【スローで見るラストオリジン】SDの慈悲深きリアンをじっくり眺めます。

2021年9月23日

この記事で分かること

・SDキャラのモーション詳細
・本国版で公開済みの彼女にまつわる公式設定や小ネタ

スポンサーリンク

はじめに:慈悲深きリアン 概要

“慈悲深きリアン"は警察所属の探偵バイオロイドです。

〇〇の、とついているだけあり指揮能力も有しており、シティーガード…ミス・セーフティやケルベロス、フロストサーペント、サディアス、ポップヘッド、ランパートなどを敷きすることができます。

ただ指揮能力があるから、と紅蓮やメイ、カーンやマリーなどと同じ指揮官なのか、というと異なる模様。

懲罰のサディアス共々シティーガードはさらに上に指揮官モデルが存在するため、どちらかというと現場責任者に近い立場だったようです。

イベント"儚き記憶は友と共に"ではメインヒロインを務めました。

キャラの特性上"儚き記憶は友と共に"のネタバレを含むので、SDモーションのみ見たい方は読み飛ばして下さい。

ゲーム内の自己紹介文(文字列クリックで展開)

自己紹介でも言ってくれていますが、彼女はかの"おバカキャラ"で通っているトモの突然変異"奇跡のトモ"の遺伝子と記憶を流用、改造し誕生した機体となります。

身体年齢は21歳が設定。

トモちゃんが16歳で高校生モデルなので、5年成長後の姿のようになっています。

髪型や雰囲気が似てる一因でもあり、中でも一番の理由はデータを流用したこと。彼女の製造会社、"PECS"の研究者たちが"奇跡のトモ"要素を完全に消し去り厳格な個体の"リアン"に昇華しようとしても“奇跡のトモ"の記憶を消された個体は抜け殻のようになってしまう、と失敗を繰り返していたとのこと。

“奇跡のトモ"の記憶を根底に引き継いでしかリアンは誕生し得なかったため、リアンモデルは皆"奇跡のトモ"でもあると認識しています。

これはイベントストーリーでも本人が言っていましたよね。

バトルスタイルとしては"刑事"
武器は2丁拳銃 “慈悲"と"正義"
 
となっています。
戦闘スタイルに刑事って変なの、と思った方もいたようで、解説が得られています。
これはGMアイシャの答弁によるとシティガードの指揮官クラスまではいかなくても、ある支部の責任者ぐらいにはなっていながら、その性格のせいでじっとしていられず、直接現場を走り回りながら事件を追跡する姿から一般人の間で「明るい印象の探偵」のようなイメージに思われたという。

口の端を大きく緩ませた基本の笑顔とも言える表情といい、元のトモのイメージといい……親しみやすく明るい性格なのは伝わってきますよね。

頭脳明晰な機体であるにも関わらず自己紹介文でもドクターほどではないと言い、台詞でも「頭がいいからと忌避されたくない。隠していたい」と発言しています。

イベント"儚き記憶は友と共に"での詳細に直結する為あえてここまでにしておきますが、リアンは"司令官の友人“という珍しいポジションにつきました。

台詞でも「友人」や「デート」やその他近い距離での親しみやすい間柄を示す発言が多いです。昔シラユリを捕まえたと司令官に語る台詞もあります。

 

今回はそんなリアンの設定とSDキャラを知ろうの記事です。

前置きが非常に長くなってしまいましたが、むしろ短くするのが不可能なほど魅力の詰まったキャラです。

どうぞ以下よりお読みください。

 

待機+詳細不明+移動+勝利モーション

やったー、と両手を挙げてジャンプ→ウィンク(星飛ばし有)とサムズアップと非常に歓喜な様子が実に伝わってきます。

見ていてこちらまで嬉しくなってしまいますね。詳細不明はMVPだそうで、開発初期の名残の模様。目をぱちぱちとさせます。

実は図鑑ページのボイスでマイクボタンを連打してるとたまに聞ける"功績がどうの"や"注目がどうの"というボイスはこのMVPのものだと言われています。

今後実装されるかは不明。

真冬の勝負師スキン

まさかの動作、表情も眉一つ含めて一切の変化なしです。

デート着で戦闘に出る羽目になったリアンですが、対鉄虫の戦闘指揮を任された以上仕事だと割り切ってるのかもしれません。

さすが熱血刑事。

 

ウェディングスキン

よく見ると待機モーション時、にっこりを笑みを浮かべるようになっています。

また、バチコーンと飛ばしていた星がよく見るとハートになっていたり、と熱血刑事であり仕事熱心な彼女でも浮ついた気持ちを隠せていません。

待ちに待って、好きな人と結婚できた…夢の叶ったリアンです。

ー[見所スクショ集]

 

スキル1:威嚇射撃(0.5倍速×0.25倍速)

2丁拳銃を片手ずつ発砲します。

どちらがマーシーでどちらがジャスティスなのかは調べても出てきませんでしたが…名前的に同時に打ち込むものでないことは明白で実際に別々に発砲します。よく見るとこの攻撃時だけ目のハイライトが消えているのが印象的。

先に発砲し連射している方がマーシー(慈悲)、後がジャスティス(正義)な気がします。

どちらにせよ、ラスオリやってると忘れがちな事実である"身体年齢21歳の女性警官の筋力で拳銃を涼しい顔でそれも片手で連射して反動を抑えさらに続けざまに別の腕で拳銃ぶっぱ"

は普通は無理なことは分かります。さすがバイオロイド……。

 

スキル1勝負師スキン版

やっぱり服装以外動作、表情ともに変化がありません。

見えてはならないものがチラチラしてるくらいでしょうか……。

 

スキル1ウェディングスキン版

 

スキル2:本部支援要請(0.5倍速×0.25倍速)

無人警察署に配備されているヘリを呼び出します。 煙幕弾、催涙弾、爆竹など、様々な支援を受けることができます。

とはフレーバーテキストです。

紹介している動画は無音にしているので聞こえませんが、0.5倍速では指示弾発射後ヘリが徐々に近づくSE音が入っています。

3倍速だと聞こえないかもしれません。

やっぱりこちらの攻撃時も目のハイライトが消えているのが印象的です。

 

スキル2勝負師スキン版

やっぱり服装以外動作、表情ともに変化がありません…。

今回はチラチラしませんが、敵側に人がいたらちょっと嫌ですね。と思いましたが既に滅んでいたんでした。

 

スキル2ウェディングスキン版

真っ白なウェディングドレスがとても汚れそうな攻撃です……。

出撃前にリアンは大きく不満を漏らすのも納得です。

 

戦闘不能モーション

通常:
「正義は……。負け、ない……。」
 
デートスキン
「よりによって、こんな日に……。」
 
ウェディングスキン
「……やっと……一緒に、なれたのに……。」
 
誓約時
「やだよ……。司令官……。」
 

修復室

上が通常スキン、下がデートスキンで、違いとしてはインカムと髪飾りの服装の違いだけの様子。イベント"儚き記憶は友と共に"をクリアしているか否かで大きく印象が変わります。

通常:
えへへへ…。ごめん、失敗しちゃったぁ……。
  
デートスキン:
「あ、はは…。デートの場所が、修復室になっちゃった……。ここでいいから、一緒にいてくれる…?」
  
ウェディングスキン:
「あ、はは……私なら、だいじょうぶ……。だから……ぎゅっ、って、抱きしめてくれるかな……?」
  
誓約時:
「えへへ……ちょっと痛い、ね。手、繋いでくれたら治っちゃうかも…」
 

おわりに

今回は、慈悲深きリアンのSDと彼女にまつわる設定について紹介しました。

魅力伝わったでしょうか。
“儚き記憶は友と共に"イベントプレイ済みの方なら説明不要だとは思いますが、設定でしか語られていないものも多いのでSD詳細と共に紹介してみました。
筆者は個人的にドストライクしました。
 
有償背景+有償スキン状態での副官機能(中破選択)かつ好感度100状態でタッチした場合の例。台詞と中破イラストがマッチ
ラスオリに限らず、脚本上"好きになるよう意図的に仕向けられたキャラ"だ、と分かってしまう場合あえて避けようとする性質がある筆者なんですが。
今回の場合は無理でした。
お迎えして直後自然と誓約の指輪買いに走ってました。

先に断っておきます。
確かに色んなキャラと誓約してる筆者ですが、みんな外見が好きだから誓約する!という理由で誓約したりしません。
加入するまでの過程、ストーリー中の立ち回り、台詞、印象、挙動の一つ一つ、成り立ち等に限らず設定とこれまでの意味という"中身"を好きになると特に好きになり指輪を渡してしまいます。
“儚き記憶は友と共に"で印象に残っている人も多いだろうかの1シーンでのこのやけに寂しそうなこの笑顔、よく見ると涙浮かべてたりするんです。
気づけていましたか?
 

今回の記事では彼女の加入理由まで強く語れないのが本当に残念ですが、確実に言えることは“設定や世界観というキャラクターの外側も含めて好きになるタイプの同士は絶対好きになってしまうキャラクター"
だということです。
ぜひ、彼女の入手機会に立ち会えたなら周回編成を組み迎えに行ってあげて欲しいと思います。
 
SD紹介記事でありながら設定ばかりに触れてしまいましたがヨシとします。
せっかくのデートスキンではちょっと不満そうな表情にはなっててくれてもいいんじゃと思いましたが、熱血刑事なんてパッシブを所持するくらいですし衣装の違いなど些細っぽいかもしれないのはちょっと寂しかったのはここだけの話。
次はウェディングスキンでしょうか。
今後のラストオリジンにご期待下さい。
SDもこみでの魅力を語りつくすにはまだ足りませんが、今回はここらでスローで見るラストオリジンリアン編を終了します。
 
その他のスローで見るラスオリシリーズはこちら。
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク