【日本版ラストオリジン】Ev:楽園への招待状 Ev2-2EX の解説攻略と周回編成例(上級者向け、比較的初級者向け)の紹介【21/11/26環境版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・Ev9:楽園への招待状 Ev2-2EXの敵編成、敵ステキル詳細
・安定周回編成例の紹介

はじめに

21年の11月10日~12月22日まで開催されるイベント、楽園への招待状の周回は捗っているでしょうか。

今回は、楽園Ev2-2EXのステージギミック及び敵のステ詳細と攻略の要点確認。
そして比較的初級者向け編成と上級者向け編成の2つを紹介します。
上級者向けは本国版の日本仕様です。
本国司令官に感謝。
以下のような周回例です。

一週2分弱の比較的初級者向け編成(2倍速)

一周1:30の上級者向け編成(2倍速)

※音が出ます。ご注意下さい。

そのまま使用できる本国版編成はこちら。

当ブログで扱っている楽園への招待状記事一覧はこちら。

その他の編成に関してはTwitterやYoutubeで検索されるなりwikiを参照されるなりをお願いします。

 

楽園への招待状 Ev2-2EX 概要

初ドロップ解禁のマキナが入手できるステージです。
重装機動OSの2回目の獲得チャンスでもあります。
各種イベント限定ドロップのシラユリもドロップします。

 

敵編成としてはEv1-3EX+これまでのEX総合と言ったステージです。

アクアチックGと言えば敵味方問わず攻撃機のAPを開幕で16に変更する、というもの。
Ev1-3EXではチックスナイパーやストーカーが出現、準備行動→狙撃を最初のRoundから行ってくる驚異がありました。
ここEv2-2EXの場合はこのアクアチックGを軸にフリーザー系のうち1種だけ攻撃機のフリーザーシェルが開幕で2回行動します。
フリーザーヘッドの浸水付与による冷気耐性-50%に加え支援攻撃により生半可な冷気耐性では耐久ができません。
いかにこのアクアチックGの攻撃機AP16変更を活かすか、または撃破時の敵側のAP8に変更を利用し猛攻を止めさせるかが安定化の鍵となってきます。
フリーザーヘッドとチラーHVの自己標的やアクアチック、G本人の浸水時回避率増加も非常に厄介で、手間取れば手間取るだけ保護機がガリガリ削られて行きます。
この難易度でEv2-1EXにいたアクアチックType-Xやフロストバイト、雪スナが不在なのはやっぱり有情と言えます。

 

敵編成

参照:[Ev2-2Ex ステージ 情報 (logroid.github.io)]

Wave1Wave2Wave3Wave4

 

出現エネミー詳細一覧と一言コメント

画像は全て21/11/26時点のゲーム内のものです。
倍率などについては[滅亡前の戦術教本 (swaytwig.com)]を参照しています。
 

アクアチック

お情けかType-Xじゃありませんでした。
火炎耐性を50%所持している関係で、浸水状態だと火炎耐性+50%を獲得すると100%耐性となり1しか通らなくなります。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・水属性攻撃アタッカー。横1列攻撃を使用
・軽装優先攻撃AI
・スキル2で命中+30%、デバフ解除、AP獲得→スキル2の効果消滅までスキル1のようだが残HP次第ではスキル1の攻撃を優先する時も
・倒すと周囲を浸水させる
・浸水してRoundを迎えると回避+160%と回避235%まで増加
・浸水すると火炎耐性が基礎50%+50%で100%まで増加
 
[対策]
・軽装を1だけ編成し攻撃を誘導
・軽装の後ろにキャラを配置しない
・被ダメージ軽減無視を所持するキャラで被ダメ軽減効果を無力化する
・強化解除攻撃で被ダメ軽減無視バフを解除しつつ攻撃を与える
・ここEv2-2EXの場合フリーザーヘッド撃破で全域浸水な為先にフリーザーヘッドを倒すパターンがある場合必中値335%
・浸水付与してなお火炎属性攻撃を通すには火炎耐性低下が必要不可欠

 

フリーザーシューター

フリーザー系その1です。
スパルタンアサルトが鉄虫化した模様。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・冷気属性攻撃エネミー
・奥2マス攻撃所持
・Round開始時攻撃クリ行動力+15%を味方全域に付与。攻撃後追加付与。2Round継続。
・フリーザーヘッド撃破後またはこちらにより浸水すると行動力+40%、状態異常耐性+100%獲得
・高防御エネミー
 
[対策]
・冷気攻撃しか所持していない。冷気耐性所持盾(アルヴィスなど)が有効
・防御無関係の属性攻撃が有効。火炎攻撃が弱点
・放置していると周囲の味方と共に加速していく為速攻でお帰り願いたい

 

フリーザーシェル(注意)

フリーザーヘッドのおまけその2です。
スパルタンブーマーが鉄虫化した模様。
元が攻撃機のブーマーなだけに、ここEv2-2EXの場合アクアチックGの開幕AP操作により連続で行動します。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・冷気属性攻撃エネミー
・奥2マス攻撃所持
・フリーザーヘッドがいるとクリ攻撃命中+20%
・フリーザーヘッド撃破後またはこちらにより浸水すると攻撃力+60%、状態異常耐性+100%獲得
・高防御エネミー
・ここEv2-2EXの場合アクアチックGにより開幕連続行動。フリーザーヘッドの追撃も合わせて開幕から猛攻
 Wave4はこの意図の為かシェル3ヘッド2と開幕で合計9回の冷気攻撃が飛んでくることになるほど殺意が高い
 
[対策]
・冷気攻撃しか所持していない。冷気耐性所持盾(アルヴィスなど)が有効…だがここEv2-2EXの場合とにかく先手を取って数を減らしたい
・防御無関係の属性攻撃が有効。火炎攻撃が弱点
・ヘッドまたはアクアチックG撃破で浸水されると発狂し攻撃力増加。やっぱり早々にお帰り願いたい

 

フリーザーヘッド(要注意)

敵側の不屈のマリーのようなエネミーで、遭遇した瞬間こちら全域を浸水と防御貫通率低下付与しつつ味方鉄虫を強化しています。
スパルタンキャプテンが鉄虫化した模様。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
[概要]
・冷気属性攻撃エネミー
・5万近い高防御。防御貫通100%ほぼ必須
・出現した瞬間こちら全域に浸水付与
・出現した瞬間こちらに2種の防御貫通低下を付与
・Round経過ごとに-20%ずつ低下する防御貫通-100%(解除可能)
・こちらのバイオロイドが3機以上だと防御貫通-40%付与(解除不可)
・全鉄虫側の冷気耐性+50%、電気耐性+30%
・フリーザー系鉄虫の攻撃を常時支援、自分は再攻撃
・撃破されると鉄虫側を全域浸水。浸水時効果持ちを発狂準備
 
[対策]
・ここEv2-2EXの場合1区EXではお馴染みのフロストバイトは不在。行動遅延を気にする必要はない
・冷気攻撃しか所持していない。冷気耐性所持盾が有効
・防御無関係の属性攻撃が有効。火炎攻撃が弱点
・防御貫通もしようと思えば可能。Round経過ごとに-20%低下の-100%は有害効果解除持ちにより解除可能
例:アルマン、アクア、セレスティア、エラなど
・-40%を対装甲装備や防御貫通付与パッシブ持ちと編成も有効
 例:ダフネ、セレスティア、バーバリアナ、紅蓮など
・撃破すると鉄虫側に浸水を付与。浸水すると凶悪化するチラーHVより先に倒さないようにするかチラーHVもろとも撃破できる範囲攻撃が楽

 

チラーHV(注意)

楽園Ev1-1EXで散々苦しめられたチラーの変異種です。
コイツもフリーザーヘッドにより付与された浸水+浸水時強化解除コンボを狙ってきます。
基本的には浸水させるなバリア/被ダメ軽減無視で高命中でぶん殴れがセオリーなのは一緒です。
情報覧のあの消防士キャラのフロストサーペントもこの単純な単語で同じことを繰り返し報告してきてるあたり相当痛い目を見たようです。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・基本的にはチラーと同様。スキル1浸水時強化解除攻撃を使用またはスキル2バリア付与。浸水で発狂。軽装優先AI
・フリーザーヘッドによりこちら全域が浸水している為射程3以内の場合100%確率で強化解除攻撃を使用することがある。バフを全て剥がされ素ステ勝負にされる
・スキル2内容が変化。自分と指定対象にバリア1500と被ダメ軽減+50%を付与と硬くなるが火炎耐性-100%
・発狂内容が変化。浸水状態でRoundを迎えると凍てつくのか移動不可を獲得と自己標的を発揮し攻撃が誘導される
・相変わらず火炎攻撃で弱体化。今回の場合固定ダメまで受ける始末
 
[対策]
・冷気攻撃しか所持していない。冷気耐性所持盾が有効
・浸水時しか強化解除は行われない。デバフ解除してしまえば普通の冷気攻撃
・浸水時発狂は浸水してRoundが始まったら。アクアチックやフリーザーヘッドと同Roundに撃破したい
・バリア/被ダメ軽減無視が有効。スキル2の耐久を無力化できる
・火炎攻撃が非常に有効
 

アクアチックG(要注意)

カエンからの情報覧を読むに攻撃機のAP16変更はむしろ動きやすいそうです。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
[概要]
・基本的には元のアクアチック同様。
・スキル2→スキル2効果中スキル1のループかつ撃破されると敵全域を浸水させ行動遅延と火炎耐性↑冷気耐性↓電気耐性↓、軽装優先攻撃AI
・原種と比べ被ダメカット率が増加しており+50%獲得。HP2倍相当
・敵/味方の攻撃機の戦闘開始時のAPを16に変更。敵の攻撃機の挙動に注意
 
[対策]
・防御も高めで硬い。バリア/被ダメージ軽減所持キャラが有効
・冷気攻撃に非常に強いが原種と比べ火炎耐性は失った模様
・こちらも攻撃機をメインアタッカーとすることで逆手に取る戦法が有効 
 

周回編成紹介1(比較的初級者向け)

はじめに、で紹介しているものと同じです。
8時間の安定確認かつ無事故を確認しています。

一週2分弱の比較的初級者向け編成(2倍速)

 

配置とコスト(138/100/71)

アルマンはいなくても周回時間1分ほど伸びるだけ…かもしれません。未検証。

シェードはいつものです。4マス保護無視炎属性攻撃を決まって多く巻き込める位置へ使用かつ敵を葬る度APを回収と火力が増していきます。
ブラックワームにより低下した火炎耐性によりさらに確殺ラインが伸びています。
アクアチックやフリーザーヘッド撃破後付与の浸水により敵全域の火炎耐性+50%となろうと押し切ります。
 
ブラックワームは敵全域の火炎耐性を低下させつつシェード、メリーの行動力を増加させています。
耐久は属性耐性持ちの軽装保護機であるセーフティに任せています。
 
メリーはシェードにバリア/被ダメ軽減無視を付与かつ攻撃力+35%、行動力+30%を付与。
シェードのAP回収能力と合わせて敵陣がまとまって動き出す前にシェードが連続して行動し崩壊させるサポートをしています。
 
A昇級セーフティは毎Round自己標的持ちです。敵の全ての攻撃を引き付けます。
 
アルマンはシェードには敵の主力の軽装陣への対軽装特攻と攻撃力サポートを付与。
Aセーフティに冷気耐性増加と被ダメ軽減を付与し耐久性能を高めている他、敵全域にデバフを付与し弱体化させています。
 

S12シェード

AGS研究を進めることで製造できます。

・フルリンクLv100
・フルリンクボーナスは出撃費用-20%でOK
・ステはクリ90.5確保、命中315.5確保、残り攻撃
・スキルレベル10必須
・SS対軽装型戦闘システム+0
(入手:Ev1-8でドロップ)
・SS命中チップ+0
 または
・S命中チップ+4
 (入手:楽園Ev1-2)
・SS行動力チップ+0
(入手:常設3-8初回クリア報酬)
・SSリサイクルモジュール+0
(入手:Ev2-7b初回クリア報酬)
 
赤字強く推奨、緑字推奨、黒字は赤字を満たせるなら自由枠です。
当然ですが装備強化が進んでいるほど時短になります。
命中315.5はアクアチック発狂後の回避235%への必中値です。
スキルレベル10のアルマンにより敵は回避-19.5%されている関係で必中値は335%ではなく315.5%まで低下します。
スキル2を使用されるとブラックワームの火炎耐性低下を解除され浸水中はダメージが通りません。
浸水付与後の命中を確保することですんなりと撃破し周回時間の高速化と余計な被弾の機会を減らし安定化につなげています。
キースキル一覧(文字列クリックで展開)

キースキル1

4マスもの範囲保護無視防御無視の火炎属性攻撃を与えます。

スキル1の射程は2になった為、後列配置することでこのスキル2の高範囲攻撃だけを繰り出します。

モーションがカッコイイのも見逃せません。

キースキル2、3

Ver1.0と比べると完全に別キャラになってます。

両方とも非常に強いスキルです。
具体的には、敵の数が少なければ少ないほど火力があがるパッシブ2を前述している4マス攻撃で巻き込み倒しながらパッシブ1でAPを回収して連打していきます。
つまり敵を倒せば倒すほど火力が増加し加速していきます。
保護無視で防御無視で放つ4マスの炎属性の高範囲攻撃を連打しかつ火力が増しながら殲滅していく様はまさに暗殺者というかもはや死神。
 
余談。日本版未実装の死神スキンの話(文字列クリックで展開)
余談ですが本国では死神スキンが出てます。これと同時の上方修正だったりしました。
日本版ではなぜか段階的に性能だけ→スキル、と上方修正されましたが。
スキンはよ。

音が出ます。ご注意下さい。いえむしろモーションと合わせて声の不気味さ加減聞いて下さい。

キャラ選択時は「…判決。……死刑」
スキル選択時は「私は…貴様の、死だ」
スキル2使用時は「その命…貰い受ける」
とだいたいですが言っている様子です。

 

メリーちゃん

交換所で入手できます。

・スキルレベル10
 
今回のメリーちゃんはほぼ立っているだけです。
上下の機動か軽装の攻撃機には攻撃力と行動力バフ、HP95%以上ならバリア/被ダメ軽減無視を付与しています。
ここEv2-2EXの場合反撃持ちが不在なので装備は自由です。
画像が永戦経験値OSなのは検証ついでに育成したかっただけなのでなんでもいいです。

キースキル一覧(文字列クリックで展開)

▽キースキル1

・自身の上下配置指定
・攻撃機で機動または軽装
・HP95%以上
と条件が非常に厳しいものの、バリア/被ダメ軽減無視を付与できます。
今回の場合シェードが軽装攻撃機かつHP95%以下になることもないので常時上記パッシブ効果を獲得です。
攻撃力+35%と行動力+30%を行動なく付与もとんでもなく優秀です。
これによりアクアチック系やチラーHVの付与するバリアや被ダメ軽減付与を無視し無対策だと事実上1.3倍~1.5倍だった耐久を無視しています。

 

A昇級セーフティ

B→A昇級用のオリジンダストは交換所で入手できます。
セーフティなら後悔しません。

・フルリンクLv90推奨
・フルリンクボーナスは出撃費用-20%でOK
ステはHP防御特化(HP特化推奨)
・フルリンクLv90推奨
・SSワクチンチップ+0
 (入手:常設4-2EX 初回クリア報酬)
・SS耐寒コーティング+9↑強く推奨
 (入手:交換所)
・SS防御型戦闘システム+0
 (入手:DMM開始キャンペーン)
・A昇級必須
・スキルレベル後半推奨
 
セーフティはAに昇級すると全キャラでも珍しい常時自己標的を獲得し敵の攻撃全てを引き付けます。
味方は基本的には反撃や巻き込まれ以外で被弾する可能性を排除できるので重宝します。
軽装保護機特権で元々冷気耐性35%を所持しているものの、敵のフリーザーヘッドによる浸水で冷気耐性-50%、浸水特攻のフリーザーシェルの攻撃、フリーザーヘッドの冷気耐性低下攻撃でステ画面で100%あろうと油断できません。
実際氷缶+0で試運転してたところ2時間程度で事故りました。

キースキル一覧(文字列クリックで展開)

全キャラでも何の条件もなしに毎Round自己標的なんてのはAセーフティだけなレベルです。
スキルレベル1からでも自己標的を発揮する為、とりあえず誘導したいだけなら1から可なのも敷居が低くてありがたいです。
当然スキルレベルがあがると耐久性能が向上します。

 

ブラックワームS9

Ev2-8でドロップ獲得が可能です。

・スキルレベル10推奨
 
今回もただ立っているだけながら、重要な仕事をしています。
シェードの行動力増加と、スタックする敵全域の火炎耐性の低下を付与しています。
worm(虫)ではなくWyrm(竜)である彼女は黒龍と言っていいスキル構成をしており、存在するだけで火炎耐性を操ることができます。
これによりシェードの火炎属性攻撃のサポートをしています。
アクアチック系のスキル2の状態異常回復を使用されると火炎耐性低下を解除されてしまいダメージが通りにくくなってしまうのが難点です。
いかに浸水して火炎耐性が増加、回避が増加し行動しだすと暴れるアクアチックを速攻で撃破できるかも安定化の要素の一つです。
キースキル一覧(文字列クリックで展開)

キースキル1

自身の後方を非常に広い範囲を役割関係なく保護するだけでなく行動力増加まで付与しています。
これによりシェードの行動を早めています。
 

キースキル2

1Round目は-30%、2Round以降はさらに-30%を付与し合計-60%を付与し続けるスキルです。
シェードが開幕でアクアチック系を粉砕し水浸しにして火炎耐性を増加させてしまおうと、次のRoundからはこちらが発揮し浸水を弱めさせてしまいます。
これによりシェードの確殺ラインを維持しやすくなっており、安定化と高速化に一役買っています。
アクアチックのスキル2で解除が厄介。
動き出す前に仕留めきることで余計な被弾を減らすことができます。

 

アルマン枢機卿

イベント交換所で入手できます。
画像ではアクアモジュールを装備していますがなくていいです。

・ノーリンクでOK
・ステ振りもなしでもOK
・レベル60~
・スキルレベル10必須
・SSアクアモジュール+0
  (入手:Ev1-6初回クリア報酬)
・B~SS軽装機動OS+0
 (入手:Ev2-1EX。Ev1-8の軽装OSでも可)
 
今回完全にバッファーデバッファー参加です。
アルマンは立っているだけで味方にはバフを、敵全域にはデバフを振りまきます。
今回はこちらの敵全域へのデバフのうち攻撃力低下、行動力低下、回避低下が役立ち装備強化が控えめでもシェードが暴れやすくなっています。
キースキルリスト(文字列クリックで展開)

キースキル1

[パッシブ1:攻撃隊指揮]
自身の周囲8マスにいる攻撃機限定に攻撃力増加と装備した対タイプ特攻を付与できます。
つまり今回のように軽装機動OSを装備している場合、軽装のフリーザー系とアクアチック系、機動のチラー系の全エネミーに対して特攻効果をを付与していることになります。
 

キースキル2

[パッシブ2:警護隊指揮]
自身の周囲8マスにいる保護機にバフを付与します。
今回の場合ブラックワーム、Aセーフティに被ダメ軽減を付与をしています。
 

キースキル3

[パッシブ3:予知]
遭遇した瞬間敵全域をデバフの渦に巻き込みます。
偵察状態だとさらに被ダメ増加のデバフも付与します。
自前で偵察も獲得し2Wave目から効果を発揮、確殺ラインを伸ばしています。
アクアチックなど自前でデバフ解除持ちでもない限りは常時付与できます。

 

周回編成紹介2(上級者向け)

はじめに、で紹介しているものと同じ本国版の日本仕様です。
日本版でのこちらのスクショを取り損ねたので転載します。
ある程度理解の進んでいる前提な為ざっくりと解説します。

一周1:30の上級者向け編成(2倍速)

※音が出ます。ご注意下さい。

 

配置とコスト(58/107/65)

 

クノイチ・カエン

・出撃費用-20%
・命中280確保、クリグレムリンのクリ+14%こみで100、残り攻撃
・SSクリチップβ+10
・SS攻撃チップ+10
・SS軽装OS+10
・SSエネパ+10
・スキルレベル10
 
[解説]
開幕横3マス攻撃で必ず横3マスに配置されているフリーザーヘッドを撃破し敵全域の浸水付与(火炎耐性↑冷気耐性↓電気耐性↓AP↓行動力↓)が役目です。
後述するクノイチ・ゼロの装備しているリサイクルモジュールによりゼロのAPを蓄積させ2連続攻撃の準備をさせます。
これはお姉ちゃん。

 

クノイチ・ゼロ

・出撃費用-20%
・誓約または好感度200でのバフ/デバフLv+1
・命中自己バフの+32、リアンの-40込みで335確保、クリ自己バフのクリ+32、グレムリンのクリ+14こみで100確保、残り攻撃
・SS出力安定回路+10
・SS攻撃チップ+10
・SS軽装OS+10
・SSリサイクルモジュール+10
・スキルレベル10
 
[解説]
どうしても残って浸水してWaveを迎え発狂してしまうWave1のアクアチックに対しての必中を確保しています。
後述するリアンは敵全域の攻撃回避属性耐性ステが増減していると-補正をかけます。
アクアチックの浸水すると回避が増加をトリガーにリアンが増加値を-40%を付与しており必中値の確保ラインを大幅に下げています。
前述しているカエンの攻撃で撃破した敵からゴミ箱でAPを大幅に回収。
自前の撃破分AP回収と合わせてアクアチックGの出現するWave2、Wave4は浸水発狂適用前の1Round目だけで処理が可能です。
ゼロかリアン片方または双方が未誓約だとギリッギリ倒し切れない場合があります。
攻撃βに変えるなりフルリンクボーナスを弄るなりして下さい。

 

A昇級グレムリン

・A昇級必須
・ノーリンク可能
・B~SS出力安定回路+0
・B~SS出力安定回路+0
・B~SS精密OS+0
・ダミホロは不要
・スキルレベル10
 
[解説]
A昇級グレムリンは射程-1の他、クリと攻撃力のブーストを行います。
これによりクノイチ姉妹二人のステを底上げし確殺ラインを伸ばしています。
装備はいずれも攻撃モーションを挟まない為だけに装備されています。
ゼロとカエンだけで終わるので行動する必要がないのです。
出力安定回路は行動力-0.1、精密OSは行動力-8%を適用しあえて一切行動させないことで1週の速度を短くしています。

 

慈悲深きリアン

・ノーリンク可能
・B~SS出力安定回路+0
・B~SS出力安定回路+0
・B~SS精密OS+0(理想は永戦経験値OS)
・ダミホロは不要
・スキルレベル10
 
[解説]
リアンは敵全域の攻撃回避属性耐性ステが増減していると-補正をかけます。
全Waveに出現しているフリーザーシェルの冷気耐性+60%、電気耐性増加+30%を利用しいずれも-20%低下を適用させます。
こちらにより冷気耐性はともかく電気耐性ならまだ通るゼロの攻撃で確殺ラインの確保に成功しています。
Wave1で浸水し発狂し回避+160%状態のアクアチックの回避を-40%付与し必中ラインの確保をさせる仕事もしています。
装備はいずれも攻撃モーションを挟まない為だけに装備されています。
ゼロとカエンだけで終わるので行動する必要がないのです。
出力安定回路は行動力-0.1、精密OSは行動力-8%を適用しあえて一切行動させないことで1週の速度を短くしています。

 

筆者の星4例

気まぐれコーナーです。

一度に取らずとも軽装か機動なしの1回ずつでクリアすればいいだけです。

筆者はめんどくさがりやなので一度に星4の獲得できる重装のみで挑みました。
火炎属性範囲アタッカーにタイラントを採用。
レモネードアルファを編成することで敵全域の重装以外の行動力を遅延しつつこちら全域の重装の行動を加速させます。
タイラントは攻撃を行うと指定保護を解除かつ自己標的を発揮し攻撃を誘導してしまうので列保護のセティで保護してしまうスタイル。
 
本来はイグニスでなくてブラックワームのが適任です。
が冷気攻撃が痛かったので待機での被ダメカットと被弾属性耐性に抵抗を持ち後方指定保護のイグニスを採用することでセティとあわせて保護なしは0です。
タイラントの攻撃範囲がー|な関係で時折レモネードアルファの押し出し攻撃を使用し移動させると時短になったりしました。

 

おわりに

今回は、Ev:楽園への招待状 Ev2-2EX の解説攻略と初級者向け周回編成例の紹介を行いました。

・楽園への招待状は11月10日~12月22日で開催のイベント
・楽園Ev2-2EXはフリーザー系+アクアチックG+チラーHVの組み合わせ。攻撃機のAP16が非常に厄介で一方的な先手を取りにくい。フリーザー系唯一のフリーザーシェル2回とヘッドの追撃の計3回がシェルの数だけ1Round目から襲い掛かる殺意の高いステージ
・今回も初級者向けはシェード軸で安定周回。アクアチックが火炎に強い為場に残りやすい。ブラックワームで無理やり火炎耐性を低下させたりアルマンで補助し確殺ラインを確保。耐久はAセーフティにお任せするが氷缶+0ではとても耐えられない為装備強化必須
耐寒コーティングなど属性缶はどのイベントでもほぼ必ず出番がある。先行投資だと思って装備強化をして欲しい
・12/08の3部開放まで行われているブースト+100%中に準備と集めきってしまいたい
という記事でした。
 
5人編成になってしまったかつ装備強化が必須となってしまった点が惜しいと思っている編成です。
アルマンのスキル2を使用させられれば冷気耐性-50%デバフを解除できるので猛攻にも耐えやすいです。
ただやろうと思うと強襲OS装備+A昇級グレムリンが必須になってしまったのでぶん投げました…。
ダストばかりはこういったイベントでまとめて手に入る以外は、ちまちまデイリーで集めたり特殊作戦を進めて集めるか課金するかです。
Aセーフティに加えAグレムリンも、が「取っつきやすい」かと言われると首を傾げたので選択肢から外しました。
 
難易度が難易度なので5人編成となってしまったものの、ほぼ育成だけで組めるので頑張ってマキナを迎えに行って欲しいと思います。
一人でも多くの初級者さんのお力になれますように。
応援しています。
 

当ブログで扱っているレベリング記事はこちら。

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク