【日本版ラストオリジン予習】”システム改善Ver”で追加されるかもな”課金品回り”の追加/変更点を紹介【本国版からの予習記事②】

スポンサーリンク

はじめに

[今後のラストオリジン日本版「システム改善Ver」予定について]より
この記事は22/04/24に投稿された、韓国版(以降本国版と表記)ラストオリジンの要素の予習記事です。

日本版ラストオリジンは22/04/24現在、"システム改善Ver"の開発を行っており22年5月に公開を目標としています。
“システム改善Ver"は22年度の本国版同様の環境となる、と告知されているため、予め22年度の本国版を知ることでそのまま未来の日本版の実装内容となる可能性があります
 
22年度の本国版には22/04/24時点の日本版と比べるとあまりに多くの追加要素が入っています。
今の日本版をVer2.0、とするならVer3.0、と言っていい環境です。
ただVer1.0→Ver2.0時と同様、別ゲーというよりはより快適かつ効率的な選択肢が取れるようになる、と思って貰っていいです。
今回はそんな"システム改善Ver"で追加されると思われる要素のうちの一つ、"課金品回り"を紹介します。
 
※[注意点]
性質上ネタバレとなる可能性が非常に高いです。
また、あくまで可能性が高いだけなので実装されないかもしれません。
鵜呑みにされず「なるかも」程度にお納め下さい。
実際に実装されるか否かは日本版ラストオリジン運営の実装告知をお待ち下さい。
 
全体的にどうなるの?についてはこちらをどうぞ。

課金(ツナ缶購入)回りの追加/変更について 

筆者は22年度の本国版もプレイしています……が日本版の予習のつもりで遊んでいるだけなので課金はしていません。
個人的に注目度が高いと思われるものをピックアップして紹介します。
※画像は本国版のエミュ和訳機能を使用したものです。
 

臨時待機室(仮)

22/04/24時点のホーム画面です。スノーフェザーちゃんのウェディング姿超可愛い。
色々見えるので気になると思いますが後述するのでひとまず置いといて下さい。
矢印の先に"一時控室"の文字とアイコンが見えるでしょうか。
これは本国版ラストオリジンに追加されている、既存の待機室と完全に"別枠"です。

選択するとこの画面となります。
戦闘員、装備ともに10人/個までをここに既存の待機室が満室になっても確保することができます。
工房に進まずとも、この画面で右上のチェックを押してレアリティを問わず一括選択(ソートも可能)、右下の分解で一瞬で分解も可能です。
もちろん、右下の大きな枠から既存の待機室に移すことも可能です。
 
ちなみに、この画面は初期状態です。
画面上中央に見える[控室拡張]を選択すると拡張することができます。

最大だとその数、なんと戦闘員は1200枠装備は600枠です。

戦闘員は10枠追加に20ツナ缶。装備は5ツナ缶を消費します。
これまではブースト中だと周回がすぐに止まるー、は所持枠を600まで拡張していても悩みの種でした。
臨時待機室拡張を行っていると、こちらの既存の待機室600に加えてさらに最大1200もの戦闘員をまとめて分解も可能です。

また、臨時待機室の実装に伴い所持枠ではなく臨時待機室に優先して集める選択肢も取れるようになります。
臨時待機室で成果のみの確認も可能です。
長時間放置がより捗るようになるかつ、分解時の最大分解数も気にしなくてよくなる、と大変ありがたい仕様です。
ツナ缶、貯めておきたいものです。
 

オルカパス(仮)

次に"オルカパス"を紹介します。水着メイド服姿のセイレーンちゃんめっかわ。
これは言うなれば"月毎のやりこみによって報酬を得られる、実績の豪華版"みたいなものです。

[オルカパス]を選択後はこのような画面になります。
注目して欲しいのは到達レベル、の数字の上下にアイテムがあること。
これは何を意味しているか、というと全ユーザーが受け取れる上部分と、"プレムアムオルカパス"を購入しているユーザーのみ受け取れる下部分がある、ということです。
恐らく全ユーザー用分に追加で貰えるはずです。

到達レベル1~10だと分かりにくかったと思います。
44~50ともなると、希少品の誓約の指輪、約束の花束、そして新規追加の上位素材やSSS装備まで獲得できます。
※時期によって報酬が変化する場合があります。
 
無課金ユーザーでも金クラゲの入手機会が増えているので大変嬉しいです。
獲得全一覧については[ORCA Pass | Last Origin International Wiki | Fandom]が見やすいのでこちらを閲覧下さい。
 

到達レベルについて

オルカパスの到達レベルは[オルカパス経験値]で増加させることが可能です。
日頃こなしているデイリー、ウィークリー、マンスリーの任務報酬に入っているので、日頃から日課をこなせる人が強いわけですね。
なお、月が切り替わるまで毎日必ず全任務をこなさないとLv50は到達できないほどシビアに設定されてはいません。
雑に消化している人でも、毎日プレイしている方なら半月経たずに到達できると思います。
 

プレムアムオルカパスの値段について

最後に、プレムアムオルカパスの値段について。
どうやらツナ缶で販売はしてないようで、購入にはリアルマネーが必須となっています。
パッと見19000円!?と驚くかもしれませんが、韓国のウォンと円は1=1ではありません。
 
[日本 円→韓国 ウォン通貨換算機 (currency-calc.jp)]より
時期によって円の価値は異なります。
よって22/04/24時点だと、プレムアムオルカパスの19000ウォンは日本円計算すると1961円のようです。

月約2000円を払えばこれらを1か月の間に入手可能……ふむ……。

希少品ばかりではありますが、ある程度やりこんでいるユーザーならそこまで困らないものが多いように思います。
強くなりたい、ラストオリジンをやりこみたい、と思っている初級者や中級者向けのブーストの意味あいが強いかもしれません。
SSS装備の枠などは切り替わっているようなので、毎月買う、というより欲しいものに切り替わった月だけ購入する、とした方が賢そうです。

 

自己学習アルゴリズム(仮)

内容的には初期化モジュール消費0化、リンク解除機消費0化、となっています。

ステ振りリセット、リンクボーナス変更、リンク解除、いずれもで消費するアイテムを免除できるようになります。
これは編成を自分で組む方に特にありがたい品です。

なお、常時ではなく期間が決まっています。
右下に見える"一定期間経験値/スキル経験値ブーストチケットの親戚"だと思って下さい。

「初期化モジュールやリンク解除機の残数を気にせず編成を組みたい……!」

そんな方は一定期間かつ多少のツナ缶こそ消費するものの、どんなステもリンクも試し放題になります。
 

新規背景

新規背景が追加されるようになります。

一部は時期やイベントでお披露目→実装となっているため、日本版は即座に全開放とならない可能性があります。
背景紹介=イベントのネタバレとなるものもあるので、今回の記事では"愛の巣"のみ紹介します。

本国版で22/04/25実装と思われるスキンアプデのお披露目

※音が出ます。

牛乳Yシャツポイにゃん、動く。
日本版の妖艶な声音と比べて幼い話し方をする、本国版の"子猫"ポイちゃんもよろしくお願いします。
本国版実装→日本版実装が2週間なかったクノイチ・ゼロのスキンを見るに日本版も実装しようと思えばできるはずです。
アプデ内容を気にしたりアプデ後につついてみるといいでしょう。
やろうと思えばこんなことも……!?
良い子は見てはいけません。

 

新規ロビーアクセサリー

先に書いておきます。大量に追加されます。

使用例としてはこんな感じ……こんな感じ?
ホーム画面を弄って遊ぶ方は一気に賑やかかつ個性的にできること間違いなしのロビーアクセ群になります。
 
 
ずらっと載せましたがこれでも一部、という……。
漫画劇場シリーズ、"今日のオルカ"シリーズ、と公式漫画からの切り抜きもあれば。
中にはファンアートとして描かれていたデフォルメキャラを公式採用して販売されている場合もあります。
個性的なロビーを演出したい方必見の品々です。
ツナ缶の用意はいいでしょうか。
 

プレミアムログインボーナス

ガラっと変わっていて驚くかもしれません。
ただ節目ごとに貰える希少品を一週間ごとの到達報酬に設定している、というだけで内容的にはあまり変わってなかったりします。
 
大きく変わったことは下枠の"プレミアム出席"の部分。
この枠は課金品の"プレミアムパス"を購入している場合、その期間の間特別ログインボーナスを獲得できます。
5回まではプレムアムログボ枠を変更もできるため、ある程度は内容を選ぶこともできます。
こちらの内容もオルカパス同様、課金はしないとなものの上を目指したい初級者、中級者に非常にありがたい品々です。

こちらがプレムアムパス。22/04/24時点だと日本通貨にして1022円。
日数が記載されていませんし、買ったことがないので何日分なのかは不明です。

単体で買わずとも、ツナ缶課金をした際についてきたりもしているようです。
失礼しました。こちらはマイレージ、というものでまた別のようです。
ある程度貯めるとSSキャラやSS装備と交換できる品のようです。(訂正)
毎日のログインがより楽しみになりそうですね。

 

スキン系/販売専門ショップ

ホーム画面アンドバリの制服アイコンが追加されています。
このアイコンではスキン専門ショップを開くことができます。
 
「それってなんなん?」な方はとりあえずこちらをどうぞ。
無音30秒ほどの動画です。

最後何か見えたって?気のせいです。
あの機械のようなムネモシュネがお着換えして多少服が脱げたからって気恥ずかしさで目元を隠すなんてそんなわけ。
 
22/04/24時点の日本版だと中破有り、小物のON/OFF有、背景有り、などはアイコンでしか分かりませんでした。
アイコンで分かっても、なにがどう変わるのか、を確認する術はありませんでした。
全体図も分からないのでわざわざスキン所持キャラを図鑑から開いたりするレベルでした……。
  
スキンショップでは、完全にゲーム内で中破の有無、小物のON/OFFギミック、背景の有無、台詞の有無などを確認できます。

例としてバニーノームだと、L2Dマーク、マイクアイコンと敗れた服アイコンがあるのでロビーアニメーションあり、専用ボイスあり、中破あり、と分かります。
黄色い枠では目玉アイコンで全体図確認、中破マークで中破イラスト確認、眼鏡アイコンで小物のON/OFFを購入前から確認できます。
さすがにタッチ時の反応などは買ってからのお楽しみなものの、買う前にこれだけ知ることができるのは非常にありがたいです。

検索覧ではレアリティ、役割、クラスなどはもちろん、文字列検索、カテゴリー分け(水着、ハロウィンなど)などどでも探すことができます。
ロビーアニメーション有りのみを探すこともできますし、中破有のみを探すこともできます。

「〇〇なスキンを探したい」

となった時に大変ありがたい機能です。
フェンリルはどうもこの恰好が日常服扱いな模様。
発情オオカミですからね、野生の力が爆発中なだけなのでまぁ日常でしょうね。
 

ちなみに、このスキンショップ実装と同時にツナ缶の値段の見直しがありました。

これまでは基本レアリティも値段に入っていましたが、この見直し移行はレアリティ無関係になっています。
このノームちゃんとかBですがSS並のクオリティですもんね。
この見直しのおかげで、これまでスキンは高ランクキャラに偏りがちでしたが低ランクキャラも日の目を見れるようになってきました。

 

おわりに

今回は、システム改善verの予習のうち課金回りを紹介しました。

上記以外にも、細かい商品の並び替えやデイリーチケットの購入、新規滅亡箱など色々あります。

これはスキンの滅亡箱(ガチャ)
正直筆者も全部は把握できていないので、目玉と思われるものを主に紹介しました。
実際は日本版に"システム改善Ver"が実装されてからショップを訪問し、確認してみて下さい。
ツナ缶、貯めておきましょう。
 

その他にも追加していく予定のシステム改善Verの予習記事群はこちら。

予習となりますように。
Zelarny(@Zelarny)がお送りしました。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク