【日本版ラストオリジン】Ev:楽園への招待状 Ev2-1EX の解説攻略と初級者向け(シェード、ブラックワーム、カエン、メリー、ゼロの1周2分弱)周回編成例の紹介【21/11/25環境版】

2021年12月2日

スポンサーリンク

この記事で分かること

・Ev9:楽園への招待状 Ev2-1EXの敵編成、敵ステキル詳細
・安定周回編成例の紹介

はじめに

21年の11月10日~12月22日まで開催されるイベント、楽園への招待状の周回は捗っているでしょうか。

今回は、楽園Ev2-1EXのステージギミック及び敵のステ詳細と攻略の要点確認。
そして比較的初級者向け編成を紹介します。
上級者向けは筆者も検証のためにしか周回しないので純粋にめんどくなってぶん投げました。本国版の編成真似て下さい。
以下のような周回例です。

一週2分弱の装備強化無し編成(2倍速)

 

そのまま使用できる本国版編成はこちら。

当ブログで扱っている楽園への招待状記事一覧はこちら。

その他の編成に関してはTwitterやYoutubeで検索されるなりwikiを参照されるなりをお願いします。

 

楽園への招待状 Ev2-1EX 概要

各イベントドロップ限定のキャラクターたちが入手できるステージです。
対機動軽装特攻OSの2度目の入手機会でもあります。

 

ステージ内容的には1区+αで非常に難易度が高いです。

だいたいこの2種のせい。
どちらも見た目や性質は基本的には基本種と同じです。
しかし厄介なスキルを所持する変異種であり対策必須です。
前者は遭遇した瞬間に敵味方の合計が10未満だと自身の周囲に戦闘復活25%を付与します。
後者は浸水してRoundを迎えると自己標的を獲得して攻撃を誘導かつ開幕使用するスキル2では自分と対象に被ダメ軽減50%を付与とまぁ硬いです。
もはや1区EXでお馴染み事実上防御貫通無効のフリーザー系+この2種の対策全てが必要と非常に編成難易度と周回難易度が高いステージとなっています。
逆に言えば5種しか存在しないかつ、フロストバイトや雪スナが不在なのは有情かもしれません。

 

敵編成

参照:[Ev2-1Ex ステージ 情報 (logroid.github.io)]

Wave1Wave2Wave3Wave4

 

出現エネミー詳細一覧と一言コメント

画像は全て21/11/25時点のゲーム内のものです。
倍率などについては[滅亡前の戦術教本 (swaytwig.com)]を参照しています。
 

アクアチックType-X(注意)

やっぱり妙にHPが低いアクアチックです。
Ev1-3EXでは問題になりませんでしたが、今回は意図的に出現数を少なくしておりこちらの配置数次第で戦闘復活を発揮しやすくなっています。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
 
[概要]
・基本的には元のアクアチック同様。
・スキル2→スキル2効果中スキル1のループかつ撃破されると自身がいた周囲8マスを浸水させ行動遅延と火炎耐性↑冷気耐性↓電気耐性↓、軽装優先攻撃AI
・被ダメ軽減+35%獲得。3割カットで地味に硬い
・敵/味方のユニット合計が10以下だと自分込みの中心9マスに戦闘続行25%付与。
・ここEv2-1EXの場合Wave1だけは絶対に復活を阻止できない
 
[対策]
・ここEv2-1EXの場合全てがアクアチックType-X。Wave1は仕方ないにしろWave3はこちらを5体配置で戦闘続行を阻止できる。基本的には戦闘続行を阻止したい
・冷気攻撃に非常に強い。電気攻撃が弱点だがフリーザー系は火炎弱点。HPが低い為浸水適用による火炎耐性増加状態でなければ火炎弱点でごり押し可能
・撃破されると周囲8マスを浸水させ行動遅延。復活しても撃破扱いのようで浸水による行動遅延を利用することで連続で畳みかける戦法が有効
 

フリーザーシューター

フリーザー系その1です。
スパルタンアサルトが鉄虫化した模様。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・冷気属性攻撃エネミー
・奥2マス攻撃所持
・Round開始時攻撃クリ行動力+15%を味方全域に付与。攻撃後追加付与。2Round継続。
・フリーザーヘッド撃破後またはこちらにより浸水すると行動力+40%、状態異常耐性+100%獲得
・高防御エネミー
 
[対策]
・冷気攻撃しか所持していない。冷気耐性所持盾(アルヴィスなど)が有効
・防御無関係の属性攻撃が有効。火炎攻撃が弱点

 

フリーザーシェル

フリーザーヘッドのおまけその2です。
スパルタンブーマーが鉄虫化した模様。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・冷気属性攻撃エネミー
・奥2マス攻撃所持
・フリーザーヘッドがいるとクリ攻撃命中+20%
・フリーザーヘッド撃破後またはこちらにより浸水すると攻撃力+60%、状態異常耐性+100%獲得
・高防御エネミー
 
[対策]
・冷気攻撃しか所持していない。冷気耐性所持盾(アルヴィスなど)が有効
・防御無関係の属性攻撃が有効。火炎攻撃が弱点

 

フリーザーヘッド(要注意)

敵側の不屈のマリーのようなエネミーで、遭遇した瞬間こちら全域を浸水と防御貫通率低下付与しつつ味方鉄虫を強化しています。
スパルタンキャプテンが鉄虫化した模様。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
[概要]
・冷気属性攻撃エネミー
・5万近い高防御。防御貫通100%ほぼ必須
・出現した瞬間こちら全域に浸水付与
・出現した瞬間こちらに2種の防御貫通低下を付与
・Round経過ごとに-20%ずつ低下する防御貫通-100%(解除可能)
・こちらのバイオロイドが3機以上だと防御貫通-40%付与(解除不可)
・全鉄虫側の冷気耐性+50%、電気耐性+30%
・フリーザー系鉄虫の攻撃を常時支援、自分は再攻撃
 
[対策]
・ここEv2-1EXの場合1区EXではお馴染みのフロストバイトは不在。行動遅延を気にする必要はない
・冷気攻撃しか所持していない。冷気耐性所持盾が有効
・防御無関係の属性攻撃が有効。火炎攻撃が弱点
・防御貫通もしようと思えば可能。Round経過ごとに-20%低下の-100%は有害効果解除持ちにより解除可能
例:アルマン、アクア、セレスティア、エラなど
・-40%を対装甲装備や防御貫通付与パッシブ持ちと編成も有効
 例:ダフネ、セレスティア、バーバリアナ、紅蓮など
・撃破すると鉄虫側に浸水を付与。浸水すると凶悪化するチラーHVより先に倒さないようにするかチラーHVもろとも撃破できる範囲攻撃が楽

 

チラーHV(要注意)

楽園Ev1-1EXで散々苦しめられたチラーの変異種です。
コイツもフリーザーヘッドにより付与された浸水+浸水時強化解除コンボを狙ってきます。
基本的には浸水させるなバリア/被ダメ軽減無視で高命中でぶん殴れがセオリーなのは一緒です。
情報覧のあの消防士キャラのフロストサーペントもこの単純な単語で同じことを繰り返し報告してきてるあたり相当痛い目を見たようです。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・基本的にはチラーと同様。スキル1浸水時強化解除攻撃を使用またはスキル2バリア付与。浸水で発狂。軽装優先AI
・フリーザーヘッドによりこちら全域が浸水している為射程3以内の場合100%確率で強化解除攻撃を使用。バフを全て剥がされ素ステ勝負にされる
・スキル2内容が変化。自分と指定対象にバリア1500と被ダメ軽減+50%を付与と硬くなるが火炎耐性-100%
・発狂内容が変化。浸水状態でRoundを迎えると凍てつくのか移動不可を獲得と自己標的を発揮
・相変わらず火炎攻撃で弱体化。今回の場合固定ダメまで受ける始末
 
[対策]
・冷気攻撃しか所持していない。冷気耐性所持盾が有効
・浸水時しか強化解除は行われない。デバフ解除してしまえば普通の冷気攻撃
・浸水時発狂は浸水してRoundが始まったら。アクアチックやフリーザーヘッドと同Roundに撃破したい
・バリア/被ダメ軽減無視が有効。スキル2の耐久を無力化できる
・火炎攻撃が非常に有効
 

初級者向け周回編成紹介

はじめに、で紹介しているものと同じです。
安定確認は3時間なものの、事故要素を排除できたと自信を持てています。

一週2分弱の装備強化無し編成(2倍速)

 

配置とコストと簡易役割説明(130/113/118)

おのれアクアチックType-X

シェード軸ブラックワーム、メリー添え+α編成と言った所です。

シェードはいつものです。4マス保護無視炎属性攻撃を決まって多く巻き込める位置へ使用かつ敵を葬る度APを回収と火力が増していきます。
ブラックワームにより低下した火炎耐性によりさらに確殺ラインが伸びています。
アクアチックやフリーザーヘッド撃破後付与の浸水により敵全域の火炎耐性+50%となろうと押し切ります。
 
ブラックワームは敵全域の火炎耐性を低下させつつ、ゼロ、シェード、メリーの行動力を増加させています。
今回手数と範囲と火力で押し切る編成な為一切被弾しません。
 
メリーはシェード、カエンにバリア/被ダメ軽減無視を付与かつ攻撃力+35%、行動力+30%を付与。
アクアチックType-Xにより復活しようと浸水で遅延となった敵へ連続で攻撃を畳みかけ動かれる前に潰すサポートをしています
 
カエンは横3マス火炎攻撃持ちです。
真っ先に行動するよう調整されたシェードが4マスを粉砕、残った2体以上存在する行目掛けてブラックワームにより下がった火炎耐性の敵を薙ぎ払います。
 
ゼロは今回の場合ちょい役です。
シェードに行動力ブーストなどを付与し最速行動しやすいカエンより先に動けるようサポートしています。
配置上最も事故りやすいWave1の復活後の敵を冷気に比べたらまだ通る電気攻撃で仕留める役目をすることもあります。

 

S12シェード

AGS研究を進めることで製造できます。

・フルリンクLv90可~と思われる
・フルリンクボーナスは出撃費用-20%でOK
・ステはクリ90.5確保、命中280確保、残り攻撃
・スキルレベル10必須
・SS対軽装型戦闘システム+0
(入手:Ev1-8でドロップ)
・SS行動力チップ+0
(入手:常設3-8初回クリア報酬)
・SSアクアモジュール+0
(入手:Ev1-6初回クリア報酬)
 
赤字強く推奨、緑字推奨、黒字は赤字を満たせるなら自由枠です。
最大回避のチラーの180への必中値280を確保しています。
他に回避増加スキルを所持する敵は不在です。
本当はアクアモジュールによりさらに増加するんですが初期化モジュールさんがががが。
当然ですが装備強化が進んでいるほど時短になります。
ブラックワーム、ゼロ、メリーにより行動力ブーストを受けかつ敵のフリーザーヘッドからの浸水付与も利用してアクアモジュールで行動力を獲得、真っ先に行動し4マス固まっている敵陣を攻撃し葬りさらにAPを回収します。
カエンより先に行動を大前提とします。行動順に注意して下さい。
キースキル一覧(文字列クリックで展開)

キースキル1

4マスもの範囲保護無視防御無視の火炎属性攻撃を与えます。
スキル1の射程は2になった為、後列配置することでこのスキル2の高範囲攻撃だけを繰り出します。
モーションがカッコイイのも見逃せません。
 

キースキル2、3

Ver1.0と比べると完全に別キャラになってます。

両方とも非常に強力なスキルです。
具体的には、敵の数が少なければ少ないほど火力があがるパッシブ2を前述している4マス攻撃で巻き込み倒しながらパッシブ1でAPを回収して連打していきます。
つまり敵を倒せば倒すほど火力が増加し加速していきます。
保護無視で防御無視で放つ4マスの炎属性の高範囲攻撃を連打しかつ火力が増しながら殲滅していく様はまさに暗殺者というかもはや死神。
余談。21/11/25時点日本版未実装の死神スキンの話(文字列クリックで展開)
余談ですが本国では死神スキンが出てます。これと同時の上方修正だったりしました。
日本版ではなぜか段階的に性能だけ→スキル、と上方修正されましたが。
スキンはよ。

音が出ます。ご注意下さい。いえむしろモーションと合わせて声の不気味さ加減聞いて下さい。

キャラ選択時は「…判決。……死刑」
スキル選択時は「私は…貴様の、死だ」
スキル2使用時は「その命…貰い受ける」
とだいたいですが言っている様子です。

 

メリーちゃん

交換所で入手できます。

・スキルレベル10
 
今回のメリーちゃんはほぼ立っているだけです。
上下の機動か軽装の攻撃機には攻撃力と行動力バフ、HP95%以上ならバリア/被ダメ軽減無視を付与しています。
画像は永戦経験値OSを装備していますが検証ついでに経験値稼ごうと思っただけなので気にしなくていいです。
反撃持ちも不在なのでスキル1で遊ばせても平気です。

キースキル一覧(文字列クリックで展開)

▽キースキル1

・自身の上下配置指定
・攻撃機で機動または軽装
・HP95%以上
と条件が非常に厳しいものの、バリア/被ダメ軽減無視を付与できます。
今回の場合シェードとカエンが軽装攻撃機かつHP95%以下になることもないので常時上記パッシブ効果を獲得です。
攻撃力+35%と行動力+30%を行動なく付与もとんでもなく優秀です。
こちらによりアクアチックType-Xが戦闘復活を発動させようと動かれる前に潰せる手数の確保に成功しています。

 

ブラックワームS9

Ev2-8でドロップ獲得が可能です。

・スキルレベル10推奨
 
今回もただ立っているだけながら、重要な仕事をしています。
シェードの行動力増加と、スタックする敵全域の火炎耐性の低下を付与しています。
worm(虫)ではなくWyrm(竜)である彼女は黒龍と言っていいスキル構成をしており、存在するだけで火炎耐性を操ることができます。
これによりシェードとカエンの火炎属性攻撃のサポートをしています。
キースキル一覧(文字列クリックで展開)

キースキル1

自身の後方を非常に広い範囲を役割関係なく保護するだけでなく行動力増加まで付与しています。
これによりシェードの行動を早めています。
 

キースキル2

1Round目は-30%、2Round以降はさらに-30%を付与し合計-60%を付与し続けるスキルです。
シェードが開幕でアクアチック系を粉砕し水浸しにして火炎耐性を増加させてしまおうと、次のRoundからはこちらが発揮し浸水を弱めさせてしまいます。
これによりシェードの確殺ラインを維持しやすくなっており、安定化と高速化に一役買っています。

 

クノイチ・カエン

Ev1-7でドロップします。

・フルリンクLv90推奨
・フルリンクボーナスは出撃費用-20%でOK
・ステは命中280確保、クリ100、残り攻撃
・スキルレベル10推奨(21/12/02追記)
・チップ枠自由だが行動力系厳禁
・SS対軽装型戦闘システム+0
 (入手:Ev1-8でドロップ)
・SS偵察ドローン+0
 (入手:常設4-4初回クリア報酬)
 
軽装OSが+1になっちゃってますが気にしないで下さい。
今回のカエンはシェードが4マス粉砕した残りの横1列を始末する役目です。
自己標的などがない限りは多くの敵を巻き込んで狙うAIによりシェードが攻撃しなかった範囲のうち横3マスで2体以上いる配置目掛けて攻撃を行います。
チラーHVが浸水時発狂しての自己標的持ちなものの、効果発揮は浸水してからのRound経過後です。
つまり浸水しただけでは"浸水"の効果火炎↑冷気↓電気↓行動力↓AP↓が付与されているだけでまだ発狂前です。
シェードがアクアチックやフリーザーヘッドを粉砕して水浸しにしようとブラックワームの黒龍の吐息のかかった状態では浸水による火炎耐性低下も弱まっています。
シェードを追うようにRoundを移さず初撃特化のカエンの一撃が入れば大火力が出るのは約束されています。
 
キースキルリスト(文字列クリックで展開)

キースキル1

スキル1の射程が2、スキル2のこちらの射程が5な為OSに関係なく後列配置なだけでこちらを使用します。
一撃必殺状態ではダメージが+70%と大きく増加します。
一撃必殺状態は後述するパッシブにより一番最初の攻撃にしか付与されない為、火炎耐性低下がストックしていくブラックワームとは相性はさほど良くないもののもともと火炎耐性の低い敵なら充分です。

 

キースキル2

敵陣遭遇時の最初のRoundと最初の一撃のみに有効な一撃必殺状態となるスキルです。
行動力増加は常時付与されており、機動を超える速度で行動します。
このパッシブの為にシェードから非常に先手を取りやすい為、ブラックワームの行動力増加範囲から外されています。

 

キースキル3

1Round+80%、2Round目+60%…と武装の出力か低下していき次第には最低値の+20%になってしまうというスキルです。
今回の場合ブラックワームが火炎耐性を低下させ結果的に浸水を弱めている関係で一撃必殺バフのない2撃目でも火力を発揮しやすいです。

 

クノイチ・ゼロ(行動力付与バッファー自由枠)

Ev1-7で初回クリア報酬として入手できます。
今回の場合ほぼシェードに添えられているだけなのでノーリンクでも問題ない……と思いますが未検証な為青クラゲでのリンクをオススメします。

・フルリンクLv90?
・フルリンクボーナスは出撃費用-20%でOK
・スキルレベル10必須
・SS強襲OS+0
 
一応必中値280%を確保とクリ100も自己バフで確保したものの出番がなくなってしまったゼロです。
実はシェードの行動力を増加させられてカエンより超えられる行動力+15%以上付与持ちならなんでもよかったんですが、他にいい感じの駒がありませんでした。
シェードとブラックワームで部品消費が激しいので機動でバランスをとった形です。
中破メイちゃんとかでもいいとは思います。
行動順が必ずシェード→カエンかつ敵の行動が挟まらなければなんでもいいと思います。
キースキル一覧(文字列クリックで展開)

キースキル1

機動攻撃機ながら自身と後方の味方に高倍率の攻撃命中クリ行動力を付与するスキルです。
特にクリティカル率+30%が非常に大きいです。
今回の場合安定化の為後付けしたので付与対象のシェードは考慮外のステ振りとなっています。

キースキル?2

カエンと同じくスキル1の射程が2、スキル2の射程が5な為後列配置なだけでスキル2を繰り出します。
今回の場合中列配置なので本来スキル1を使用するところを、強襲OSを装備し射程が-1されている為こちらを使用します。
結果的に添えただけになりましたが調整中はカエンの倒し損ねを同じ攻撃範囲で仕留めきるという狙いがあったりしました。

 

筆者の星4例

気まぐれコーナーです。

浸水時強化解除が痛いのでトリガーの浸水をエラちゃんで回復しちゃうスタイル。
SSミナの保護範囲は十字ですがSSミホにより行保護を有効化されており強化解除されない限り保護無視のないこのステージは全てSSミナちゃんが受けられます。
またSSミナちゃんはSSミホにより反撃状態でもあるので全ての攻撃を保護しつつ被弾の度反撃します。
SSミナミホ強い。

昇級組の記事はこちら。

 

おわりに

今回は、Ev:楽園への招待状 Ev2-1EX の解説攻略と初級者向け周回編成例の紹介を行いました。

・楽園への招待状は11月10日~12月22日で開催のイベント
・楽園Ev2-1EXはフリーザー組+Ev1-3EXのアクアチックType-X+新種チラーHVの組み合わせ。浸水時強化解除に怯えながら自己標的持ち2種と強烈な冷気攻撃エネミー群を相手にすることになる熾烈なステージ
・今回も初級者向けはシェード軸で安定周回。Type-Xにより事実上の5人編成必須。装備強化控えめで受けれるような編成ははかなり限られる
・12/08の3部開放まで行われているブースト+100%中に準備と集めきってしまいたい

という記事でした。

今回も常設低層+イベントマップで入手できるものだけで組んでみました。
その割には5人になってしまったことで育成の手間が大きいのはどうなんだ?と思わなくもないですが育成するだけで組めるので頑張って欲しいと思います。
 

当ブログで扱っているレベリング記事はこちら。

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク