【日本版ラストオリジン】光届かぬ聖域イベント第1部事前周回編成まとめ

スポンサーリンク

はじめに:大前提

日本版ラストオリジンは韓国版(以降本国版と表記)のローカライズ版です。
本国版と日本版はおよそ一年遅れとなっており、今回掲載する22年夏イベ"聖域"も本国では21年の夏イベでした。
1年遅れではあるものの、本国版に追いつくことを目標としている日本版運営はアップデートを重ねており、22/07/26現在先行している本国版と同様のバランスや利便性となっています。
これは過去開催されていた本国版での周回編成をそのまま真似る日本版からすると未来であるにも関わらずそのまま周回を行うことができることを意味します。
 

こちらのページでは、本国司令官たちの交流の場"ラオチャン"に彼らが編み出した周回編成やお役立ち情報がまとめられています。

当然本国司令官は日本人ではなく韓国人です。書かれている文字も日本語ではなく韓国語…ハングルです。
しかし本国版のローカライズ版である日本版は同様のシステムやUIを使用しているため、ハングルが読めなくてもキャラの配置やステータス、装備の判別、リンクボーナスなどは画像から判別が可能です。
文字だけのページでも、PCならブラウザ(googlechromeやEdge)のweb和訳機能を使用することで多少違和感はあるものの読むことはできます。
 
当ブログではこちらの機能を用いて筆者が有用だ、と判断し選別した編成をより分かりやすいタイトルにした上で紹介します。
 
<注意点>
・事故る編成もあるかも
・日本版からすると未来の周回編。仮に日本版運営がエネミーデータに手を加えていた場合通用しないことも
・上方修正の有無で通用するしないもある。要チェック
編成は基本完コピ推奨。基本スキルレベルは10だし、バフ/デバフLv+1効果のあるスキルレベル+1相当が得られる好感度200/誓約の有無や数値が1足りないだけで事故るのも普通
・アレンジをするならなぜその数値になっているか?を理解した上で行うこと
完コピ以外で事故るのは自己責任
 
本国司令官たちの努力の結晶に感謝しながら、使用させてもらいましょう。
 

そもそも聖域イベって?と全ドロップリストの記事はこちら。

 

事前周回編成まとめ

日本版のシステム改善Ver以前の環境での編成なため、スキル優先度変更の機能は当時の本国版にはまだありません。
画像通りで運用するならスキル優先度はスキル1を設定して下さい。
スキル優先度変更以前でもそのままの編成が基本的には使用可能です。
 

周回ざっくりQ&A

Q.イベント素材集めるならどこ?
A.Ev1-8ティタニアやアレクサンドラ、エイダー、リアンから消費資源でお好み。マリーでも可能
 
Q.素材集めつつ低燃費周回したい
A.Ev1-6ハイエナやEv1-6フロサペが強そう
 
Q.イベント内資源ランできる?
A.1部にはないっぽい。常設行こう
 
Q.イベント内レベリングできる?
A.実質ない。Ev1-1Exが5000、Ev1-2Exが7500だけど反撃持ちいるからオススメできなさそう。
 Ev1-3Exが6900なので封殺編成組める分には入れても大丈夫かも…?(22/07/27追記)
 
Q.事故るんだけど
A.繰り返すが完コピ推奨。何かが抜けているまたは上方修正キャラが悪さしている可能性。アレンジするか他の編成を採用しよう
 
Q.永戦射程減持ってない
A.スキル優先度変更でだいたい解決する。そのキャラがなぜそこ配置されているかを考えるべし
 
Q.SSS最適化OS持ってない
A.SS最適化OSで問題ない場合も多いしなんなら支援機系は突撃OSでもいけるかも
 
Q.結局どの編成で周回するのがいいの?
A.知らん。自分の資源や手持ち、周回環境と相談して
 
Q.SSが落ちない
A.普通。10週で落ちることもあるし600週しても出ないこともある。そのうち収束するからとにかく周回するべし
 
Q.ドロップ渋くね?
A.1部は基本こんなもん。常設よりは落ちやすく設定されているうえ常設では入手しにくいキャラ装備がドロップするしイベント素材もあるからちまちま回るべし。期間長い分長い目で見て
 

初心者向け/低スペック

ーEv1-6
 
ーEv1-8
 
ーEv1-1Ex
 
ーEv1-2Ex
 
ーEv1-3Ex
 

メインステージ[中級者以上向け]

ーEv1-4
ーEv1-6
ーEv1-7
 
ーEv1-8
 

EXステージ

-[総合]
 

Ev1-1Ex

 

Ev1-2Ex

 

Ev1-3Ex

ー[ソワン軸]
 
ー[その他]
 

おわりに

今回は、光届かぬ聖域イベント第1部での周回まとめを紹介しました。

ケルちゃん大活躍。

何気に確定である100%の行動不能かつ2Roundの付与が可能なのはケルベロスとグラシアスくらいだったりします。
ほかは10%だの50%だの待機前提だのスキル1と2交互に使用前提だの……。
一方でケルベロスの場合敵が移動不可であればいいだけなので、同じAのバニラやいっそBのポップヘッドですら可能だったりします。
 
赤ボンバーしかり範囲攻撃どーん!はい終わり!ではない敵編成を用意してくれるのは面白いです。おかげで色んなキャラに機会をあげられます。
特定のキャラだけでクリアできない……のはつまらないかもしれませんが、ラストオリジンは期間限定がなく全てのキャラを誰でもいつ始めても年単位でプレイしなくても揃えることができます。
ぜひ色んなキャラを育て、「そんなことできたんだ!」を体感しキャラ同士のシナジーを組む楽しさを知って欲しいと思います。
 
スキル優先度変更実装後の聖域ということでまた新しい周回編成が生まれそうな日本版。
あなたはどんな編成で周回しますか?

全ドロップリストやイベ内探索とすごろくの記事はこちら。

資源集め記事一覧はこちら。

レベリング記事一覧はこちら。

あの装備がない…なら作ろうな記事はこちら。

1クリック全分解な臨時待機室超便利!な記事はこちら。

周回が捗りお目当てのあのキャラをお迎えできますように。 
Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク