【日本版ラストオリジン】”誰かが望んだ願い” Ev1-2Ex 装備強化なし安定周回編成(無凸スレイプニール、オベロニアレア、クノイチゼロ、ブラックハウンドの1週4分強)の紹介とステージ解説攻略【22/02/19追記版】

2022年2月13日

スポンサーリンク

この記事で分かること

“誰かが望んだ願いEv1-2Ex"の以下について
・装備強化なし安定周回編成と周回キャラ解説、安定理由
・敵ステスキル、行動ルーチン

はじめに:"誰かが望んだ願い" Ev1-2Ex 概要

誰かが望んだ願いの周回、捗っているでしょうか。
今回は、“誰かが望んだ願いEv1-2Exの装備強化なし昇級なし、キャラ装備とも入手の敷居低めでの初級者向け編成"を紹介します。
9時間の安定確認を行っています。

こちらのような周回です。1週4分弱。

※音が出ます。ご注意ください。

 

ドロップ

誰かが望んだ願いEv1-2Exでは以下のドロップが望めます。
初級者、上級者問わず使用する機会の多いキャラばかりのドロップが大変豪華です。

慈悲深きリアン

レアリティSSの慈悲深きリアンは戦場操作能力に長けたサポーターです。上級者でもノーリンク、フルリンクの2人を用意している方も少なくないほどの便利キャラです。
イベントドロップ限なのもありフルリンクとノーリンクの2人所持をオススメできるほど。
ラスオリでは珍しい距離の近い親友、なんて設定なキャラでもあります。
彼女が初登場したイベント"儚き記憶は友と共に"を読んでからだと好きになってしまわない人はいないと断言します。
ぜひ復刻または、Youtubeなどでイベストを読んで欲しいと思います。
 
▽ティアマト

レアリティSSのティアマトはソロ周回特化キャラと言えます。22/02/13での現状はそこまで出番の多いキャラではありません。
ただ上方修正待ちのキャラであり、上方修正後はより広い範囲での活躍機会を得るためノーリンク用意もしてもいいかもしれません。
なによりメイド服スキンがとてつもなく可愛いです。
最初からこの恰好なわけでもなく、元は人間不信な実験機です。
彼女が初登場した"不思議な国のチョコ女王"で経緯を読むことができます。

過去イベ未参加でも読める記事はこちら。

 

HPチップβ

初ドロップ解禁のHPチップβです。
HPが大幅に増加する代わりに攻撃力が低下します。
性質上防御で受けられない属性攻撃へのメタやHPがトリガーとなっているスキル効果の発揮に役立ちます。
ぶっちゃけほとんど使用したことはないです…。

装備関連の記事群はこちら。

 

装備強化なし安定周回編成紹介

[注意事項]

当ブログで紹介しているのはあくまで1個人が"願い"イベから始めた方を対象にこれなら組めるだろう、との敷居の低さを意識して組まれたものです。

EXは公式紹介にもある通り基本高難易度です。
育成が中途半端で挑んだりギミックもよく分からないまま挑んで安定して周回できる生易しいステージではありません。
念入りに準備を進め、安定周回条件を満たした後周回に送り出して下さい。
一応、当ブログやwikiで勉強されていき効率よく進められる方なら準備は1週間もあれば充分準備可能だと思われます。
その他の編成に関してはwikiなり本国版の編成なりツイッターなりYoutubeなどで検索されて下さい。
また、アレンジされる場合は各々で最適化をお願いします。
 

簡易役割、配置、コスト(77/134/122)

※修復マークがついていますが大破しているわけではありません。

Ev1-1Exで掘れるオベロニア・レアは全域電気攻撃+デバフ付与かつサポーターです。
浸水デバフ状態となった敵は電気攻撃がより通りやすくなります。
同時に命中や回避低下デバフも付与し、厄介な敵陣のステを下げつつ周囲8マスの2人を強化しています。
中破(常時HP25%以下)で運用し、後述するブラックハウンドからAPを貰いゼロより先手を取らせ殲滅速度と安定性に貢献してくれています。
 
こちらもEv1-1Exで掘れるクノイチ・ゼロは横3マス範囲の電気アタッカーです。
後述するブラックハウンドにより先手を取ったオベロニア・レアの付与した浸水かつ回避低下状態の敵へ範囲電気攻撃を繰り出し一掃します。
1Roundに1回ずつ動いて横一列の敵を薙ぎ払っていくだけの作業。
 
常設レベリングスポット、4-4Exで掘れるスレイプニールはノーリンクながらメインタンカーです。
機動回避盾最上級の回避スキル群で装備強化なしでも全ての攻撃を回避します。
この位置から全域の味方を強化しつつ、レアとゼロを保護しています。
一人前列に配置されていることで前列優先の保護無視攻撃も一手に引き受けるなど囮の役割もしています。
 
同じく常設4-4Exまたは4-8で掘れるブラックハウンドは保護機ですがサポーター扱いです。
保護機な関係でスレイプニールと保護対象を取り合うものの、ラストオリジンの仕様では被った際保護するのはよりHPの高い保護機です。
中破(常時HP25%以下)で運用していることでフルリンクながらスレイプニールよりHPが低いため、保護するのは最もHPの高いプニルです。
オベロニア・レアの行動をサポートしつつたまに流れ弾を避けつつふよふよしているだけの作業。

 

安定周回必須確認事項

・基本完コピを推奨。
・味方の行動順及び敵の行動ルーチンも含めて計算し尽くして緻密に組まれた編成なため火力や命中、回避不足で被弾の可能性が発生し事故るかもしれません。
・スレイプニールのHP>ブラックハウンドのHP調整必須。場合によっては中破作業
・行動力変更厳禁
・オベロニア・レアの中破作業必須
・ブラックハウンドの回避305以上306.5%必須
・スレイプニールの回避381.5以上必須
・配置変更厳禁
・全キャラのスキルレベル10必須
 

周回キャラ詳細

ステ装備は可能な限り常設低層+イベントステージドロップで構成されています。
繰り返しますが敵のステスキルと挙動も含めて緻密に組まれているので要点は必ず押さえて下さい。
 

オベロニア・レア

Ev1-1Exで獲得できます。

・フルリンクLv98~(ノーリンクの場合は計算上偵察ドローン+10、SS偵察OS+2以上の装備強化必須。安定性は未検証)
・フルリンクボーナスは出撃費用-でOK
・スキルレベル10
・中破(HP49%以下)作業必須(やり方記事)
・ステ命中:パッシブ1での+43.5%、SS偵察OS+0での+14.5%を見越してステ画面で412以上、戦闘中470%確保
・ステクリ:パッシブ1での+14.5%、SS偵察OS+0での+5.6%、プニルのクリバフ+9.5%見越してステ画面で70.3%以上、戦闘中100%確保
・ステ攻撃:余り
・SS偵察OS+0(入手:イベント交換所)
・SS行動力チップ+0(入手:常設3-8初回クリア、イベント交換所)
・SS行動力チップβ+0(入手:イベント交換所)
・SS偵察ドローン+0(入手:常設4-4初回クリア、ランパートLv30開放の外伝2つ目)

[ステ装備設定理由解説]

赤字必須、緑字推奨、黒字ステを満たせるなら自由枠です。
オベロニア・レアは9マス攻撃でデバフ付与攻撃(電気耐性-70%、クリだと命中と回避-43.5%)が行えます。
今回の敵は電気攻撃が攻略の鍵の一つなため、基本的には先手を取らせアタッカーが続く形が理想です。
しかし自己バフにより行動力バフが付与されていると「解除し攻撃クリ命中を増加させる」性能なため行動力バフを積みに積んでも他のキャラより行動が遅くなりがちです。
そこで今回は中破させることでブラハよりAPを貰いつつ、周囲8マスへの行動加速バフ範囲外からアタッカーのゼロをあえて逃すことでゼロより先手を取れるようにしています。
攻撃時に回避バフを蓄積するブラハとプニルの2名が行動加速範囲なのもまた利点の一つ。
命中を下げていることでプニルとブラハの安定回避ラインを下げるだけでなく、回避も下げていることでアタッカーのゼロの必要命中も下げ確殺ラインを底上げするキーパーソンです。
1回に限り被ダメ最小化もある強化型ザッパーのバフを剥がす前座もしています。
 
[キースキル1:アクティブ1 豪雨注意報]
画像(文字列クリックで展開)
対象中心以外の威力減衰があるものの保護無視9マス電気攻撃。
多くを巻き込むAIにより基本的に敵全域を攻撃。
命中した瞬間効果抵抗のない敵全体の電気耐性を7割低下させつつ、クリティカルだと回避と命中も-43.5%も付与。
この3つの効果を2Roundの間付与できるため後続の攻撃機が命中させやすいだけでなくダメージも通りやすいさらに被弾機会のある回避盾も大助かりな強スキル
 
[キースキル2:パッシブ1 余裕]
画像(文字列クリックで展開)
自身にどれだけの行動力バフが付与されていようと全て解除した上で攻撃クリ命中を増加させるスキル。
スレイプニールからの行動力バフを解除して起動している。
上がり幅こそ大きいものの真っ先に攻撃の起点として使用したいスキル1と噛み合っていない。
基礎行動力と開幕AP付与の数が先手奪取の鍵。
クリ+14.5%、命中43.5%と上がり幅が非常に大きいため行動順を何とかしなければならない欠点だけ目を瞑ればやはり強スキル。
今回はこのパッシブのおかげで敵の超回避鉄虫の回避にも初手必中させる470%を確保できており、回避-43.5%を付与できるおかげで後述するアタッカーの命中必要値を下げ攻撃ステに回しやすくなり事実上の火力貢献をしている。
 
[キースキル3:パッシブ2 気象最適化]
画像(文字列クリックで展開)
自分以外の周囲8マス機動味方の行動力サポートを行うスキル。
後述するブラックハウンド、スレイプニールの2名とも"攻撃時に回避増加"バフを得る性能なためスキルLv10により8マス化したこの範囲内にいる2名は敵より先手を取りやすくなっており事実上の回避バフとしても機能している。

 

クノイチ・ゼロ

Ev1-1Exで獲得できます。

・フルリンクLv100
・フルリンクボーナスはスキル威力推奨(装備強化による確殺ライン確保済みなら出撃費用でも可)
・スキルレベル10
・ステ命中:パッシブ1での+30%を見越してステ画面で330%以上、戦闘中360%確保
・ステクリ:パッシブ1での+30%、プニルのクリバフ+9.5%見越してステ画面で60.5%以上、戦闘中100%確保
・ステ攻撃:余り
・SS命中チップ+0(入手:Ev1-3)
・SS命中チップ+0(入手:Ev1-3)
・SS対軽装OS+0(入手:常設5-1Ex。Sの場合+4で同効果)
・SS対装甲装備+0(入手:イベント交換所)

[ステ装備設定理由解説]

赤字必須、緑字推奨、黒字ステを満たせるなら自由枠です。
ゼロはスキル1の射程が2、スキル2の射程が5のキャラです。
つまり後列配置するだけでスキル1を封鎖、スキル2の横3マス電気攻撃のみを使用します。
今回の敵は電気攻撃が攻略の鍵の一つなため、前述しているオベロニア・レアにより電気耐性の下がった敵目掛けて電気攻撃を繰り出し高いダメージで殲滅します。
また、自己バフにより敵を倒すごとにAPを回収し先手奪取をしやすくなるため基本連打の難しい範囲攻撃でもゼロのみをアタッカーとすることでひたすら薙ぎ払い続けることができます。
クリ100はともかくとして命中は完全に敵に合わせています。後述。

[命中設定に関する補足]

ライトニングボンバーType-XはRound経過ごとに-30%の回避が永続で付与されるパッシブ持ちです。
今回登場している個体の基礎ステは回避400%。つまり必中には+100%の500%必要です。
しかし遭遇した瞬間の1Round目で既に-30%されている関係で370%に低下しレアの命中が戦闘中470%となるよう調整しているのはこれを見越してです。
3Round目にもなると回避-90%にも低下し310%まで低下。410%あれば命中可能です。
しかしステ画像は330%、自己バフで+30%されても360%なのになぜ上の画像で100%になっているか、というとこれも敵のギミックによるものです。

範囲攻撃は多くを巻き込むよう狙って攻撃する仕様です。
ではゼロがどこを最初に攻撃するか、というと横2体より3体の場所です。
決まってフライヤーヘッドがいるのが分かりますよね。
初手で必ずフライヤーヘッドを退場させる火力を確保することで、横にいるライトニングボンバーType-Xの回避をさらに-50%下げさせているんです。
つまり3Round目のライトニングボンバーは回避-30%×3とフライヤーヘッド退場デバフにより回避-50%も低下し、基礎回避400だろうと合計140%低下し260%になっているわけです。
回避260%ということは+100%の命中360%あれば必中するわけですから、ステ画面330%で自己バフで命中+30%を獲得しているゼロで必ず命中するのは理解してもらえると思います。
 
2Round目に関しては1Round目にゼロがフライヤーを狙っている間全域に付与されたレアの浸水と回避低下-43.5%2Roundの効果継続中です。
400%-30%-50%-30%-43.5%(基礎回避-Round経過弱体化1-フライヤーヘッド退場-Round経過弱体化2-レアのデバフ)246.5%まで落ちているので命中360%のゼロが外すわけがありません。
 
[キースキル1:アクティブ2 雷神一閃]
画像(文字列クリックで展開)
保護無視かつ電気攻撃なため防御無関係の攻撃。
敵のフライヤー系は防御が異常に高いだけでなく事実上の防御貫通無効まで付与してきている関係で基本物理攻撃は通らない。
しかしゼロの使用している攻撃は属性攻撃かつ、弱点の電気攻撃。
レアにより水浸しになり通電しやすくなった敵を薙ぎ払えるのは当然と言える。
 
[キースキル2:パッシブ1 空遁術]
画像(文字列クリックで展開)
強力スキル。
ステ換算したらどれだけポイント稼いでるの……君ホントにSランク?と思ってしまうほど。
しかもスキル2の横3マス攻撃を使用させたい関係で後列配置されやすい関係で目立たないだけで、自身の後方にバフとしても付与することも可能。
強襲OS(射程減)を装備することで中列配置にしてもスキル2の横3マス攻撃を使用させることができる点は覚えておくと役立つ
 
[キースキル3:パッシブ2 加速]
画像(文字列クリックで展開)
敵を撃破するごとに攻撃力が増加かつ、APも回収。
APを回収ということはそのままAP消費の激しいスキル2の使用分にあてられるので、「範囲攻撃あるあるの連打が効きにくい」欠点を完全に補完。
戦闘中やたら連発しているのはこのパッシブのおかげでもある。
ただし"敵を撃破した場合"、のため確殺火力の確保は確実に。
おかげでちょっと入手の敷居が高い軽装OSを使用するはめになったものの、苦労する価値は多いにある。

 

スレイプニール

常設レベリングスポット、4-4Exで獲得できます。

・ノーリンクLv89~
・スキルレベル10
・ステ回避:パッシブ3基礎回避+90%、攻撃時の回避+80%合計+170%見込みでステ画面180。戦闘中350%。
・SS回避チップ+0(入手:Ev1-5)
・SS回避チップ+0(入手:Ev1-5)
・SS機動マニューバOS+0(入手:イベント交換所)
・SSブースターユニット(入手:Ev1-1Ex)

[ステ装備設定理由解説]

赤字必須、緑字推奨、黒字ステを満たせるなら自由枠です。
回避の安定ラインは火力と行動順と完全に残りの敵の行動ルーチンこみで調整されています。
[Wave1]
最大命中381.5%となりこちらのバフが一切ないパターンを確認しており31.5%で被弾する可能性があるものの1回しか発生しません。
1回程度ならマニューバOSの被ダメ軽減28%とレアからの電気耐性36%付与で余裕で耐えられます。
[Wave2]
命中460のフライヤーシェルはレアとゼロにより早々に退場します。ザッパーが命中400で残るものの、この頃には回避時増加の回避バフが蓄積しており回避470になってます。
[Wave3]
レアゼロコンボで浸水したサンダーチックが1Round目から爆発、命中280%のフライヤーシューターだけが残ります。消化試合。
[Wave4]
Wave2と同様。残った命中270%のライトニングボンバーで捉えられるわけもなく
[Wave5]
ゼロが1Roundに1回ずつな攻撃な関係で怖そうに見えるものの、開幕3体撃破した時点で回収したAPで2Round目の最初に行動するため行動が2Round目からの命中460のフライヤーシェルの攻撃機会はなし。残りは280%と270%以下
 
[キースキル1:パッシブ1 スピード勝負よ!]
画像(文字列クリックで展開)
自身がどこに配置されていようと全ての配置の機動攻撃/起動支援機を保護するスキル。
残りの行動力、攻撃、クリティカルは機動保護にも適用。
さらに敵の攻撃回避時に発動するパッシブ2の「どこ見てるの?」が3回状態でRoundを迎えると全域味方の回避と行動力低下を解除。
こちら全域の回避-50%デバフを付与してくるフライヤーヘッドのデバフも即座に打ち消す、と事実上の特攻キャラ。
強い。
 
[キースキル2:パッシブ2 どこ見てるの?]
画像(文字列クリックで展開)
ただでさえ回避が高い癖に回避するとさらに伸びるスキル。
高命中の敵の行動力が遅いならそれまでにあえて前座の敵からスタックして避ける芸当も可能。
 
[キースキル3:パッシブ3 止められない疾走]
画像(文字列クリックで展開)
パッシブ1では全域味方の行動力/回避増加を解除。
このパッシブ3では自分だけが攻撃するだけで回避と行動力の低下を解除。
レアにより行動加速したプニルが最速で攻撃する関係でフライヤーヘッドの付与してくる回避-50%は遭遇時だけ。
そのくせ何もしなくても回避が+90%、最速で攻撃して回避+80%を獲得。
プニルを捉えられる敵はこのステージには不在。これが回避保護機最高峰の実力。まさに止められない疾走。
 

ブラックハウンド

・ノーリンクLv85可能?(未確認)
・フルリンクの場合プニルより低HP運用のため中破必須(やり方記事)
・スキルレベル10
・ステ回避:パッシブ3基礎回避+90%、B~SS標準OS見込みでステ画面211.5%確保。戦闘中最低306.5%確保。
・SS回避チップ+0(入手:Ev1-5)
・SS回避チップ+0(入手:Ev1-5)
・B~SS標準OS+0(入手B:製造、AとS:3-6b、SS:3-1Ex)
・SSブースターユニット(入手:Ev1-1Ex)

[ステ装備設定理由解説]

赤字必須、緑字推奨、黒字ステを満たせるなら自由枠です。
回避の安定ラインはこちらの火力と行動順、完全に残りの敵の行動ルーチンこみで調整されています。
[Wave1]
敵のサンダーチックは前列にいる場合前列優先の横1列保護無視攻撃を使用します。最悪手引いた場合最後に残り命中350%で攻撃するのは決まって前列のプニルにのみです。後列のサンダーチックはそもそも射程不足で最奥のブラハまでは届きません。
[Wave2]
前列の敵が低回避の関係で確実に回避増加バフを詰めるためサンダーチックからの被弾要素なし。ザッパーは前列のプニルがいるため前列優先攻撃を使用しプニルのみを攻撃
[Wave3]
レアゼロコンボで浸水したサンダーチックが1Round目から爆発、命中280%のフライヤーシューターだけが残ります。消化試合。
[Wave4]
レアゼロコンボで開幕退場したフライヤー系の後に残った命中270%のライトニングボンバーが基礎回避306.5↑のブラハを捉えれるわけもなく。
[Wave5]
Wave4と同様
プニルと違い攻撃命中時にしか回避増加追加デバフを受けられないため、基礎命中が低い中電気攻撃被弾で回避も命中も増加するサンダーチックが天敵になっています。
敵の初期配置と射程、敵の攻撃優先度を利用と足りない回避を補うことでなんとか安定しました。
 
[キースキル1:パッシブ1 緊急護衛]
画像(文字列クリックで展開)
ブラハと言ったら、なスキル。
スキルレベル10だと全域の保護機以外を保護。
これによりプニルはもともと保護対象外。
プニルと保護対象が被ってる場合はよりHPが高い対象が保護する関係で、中破運用しプニル以下のHPとすることでノーリンクながら回避のより高いプニルに任せAPバフをレアに振りまくだけの仕事をこなしている。
フルリンクだと微妙に残った敵を仕留めきる火力が出せることも。
 
[キースキル2:パッシブ2 VIFF機動]
画像(文字列クリックで展開)
基本+90%、攻撃が命中すれば+45%の追加回避を獲得できるスキル。
電気攻撃被弾で命中回避行動力APが獲得するサンダーチックもいるのに電気攻撃主体で攻略している関係上相性が悪く基礎回避+90%だけでやり過ごさないとならないパターンがあったため苦労した。
今回はレアのサポートにのみ採用しただけで本来このような運用ケースは稀。
 

知りたい方向け敵編成と敵詳細

敵のステは全Waveで最高Lvを掲載しています。

-敵編成の画像
-スキル倍率
 

敵編成

参照:[Ev1-2Ex ステージ 情報 (logroid.github.io)]

Wave1Wave2Wave3Wave4Wave5

 

完全回避/完全命中

考えうる全てのバフデバフの可能性を考慮した場合完全回避と完全命中は以下になります。

完全回避:510%
敵命中-味方回避=0%なら100%回避成功
(フライヤーシェルの命中440%+フライヤーヘッド同時出現命中+20%、フライヤーヘッドによりこちら全域の回避-50%)
完全命中:470%
必中値敵回避+100%
(ライトニングボンバーType-Xの基礎回避400-Round開始時の-30%)

サンダーチック

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・電気属性エネミー。浸水時特攻持ち。電気耐性が高い
・中列後列ではスキル1の単体攻撃、前列ではスキル2の前列優先保護無視横1列攻撃を使用
・電気攻撃に被弾で攻撃力+50%、命中+75%、回避+75%、行動力+25%、AP+2の超強化
・電気耐性99%所持。基本電気攻撃は通らない
・情報覧のケルちゃんの言う通り浸水に弱い。浸水時攻撃で所持攻撃力の450%固定ダメージ被弾
・情報覧のケルちゃんの言う通り浸水に弱い。浸水状態で撃破されると十字方向の鉄虫に1250%の電気属性ダメージ付与
・中列、後列の場合前列で1体だけだと前にてくてくと移動する性質
 
[対策]
・電気耐性以外の特段防御性能は高くない。普通に殴れば死ぬ
・前列配置の場合注意が必要。前列が空いていると前に出てくるためあえて前列に囮を配置で攻撃誘導が可能
・耐電コーティングを装備し電気耐性を高める
・電気攻撃で攻略の際はステの増加に注意。可能な限り行動力、APを盛りまくり行動権獲得前に続けざまに一掃したい。同Round中だとAPを即時獲得し思わぬ行動割込みされることも多い
 

強化型ザッパー

スキル1スキル2パッシブ1情報
[概要]
・電気攻撃エネミー。電気耐性が高い
・敵の癖に攻撃されるまで一切攻撃してこない癒し枠
・ただし攻撃されるまでは被ダメ軽減90%を獲得しており1割しか通らない
・同様に待機し続ける関係でAPを貯めこみ続けており、一度手を出した瞬間連続行動をするためびっくりすることも
・射程1のスキル2が届く場合はスキル2を優先する前列攻撃。中列後列だとスキル1をランダム対象に使用?
・地味に命中が高い
 
[対策]
・被ダメ軽減を獲得しているだけの関係で被ダメ軽減無視、強化解除で普通にぶち抜ける
・耐電コーティング装備など電気耐性次第で1ダメ可能
・あえて軽い範囲攻撃をあてるなど被ダメ軽減を剥がすデバフ攻撃も有効
 

フライヤーシューター(注意)

味方のAGS"スパルタン"シリーズの一機、" スパルタンアサルト"が浸食され鉄虫化した上で磁場に適用進化した"フライヤー"系の個体。
冷気を扱う"フリーザー"系も存在。判別の目印はパーツの黄色。基本的な対処法は同様

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
電気攻撃かつ回避低下特攻エネミー。ただ電気耐性のみが低く火炎、冷気属性攻撃に強い
・超防御。親玉のフライヤーヘッドが防御貫通殺しデバフを全域に放ってきている関係で防御貫通が強みの龍やエタニティは基本無力
・回避低下状態となると発狂。基本デバフが通らなくなるためグラシアスやストロングホールド、エキドナ泣かせ。フライヤーヘッドを先に退場させても発狂
・攻撃する度鉄虫側の攻撃クリ行動力を強化
・スキル1が低HP攻撃優先、スキル2が前列優先の模様?切り替える基準は不明
 
[対策]
・電気攻撃しか所持していない。耐電コーティングが有効
・奥2マス攻撃持ち。横に並べて配置しない
・情報覧のスキンレイシーが言う通り事実上電気攻撃のみで攻略対象
・回避低下付与厳禁
・低HPかつ前列に囮を配置で攻撃を集中させることも可能
 

フライヤーシェル(注意)

味方のAGS"スパルタン"シリーズの一機、" スパルタンブーマー “が浸食され鉄虫化した上で磁場に適用進化した"フライヤー"系の個体。
冷気を扱う"フリーザー"系も存在。判別の目印はパーツの黄色。基本的な対処法は同様

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
電気攻撃かつ回避低下特攻エネミー。ただ電気耐性のみが低く火炎、冷気属性攻撃に強い
・超防御。親玉のフライヤーヘッドが防御貫通殺しデバフを全域に放ってきている関係で防御貫通が強みの龍やエタニティは基本無力
・回避低下状態となると発狂。基本デバフが通らなくなるためグラシアスやストロングホールド、エキドナ泣かせ。フライヤーヘッドを先に退場させても発狂
・フライヤーヘッドと同時出現し攻撃クリ命中が増加。命中+20%による完全回避の見誤りに注意
・攻撃優先度は検証中
 
[対策]
・電気攻撃しか所持していない。耐電コーティングが有効
・奥2マス攻撃持ち。横に並べて配置しない
・情報覧のスキンレイシーが言う通り事実上電気攻撃のみで攻略対象
・回避低下付与厳禁 
 

フライヤーヘッド(要注意)

味方のAGS"スパルタン"シリーズの一機、" スパルタンキャプテン"が浸食され鉄虫化した上で磁場に適用進化した"フライヤー"系の個体。
冷気を扱う"フリーザー"系も存在。判別の目印はパーツの黄色。基本的な対処法は同様

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
[概要]
・性質的には楽園イベで出現したフリーザー系の原種と同様
・電気属性攻撃エネミー
・5万の高防御。防御貫通100%ほぼ必須
・出現した瞬間こちら全域に回避低下付与
・出現した瞬間こちらに2種の防御貫通低下を付与
・Round経過ごとに-20%ずつ低下する防御貫通-100%(解除可能)
・こちらのバイオロイドが3機以上だと防御貫通-40%付与(解除不可)
・全鉄虫側の冷気耐性+30%、火炎耐性+30%付与
・フライヤー系鉄虫の攻撃を常時支援、自分は再攻撃
・初手はスキル2の自己標的AIの模様?なぜか連打することも
 
[対策]
・電気攻撃しか所持していない。耐電コーティングが有効
・情報覧のスキンレイシーが言う通り事実上電気攻撃のみで攻略対象
・回避低下付与厳禁
・防御貫通もやろうと思えば可能。毎Round防御貫通低下を付与し続けてきているだけな関係でデバフ解除→攻撃と行うかつ防御貫通100%維持ができているならぶち抜くこともできる。防御貫通140%の確保とデバフ解除役の行動順が鍵

ライトニングボンバーType-X

普通の方の強化版です。もはや赤くない方。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
[概要]
・超回避でお馴染みライトニングボンバー系の上位種。電気攻撃エネミー
・回避時バフ未獲得の場合高攻撃力所持優先の奥2マス攻撃
・回避時バフ獲得状態のの場合前列優先の十字保護無視攻撃を使用
・Round経過ごとに回避が30%ずつ低下。いずれ0になる欠陥具合
・ただし攻撃命中で若干の15%回避バフを獲得しリカバリー
・電気耐性に非常に強い。冷気攻撃が弱点。火炎攻撃は普通
・回避すると行動力が増加し加速
・逆に言えば攻撃を避けられると回避がひたすら低下していく
  
[対策]
・電気攻撃しか所持していないし電気耐性低下も所持していない。いくら攻撃力が2000あろうと電気耐性100%があれば被ダメ1可能
・赤いほうのType-Sと比べて反撃は所持していない。ただし避けられる度に攻撃が激しくなり回避もリカバリーを維持するため闇雲に攻撃しない点は一緒
・紙
 

おまけ:筆者の星埋め例(上級者向けオート)

上が冷気、下が電気攻撃編成です。
冷気のが時間かかった関係で素直に電気攻撃で攻略したほうが良さそうです。

そもそも今回の編成でそのまま星4クリアになります。
エラちゃん可愛い。
 

おまけ2:ヒルメシェードの5-1ExSS軽装OS掘り

エネパ+9とSS突撃OS使用版

 

装備強化なしで7-4で掘れるカリアフ・ベラを添えた版

シェードのOSを4-3Ex初回クリア報酬のSS対重装OSで周回速度UP

おわりに

今回は、"誰かが望んだ願い" Ev1-2Ex 装備強化なし安定周回編成の紹介とステージ解説を紹介しました。22/02/13環境版になります。

・願いEv1-2Exは既存の電気エネミー詰め合わせ+永戦でお馴染みフライヤー系の電気攻撃祭り。高回避のライトニングボンバーType-Xと低回避高耐久のフライヤーシリーズの厄介な組み合わせ
・フライヤーシリーズが出現している関係で基本防御貫通は通らない。しかしフライヤーシリーズ弱点の電気攻撃に耐性を持つ電気攻撃高耐久持ちをどう処理するかが鍵
・基本的に回避盾が有効。フライヤーヘッドが付与してくる回避低下は解除し迎え撃ちたい。逆に言えば回避さえ足りていて保護無視のサンダーチック、ライトニングボンバーの前列優先攻撃だけ囮を配置し誘導してしまえば雑にでも回れる(1週8~9分の雑すぎる例
・今回はEv1-1Exで獲得したレア、ゼロの2名をメインに使用し攻略。レアをなんとしてでも先手を取らせるため中破させメイン盾のプニルの他にブラハも採用するなど周回速度は出せたがその点知識要求が非常に高めとなった
・リアン、ティアマトの獲得目指して周回編成構築を頑張りたい
 
龍編成のが圧倒的に楽なのは間違いないです。
ただ龍フルリンク必須やA昇級セーフティの用意が初心者向けか……?
と思うと疑問符だったのでいずれも使わない編成を組んでみました。
製造限のメリーやエラ、ロボ研究最上位付近のグラシアスも今回の"願い"から始めて取っつきやすいかと言われたらとてもオススメできません。
 
持てる知識をフル動員して組んでみたものの、はっきり言ってキチキチなので遊びが全然ないのだけが心残りとなりました…。
イベントステージドロップが少ないかつ常設深部やSSのフルリンクなんて時間取られるようなものを選択肢から外すと選択肢少なすぎてうごご。
早く2部きてくれー。
可能な限り完コピ目指して組んで回って欲しいと思います。
初心者さんの周回が捗りますように。
参考になりましたら幸いです。

その他の"願い"記事一覧はこちら。

閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク