【日本版ラストオリジン】9/1に実装予定の新キャラクターをネタバレ予習。入手法や性能、活躍を確認【本国版からの予測記事】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・新キャラのネタバレ
・新キャラ二人の性能や入手法、活躍(本国版からの予測)

はじめに:予測が正確な可能性が高い根拠

5月のVer2.0のアプデにより本国版での20年12月のVerが基礎となりました。

これで少なくとも日本版が本国版ラストオリジンのデータを使用+日本語化パッチなどの+αの予想が的中した形になりました。
しかしキャラ性能や装備性能に関しては度々のパッチノートが適用された状態となっています。

筆者が確認している限りでは本国版の6/14まで中途半端な形で適用されている、と把握しています。

・21/05/24のアレクサンドラの強化まで
 [本国版お知らせパッチノート](AGSのステ上方修正は保留の様子)
・21/06/14のアルバトロス、シェードの強化まで
 [本国版お知らせパッチノート](初心者用解説会話シーンは未収録)

これにより実装される情報が本国版基準となる可能性は非常に高い、と見ています。

 

新キャラ予想

21/08/027(金)、次回9/1日予定のアップデート予告がありました。

新キャラ二人の影イラストが公開です。
先行している本国版の情報を元にすると、
ほぼ以下の二人で間違いないと思います。

AL レイス(仮)

画像クリックでオリジナルサイズ

EB-48G フレスベルグ (仮)

画像クリックでオリジナルサイズ

 

AL レイス(仮)概要

本国版では2020/10/12に実装されています。
メイやナイトエンジェル、バンシーなどのドゥームブリンガー所属です。
後方打撃及び対空、レーダー網の無力化の為に製造された、とは本人談。
1か月の前倒し実装となりそうです。
画像クリックでオリジナルサイズ

 

衣装交換スキン

ALファントムのSS昇級スキンとの交換衣装です。
AL繋がりでもあり裏方仲間でもある様子。
画像クリックでオリジナルサイズ

 

好感度増減

実に平均的な数値ですが、大破の好感度だけ一般的な-2と比べて下がり幅が小さいです。

味方の攻撃を誘導支援する役割上、味方の攻撃に巻き込まれたり敵に発見され倒されたりと生存率が高くないことが理由としてあげられそうです。
地味目な衣装もスキンの光学迷彩仕様も、鍛えられている腹筋も生存の為とは納得の理由です。

 

本国版誓約実装キャラクター

AL レイス(仮)は誓約が実装されているキャラクターです。
最近の日本版の傾向的に、AL レイス(仮)も誓約での特別台詞変更が同時実装の可能性は大いにあります。
 
▽誓約状態での特別仕様についての記事はこちら。

 

入手法(注意点有)

21/08/27現在からの直近では新規秋イベ相当の"淡い記憶の中の国(仮)"で初回クリア報酬として入手できます。

2体目以降も同淡い記憶の中の国(仮)の交換所で入手可能です。
それ以降でも常設8区(本国版11月末)、楽園(本国版12月末)、以降のイベントと入手機会には恵まれている方です。
ただイベントドロップや常設入手こそあったものの、本国版ではなぜか21年3月までの約5か月もの間な製造で排出されなかったようです。
日本版運営が製造のみで実装した場合、製造できるようになるのは後々のパッチまで追加できているか否かによると思います。
製造で排出されます、とか書かれても実はこのパッチが未適用で排出されませんでしたー、は多いにアリそうなので留意しておくといいでしょう。
そのあとお詫びで全員に配布までがワンセット(紅蓮事件)

▽滅亡前の戦術教本の使い方記事はこちら。

 

性能

Sランク機動攻撃機です。

ラストオリジン攻略wikiを参照しています。

▽フレーバーテキスト紹介
…をしたかったのですがレイスは未掲載でした。残念。
 
▽総評
全ての攻撃が保護無視ながらSと思えない攻撃倍率の低さな支援機のような攻撃機です。
メイとの協同攻撃が行えるスキル2を使用している姿をよく見ます。
メイの攻撃は中心地点以外はダメージ減衰があるんですが、レイスのスキル2後だと被ダメ増加デバフが通っている場合減衰を打ち消す以上のダメージを出すことができます。
ただスキル2命中後は-69%もの行動力減衰がかかる為連続行動はかなり骨です…。
消費APも10と大量な為、いかに行動力やAPバッファーと組めるかが鍵となります。
前述しているメイとの協同攻撃が強すぎてスキル1とパッシブ2が事実上封印されている様子。
スキル1はともかく、パッシブ2に関しては改良強襲OS(射程-2の永戦装備)が実装されたら中列配置でもスキル2のみを使用できる為活用機会がありそうです。
ポテンシャルの高さが伺えます。
 

活躍動画紹介

彼女が入手できる曇った記憶の中の国(仮)の編成も紹介していますが、同イベントの詳細や周回編成紹介は今回の記事では割愛させてもらいます。

常設7-8EX メイ協同攻撃安定編成

本国版だと後々に追加された協同攻撃をメインに使用し、メイの時差着弾爆撃を誘発させ広域爆破します。
レイスの攻撃はもちろんメイの時差着弾爆撃も保護無視なので敵の列保護機が保護できずにばったばった倒れていっています。
アリスの攻撃も保護無視という徹底具合。
無敵の龍のパッシブ3は時差着弾持ちにも適用されるので、メイの火力が凄いことになっています。
7-8EXのネストは被ダメ最小化バリアを張るまでの回数が少なく苦戦必須なはずなんですが、アタッカー全員が保護無視な為仲間が速攻で倒れてしまいバリアが解除と被ダメ増加状態となりぼこぼこにされています。
見ていて楽しいのはもちろん圧巻の調整ですので紹介。

※音が出ます。ご注意下さい。

 

曇った記憶の中の国(仮)Ev1-2EX

 待望のシラユリの初ドロップチャンスなステージです。

レイスが入手できるイベントで早速の活躍です。
9マス攻撃を先制して行い敵の厄介な1回制限の被ダメ無効化バフや被ダメカットバフを剥がし被ダメ増加状態にした上に龍の砲撃が降り注ぎます。
分かる人ならお馴染みクソエネミーのスペクターがいますが、6区EXの類似個体と比べ弱体化した量産型の様子。

※音が出ます。ご注意下さい。

 


EB-48G フレスベルグ(仮)概要

本国版では2020/10/12に実装されています。
1か月の前倒し実装となりそうです。
英語の綴りだと“Hraesvelgr"なようで、日本語訳の揺れ幅が大きそうな名前です。
有志和訳を知るユーザーはフレ子と呼ぶことが多い様子。
グリフォンやリンティ、ハルピュイアなどの所属するスカイナイツの小隊長です。
 
画像クリックでオリジナルサイズ

 

アイドルスキン

今回の記事ではスキンについての詳細を伏せます。

画像クリックでオリジナルサイズ

 

好感度増減

平均と比べると贈り物と戦闘勝利にボーナスがあります。

空の戦闘部隊ことスカイナイツの小隊長をしていると上の立場なだけあり、プレゼントは貰い慣れていない様子。
戦闘で評価を得ることも好感度に繋がりやすいのはイメージしやすいです。

 

本国版誓約実装キャラクター

EB-48G フレスベルグ(仮)は誓約が実装されているキャラクターです。
最近の日本版の傾向的に、EB-48G フレスベルグ(仮)も誓約での特別台詞変更が同時実装の可能性は大いにあります。
 
▽誓約状態での特別仕様についての記事はこちら。

 

入手法

21/08/27現在からの直近では新規秋イベ相当の"淡い記憶の中の国(仮)"の交換所で入手できます。

……と戦術教本にも載っていますし筆者も本国版で体験済みのイベントなので交換できたのは覚えているんですが、他の英語wikiや本国menuwiki等参照サイトに交換表示されているリストが見つかりませんでした。
確か1体だけ交換できたはずです。うろ覚え。
2部での追加だった気がするので当初からいないせいかもしれません。

▽滅亡前の戦術教本の使い方記事はこちら。

 

性能

Sランク機動支援機です。

ラストオリジン攻略wikiを参照しています。

▽フレーバーテキスト紹介
 [参照:本国menuwiki]を和訳サイトpapagoにコピペしたもの
 
[スキル1:拡散ビームポイント]
“フレスベルグは基本的に電子戦支援機ですが、必要とすれば自分で直接乗り出すこともためらわなかった。"
[スキル2:対空無力化]
“「既に遮断された番号です。」"
[パッシブ1:指揮統制]
“作戦の効率と安全のため、統制に従ってください。 -フレスベルグ"
[パッシブ2:干渉対応ユニット]
“電子戦で優位を奪われた敵は、フレスベルグが余裕を持って飛行する姿をただ見守るしかありませんでした。"
 
▽総評
低い攻撃倍率、低いバフ範囲、と分かりやすいほどの支援機です。
がスキル2では4マスもの高範囲に保護無視かつ移動不可付与かつ命中強化と対機動ダメージ解除、と他にない強みもあります。
前半の移動不可付与では同スカイナイツのグリフォンやハルピュイアが移動不可特攻攻撃を所持している為、シナジーがあります。
後半の命中/機動予ダメ解除は回避盾を生かしやすいデバフとなっています。
パッシブ1が特に珍しい味方への軽装、重装ダメサポートです。
この対〇〇型特攻バフは非常に珍しく、アルマンの特攻OS装備時、SSイオが対軽装バフ、SSドリアードが対重装バフを所有する程度となっています。
スカイナイツの協同攻撃実装などと同時の上方修正で指定範囲も自身の配置と無関係の十字の指定範囲となったのも大きなメリット。
アルマンが攻撃機限定だと見ると誰にでも2種特攻を付与できる大きな強みがあり、立っているだけで仕事がしやすいです。

活躍動画紹介

スペックは非常に高い……ものの、対応力は低めかつ味方へのサポート特化ということで彼女が軸で活躍しているものは少ないです。
基本アルマンなどと同じ配置だけしてパッシブ1範囲にアタッカーを配置する、という置物が多い感じです。
 

復刻セントオルカの秘密作戦Ev-7EX

 フェンリルが初ドロップしていたイベントです。

日本版ではVer1.0時だったこともあり多くを巻き込むAIなどなく難易度が特に高いと話題のステージでした。
復刻された本国版では悪名高い防御が5万近くまで増加するフロストバイトすら、防御貫通90%の無敵の龍砲とフレスヴルグの重装特攻パッシブにより紙のように倒されています。
さすがにWave3,4のHPが4万近いフロストバイトだけ残ってますが、当時と異なり縦3マスを巻き込むように狙って攻撃するレッドフードのおかげで楽に処理できています。

※音が出ます。ご注意下さい。

 

次のイベント"曇った記憶の中の国"が近い…かも(ネタバレ注意)

今回告知された二人のキャラクター、レイスとフレスヴェルグはイベント曇った記憶の中の国の主要キャラクターです。

本国版では20/10/12から20/11/24までの一か月ちょっとの間開催されたイベントです。

あまりこう言いたくはありませんが正直妖精村と比べると非常に地味なイベントです。
がストーリーが非常に好評で、登場人物と特にとある新キャラクターを好きになること間違いなしとなっています。

レイスとフレスヴェルグが実装されるということは、彼女らが主役の新イベント"曇った記憶の中の国(仮)"が開催される……かもしれません。

 

復刻晩餐の予定では?

では旧シナリオの復刻は妖精村後、とあるんですがあくまで検討中、予定は未定だったのかもしれません。
筆者はDMM版と同時だと踏んでいましたがそうでないのかもしれません。
 
どちらにせよ、21/08/27現在では新イベントなのか復刻なのかさっぱり見当がつきません。
アップデート内容告知が行われる公式ツイッターからの発信を待ちます。
 

新イベントの予兆が分かる!?記事はこちら。

 

おわりに

今回は、9/1日実装予定の新キャラのネタバレと新キャラ二人の性能や入手法、活躍を本国版情報から紹介しました。

AL レイス(仮)はSランク機動攻撃機
・イベント"曇った記憶の中の国(仮)"の初回クリア報酬と交換所で入手可能。
 それまでは製造限定だが本国版ではなぜか5か月もの間製造追加されていない期間があった。
 日本版はパッチ適用か未適用かが不明な為製造狙いの際は疑った方がいいかもしれない
・性能的には支援機のような攻撃機。特に9マスのスキル2が優秀。メイの時差着弾攻撃を誘発する協同攻撃でもある
・常設高難易度の7-8EXはもちろん永戦オートやイベントEXの周回でも出番があった様子

 フレスヴェルグ(仮)はSランク機動支援機
・イベント"曇った記憶の中の国(仮)"の交換所で入手可能と覚えているが記録確認できず
・性能的には機動のアルマンといったところだが対機動味方を優位に運ぶデバフ付与したりと彼女だけの強みも多い
・縁の下の力持ち的な面が強く、とりあえず添えておくだけでも仕事しやすい。
・スカイナイツ編成はもちろん龍に添えられたりと幅広く活躍している様子

と、いう記事でした。

新イベントなのか復刻なのかはたして。
楽しみにしつつ、イベント終了と同時に交換所も閉まる9/1までの妖精村を過ごしていきましょう。
 
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク