【スローで見るラストオリジン】SDのCSペロちゃんをじっくり眺めます。【画像大量】

スポンサーリンク

当記事では、SDのCSペロの挙動をスローやコマ送りしてじっくりと確認します。

今回はラストオリジン初心者なら誰もがお世話になる白猫メイドのペロちゃんです。

CS,というのはケット・シー
(アイルランドの古語であるゲール語での猫の精霊の意)からのようです。
本国wikiより
ターキッシュ・アンゴラとは(実際の猫画像)。この文字列クリックで展開

“トルコの生きる国宝"

とも呼ばれているそうです。実際に実在する美しい猫です。

Instagram[milkyoddeyescat]さんより
こちらの猫の遺伝子を人間の遺伝子に取りこみ、バイオロイドとして生成されたのがCSペロちゃん、というわけです。
詳しい設定については本国wikiのが圧倒的に載っていますので当記事では割愛します。

興味ある方だけどうぞ。

それでは本題に入ります。

待機+詳細不明+移動+勝利モーション

特定のスキンならではの新規モーションは見当たりませんでした。

初期キャラだからかモーション変化は乏しい方です。

手を舐めてこしこしするのは、実際の猫も行うグルーミング、という毛づくろいです。
本人は猫ではない、と言いますし猫耳も本物(設定上人間の耳もある)ですが、猫の遺伝子が色濃く現れているようです。
手のひらではない為単分子クローで自傷の心配もないようですね。
本能のようなものなのでしょう。

デフォスキン

むすっ、としている顔です。

牛乳泥棒ペロ

表情はデフォスキンと変わっていませんが、頬が赤くなっています。

装飾用水着ペロ

微笑むようになっています。
猫は本能的に水に濡れるのは好きではない(猫じゃないと本人は言いますが)ので浮き輪は手放せません。

特級ボディーガードペロ

水着ペロ同様微笑んでくれています。

 

アクティブスキル1:単分子クロー

2回目の手袋は装甲、と訳すと自然です。公式設定より(翻訳サイトにて和訳後)

デフォスキン、牛乳泥棒スキン、特級スキン

変化がないのでまとめます。

ペロちゃん使用者ならお馴染み"カシュン"といったSEは単分子クローを展開する音だったようです。表情も眉根を寄せて険しいものになっています

何の助走もなしに足元から滑るように後ろに回転していきます。このまま身体をそらしながら近づくかと思いきや。

完全に宙返りしています

実に猫が飛び掛る時のようなフォームですが、ペロの場合はこの腕を上に持ってゆきます

身体を思いっきりしならせ、遠心力も乗せ開いた爪を振り下ろさんとしています。口を開き牙も見せています

身体まで倒した容赦ない両手での一撃のヒットエフェクト直前。この後火花を散らすエフェクトが出るあたり鉄をも切り裂いているようです

再び身体をそらしながら左手をぐーっとあげています

体重と反りからの反動まで乗せた強力な引っ掻きを繰り出しています

渾身の力で引き裂いた後右後方に伸びた右腕に力をこめる寸前です。実に流れるような攻撃の仕方です

足も大きく踏み込み白い爪のエフェクト(ちゃんと5本ある)が襲い掛かります

ヒットエフェクト直前F。猫の野生をフル活用したバネを用いて身体が浮き上がるほどに強烈な一撃です

攻撃を加えた後、ある程度までは攻撃時同様険しい表情で引っ掻いた箇所を見つめています。ペロは敵HPが減っているほど火力の出るパッシブ持ちです。開いた傷口を再度狙えるよう次の狙いを定めているのかもしれません

定位置に戻ってきたペロ。表情もいつものものに戻しちゃんと爪もしまいます。この後手を重ねて従者らしい待機モーションに戻ります。

装飾用水着スキン

モーション自体は変化がないので差分祭りはしませんが、ヒットエフェクトが水しぶきのようになっています。

ちゃんと水温のようなSEも入ってます。
ペロ自身が出しているのかにゃんにゃんパンチ!がそうさせているのかは不明。
恐らく夏の魔力でしょう。

アクティブスキル2:護衛指定

全共通なのでまとめます。

構えと同時に、猫の鳴き声が入ります。

キラーン。しかしよく見ると両手ともこちらに手の平向けてるのは独特な構えの気がします

戦闘不能モーション(通常スキン)

本国のラストオリジンチャンネルからです。

基本的に大破した瞬間倒れこむキャラが多いんですが、一部のキャラは少しでも立ち続けようとします
ペロは数少ないその一人です。

「申し訳…ありませんっ…!ご主人様……」

大破で下がる好感度は-1。
合成ペロペロキャンディ一個分とはいえ、そういう問題ではなく好感度が下がる瞬間と言うのは何度も見たいものではありません……。
その他のスキンについては各々でお試し下さい。

修復室

猫なのでいえ猫じゃないんですが本能的に水と煩いのは避けたいようです。
本能的には猫ですからね。仕方ないですね。
「うぅー…。治療溶液に入るのは嫌です~…」

 

「海も治療溶液も似たようなものなのにっ…。何か、気分が……」

まとめ

今回は、ラストオリジンをプレイするユーザーみんながお世話になることが多いCSペロちゃんのSDを紹介しました。

ずっとカチャ!という音が何なのか気になっていたんですが、単分子クローを展開する音だったのは知りませんでした。
軽すぎる身のこなし、まさに柔軟性を活かしに活かした戦闘スタイルです。
普通の人間では上半身を倒すようにして回転しながら前へ飛ぶ、は難しいと思います。
見たことがないだけで体操をやる方なら可能なんでしょうか……?
やはり見た目は女の子でもバイオロイド、それも猫のDNA入りとなるともはや人間の常識には囚われないようです。

さて、今回もスローで見るラストオリジンをお送りしました。

日頃3倍速で周回ばかりしているとなかなか見る機会がありませんが、このようにSDにも非常に力が入れられています。
中にはゲーム内設定の0.5倍速ですら一瞬のものまであります。
上記の画像の一部はコマ送りしてスクショしたものです。

「こんなに動いていたんだ!」

と感動してもらえたら幸いです。

他のスローでみるラスオリシリーズはこちらです。よければどうぞ。

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
  
スポンサーリンク