【スローで見るラストオリジン】SDのイグニスをじっくり眺めます。【画像大量】

2021年6月29日

スポンサーリンク

当記事では、SDのイグニスの挙動をスローやコマ送りしてじっくりと確認します。

今回はスキンがドピョンテでお馴染みイグニスさんです。

公式設定によると身体年齢は18歳、身長は168cm、体重は65kgとなっています。

寡黙で誠実で戦いを嫌い世界平和を願う心優しい女性です。

一つずつ見ていきます。

待機モーション

装備をがっしと握っています。

 

スキン1(無規制版)Ver

手が開かれています。

アクティブ1:火炎噴射

最もよく見る攻撃です。0.25倍速です。

寡黙なイグニスですが、実は待機モーション時と比べ表情が2回ほど変わっています。

狙いを定めています。眉がより吊りあがり強い意思を感じます
歯をギリっとかみ締めています。鉄虫への敵意の表れなのか、反動が大きいのか、それとも

スキン1(無規制版)Ver

涼しさがウリ(本人はもっと可愛いらしいのがよかったと言っています)の衣装(?)による攻撃です。

より派手になっています。0.25倍速です。

表情と本人の動作自体は"ほぼ"共通のようです。

火炎放射を始める寸前、アグニギアを直接握るのではなく手を獣の手のようにしています。こうすることで攻撃を始められるようです。既に龍の口に炎のゆらめきが見えます
装備名が"アグニ"ギアとある(アグニはヒンドゥー教で炎の神の名)だけあり、一瞬浮かび上がる魔方陣らしき模様に特有のらしさがあります
魔法陣の消滅とともに火炎放射も収まります。どことなく炎の龍っぽいのがまたイメージぴったしです。目がいきにくいですが尻尾もピーンとしているあたり相当制御に意識を張りつめらせていることが分かります

アクティブ2:焼却開始

フルフェイスになります。

イグニスがショートカットな理由が分かった気がします。

髪が長いと焼けてしまいそうなのはもちろん、頭部全面の防火フルフェイスマスクを被るに当たり邪魔になってしまいますね。

より燃やしやすくする為、引火物質を散布用に武装が変形しています
脚部の装甲が上部にせりあがります。フルフェイスマスクを被ります。角っぽいの(恐らくアンテナ)が引っかからないのかが気になります
準備完了!といわんばかりのキュピーンです
自陣に戻ったイグニスは一瞬だけ目を瞑ります。"望まぬもの"も燃やす仕事をしていたイグニス。胸中ははたして

スキン1(無規制版)Ver

まるで魔法のようです。

さすが大魔王ポックル1の腹心スキンです。0.25倍速です。

ちなみにポックルからすると、似てるのは名前だけで性格は真逆だったそうです(好感度40台詞)

腰に手をやり胸をそらし見下ろすかのような尊大な姿勢とともに龍の口を開きます。悪役感あります。
発射寸前です。やはり中東感のある文様の魔法陣が浮かんでいます
スキルの前半の火炎放射が終わるより先に魔法陣が浮かび上がり上空に光球が出現。小さな太陽のような火の弾が空に上がっていきます
いつのまにか腰に据えられてたイグニスの手が上空のエネルギー体を制御するかのようにゆっくりとあがっていってます。その手には魔法陣も添えられています。表情も気合入ってる感じです。
力の奔流が圧縮されたかのような演出です。一方イグニスは掲げていた両腕を胸の前で交差させています
腕をクロスさせたまま力を溜めるかのような動作の後、両手を天高く掲げます。「受けてみろ」とでも言わんばかりの表情です。
イグニスが腕を振り下ろすともに凝縮された火炎弾が降り注ぎます。
まるで隕石のような衝撃です。
いままさに炸裂せんとするタイミングのイグニスです。尻尾までぴーんとしています

この後、圧巻の爆発エフェクトを起こしアクティブ2を終了します。

回避(スキン1Ver)

タンカーのイグニスが避けるのは珍しかったのでついでに置いておきます。

0.25倍速です。

実に重量感あります(何がと言いませんが)

勝利モーション

静止画だと分かりにくいんですが、ハンカチを取り出す前はだらだらと汗を流しています。

通常速度になります(動画は本国版)

冷却作業中の"アグニギア"と口元から吐かれる吐息から相当の熱さだろうということが想像できます。

スキン1(無規制版)Ver

ふんぞりかえって決めポーズを取り続けるものの、とめどなく汗が流れ続け目をぱちくりさせた後魔王の配下モードを解除していつものイグニスに戻っています。

通常速度になります(動画は本国版)

組まれた腕の上に乗った乳房と頬に溜まり落下していき胸の上に落ちて滴り落ちる汗、腕を解くと重力に従う様子に曲線に沿う汗の流れ。

大きなふとももの上にも水滴が垂れていきます。

フェティすぎる勝利モーションとなっています。

修復室

「我慢……できます……」
とても辛そうです
「衣装がめちゃくちゃになってしまいました……。お詫びしないと……」
痛い思いをして自分が床に伏せっているのにそれ以上に衣装の心配をするあたり、本当に優しい心の持ち主です

最後に

かつてここまでエロい勝利モーションがあったでしょうか。

デフォスキンでは焼却場の延長線上の仕事を、スキンでは大魔王の部下としての活躍が見れる一粒で2度美味しいSDキャラです。

実際大魔王の腹心スキンではイグニスは普段と違う威厳たっぷりのボイスを披露してくれます。
なんでもポックルに指導してもらい形はもちろん役目まで完璧に演じようとしているようです。
なんとも真面目な彼女らしさがあります。
日頃無規制版でプレイしている方も、時にはイグニスの一生懸命な演技っぷりを耳でも確認してみてはいかがでしょうか
 

さて、今回もスローで見るラストオリジンをお送りしました。

日頃3倍速で周回ばかりしているとなかなか見る機会がありませんが、このようにSDにも非常に力が入れられています。
中にはゲーム内設定の0.5倍速ですら一瞬のものまであります。
上記の画像の一部はコマ送りしてスクショしたものです。

「こんなに動いていたんだ!」

と感動してもらえたら幸いです。

 

以上、Zelarnyでした。

閲覧ありがとうございました。

他のスローで見るラストオリジンシリーズはこちらです↓

総合ページ作らないといけませんね

スポンサーリンク