【日本版ラストオリジン】サラカエルを製造お迎え成功。レシピを公開と部品約60万お迎え失敗の内訳からの考察【21/11/17版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・11/10製造追加キャラクター、サラカエルを製造できたレシピ
・レシピの投入理由
・筆者以外のレシピについてと考察

はじめに

今回紹介するのはあくまで筆者の個人的な結果であり考察は答えのない想像です。
運の良し悪しもある為、本当に考察が正しいのかどうかも分かりません。
 
当ブログで主に紹介するのは"解"ではなく楽しむための考え方のつもりです。
レシピだけ知りたいのでしたらTwitterなどで検索しても多くの解を得られるでしょうしゲーム内の工房の履歴からレアリティと役割を指定し引いた方のレシピを真似ることもできます。
なぜそのレシピが有益なのか?を覚えてもらって、今後のラスオリライフに役立てて欲しいと思います。
 

例:21/11/17に確認できた他の司令官の制作記録

一般制作

ある程度製造に詳しい人からするととりあえずSSが欲しい人向けとしか思えないALL690での排出例。
2つ目は上部特化な為ちょっとはサラカエル狙いだと言えるかも

 

特殊制作

3番目のように保護機排出最低値の闇鍋レシピで引く人もいれば、1番目のように電力を全開まで足して攻撃機/機動型の排出率増加を見込んだ結果割合的には低い方のはずの保護機側を引く人も。
2番目は筆者の履歴。4番目もよく似た傾向。
いずれにしろ栄養値が最低なのが面白い

 

お迎え成功:個人的特攻レシピ

 

こちらの事前予習記事で狙うなら、と言っていたものの実は部品60万消失の爆死してました。

8章装備掘りで減ってきてた資源に止めを刺されました。久々の爆死です。

今回引けたのはたまたまです。
爆死から資源を回収しつつそれでも考察を諦めずに続けてきた結果です。

 

投入理由その1

サラカエルは公式紹介の通り、SSランク機動保護機です。
一般でも出るには出るのでしょうが、SSが最大で3%に対して特化レシピが組みにくい機動保護機は闇鍋すぎると考えました。
特化レシピが組みにくい、については後述します。

 

機動保護機って人数が少ない枠なんです。
21/11/17時点の日本版だとAGSのアルバトロスを除くと3人しかいません。

 

運営の公開している製造の仕組みに則ると、保護機なので部品は多めはもちろん機動なので電力も必要とします。
公式wikiを参照した一覧表です。

部品4000は最低条件だが電力も、というのが非常にネックです。
オレンジ枠のすぐ下を見ると分かる通り、電力多めとは機動と攻撃機の割合が増加する資源なんです。
欲しいのは保護機かつ機動だが攻撃機の割合も同時に延びてしまう、というわけですね。
これがこの項目冒頭の特化レシピが組みにくく一般制作を避けた理由です。
ではどうするか、というともう

「部品を投入しすぎず、電力もそこそこ」

という選択肢がよいのではとなります。
 
実際本国版運営のアイシャ48号の製造式は事前記事で掲載してた通りです。
こちらで引いていた方の履歴も冒頭にありましたよね。
 
※アイシャ式とは
本来ログインできない時間に運営が実際のサーバーで排出確認を行ったと思われるレシピのこと
参照[전투원 제조식 및 아이샤식 정리 – 라스트오리진 채널 (arca.live)]より
やはりこれに近くなるのではと思いました。
それが理由その1です。
ですが筆者は同じでは回しませんでした。

 

投入理由その2:爆死69連の内訳からの学びと考察

個人的特攻レシピ紹介の覧で掲載しているものと同じ、こちらが69連で引けなかったレシピです。
部品+電力の合計が14000以上での支援機排除版レシピの保護機>機動、攻撃機優遇かつ栄養投入による下部>上部枠狙い撃ちレシピのつもりです。
サラカエルは戦闘員Noだと139なので、どっかにこの数字を入れたいとの願掛けで下部が900になっています。
しかし結果は……。

 

①.爆死内訳結果

そしてこちらが爆死中に引いた内訳のスクショです。

せっかくの爆死記念にまとめました。
人によっては閲覧注意。

[レアリティ:SS]
軽装保護機:1(アザズ)
機動保護機:5(プニル4、アザゼル1)
重装保護機:3(エキドナ1、エタニティ1、ブラバン1)
軽装攻撃機:0
機動攻撃機:4(ティアマト2、アリス1、ハル子1)
重装攻撃機:6(セイレーン3、エミリー3)
SS排出率…19/69 28%
 
[レアリティ:S]
軽装保護機:4(白兎1、金蘭1、サニー1、アタランテ1)
機動保護機:13(アイアンアニー8、ウンディーネ5)
重装保護機:10(バーバリアナ5、ココ3、イグニス2)
軽装攻撃機:4(ヴェロニカ2、エンプレス1、キャメル1)
機動攻撃機:11(ゼロ4、フェニックス2、レイス2、ナエン2、レッドフード1)
重装攻撃機:8(ネレイド3、ビスハン2、スパトイア2、カリスタちゃん1)
S排出率…50/69 72%
 
機動保護機排出率だけ見たら6種中で26%超えです。
69回という少ない結果ではあるものの、部品8000、電力6000は機動保護機優遇レシピであるといえそうです。
SS排出率も20%に収まるどころか28%もあるなんて上ブレも上ブレです。
ですが一点狙いの結果としては"惨敗"でした。

 

②.爆死内容からの考察
筆者は考えました。
特に注視すべきはSSがプニル4アザゼル1な点。
サラカエルの見た目からしたら下部枠で間違いなさそうなので下部偏重の栄養投入を行ったわけです。
この結果から導き出された筆者の考察はというと、

「サラカエルは栄養投入は下部枠ではないのではないか?」

ということ。

 

実装順としてはプニル(左)、アザゼル(中)、サラカエル(左)なわけです。
開発になりきったつもりで機動保護機面々の栄養の投入について考えてみます。
 
プニルのこのスタイルを見て、平均をブラウニーやセーフティとした場合上部はまずないでしょう。
下部多めはもちろんで、次はスカイナイツの戦隊長な件を思えば頭部に振られていそうです。
下部>頭部の順で栄養が振られていそうと推測します。
 
次にアザゼル。ラスオリとしては平均的か少し上な上部の盛られ方です。
当然のように下半身も強いのでこちらも下部>上部かと思ってたんですが、今回サラカエルが追加されたことで思い直しました。
アザゼルと言えばコウヘイ教団のシンボル的存在だと。
実際記憶イベでもちょこっとだけ登場し、崇めたてられていました。シンボルとして民を導くのが役目な彼女です。
この事実から、栄養配分に結び付くとしたら頭部なのではないか?ということ。
実際イベントストーリー初登場のハロウィンでは度々不埒な行動を慎むように、と教戒を施していました。
頭部>下部≧上部になっていそうと推測します。
 
最後にサラカエル。
消去法ではありますが、下部枠の可能性は低くなりました。
たった約70回とはいえそのうちSS機動保護5のうちプニル4はやっぱり偏りすぎに感じます。
元々の排出率がいくつなのかは分かりませんが、1人くらいは来てくれてもよかったと思うんです。
正直全然納得いきませんが、下部枠ではないのかもしれません…。
 
③.実際の投入式の理由
では上部に栄養投入すればいいのか?
となると"違う"と感じました。

 

内訳を思い返して下さい。
投入式としては上の画像通りで、電力は6000と部品より低めです。
であるにもかかわらず、重装攻撃機が機動保護機5を超える6出てました。

 

たった約70回の統計とるには少なすぎる回数です。

単なる偏りといえばそれだけかもしれません。
しかし保護機と攻撃機のSS排出数全体で見ても保護機9、攻撃機10と攻撃機の方が出てます。
電力を投入する影響は数値以上に大きいのかもしれません。
 
また、考察時で触れている通りサラカエルははっきり言って栄養配分が全然分かりません。
さらに、過去の製造の経験ではエラちゃんが実は栄養入れない方が出るのではないか、という疑惑があります。
実際栄養を投入していた1か月より電力のみに寄せた数日の方が連続で引けたことがありました。
某所で親しい方がドラキュリナ狙いで電力のみ投入でエラを二桁行くほどまでに一切引けていなかったのを見かけたのも理由です。
逆に筆者は電力+栄養下部投入でドラキュリナを製造成功しています。
 
↑こちらが機動支援機のエラちゃん
虚弱体質ロリ巨乳枠
 
↑こちらが機動攻撃機のドラキュリナちゃん
女吸血鬼なメスガキ?枠
 

まとめるとこのようになります。

・電力投入の影響は思いのほか大きい
・支援機は電力のみに偏らせた方が引きやすい可能性
・栄養を投入した方が攻撃機が排出されやすい?
 
つまり。
今回サラカエルを狙う分には、栄養投入はむしろない方がプニルやアザゼルの排出率を抑えられ結果的にサラカエルを製造しやすいのではないか?
と考え冒頭でも紹介している以下のレシピ(9000/900/5000の支援機排除版機動保護機優遇気持ち攻撃機抑え)を使うことにしたわけです。
これが考察その2です。

 

本当に筆者の考察通りかは運営に聞いてみないことには分かりません。
真相は闇の中ですが、こうしてあれこれ考えることで他のキャラも沼らずに製造お迎えできるようになる。
……のかもしれません。
製造分からん。

エラちゃんの製造お迎え記事はこちら。

ドラキュリナちゃんの製造お迎え記事はこちら。

 

運営式レシピ?

Ver2.0からは工房で他の司令官の製造履歴を確認できます。その中に異質な履歴が残っていました。

こちらは21/11/10のメンテあけ直後に製造排出確認を行ったユーザーさんが発見したものです。
よく見るとおかしいことに気づいて下さい。
メンテは15:30まで行われたにも関わらず、12:00とメンテ突入した9時以降に行われているだけでなく試行回数が複数あります。
これは日本版運営ことアイシャ81号が実際のサーバーでテスト製造を行ったものではないか、という予測ができます。

部品9900、栄養(頭300、上部700、下部300)、電力9900、赤チョコ100
 
勝利の方程式……なのかもしれません。
実際このレシピを試された方の中には引けた、という方もいますが……はたして。
 
筆者の所感(文字列クリックで展開)
ある程度製造式理解してきたつもりの筆者からすると地雷感が凄いです。
電力が9900とか攻撃機が7,8割でそうな気がします。

 

おわりに

今回は、11/10に実装されたサラカエルを製造ガチャしてお迎えしたレシピと考察を掲載しました。

バ発怖い。
……が、彼女らのことを知り適切なレシピを算出できれば資源消費は少なく済むかもしれない

と、いう記事でした。

ラスオリ界隈で製造ガチャは"バ発"と呼ばれることがあります。

「やることあるけど新キャラ欲しいから製造ガチャしちゃお~」

した新米司令官をチュートリアル担当になってたミホが打ち抜く、という定番ネタです。
ラスオリに期間限定はなく、製造限定もいずれはドロップ解禁します。
続けていれば全てのキャラが入手できるゲームなのです。
サラカエルも例外ではなく、いずれはイベントステージでドロップ解禁します。
 
イベント順番的には、21/11/17~21/12/22までの楽園から見て新規イベ続きで次の次の次の次が該当します。
所謂夏イベで本国版だと21年7~8月だったものです。
日本版でもさすがに季節イベは夏にやりそうなので、半年以上先かもしません。
 
サラカエルに限りませんが、今後も魅力的なキャラは次々と追加されてきます。
無理して資源を使っても基本引けずに虚無るだけです。
筆者がそうでした。
悔しいので裏で周回させている間調べに調べる努力をした所今回のように運に恵まれることもあるかもしれません。
 
このイベントまでに下地を固め周回体制を盤石のものとすることで、ゆくゆくは必ずお好みのキャラを好きなだけ掘れるようになります。
製造で狙いたい気持ちは分かりますが、バ発の前にまず育成に装備強化に掘り。
目標を持って日々周回頑張りましょう。

定期更新している日本版未実装キャラ一覧記事はこちら。

 

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
  
スポンサーリンク