。

出現するWaveでLvが異なりHP攻撃力防御力は多少なりと変化します。
命中回避行動力、属性耐性は変化しないのでそのまま参考にできます。
当ブログでは参照元に掲載されていない情報を主に掲載します。
 

ランパートカスタム

先手取りゲーマシーンその1です。

性能的にはチョコ女王の精鋭警備兵に近いですが、あちらは電気属性ギミック解除でしたが今回は火炎属性でギミック解除です。
HP低下時スキル2を使用すると攻撃力は600程度とそこまで高くないんですが反撃してくるので育成枠を編成する際は注意が必要です。
特に厄介なのはパッシブ1。
自身が前列配置の場合、周囲の味方を保護かつRound毎にAP+1.5を付与します。
この毎RoundAP+1.5はAPの数値だけなら中破メイのブーストを超えるレベルの数値です。
コイツの姿を前列で見たら先手取りゲーだと思っておきましょう。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

ポップヘッドカスタム

先手取りゲーマシーンその2です。

チョコ女王のペットマシンと似たスキル群ですが、こちらは電気属性ではなく火炎属性に被弾で周囲にデバフを振りまきます。
スキル2の引き寄せ攻撃を使用されると一定確率(75%)で強化解除されるのも一緒です。
このスキル2も厄介ですが一番厄介なのはパッシブ1。
戦闘開始時(Wave開始時)に自身の周囲9マスにAP+1を付与します。
龍編成などではコイツがいる=先手奪取ゲーだと覚えておくといいでしょう。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

セルジュークカスタム(新登場)

恐らくパッシブ2の防御増加バフが有効状態ではスキル2,無力化後はスキル1を連射するAIです。
 
保護無視の時差着弾攻撃が脅威。密接配置していると被害が大きいです。
次に厄介なのはパッシブ1。
攻撃スキルを使用するごとに5Roundの間命中率を+60%します。
最大で命中400(4スタック)まで増加は確認しました。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

スティンガーカスタム

回避が145%と高いです。

チョコ女王の精鋭突撃兵と似たパッシブ群ですがこちらは攻撃後に回避が増加したりせずクリティカルが増加します。
指定保護されているとスキル2の突撃攻撃、指定保護がないと連続被弾で強化解除の可能性の冷気攻撃を行ってくるのは同じです。
対軽装殺し特化のスキル群のようです。
命中は低いので回避型で避けてしまいましょう。
問題は高すぎる行動力。
基本最速で突撃してくるので、ギガンテスなど攻撃後に防御パッシブを乗せるタイプは開幕で大きく減らされる危険があります。
龍編成でもまず間違いなくこのスティンガーカスタムから先手を取れるか否か、がカギとなるでしょう。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

ギガンテスカスタム

おそらく今回初出のAGSで一番厄介なエネミーです。

持久戦に非常に強い為、火力不足だとジリ貧になりがちです。
もしコイツと延々殴り合いしてる機会にあったなら、まず間違いなくパッシブ1のHP20%以下時の超硬化状態に引っかかってるとみていいです。
防御+200%パッシブを獲得し防御が1万を超える為、防御貫通や防御無関係の属性攻撃、強化解除など特定の対策がないと普通の攻撃は通りません。
また遭遇した瞬間自身の背後2マスに被ダメ軽減-80%を付与します。
自身が退場しても付与されたままな為、速攻編成では追撃するか先に範囲攻撃で剥がすかの選択が必要です。
 
また攻撃力も低いわけではなく、特に上記瀕死状態では所持攻撃力の240%の攻撃をバリア/被ダメ軽減無視で放ってきます。
幸い射程が短いので前列に配置していなければ被弾しませんが……
もしノーリンクエキドナなどに空間装甲を装備させて被ダメ軽減無視獲得させてるのに大破したなんで?
はコイツのせいと思っていいでしょう。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

ステージギミック解説

Ev2-2EXと比較するとが不在でが追加されています。

Ev2-3EXの敵編成から分かることはこちらになります。

ランパートカスタムがやっぱり厄介。
毎Round行動加速を行う為先手がとりにくいだけでなく攻撃支援まで行いガリガリと削ってくる
初出のポップヘッドカスタムは周囲8マス行動加速マシーン。
戦闘開始時に周囲にAP+1を付与しています。
また75%強化解除の可能性のスキル2も厄介で、列・行保護持ちは無力化されやすい
今回のスティンガーカスタムはポップヘッドカスタムと同時に出現するパターンが多く、ことWave2以降では初手AP10を獲得している為先行Roundを取られやすい
戦闘開始から2回の被弾までは防御が1万を超えている。炎属性で解除。
火力が比較的控えめな今回の敵の中で火力がずば抜けており、被弾するととにかく痛い
また保護無視の時差着弾十字砲火を放ってくるのも厄介。隣接配置していると巻き込まれが発生しやすい
ギガンテスカスタムが非常に硬い。
特にHP20%以下では防御が1万を超える為普通の攻撃はまず通らない
 

ついに最終EX。

今回はがいない関係上、回避型が有効なのは分かります。
ただがいる関係上モタモタしていると十字、放射状攻撃と広い攻撃に巻き込まれ壊滅します。
十字攻撃は保護無視なので保護もできません。

 

対策

▼タンカー選出

が不在の時点で回避ゲーが可能。
が攻撃ごとに命中160+(60×α)となる関係上ある程度火力のある編成なら命中が最大の400到達前に倒せる可能性が高い
 
最大はギガンテスカスタムの命中225%。
セルジュークカスタムの攻撃を何回許してしまうか、の見極めが重要。
完全回避ラインは0回なら225%、2回なら280%、3回なら340%、4回なら400%
 

▼アタッカー選出

セルジュークカスタムがとにかく厄介。
恐らく防御増加パッシブ獲得状態時のみスキル2の時差着弾砲撃を使用…に見えるが不明。
前列配置時だとスキル1使用と半々?
どちらにせよ放射状攻撃と十字砲火の範囲に配置しない、または被弾しても問題のないアタッカー選出が重要
 
ともども炎に弱く炎攻撃でギミック解除が可能。
または、どちらも防御増加パッシブを獲得している為防御貫通や属性攻撃所持キャラなら貫通は容易

上記を元に編成を組んでいきます。

 

周回編成紹介1(一周4分弱)

以下のような周回(3倍速)です。

4時間の安定周回を確認しています。

アタッカーの二人ともが数回の被ダメ最小化パッシブを所持している点がポイント。
噂によるとハル子いなくても二人で回れるそうですが、周回時間が長いので当ブログでは扱いません。
資源が心もとない時にはいいかもしれません。
 

配置とコスト(59/100/87)

フルリンク3人なので重いです。
編成と敵の関係上、エンプレスはリンクなくてもいけるかもしれませんが未確認です。

 

スノーフェザー

Ev1-8の初回クリア報酬と交換所でフルリンクが可能です。

・フルリンクLv90推奨
・フルリンクボーナスは消費コスト減でOK
・ステは回避Lv270
・SS命中チップ+0
・SS命中チップ+0
・SS対重装型戦闘システム+10(+0でもいいです)
・SS偵察ドローン+0
 
回避極ステ振りで命中装備のスノーフェザーちゃんです。
自身の回避バフ、後述するハルピュイアとのパッシブとあわせて回避225、命中245確保し最も命中が高くなるセルジュークカスタムが2回目の攻撃を行われるまでは完全回避できます。
仮に2回目以降攻撃されてしまっても、スノーフェザーは機動回避盾としては珍しく被ダメ3割カットパッシブも所持しているので先に落とされる前に反撃で倒せます。
さすが北極圏に生息する寒い地域のシロフクロウの遺伝子が混じっているだけあります。
ふっくら。
 
▼鍵となっているのは以下のスキルです。

後述するハルピュイアのパッシブも受け回避は+70%増加。
セルジュークカスタム以外からの被弾の可能性を排除しています。
今回は後述するエンプレスのパッシブにより反撃を行います。
地味にスタックする攻撃力バフが強力で、敵を倒すごとに攻撃力も増加していくので今回のような速攻編成以外で強いです。
使用する攻撃は冷気属性攻撃の為、防御の高いギガンテスカスタムもセルジュークカスタムも防御を無視してダメージを通すことが可能です。
この強みを生かして隣接味方を保護しながら保護機でありながら反撃でさくさくと敵を倒せます。
 
余談ですが本国版では上方修正が入っておりさらに強くなっています。
今の日本版にこそ適用早くして81号。
 

エンプレス

後述するハルピュイアを編成しているのもあり、また思ったよりスノーフェザーちゃんのダメージの通りがよくさくさく敵を倒せるのでエンプレスの出番は控えめです。
スキルレベルさえ10ならノーリンクでいいかもしれません。

・フルリンクLv90
・フルリンクボーナスは消費資源マイナス
・ステは自身のパッシブこみクリ100、命中245確保、残り攻撃
・SSエネルギーパック+0
・SS対重装OS+0
・SSクリチップ+10
・SS行動力チップ+0
・スキルレベル10強く推奨
 
装備は割と適当です。
ステもここまできっちり振る必要はなさそうです。
命中245が必要なスティンガーカスタムは冷気耐性が99%な為、エンプレスの攻撃は基本通りません。
スノーフェザーちゃんが攻撃し浸水デバフを付与し冷気耐性を下げれれば通るようになりますが、ポップヘッドカスタムのバフにより状態異常耐性を獲得している関係でそれなりに浸水デバフがはじかれてます。
ハル子が仕留めることが多い様子です。
 

▼鍵となっているのは以下のスキルです。

パッシブ1では被ダメ最小化を獲得しています。
これによりセルジュークカスタムの十字攻撃に巻き込まれてもスキルレベル10では3回まで被ダメが1になります。
 
パッシブ2は周囲味方に冷気耐性を付与します。
属性耐性の付与なので、スノーフェザーちゃんがひんやりできて張り切って反撃を行ってくれます。
 

ハルピュイア

Ev2-1EXと同じハルピュイアです。
今回は前列配置なのでフルリンクボーナスを出撃費用マイナスにしています。

・フルリンクLv90↑推奨
・フルリンクボーナスは消費資源マイナス
・ステはパッシブこみ命中245、クリ100、残り攻撃
・SSクリチップ+10
・SS命中チップ+10
・対軽装OS+10
・ソワン弁当+10
・スキルLv10強く推奨
 
上記画像のは最適化できていません。
ことEv2-3EXにおいては対重装OSのがいいかもしれません。
今回はハル子というかスノーフェザーちゃんがひたすら頑張るので出番は控えめです。
編成の関係上、上記の完コピするとクリ100にならないのでステ振り直し推奨です。
今回はステ画面でクリ75%あればパッシブにより戦闘中100%になります。
  
▼鍵となっているのは以下のスキルです。

パッシブ2では十字方向の機動型味方にありがたいバフを付与します。
これにより、今回の編成ではスノーフェザーちゃんのステを強化し回避もしたい命中率も高めたいクリ発生での反撃の威力も高めたい、を実現させてくれています。
 
パッシブ1ではステルス偽装によりダメージ最小化を獲得しています。
スキルレベル10では2回に増加し安定感が増します。
セルジュークカスタムの十字砲火を受けても生き残りやすいです。
 

周回編成紹介2(一周4分半前後)

以下のような周回(3倍速)です。

安全確認自体は数週ですが、手動で考えうる最悪手を選択し続けて安全に周回できると検証済みです。

 

配置とコスト(19/47/57)

7/28日開放予定の3部のEv3-1sで入手できるティアマトの単騎周回です。
Ev3-1sは装備強化の敷居こそ高いですが、難易度的にはノーリンクのレアちゃんでもソロランできるほどです。

 

ティアマト

久々にメインアカウントからの出勤。

・フルリンクLv100
・フルリンクボーナスにバフ/デバフLv+2
・ステは回避極
・SSクリティカルチップ+10
・SS偵察ドローン+10
・SS偵察型戦闘システム+10
・SSクリティカルチップ+10
・スキルレベル10必須
・全装備、パッシブこみ命中245、回避280、クリ100確保必須
・誓約/好感度200は不要
 
偵察ドローン、回避ステ、誓約/好感度200は妥協可能です。
命中245、回避280、クリ100だけは絶対確保して下さい。
スティンガーカスタムに回避される→セルジュークカスタムに命中稼がれて命中340まで増加する→被弾し中破、の流れが発生します。
 

▼鍵となっているのは以下のスキルと装備です。

偵察装備の偵察ドローンや運命の水晶玉を装備することで、パッシブ3の迂回攻撃がWave1から適用され全Waveで適用可能です。

今回は偵察ドローンを装備し偵察効果を発揮させたことにより戦況分析システムの偵察時効果も発揮されます。
上記パッシブ3種と、戦況分析システムEX+10の合計は以下の数値になります。(バフ/デバフLv+2時)
※上記画像と異なりますが誓約でのバフ/デバフLv+1分は計算から除外
・回避+90+30+25=+145
・命中+31+41.5+25=+97.5
・クリ+15.5+10=+25.5
 
数値上は回避が25%、命中が22.5%、クリが1.5%余剰なので分析OSの強化値と偵察ドローンの強化値は+10じゃなくてもいけるかもしれません。
足りないクリはクリチップβにすることで補えます。
が、攻撃力が落ちる分で倒しきれないとその分攻撃機会を与えてしまい回避280で足りない事態が発生する可能性があります。
行動力も低下する関係で、恐らくWave4は被弾こそしませんが回避+90%を獲得前にスティンガーカスタムに先手を取られると思います。
それ以降も微妙な行動力の差で手数が足りる足りないが発生し事故るかもしれません。

誓約/好感度200を除外した完コピ以外に関しては事故を許容した上での使用をお願いします。

 

育成枠の追加は非推奨

スノーフェザーちゃんの後ろのマスでも保護はしてくれますが、セルジュークカスタムが保護無視十字を打ち込んでくる関係上まず間違いなく巻き込まれて落とされます。
セレスティアが出にくい、と噂です。
消費資源は抑えながら周回するほうがいいでしょう。

 

周回終了目安

セレスティア ×6(フルリンク。ノーリンク用+1はお好み
支援機すぎる支援機なので周回が難しい、出ない苦しいなら1体で切り上げても大丈夫です。
次の入手機会は8区の常設(恐らく11月頃)で入手できるようになる見込みです。
人によっては永戦などの高難易度用にフルリンク一人、周回用のコスト削減にノーリンク一人、3-1EXでの電力のみ回収ランにフルリンク一人と13集める人もいるにはいます。
筆者は集めました。
ただいずれ(早ければ新規秋イベ。11~12月?)電力資源ランはより効率の高いキャラが出現しますので二人目のフルリンクは趣味用に近いです。
余ったら余ったで二人目は二人目で基地要員にしようとも考えています。
基地で働く皆を癒してもらいたい。
 
ハチコ × 6 (フルリンク。ノーリンク用+1はお好み
重装で重いので周回資源削減にさらにノーリンクがいてもいいとは思います……がこの先の出番は控えめな見込みです。
 
 HPチップ ×1~2
HPチップβが今回入手出来ている関係上そんなにいりません。
ただ完全に上位互換、というわけでもないので不安な方は3枚くらい置いとくといいと思います
 
エルブン専用装備 ×1
専用装備は1つあれば充分です。
 

21/07/24現在少し古いんですが、装備のおすすめ所持や強化個数の記事はこちら。

 

おわりに

今回は、妖精の村のアリアEv2-3EXの敵編成と敵詳細及び周回編成例の紹介を行いました。

・エネミーは総じてAGS。いずれも炎弱点でギミック解除が可能
・ポップヘッドカスタムがスティンガーカスタムを加速させているステージ。先手を取るのも一苦労
・ギガンテスカスタムは編成次第では積みポイントになりうる
・セルジュークカスタムが新登場。保護無視時差着弾十字攻撃が非常に厄介。
 最大で命中400まで増加する為防御貫通や属性攻撃で早々に退場させたい
・セレスティアの次の入手機会は11月頃の見込み。
 幸いフルリンクしないと後悔するキャラではないが確実に準備を進め最低一人は入手したい

と、言う記事でした。

セレスティアほんっと出ませんね。
龍編成で1週1分ちょっとで周回させていたのに24時間ノードロップとか普通にありました。
かと思えば寝放置の間に4人来てくれたりと偏りがすごい。
低確率なので仕方ありませんがびっくりします。
ただ来てくれることは来てくれるので、諦めずに周回させ続けられる環境を作るのが大事です。
明確に目標を持ってプレイしていきましょう。
 
以上、Zelarnyでした。
最後まで閲覧ありがとうございました。
 

余談:1週間で13人集めた龍編成

このページの上の方にも張ってある当時の本国版リンクの先の1分06で周回できるとされていた最速編成です。
日本版でも同様のステ装備で再現可能で、2部開催当時TLで話題でした。
この記事のEv2-3EXの一番上のリンクの話ですね。

ただし条件がきっつい。

・チョコイベ限定装備グランクリュチョコレートの有無(コストが重くなりますがエネパでもいけるそうです)
・A昇給ブラウニーの用意
・S昇給ニンフの用意
・ノーリンクのレッドフードの用意
 
筆者はブラウニーとレッドフード、ニンフのリンクをリンク解除機15個使ってノーリンクにして上記と同じ消費資源で周回させました。
それでも13人集めるまでには栄養20万吹き飛びました……。
が、結果的に一週間で13人ものセレスティアを集めることができました。
周回速度は正義です。
 
……ただ、イベントごとに毎回ブーストアップは多かれ少なかれ必ずやってくれています。
今回も3部開放と同時か、3部開放の2週間後辺りからやってくれると見ています。
それまで待つのもよかったかも……とは思いますが待望のエルフ女王様実装だったんです。
待つとかまぁ無理でした。はは。

7/24時点でまだ開催から1か月経過していません。
8月に入ってからも9月になるまでの1か月開催期間はあります。
やっぱり焦らず着実に準備を進め、安定周回を目指すに限ります。
 
今度こそ、ありがとうございました。
 
スポンサーリンク