【日本版ラストオリジン】ダークエルブンフォレストレンジャーのA→S昇級優先度はちょっと高め。理由を解説【21/12/19環境版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・元々のダークエルブンフォレストレンジャーの自身の強みについて
・S昇級の恩恵について
・Sダークエルブンの活躍場面

はじめに

ダークエルブンフォレストレンジャーの昇級優先度は"ちょっと高め"だと見ています。

モチーフ元のエルフで統一されたエルブンたち+αの"エルフ編成"では決まって編成されます。
他にもバフ付与かつ追撃役をしていたりとなんだかんだ出番があるためとなっています。
とはいえあくまで筆者ことZelarnyの個人の独断と偏見であり、育成状況や編成次第、個人の好みによってはそうではありません。
あくまで参考程度に閲覧下さい。
※当記事で紹介しているダークエルブンはスキルレベル10の数値です。
 

元々の強みについて

Aの時点でも後方へのAP付与による先手奪取が有用な他、攻撃支援で追撃し削りきるなどの戦術が有用です。
  

スキル1:ダブルバレルショットガン

実は2重にかかったりします。

射程が2しかないため前列に配置しても最奥までは支援攻撃が届かないという扱いにくさこそあるものの、装備やリンクボーナスで補えるためそこまで気になりません。
特攻効果は敵が軽装か、と防御または回避低下状態だと特攻で別判定なので2重にかかったりします。
Aにしてはかなり高い攻撃倍率なのもあり非常に予ダメが伸びやすいスキルです。

 

なお追撃には支援攻撃の仕様として追加効果は適用されない

支援攻撃なのに思いのほか火力でないな?はこれのため。
自身からの攻撃時限定だという仕様は頭の端に置いておくと確殺を狙いやすいでしょう。

 

スキル2:イーグルアサルト

実はだいぶとんでもない性能してます。

所持攻撃力+433.3%というとんでも倍率ながらひたすら書いてあることが強いスキルです。
こちらは支援攻撃で発動しないため、自分から攻撃した時限定なものの先行して厄介な敵を打ち抜いたり命中クリを大幅に下げられたりします。
スキル1と比べて射程が4なので、あえて前列中列を味方が倒した後に順番を回すと必ずこちらを使用させたりも可能です。

 

パッシブ1:先鋒迎撃隊

Ver1.0時代は攻撃機と支援機だけで保護機は対象外でしたが恐らく21/05/08のVer2.0アップデート時に上方修正されました。

自身の後方の味方に戦闘開始時(敵陣遭遇時)に限りAP+1.45を付与します。
これは言ってしまえば敵と遭遇した瞬間のみながら行動可能範囲に到達しそうなら行動力を1.45上乗せするのと同義で、行動力バフ換算すると行動力+145%という超とんでも倍率だということになります。
このことからも先手奪取ゲーに非常に有用であると分かります。
また、AP付与対象には攻撃支援も付与します。
自分から攻撃後、だったりの条件もないので味方攻撃後即支援攻撃が可能な点が強みです。
 
と、ここまででも強いんですがやっぱりAランク。
A相当のステしかなくそれも単体攻撃所持のみかつ支援対象は後方のみと、ちょっと心もとないです。
昇級すると心もとなさを解消できます。
 

昇級後の強みについて

S相当へのステ増加なだけでなく、自己バフの獲得、支援効果範囲の拡大、さらにAP付与効果の増加とより使い勝手が向上します。
主にエルフ組とのシナジーが強いです。
 

S昇級獲得パッシブ:森の助力

し、し、ます。
読み解くと以下の以下の2つです。
 
・自己バフに攻撃クリ増加を獲得
・セレスティア、エルブンに攻撃支援かつAP付与、エルブンバフ範囲の味方にも付与

要するにこんな感じ

見ての通りダークエルブンからは間反対に配置されています。
しかしエルブンのバフ範囲なのでダークエルブンのAP付与かつ支援攻撃対象だということです。
 
これにりエルブンも同時編成の場合、二人の後方2マスまでがダークエルブンの支援攻撃範囲となり最大4マスまでパッシブ1の範囲が拡大されるも同義です。
強いです。

 

専用装備:レンジャー用の戦闘装備セット

エルフ編成でも出番のある事実上の必須装備です。

圧倒的なステの増加だけでなくさらに射程も増加します。
これにより射程が2しかないスキル1の射程が3となり、他の射程延長装備やフルリンクボーナスで射程+1を獲得する必要がなくなります。
攻撃クリ命中を稼げる点が本当に強みで、S昇級パッシブと合わせるとクリは38%も増加していることになります。
さらに基本的な場合セレスティアを真っ先に行動させるよう組まれるので、スキル2のクリ+35%も合わせると73%となりステのほとんどを攻撃に回せるということになります。

到底Sと思えない強烈な一撃を支援攻撃でも繰り出し続けます。
さすがエルフ編成の主砲です。

 

運用例

永戦7次以前ならフルオートも可能でした。おのれチックコマンダー。
エルフ編成における常設8-8の1:49クリアや、7-8EXの3分クリアはエルブンの昇級オススメ記事でどうぞ。

S昇級ダークエルブンだからこそ、を紹介します。

 

常設5-8EX SSドリアード軸 0:26

※音が出ます。ご注意下さい。

ステ装備など参照:
 
2撃なので周回速度こそ1撃と比べると遅めなものの、電力消費を抑えられる点が特にメリットです。
また、ドリアードの好感度200も必要ありません。
3育成も可能です。
SSドリアード紹介でもある5-8EX記事でリンク張ったのと同じです。

 

おわりに

今回は、ダークエルブンフォレストレンジャーの昇級優先度はちょっと高めと紹介しました。

・ダークエルブンは後方支援機。開幕のAP付与をしつつ追撃が便利でAP付与のためだけに龍編成などで先手奪取に編成されることもある
・見た目通り"エルフ"なためか同型のエルフ組と相性が非常によく、それぞれがそれぞれの長所を生かし短所を補うような面白い挙動をする
・専用装備では元々の攻撃力をさらに強化。自己バフの鬼となり圧倒的な火力の単体攻撃で敵を確実に仕留めていく
・エルフ編成ではたまに省かれるエルブンと異なりほぼ必ず編成されるほか、5-8EXでのレベリングに使用できることから"ちょっと高め"判定
 
実は現21/12/19時点からすると本国版での極々最近すぎる21/12/13のアプデでSS昇級が実装されたダークエルブンです。
本国版で21/10/12に実装されたセレスティアと対になる死滅のセクメトもエルフ組に追加される調整もセットです。
本国版パッチノートリンク
 
 
edge和訳分かりにくいのなんの。
ゲーム内を見るに常時攻撃力+470と、外した場合そのRoundのみ命中を+950%獲得というぶっとび倍率です。
この頃の本国版はインフレしておりこうなってもなお外すこともあるような環境ではあるものの、自分から真っ先に攻撃し回避された後、支援攻撃で次々と超回避エネミーを撃ち落とせそうと思うと可能を感じます。
 
日本版に早々に実装されれば基礎回避800↑な赤ボンバー対策が楽になりそうなものですが、日本版での実装ははたして。
紫ダストを貯めておきましょう。
現時点はもちろん、エルフ編成の今後に期待です。
 
エルフ好きにはたまらないエルフ編成。
興味を持った方はオリジンダストを貯めて優先的に昇級はアリ……かもしれません。
 

セクメトなどの未実装キャラ記事はこちら。

目指せ全キャラ分の昇級記事はこちら。

オリジンダスト2倍記事はこちら。

 

参考になりましたら幸いです。
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク