【日本版ラストオリジン】光届かぬ聖域 Ev1-3Ex 初心者向け安定周回編成例(リンク300%ソワン、オードリー、ケルベロス、ダークエルブン、ポップヘッドの1週4:40とカリアフ・ベラ添え1週3:42)の紹介【22/08/01環境版】

2022年8月1日

スポンサーリンク

はじめに

聖域Ev1-3Exのブラックナイト2連戦のステージを装備強化なし、ソワンのフルリンクもなしで4分半で周回できる編成を紹介します。
※2倍速。音が出ます。

 

当ブログの編成例紹介は、始めて間もないユーザーさん向けに以下を意識して組まれたものです。

・常設低層やイベント周回ステージ手前まで、交換所で入手できる入手の敷居が低いキャラ装備のみで構成
・可能な限り装備強化や昇級を排除し純粋な育成のみ
・可能な限り周回資源を抑えつつかつ周回速度もそれなりに稼ぐ
 
当ブログはこれまで、どんな難しいイベントでもこのスタンスで編成を紹介し続けてきました。
今回も全てのEx周回編成例を組める予定です。
それでは、以下よりお付き合い下さい。

光届かぬ聖域の全ドロップリストや概要詳細な記事はこちら。

事前周回編成まとめ記事(1部)はこちら。

光届かぬ聖域イベント全記事一覧はこちら。

 

大前提:EXは高難易度

「Ex周回できん。周回編成見てもフルリンクやSS+10、それも所持してないキャラ装備を使用している編成ばっかり。クソゲー」

ラストオリジンを始めたばかりの方によく見る発言です。
Exは高難易度扱いなので、難しいのは当然なのです。
そしてラストオリジンは、〇〇がないと周回できない、と言った事態は絶対に発生しません。
安定性の差や周回速度の差などはもちろんありますが、事故(大破し周回が停止する)率を0にする選択肢はほぼ無限にあります。
 
紹介されている編成が見慣れないキャラ装備でLv100、SS装備+10ばかりなのはそれで安定周回できる、という紹介された方なりの"解"の一つだからです。
“1"という"解"を導き出すために1×1と、1÷1と、-1×-1、遠回りして1+1-1など本当に多くの式が存在するようなものです。
 
ことラストオリジンにおいては“事故率を0にする安定周回が可能“の解。
全てのキャラと装備やステと強化値、スキルレベル、配置、敵の持つステスキルや配置。
これらの組み合わせから求められればいいだけです。
 
紹介されている編成はあくまで紹介した方の得た"解"の一つ。
周回可能な編成がそれだけなんてことはありえません。
これを大前提として頭の端に置いて欲しいと思います。
 

Ev1-3Ex 初心者向け安定周回編成例紹介

冒頭で紹介した編成と同じです。1週4:36ほど。
8時間の安定確認をしています。
※2倍速。音が出ます。

 

配置と簡易役割解説、コスト(85/106/53)

常設イベント、至高の晩餐で1体は確定で獲得できるソワン軽装編成です。
ここ聖域Ev1-3Exは"ブラックナイト"なる新エネミーが単体で出現します。
Wave2の個体が200万、Wave3の個体が300万のHPを誇りかつ9マス反撃もしてくる難敵です。
こんなんと殴り合ったら普通は壊滅するので、スタンコンボを使用し行動不能ハメをし続けて削りきります。
 
リンク300%ソワン
3リンク、という意味ではなく、Ev1-8で掘れるヴェロニカをリンクし60%×5の偽フルリンクにして力を引き出します。
自身の上下、後ろ方向の軽装味方の強化をしつつ追撃をし続けます。
超HPの単体相手、となればソワンが最適です。
 
オードリー
Ev1-1Exで獲得できるノーリンクオードリーです。
彼女は下2マスに攻撃命中クリ行動力バフを付与しつつ、攻撃で敵をデバフまみれにしつつソワンの支援攻撃を引き出します。
この中に含まれている"移動不可"の付与が行動不能ハメの起点となります。
 
ケルベロス
Ev1-8で掘れるケルちゃんもノーリンクです。
Aながらなんと攻撃には敵が移動不可だと100%確率で行動不能2Roundを付与する、なんてスキルを所持しています。
これにより、全てのRoundで行動不能を付与し続けると次のRoundでも行動不能で次も行動不能で……と一切の行動を封じることができます。
この芸当が可能なのはケルちゃんとSS氷龍のグラシアスだけだったりします。
 
ポップヘッド
序盤で貰える警察犬ロボのポップヘッド君もノーリンクです。
軽装編成だと栄養消費が激しいところを、ロボなので栄養消費がない、として資源の減りの偏り緩和に一役買ってくれています。
一切ダメージが発生しないものの優秀なデバフを所持するため、これで敵を弱らせつつソワンの攻撃を引き出します。
 
ダークエルブン
Ev1-7で獲得できるダークエルブンもノーリンクです。
ケルちゃんの行動力が今回の記事の縛りだとどうあがいても先行Roundの間にオードリーの後に続かないといけないところを遅れてしまうので、彼女の開幕AP増加バフで無理やり間に合わせます。
ソワンの横にいることでソワンの支援攻撃を誘発させるほか、後ろのケルちゃんの支援攻撃も行い地味に削ります。
逆に言えばSSエネパ+0とSS突撃OS+0でも持ってたらダークエルブンはいなくてよかったりしました。
所持している怒りの狼牙イベ参加組は試してみて下さい。
 

リンク300%ソワン(訂正アリ)

ソワンは常設イベント至高の晩餐のEv1-8の初回クリア報酬で、ヴェロニカは聖域Ev1-8で獲得できます。

リンク300%以上Lv90~(100に近いほど時短)
・クリ率45.6%、残り攻撃
・全スキルのスキルレベル10
・B~SS戦闘刺激剤
 (B入手:製造20-10-20
・S分析回路+0
 (入手:聖域Ev1-5)
・SS分析回路ベータ+0
 (入手:聖域イベント交換所)
・SS対軽装型戦闘システム+0
 (入手:常設5-1Ex、常設イベントリオボロスの遺産Ev3-2ep初回クリア報酬)
・スキル2の優先度変更(スキル1でいいです。訂正)
・可能な限り低HPでの中破必須
 
ステ装備の概要
ここEv1-3Exは低回避が多く、最大でもWave1のナイトチックディテクターGの85%、いえ一度でも行動すると+75され150%なため250%あれば全ての敵に必中となります。ただWave2、3で出現する超HPのブラックナイトは回避が0なので100%あれば必中だし、と0振りです。
ソワンは特に自己バフによる影響が大きく、攻撃命中前と攻撃命中後では大きくステが変化します。画像で比べるとこれだけ差があるほど。命中前ではまだ発揮前な関係でクリ確とならずディテクターGにも避けられることがあるものの、HP200万300万を相手に初手の火力など誤差も誤差なためWave1の必中値は捨てました。
ステ換算の高いクリチップ系を装備することでより高い攻撃値を実現しつつ超HPを削りきる。これをコンセプトにしています。
 
補助装備に関して
補助装備に関しては中破運用のためにB刺激剤を装備しHP10で復活後、検証中にうっかり1ダメを受けて9になってからスタートしただけだったりします。
9とか死ぬやん!と思いきや、今回被弾の機会は手数の関係でWave1のディテクターGのこの保護無視音波攻撃だけです。威力が32ととんでもなくゴミなので、仮に1%のクリを引いて1.5倍になってもソワンの防御力131だとどうあがいても1にしかなりません。それでも9回被弾すると大破……と思いきや、上の画像で中破の文字と一緒にバリアの文字も見えるでしょうか。
これは上にいるオードリーのバフで、HP90%以下の味方に毎Round貼り直されるバリア330を付与する、というもの。バリアはそのままダメージ計算後の被ダメの肩代わりとして機能するため、ディテクターG1体でこのバリアを割ろうと思うと1Roundに330以上の予ダメを与える必要があります。ただ前述している通り威力32の攻撃しか持っておらず一生割ることができないため、HP9だろうと何の問題もなかったりしますし装備しているのがB刺激剤の必要もないです。行動力+2.5%のためだけに装備していました。
あるならソワンを好感度80まで育てているなら入場できる外伝で手に入る、ソワンの手作り弁当がおすすめです。
 
OSに関して
どうみても巨人で重装のように見えるブラックナイトなんですが、実はこう見えて軽装型だったりします。
よって対軽装へのダメージを大きく増加させられる対軽装型戦闘システムが非常に有効です。
 
可能な限り低HPでの中破運用に関して
ソワンは自身のHPが低いほど、そして敵のHPが低いほどダメージが増加するパッシブ持ちです。
これを活かすため、中破時点のHP25%どころかさらにギリッギリまで減らして本気を出してもらうためBの戦闘刺激剤を装備しHP10で中破させました。
なお、HP10とHP1で比較したところ差が分かりませんでした。差はある……んでしょうか…?
 

オードリー

聖域Ev1-1Exで獲得できます。

・ノーリンクLv60~可(高いほど時短)
・スキルレベル6~可(高いほど時短。ソワンのクリ率確認注意。動画では10)
・ステ振り自由
・小型偵察ドローン+0
 (入手:常設4-4初回クリア報酬またはLv30で開放のランパート外伝その2)
・B~SS突撃型戦闘システム+0
 (B入手:製造10-10-20または20-10-10)
・B~SS回路最適化チップ装備で時短
・Round1でのケルベロスより前に攻撃必須
 
ステ装備の概要
ステ装備は完全にソワンの追撃を引き出すためだけになっています。
初心者の方はいまいち何しているか分からないオードリーでしょうが、こう見えてとんでもなく優秀で古来から速攻編成や対単体と言ったら、と採用されやすいレベルです。
前列に配置されている今回は、下2マスの味方を攻撃命中行動クリ率をブーストしつつ攻撃では敵を移動不可にしつつ被ダメ増加+43.5%デバフも付与します。
この被ダメ増加デバフは全キャラで見ても最高峰クラス。追撃するソワンの威力を大きく伸ばすことができます。
 
スタンコンボの起点
簡易役割解説で解説済みの通り、ケルベロスの攻撃は敵が"移動不可"デバフ状態だと"行動不可"2Roundを付与します。
2Roundということは付与したRoundはもちろん、Roundを迎えた次も行動不能ということです。
そしてこの行動不可デバフ、上書きができます。
オードリーが付与した移動不可2Roundの間にケルベロス、と行動し続ける限り、デバフ解除手段もデバフ耐性も持っていないブラックナイトは無限にソワンに切り刻まれ続けます。
持ち前の被弾時AP+10獲得しての最速行動もHP50%以下からの反撃も一切何もできないままHP200万、300万を削りきられて沈むことになります。
 
行動順に注意
オードリーやケルベロスにどれだけ行動力装備を付けても構いません。スキルレベルも1でもいけるかもしれません。ダークエルブンも装備選択次第では外せます。
しかし必ずオードリー(またはポップヘッド)→ケルベロスと行動するように開幕の行動順に注視して下さい。
移動不可を付与→行動不能、と行動しないとブラックナイトに殴られ崩壊します。
 

ケルベロス

聖域Ev1-8で獲得できます。

・ノーリンクLv40~可(高いほど時短)
・スキルレベル1~可(高いほど時短。ソワンのクリ率確認注意。動画では10)
・ステ振り自由
・SS回路最適化+0
 (入手:常設3-8初回クリア報酬)
・SS回路最適化ベータ+0
 (入手:聖域イベント交換所)
・OS補助装備自由だがRound1でのオードリー、ポップヘッドより後に攻撃必須
 
ステ装備の概要
見ての通り行動力が足りてない部分はダークエルブンでなんとかしています。
先行Roundを獲得するには行動力を2回換算後に10以上の必要があるんですが、画像の通りだと2回換算時点では8.74しかないため先行Roundに行動できません。
誰かしらが先行Roundを獲得し殴ろうものならブラックナイトは被弾時AP獲得+10を行うため2回殴った時点で20となり次のRoundは最速行動します。
これを阻止するため、今回は先行Round奪取用に後述するダークエルブンで開幕AP+1.45付与を行い4.37+4.37+1.45で10.19へと到達。
ラストオリジン戦闘時行動のルール、AP10以上へ2カウントで到達したことで先行Roundに動きオードリーの後に続いて速攻で行動不可を付与を狙うがために行動力装備で固めています。
前述している通り、SS突撃OS+0とSSエネパ+0を所持していたらダークエルブンを外し前に出してオードリー(Slv10)のバフ範囲に含めることで先行Round参加が可能です。
 

ダークエルブン

聖域Ev1-7で獲得できます。

・ノーリンクLv1~可(高いほど時短)
・スキルレベル6以上必須
・ステ振り自由
 (画像の通りかつケルベロス、ソワン、オードリーのスキルレベル10だとクリ100運用となり時短…?)
・装備自由(行動力装備だと時短)
 
ステ装備の概要
上記画像のように超適当でも、デバフ盛り盛りかつ特攻が乗ったダークエルブンだとこれだけのダメージが出る時があります。
とはいえ、ソワンの下に配置されている関係上ソワンがより高い頻度で追撃できるよう行動力の増加する突撃OSや4-4Exなどで拾えるS回路最適化チップを装備した方が時短になるかと思われます。
 

ポップヘッド

ロボ研究を進めることで製造できるほか、常設1-4で貰っているはずです。

・ノーリンクLv1~可(高いほど時短)
・スキルレベル1~可(高いほど時短)
・ステ振り自由
・装備自由(行動力装備だと時短)
 
ステ装備の概要
Bが何してるの?と思いきや、地味にとんでもない性能しているデバフを付与可能です。
画像の通りこのデバフ群のうち、移動不可はオードリーが付与しているので置いといて。
輝いているのは被ダメ+36.25%の部分。敵に被ダメ増加デバフを付与するキャラは多くいるものの、36%もの倍率で付与できるキャラは数が少ないです。
そしてポップヘッドは軽装でもあるため、ソワンの横に配置した時は支援攻撃を引き出す役目にもなることができます。
そしてこの攻撃はAP消費が4で基礎行動力も4なため、全てのRoundで確定で付与し続けることが可能。
単体攻撃な関係で普通の周回ではまずお呼びがかからないものの、今回のような単体相手だとこうしていい仕事をしてくれます。
 

おまけ:カリアフ・ベラ所持の場合一周3:42へ

・ダークエルブンOut→カリアフ・ベラIn
・ポップヘッドをソワンの下へ
・ケルベロスを中破
 
上記一覧からこうしただけで1分近く周回時間が短くなります。
カリアフ・ベラは7-4で獲得できるため、ちょっと遠いかな、と思い冒頭の編成では外しました。
頑張って到達し掘って育てきれるなら、ソワンを大幅強化しつつケルベロスの行動ブーストも付与しつつで大幅時短が可能です。
一応3部が来ればEv3-2sで掘れる見込みですが開放は8/24見込みです。
 

上記画像のベラお姉ちゃん

・ノーリンクLv1~可(高いほど時短)
・スキルレベル10必須
・ステ振り自由
・装備自由(行動力装備だと時短)
 

鍵となっているのは以下のスキルです。

対象のHPが90%以下、と条件こそあるものの支援性能がぶっ飛んでるベラお姉ちゃんです。
こと純粋なバフの値だけ見るとSS支援機に匹敵するほどなのに、Aランクなためコストが軽い点が本当に強みです。
この軽さを活かして周回コストを抑えつつ、高速周回がしたいがためにアタッカーを中破させる場合すらあるほど。
ソワンとも当然相性がいいです。軽装なため支援攻撃の誘発役にもなれますし、ベラの攻撃そのものにも被ダメ増加デバフ+26%が入っているのもプラスです。
スキルレベル10でないと前に範囲がない点だけは注意が必要です。
 

聖域Ev1-3Exの簡易敵解説と攻略要点

Wave1…はもうWave2移行のブラックナイト対策が出来ているなら怖いことは何もないと思います。
誰一人保護していないかつ発狂もできないテストゥド。
遅い硬い痛いなだけで行動サポートを一切受けていないFAビッグチックⅡ。
唯一行動が早く保護無視を投げてくるナイトチックディテクターGですが攻撃能力はゴミです。

敵編成は以下のようになっています。

Wave1Wave2Wave3
 

実質ブラックナイト2連戦のみと思っていいです。
ブラックナイトのHP200万、300万の連戦をどう抜けるかだけが重要となります。
 

攻略要点解説

ここEv1-3Exのブラックナイトは以下の特性を持ちます。

・超HPで単体出現
・属性耐性125%ずつ
・被弾するとAP10獲得
・常時バリア/被ダメ軽減無視の9マス攻撃所持
・HP50%以下で反撃1回を獲得。反撃時に命中+400%とクリ+50%獲得

対策としてはこちら。

デバフ耐性とデバフ解除手段は未所持
・スタンハメが有効。行動不能ループにしてしまえば攻撃も反撃も怖くない
・基本属性攻撃が通らないが属性耐性を下げまくることで通らないこともない。基本的には物理攻撃が有効
 

要点まとめ

要するに動かれなければいいだけ、となると案外選択肢があります。
今回紹介している移動不可状態+ケルベロスもそうですし、敵がフロストサーペントなどの付与する浸水がかかっていればケルベロス同様行動不可2Roundを付与できるグラシアスもいます。
デバフが通り放題、な点が最大の弱点です。
 
今回の編成のように、単体出現なのをいいことをに対単体のスペシャリストであるソワンを用意。そしてソワンに追撃してもらうため周囲を軽装で固めかつ、行動不能役に同じく軽装のケルベロスを採用。移動不可役に軽装のオードリーを採用。与ダメが伸びるようにベラやポップヘッドなど被ダメ増加デバフ持ちを足す……。
装備強化はもちろん重要です。
しかし、キャラの性能を把握しきっていれば今回のようにソワンがフルリンクでなくとも一切の装備強化がなくとも3分台で周回できたりもします。
ぜひ自分だけの推し編成を組めるようになって欲しいと思います。
 

おわりに

今回は、光届かぬ聖域イベントEv1-3Exの初心者向け安定周回編成例を紹介しました。

1週に時間がかかるしコストも重めだしでしんどい、のは分かりますが出る時は出ます。
ここで掘れるティタニアは2部特攻キャラといって遜色がないですし、同時にエタニティは3部特攻ともいえます。
ティタニアがいれば2部のEx三つとも装備強化なしで回れそうですし、部品集めの資源ランもしてくれます。
非常に優秀かつ次の入手機会が遠いと思われるので、他のExよりも何よりも最優先の周回ををオススメします。

Ev2-3Exではラミエルも掘れる予定です。
ティタニアと、そしてEv1-2Exのエラがいればラミエルも掘れます。
巨人退治、頑張りましょう。
 
以上、Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク