【日本版ラストオリジン】”妖精の村のアリア” Ev2-2EX を解説攻略と周回編成の紹介【龍未使用 21/07/23版】

2021年7月24日

スポンサーリンク

この記事で分かること

・妖精の村のアリアEv2-2EXの敵編成、敵ステスキル詳細
・安定周回編成例の紹介

はじめに

EXステージは腐ってもチャレンジステージです。

難易度が高いのは普通です。
雑にクリアが難しいなら理解度を高める必要があります。
 
当ブログでは主に"楽しみ方"を紹介しております。
模範解答が欲しいのでしたらwikiや公式ガイド、YouTubeやTwitterなどで検索をかけられればいいと思います。
敵を知り味方を知り、攻略周回を楽しみたい方のみ以下よりお付き合い下さい。

 

今回紹介するのはフルリンクハルピュイア、ノーリンク中破メイ軸での3分周回(2倍速)です。
壁役はエキドナ、ブラックワーム、フォトレスの3人から好みのキャラを選択できます

 

大前提:基本的には龍マリアでいい

・フルリンクの龍
・龍の装備(水晶玉や偵察ドローン、対軽装OSの+10など)
・ノーリンク可のマリア
 
上記3点が揃っていたら妖精村のEXステージはほぼ全て二人を軸に周回ができます。
Ev1-1EXも、Ev1-2EXも、Ev1-3EXはもちろん、2区のEXステージ三つも同様です。
常設のレベリングはもちろん極一部を除いた常設ステージ全ても同様です。
 
各EXステージごとの異なった編成のキャラや装備をステージを進むたびに時間かけて用意するより、
真っ先に常設7-8クリアを目指し金クラゲを集めながら研究を進めたり資源集めて装備強化したりと冒頭3点を揃えてからイベントに望む方が楽ができます。
 
イベントEXステージは難易度の高いチャレンジステージです。
敵を知り味方を知りその都度最適な攻略編成を組むか、雑に攻略できる編成を用意する必要があります。
基本的には、少ない手持ちでなんとか……と考えるより
龍マリア編成の用意をオススメします。

無敵の龍がクリア報酬の常設7-8の記事はこちら。

無敵の龍の強さについても書かれている記事はこちら。

ちょっと内容が古いですが特殊代用コアこと金クラゲの入手機会についての記事はこちら。

龍マリア+αでの編成例(本国版)一覧についての記事はこちら。

 

こちらを前提とした上で、龍マリアに頼らない編成について考えます。

 

妖精の村のアリア Ev2-2EX ステージ情報

参照:[妖精の村のアリア 2区 – 鉄虫 マップ]

敵編成

Wave1Wave2Wave3Wave4

 

出現エネミー詳細一覧と一言コメント

目に見える範囲の敵の詳細は参照元で確認下さい。

出現するWaveでLvが異なりHP攻撃力防御力は多少なりと変化します。
命中回避行動力、属性耐性は変化しないのでそのまま参考にできます。
当ブログでは参照元に掲載されていない情報を主に掲載します。
 

ランパートカスタム

先手取りゲーマシーンその1です。

性能的にはチョコ女王の精鋭警備兵に近いですが、あちらは電気属性ギミック解除でしたが今回は火炎属性でギミック解除です。
HP低下時スキル2を使用すると攻撃力は600程度とそこまで高くないんですが反撃してくるので育成枠を編成する際は注意が必要です。
特に厄介なのはパッシブ1。
自身が前列配置の場合、周囲の味方を保護かつRound毎にAP+1.5を付与します。
この毎RoundAP+1.5はAPの数値だけなら中破メイのブーストを超えるレベルの数値です。
コイツの姿を前列で見たら先手取りゲーだと思っておきましょう。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

ポップヘッドカスタム(新登場)

先手取りゲーマシーンその2です。

チョコ女王のペットマシンと似たスキル群ですが、こちらは電気属性ではなく火炎属性に被弾で周囲にデバフを振りまきます。
スキル2の引き寄せ攻撃を使用されると一定確率(75%)で強化解除されるのも一緒です。
このスキル2も厄介ですが一番厄介なのはパッシブ1。
戦闘開始時(Wave開始時)に自身の周囲9マスにAP+1を付与します。
龍編成などではコイツがいる=先手奪取ゲーだと覚えておくといいでしょう。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

対空用AMG-11(新登場)

文字通り対機動殺しクソマシーンです。

分かりやすいほどに機動狙いAI。
恐らく前列配置以外ではスキル1、前列ではスキル2の放射状攻撃を使用?
 
割と全部のスキルが鬱陶しいんですが、特にパッシブが厄介です。
パッシブ2では全てのRoundで全域の機動型の回避を80%確率で回避を-50%させてきます。
パッシブ1,3は周囲味方の命中を強化します。
毎Round命中+30%と味方が倒れるごとに5Round命中+50%を付与します。
ここEv2-2EXでは決まって2体ずつ配置されている関係上、間に挟まれている敵は常時命中+60、この対空用AMG-11が存在中に1体倒れるごとに+100%の命中が増加します。
機動どころか回避盾への殺意が高すぎます。
それなのに火炎属性への耐性もちゃっかりある異質。設計者出てこい。
コイツの姿を見たら基本回避盾は苦しいと覚えておくといいでしょう。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

ハル子が言うように先行して真っ先に片付けるのが最適です。

 

フォールンカスタム

攻撃の度に命中が増加していきます。

チョコ女王で見た敵と似ていますが、こちらは攻撃ごとに命中が+35%永久に追加されていきます。
前述している対空用AMG-11が同時に出現している関係で基礎状態でも命中250あり、さらに攻撃ごとに+35%追加されていきます。

やっぱり5回攻撃後の発狂しバリア/被ダメージ軽減無視/防御貫通獲得と耐久保護機殺しとなる前に殺られる前に殺れ、が正攻法です。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

ギガンテスカスタム

おそらく今回初出のAGSで一番厄介なエネミーです。

持久戦に非常に強い為、火力不足だとジリ貧になりがちです。
もしコイツと延々殴り合いしてる機会にあったなら、まず間違いなくパッシブ1のHP20%以下時の超硬貨状態に引っかかってるとみていいです。
防御+200%パッシブを獲得し防御が1万を超える為、防御貫通や防御無関係の属性攻撃、強化解除など特定の対策がないと普通の攻撃は通りません。
また遭遇した瞬間自身の背後2マスに被ダメ軽減-80%を付与します。
自身が退場しても付与されたままな為、速攻編成では追撃するか先に範囲攻撃で剥がすかの選択が必要です。
 
また攻撃力も低いわけではなく、特に上記瀕死状態では所持攻撃力の240%の攻撃をバリア/被ダメ軽減無視で放ってきます。
幸い射程が短いので前列に配置していなければ被弾しませんが……
もしノーリンクエキドナなどに空間装甲を装備させて被ダメ軽減無視獲得させてるのに大破したなんで?
はコイツのせいと思っていいでしょう。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報

 

ステージギミック解説

Ev2-1EXと比較するとの機動型群が不在の変わりにが追加されています。

Ev2-2EXの敵編成から分かることは以下です。

ランパートカスタムがやっぱり厄介。
毎Round行動加速を行う為先手がとりにくいだけでなく攻撃支援まで行いガリガリと削ってくる
初出のポップヘッドカスタムは周囲8マス行動加速マシーン。
ランパートカスタムとあわせて戦闘開始時にAP+2.5を周囲に付与する為非常に先手がとりにくい。
また75%強化解除の可能性のスキル2も厄介で、列・行保護持ちは無力化されやすい
初出の対空用AMG-11は機動全般と回避盾殺し。
命中が675%ありまず避けれない。
また周囲8マスへの命中パッシブも充実。やっぱり避けさせる気がない
フォールンカスタムは攻撃ごとに永久で命中が+35%される。
ここEv2-2EXの場合グダると発狂攻撃を避けれず痛い被害を被りやすい
ギガンテスカスタムが非常に硬い。
特にHP20%以下では防御が1万を超える為普通の攻撃はまず通らない
 
2部EXも中盤。
Ev2-1EXでは回避型が有効でしたが、今回は同じ編成で行くと対空用AMG-11に落とされることになりそうです。

 

対策

▼タンカー選出

対回避盾殺しかつ対機動特化の対空用AMG-11
瀕死状態ではバリア/被ダメ軽減無視のギガンテスカスタム
5回攻撃後はバリア/被ダメ軽減無視/防御貫通のフォールンカスタム
電気属性攻撃と引き寄せかつ75%強化解除も使用するポップヘッドカスタム
とどいつも基本避けたいのに対空用AMG-11がいるせいで命中が増加しており対処が難しい
 
一番やばいのがポップヘッドカスタム。位置移動を受けると保護範囲が変動する可能性がある
また強化解除も厄介。列・行保護での保護は諦めた方が無難
位置移動系が無効な重装保護機か、避けれないが攻撃力はそれほどでもないAMG-11の攻撃は受けてそれ以外を回避する軽装回避盾が有効か
機動防御型はAMG-11の機動特攻により被ダメがかさみやすく敷居が高い為除外
 
総じて攻撃力はそこまで高くない。
最も痛い攻撃はギガンテスカスタムの射程1の2152。
問題はフォールンカスタム。
恐らくスキル1を使用し出力制限解除パッシブが加算されるとスキル2を解禁。
スキル2では防御増加バフを強化解除かつ被ダメ増加状態としてくる為思わぬ事故が発生しやすい。
やっぱり速攻でお帰り願いたい

▼アタッカー選出

重装保護機を採用するか軽装回避盾を採用するかで対処が異なる。
前者の場合は放置すればするほど、味方の命中は増加させるがどうじに攻撃力も下げる為放置しておいたほうが脅威となりにくい。
ただ前列に詰められるほどちまちま倒していると放射状のスキル2を使用する為思わぬ被害が発生しやすい。
後者の場合は放置すればするほど周囲の命中が強化され被弾がかさみやすい為速攻でお帰り願いたい。
どちらにせよ鬱陶しいことには変りない為速攻で退場願う。
配置を見ると間に1体挟むように上下に1体ずつ。
縦3マス攻撃キャラなら必然的に優先して狙ってくれると分かる
 
敵の回避を見るとポップヘッドカスタムが最も高く、地味に回避が125%と案外避ける。
必中は225%
 
どちらも周囲の味方を保護している。
保護対象は電気攻撃と強化解除を行うポップヘッドカスタムと長期戦なほど火力と命中の増すフォールンカスタムの様子。
範囲攻撃や保護無視で保護対象を早々に退場させるか、この2体を瞬殺できる火力が欲しい

上記を元に編成を組んでいきます。

 

周回編成紹介(一周3分前後)

以下のような周回です。

5時間の安全周回を確認しています。
無音2倍速の動画です。
壁役はエキドナ、ブラックワーム、フォトレスの3人から好きなキャラを選択できます

 

配置とコスト(68/101/105) or (77/74/113)

Ev1-8で獲得できるハルピュイアを軸とした機動編成です。
メイちゃんは妖精の村のアリアEv1-2EXで拾えます。
エキドナは3部のEv3-3sで入手できる見込みです。
エキドナの枠はEv1-3EXで拾えるブラックワームのノーリンクでも同じコストです。
AGSのフォトレスはロボ研究で獲得できます。栄養消費0がメリットです。

Ev1-2EXの記事はこちらを参照下さい。

Ev1-3EXの記事はこちらを参照下さい。

 

ノーリンク エキドナ(重装指定保護機自由枠)

メインタンカーです。

・ノーリンクで十分
・ステはHPLv270
・SS防御チップ+0
・SS防御チップ+0
・SS防御型戦闘システム+0
・SS耐電コーティング+0
・スキルレベル7以上推奨。10で時短
 
となっているノーリンクのエキドナです。
エキドナは特徴的な保護範囲をしており、エキドナがテンキー表示の6にいる場合H型の文字になる保護範囲があります。
ただし列(縦)保護と、|-字の指定保護の為うっかりエキドナの縦に配置すると今回の場合事故の原因になります。
保護してるのは同じなんですが、列保護は強化解除で消滅すると保護できなくなります。
指定保護なら強化解除をされても無関係です。
 

▼鍵となっているのは以下のスキルです。

パッシブ2では見ての通り非常に広い範囲を指定保護します。

対象は軽装型と機動型とあり重層型は保護できませんが、命中率も行動力も補助できる点が特にメリットです。
今回は掲載していませんが、パッシブ3では敵全域を移動不可を付与/被ダメ増加/行動力低下も付与できるのでエキドナ機動編成は定番の一つとなっています。

パッシブ1では電気耐性を獲得します。

ポップヘッドカスタムは前列だと電気攻撃を使用する為6割カットし被ダメを抑えられます。
 

ラストオリジンの保護には種類があり、列/行保護は強化解除されると保護できません。

これは本人がこの範囲を保護する!と構えてる状態だからです。
強化解除を受けてしまうと意気消沈してしまい(?)保護できなくなります。
指定保護は保護対象にお守りを渡している状態です。
保護対象のお守りが強化解除されない限り、指定保護を付与している本人が強化解除されても無関係なわけです

分かりやすく解説している記事はこちら。

 

ブラックワーム(重装指定保護機自由枠)

ノーリンクでも大丈夫です。

筆者の検証垢もまだ育ってませんでしたが、保護範囲的にも耐久性能的にもエキドナとほぼ同じことが可能です。
ステ装備も上で紹介しているエキドナと同様で無問題のはずです。
育成しフルリンクする前にこちらに連れていくのはどうでしょうか。
今後も周回でも度々出番がある見込みです。
いっそフルリンクとノーリンク用意するのはアリです。

これはスキルLv6なのでだいぶしょぼい数値ですが、この時点でエキドナより行動力だけなら上回っています

 

フォトレスちゃん(重装指定保護機自由枠)

実は女の子です。声優さんがブラックワームと同様なのは内緒です。

栄養消費が0なので栄養がきつい時に便利です。

・フルリンク推奨
・フルリンクボーナスは消費資源-でOK
・ステは防御特化
・SS防御チップ+0
・SS防御チップ+0
・SS防御型戦闘システム+0
・SS耐電コーティング+0
・スキルレベル5以上推奨

▼鍵となっているのは以下のスキルです。

実はことAでの防御能力がずば抜けており、ここEv2-2EX程度ならステ振ってなくても敵最大火力のギガンテスカスタムに殴られてもビクともしないレベルです。

後方指定保護なので強化解除を受けようと関係ありません。
エキドナやブラックワームと比べ保護範囲が狭い為戦闘員のさらなる追加はできませんが十分です。

 

余談ですが、彼女(?)が主役のラストオリジン公式漫画もあります。

画像クリックでPixivリンク
ハングルなので読むには画像を和訳するpapagoアプリで取り込んだりとひと手間いりますが、ロボ好きにはたまらない作品となっています。

 

ハルピュイア

Ev2-1EXのハルピュイアと同じステ装備です。
ただし中列に配置した関係上、最奥を攻撃できるようフルリンクボーナスを射程距離+1に変更し時短と安定を図っています。

・フルリンクLv90↑推奨
フルリンクボーナスを射程距離+1へと変更
・ステはパッシブこみ命中225、クリ100、残り攻撃
・SSクリチップ+10
・SS命中チップ+0
・対軽装OS+10
・ソワン弁当+10
・スキルLv10推奨
 
となっているハルピュイアです。
ステ振りめんどかったので雑調整です。
クリティカルはハルピュイア本人で+25,メイで+14.5される為ステ画面で60.5あれば100%です。
命中はパッシブこみで225あれば最大回避のポップヘッドカスタムに必中でき全ての敵に必中します。
 

滅亡のメイ(ノーリンク中破運用)

Ev1-2EXでドロップします。
前回のEv2-1EXから大幅にステ装備を更新して時短にしています。
がっつり強化してなくても周回時間が伸びるだけで安定クリアは可能ですので安心して下さい。

・ノーリンク中破運用
・ステはクリ100、命中225確保、残り攻撃で時短
・SS行動力チップ+10
・SSクリチップβ+10
・SS対軽装OS+10
・SS戦略爆撃機器+10
・スキルLv10を強く推奨
・ステ装備は時短用。
 理想形、とでも思っておいて下さい。
 ここまでするとHP1万程度の雑魚ならノーリンクでも一撃で落とせるようになります。
 
中破し行動加速かつアタッカーとして普通に参加します。
装備の強化次第では周回時間が1.5倍~2倍長くなります。

メイは中破運用することで、周囲8マスのキャラに行動加速を付与できます。
このおかげで速度周回が可能となっています。

中破運用の仕方についての記事はこちら。

 

育成枠の追加も可能

エキドナの場合は機動/軽装の追加が可能です。

ブラックワームでも可能です。
ブラックワームの場合は重装でも対象を選ばず保護できます。
 
フォトレスちゃんはこの位置に保護がないのでオススメしません。
対空用AMG-11は機動狙いかつ標的付与の関係上、ある程度育った軽装か重装なら平気とは思いますが未確認です。

 

周回終了目安

 紅蓮 ×6(フルリンク)
紅蓮は支援機すぎる支援機なので、無理にフルリンク狙わなくてもいいといえばいいです。
Ev1-6bの初回クリア報酬で貰えているはずですし周回がしんどければ2人以上はスルーも可。
次の入手機会は恐らく11月の8区の見込みです。
 
ブルガサリ × 6 (フルリンク)
弱くはない……んですがSS昇給が実装されてもなおシナジーが小さく出番は多くありません。
 
エネルギーパックEX ×1~3
可能ならちょっと掘っておきたいです。
永遠の戦場を見越すと最低でも4個ほど+10にしておくと"掘っておいて良かった"、と思えるはずです。
次の入手機会は復刻リオボロスの遺産で、10月か11月見込みです。
常設でも掘れますがイベントステージと比べると意味わからないレベルの渋さなのでオススメしません…。
 
ダークエルブン専用装備 ×1
専用装備は1つあれば充分です。

ちょっと古いんですが、装備のおすすめ所持や強化個数の記事はこちら。

 

おわりに

今回は、妖精の村のアリアEv2-2EXの敵編成と敵詳細及び周回編成例の紹介を行いました。

・無敵の龍対策と思われる行動加速マシーンその2が登場。
 ランパートカスタムとポップヘッドカスタムと先手奪取ゲー
・エネミーは総じてAGS。いずれも炎弱点でギミック解除が可能
・ギガンテスカスタムは編成次第では積みポイントになりうる
・命中675かつ周囲に命中付与の対空用AMG-11がいる関係上ほぼほぼ回避ができない。耐久型でクリアを目指すことになる

と、言う記事でした。

ポップヘッドカスタムまじクソエネミー

対空用AMG-11がいなければ避けて終わりなんですが、コイツがいるとよっぽど装備強化を進めないと回避型では難しいです。
無敵の龍で速攻をかけようにも2体も行動加速マンがいるというちょっとした地獄。
当時の開発も頭を使わせようとした様子が伺えます。
強引にねじ伏せるか被ダメを抑えて流すか。
知力が求められますが、望む結果が得られた快感は他のゲームではなかなか味わえないです。
筆者は後者のほうが好きなので、あえて龍を使わない編成楽しいです。
読者さんも歯車の噛み合いが美しい自分だけの編成、組んでみるのはいかがでしょうか。
 
以上、Zelarnyでした。
最後まで閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク