【日本版ラストオリジン】光届かぬ聖域イベントEv3-3sのOPチャートでは物語が最大9分岐。君はどのキャラとひと夏の思い出を作る?

スポンサーリンク

この記事で分かること

・光届かぬ聖域イベントEv3-3s OPでの分岐について
・分岐による物語の進行について
・物語の読み返し方法

はじめに

 光届かぬ聖域イベントでも、去年の夏イベ"妖精村のアリア"同様に選択肢によるルート分岐があります。

基本的には、どの選択肢を選んでも大筋としては変更がないものがほとんどで「ちょっと横道にそれて戻ってくる」パターンが多いです。しかし21年の夏イベ妖精の村のアリア以降のイベントではイベント選択肢によってルート分岐が発生し、主人公の意思によって特定のキャラ主軸の物語、へと話が移り変わる場合があります。

これは21夏イベ、妖精村でのとある選択肢です。選択肢上の"ゲーム"では22年夏イベでも1部で"スチールラインオンライン"をプレイして夏季休暇を満喫している様子がありましたよね。スチオンを楽しむ隊員と一緒に主人公が何かするルートです。選択肢中のマジカル☆パワーと言えば魔法少女〇〇なんてキャラが何人かいますし、となり一番下の選択肢ではまた別の選択肢へと移ります。22年夏イベである聖域でも、このギミックが存在します。あなたは最初、どのルートを通りましたか?

筆者はもちろんスノーフェザー……ルートはないので同様に特に推しのセイレーン(ホライゾン)ルートを通りました。

20年夏イベ"リオボロスの遺産"でヒロインを務め、あれからは出番が控えめで久々登場では初のワンピース姿を披露したセイレーンちゃん。20年冬イベ"セントオルカ"でウンディーネやテティスと共に練習したツンデレ練習もどこへやら、清楚さがカンストしています。

今回の記事では、聖域イベEv3-3sにおけるルート分岐について紹介します。

 

全ての常設、イベントは時系列が繋がっている

 22年夏イベである光届かぬ聖域イベントはイベントとしては12個目です。

時系列としては8章後かつ2つ3つ先のイベント後となっています。Ev3-2 EDではアザゼルが過去とある天使の話をしましたよね。

“テーマパーク"の話が登場するのはEv3:ハロウィーンパニック!のことです。アザゼルの初登場がこのイベントからだったりしました。コウヘイ教団の象徴として、教理のため滅亡後唯一生き残った"人間の男性"を"テーマパーク"に保有されている旧人類の悪性から守ろうと奮起していたこともありました。

過去の教団や教団に関わっていた人間のことまですら知識として組み込まれた上で製造されていたアザゼル。この当時はとある杞憂があり、そして主人公である"人間の男性"もあるいは……と考えてしまっていたため何度も"テーマパーク"行きを阻止しようとしています。

聖域イベのアザゼルは、このハロウィンイベのアザゼルと同一人物で時系列として延長線上なんです。聖域イベだとポンコツになっていますが、それもハロウィンイベで主人公がアザゼルからの信頼を勝ち取り"人間の男性"から光の代理人たる"救援者"へと評価が昇華したからこそ、だったりします。

ハロウィンイベ未参加でも、常設6-8クリア後に基地から読み返せるようになります。周回はもちろん大事ですが、今までの彼女らを構成する"過去"を知ってみたくはありませんか?

時系列記事はこちら。

 

ストーリーの読み返し方

22/05/25の大幅アプデ以降、6章、7章、8章とクリアで過去のイベントを時系列順に読み返せるようになります。

まずホーム画面から、「基地」を選択します。

 

基地画面に入ったら、左端から2番目の薄暗い部屋を選択します。

 

③.画面がスクロールし記録物保管所、と表示され赤枠で囲まれるので再度選択します。

 

右下の記録室を選択します。

 

⑤.下の"イベント"を選択します。

 

⑥.“光届かぬ聖域"を選択しタブを展開、"第3部"を選択します。

 

⑦.Ev3-3sのOPを選択します。

 

⑧.下部のFASTを選択肢し選択肢までスキップ。ルート分岐画面まで進む

 

ルート分岐

 さぁ、お待ちかねルート分岐です。今回の聖域イベでは、最大9分岐となっており分岐の先でそれぞれのキャラと濃い時間(意味深)を過ごすことが可能です。中にはルート分岐からのルート分岐になっている選択肢や、21年秋イベ"記憶"からでお馴染み無限選択肢に陥るギミックもあったりします。BGMも大変凝っていて場面で変化したり聞いたことのない新BGMが流れたりもします。ぜひ音ありでお聞き下さい。

 

選択肢1(アザゼル√、サラカエル√)

 聖域イベと言ったらコウヘイ教団の顔、なアザゼルと今回大きく関係が進展したサラカエルルートです。Ev3-3EDでアザゼルとヴェロニカが話していた内容を見るに、"祝福はもう受けた"の単語がある辺りこのアザゼルはアザゼルルートを通ったものと思われます。

 

そして"祝福"とはなんぞ、に関してはサラカエルルートで見ることができます。

Ev3-3EDでアザゼルの話す救援者とは、を認めそして救援者からも接して"くれた"と過去形で満足げな笑みを見せるサラカエル。これが意味することはつまり、サラカエルとも個別の時間を作っていた……?となるので、Ev3-3EDのサラカエルは3-3OPのサラカエルルートを通ったとみることもできます。

 

選択肢2(ヴェロニカ√、コウヘイ教団ハーレム√)

 アザゼルの出番が多かった今回、もちろん仕えるシスターであるヴェロニカも見せ場が多かったです。ポンコツと化している主アザゼルへの小言はもちろん"断罪者"の立場としてまたは天使を正しく監督する者としてもサラカエルに進言するなど、なくてはならない働きをしていました。"聖なるパワー"は恐らく21年夏イベの妖精村の選択肢"マジカル☆パワー"を意識したお遊びのように思います。今回"聖なる"で該当する面々と言えば当然。

水着ヴェロニカのお披露目はスキンで確認してみましょう。彼女のちょっとした趣味も垣間見ることができます。

 

選択肢3(ポイ/ドラキュリナ√、アザズ/エタニティ√)

 一見何の変哲もない選択肢のように見えますが、作中にフラグなら既に立っていました。1部でとなる黒スケベ猫が水着のお披露目がある、と言っていましたから散歩すると遭遇するかもしれませんし、昼寝して部屋に留まる、ということは2部で"鍵"が何たらと話していた自由人たちがいましたよね。覚えていますか?

エタニティが水着コンテスト会場のステージ上から恐らく下半身が見えない机に座っており両サイドの宝蓮とオードリーからのまさぐりを受ける主人公の異変に気付くものの、その表情は何と"まるで昨晩"のようなと浮かべ恍惚の笑顔をする辺りつまり…。このエタニティもエタニティルートを通った彼女である可能性が高いです。

ちなみに、ポイの水着コンテストはイラストレーターのおぶい先生曰く。

そこについているファスナーの意味、明かされる。

 

選択肢4(無敵の龍√→ホライゾン√、レッドフード√)

 選択肢4では、なんと分岐の分岐が存在し龍ルート→ホライゾンルートとなぜかとち狂った司令官が地獄訓練である!と叫びだし無限選択肢の後レッドフードルートに入ることができます。いずれも気づきにくいので、実質の隠しルートと言えなくもないかもしれません。

ここが龍ルートとホライゾンルートの分岐となります。内容が素直なので分かりやすいと言えば分かりやすいですね。主人公であるあなたの選択肢はどちらでしょうか。

 

地獄訓練である!では司令官が熱さや疲れでおかしくなっていることを意味しているのか、進む、と戻る、の選択肢の位置が入れ替わったりしつつも正解を選択肢し続けるとレッドフードルートへと進行します。無限選択肢は主人公の迷いをよく表せていますね。

Ev3-3EDではなぜか頬を染めて左足を気にするレッドフードの姿を見れます。作中で被弾ししばらく使えなくなったのは左腕のはずですが……?軍人である彼女は被弾を物ともせず進軍するくらいなのに、水着コンテストの壇上では左足を気にする、ということはつまり。左足をあげて〇〇〇でもした……との暗喩と見れなくもないです左腕には負担をかけれないことや覗き見していると思われる部下の面々の存在を気づかせないこと、も踏まえると体位は恐らく……?

 

おわりに

・光届かぬ聖域イベントEv3-3s OPのルート分岐最大9分岐
・参加済みなら読み返しは基地の記録物保管所で可能、未参加なら8章クリア後に開放される見込み
今回活躍したキャラクターごとにフラグ回収を行っていく。Ev3-3s EDではルート後と思われる匂わせあり
・もちろん全員分読むことも可能

ラストオリジンは公式設定が凝っているだけでなく、主人公=あなたを強く意識されています。

 匂わせの数々が多いゲームですが、最初は"推し"なのです。推しでもないキャラとした後なんだよな……と推しが悲しむかもしれないシチュは公式自ら封鎖しています。「百合もふたなりも男の娘もNTRも存在せず鉄虫も主人公にしか興味がない」と公言していたりもします。“あなた×推し"の構図が邪魔されることは絶対にない安心感を持って遊ぶことができます。

 

言動の一つ一つが点からの分岐ではなく線で繋がっているものなので、思わぬ意味が込められていることもあります。「この台詞はあの時の台詞からかな…?」と考え思い起こしながらだとより楽しむことができます。

この記事で少しでもラストオリジンの楽しさをより知って貰えたら幸いです。

 

去年の21年夏イベ、妖精の村のアリアのルート分岐の記事はこちら。

光届かぬ聖域イベントの攻略/周回/お役立ち記事群はこちら。

Zelarny(@Zelarny)がお送りしました。

閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク