【日本版ラストオリジン】ラインリッターのS→SS昇級優先度は高めかも。理由を解説【22/01/31環境版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・元々のラインリッター自身の強みについて
・SS昇級の恩恵について
・SSラインリッターの活躍場面

ラインリッターのS→SS昇級優先度は"高め"だと見ています。

単体では優先度は高くないものの、彼(?)主体の主砲編成が組める点が理由です。
AGSな関係で昇級にオリジンダストは使用しないので、青チョコやAIコアと相談しな昇級を進めましょう。
とはいえあくまで筆者ことZelarnyの個人の独断と偏見であり、育成状況や編成次第、個人の好みによってはそうと限りません。
あくまで参考程度に閲覧下さい。
※当記事で紹介しているラインリッターはスキルレベル10の数値です。
 

元々の強みについて

未昇級でも運用次第では弱くはないです。
支援攻撃キャラかつ強烈な効果のスキル2持ちと強い要素を持ってはいます。
……ただ、強みを活かそうと思うと事実上片方の強みが潰れる脆弱性を抱えている欠点がありました。
昇級するまでは。
 

パッシブ2:騎兵参戦

フレーバーテキスト紹介
“激烈で激しい、怒りの時間です! 破滅の時間であり、赤い夜明けの時が来た!。"

ラインリッターと言ったら、なスキルです。
自分の上下と、前方縦3マスの保護機またはスパルタンシリーズとスチールライン(支援部隊を除く)に攻撃支援を付与します。
スチールライン系、とある癖に支援部隊は除く罠に注意です。
 
支援攻撃対象一覧
 
支援部隊非対象
 
AP増加は+0.2と非常に地味ですが、回避や防御増加は巻き添え対策に有効となる場合があります。
AGSはもともと防御が高いので、防御増加+25%があるだけで安定ラインいりなんてこともあるにはあるので頭の端に置いておきたいところです。

 

スキル2:竜騎兵の火槍

フレーバーテキスト紹介
“ラインリットルは、機動性の見返りに、より強力な火力を浴びせられる砲撃モードに変形することができます。"

自己紹介文で発言している戦車形態、とはこのスキル2使用時の状態を指すと思われます。

・単純にスキル倍率が高い
・奥2マス攻撃減衰なしの射程6
・保護無視かつバリア/被ダメ軽減無視
・クリ時予ダメ増加と発生条件が緩い
・珍しい射程低下付与
 
と強い要素しかなく何かと図抜けているスキルです。
バリア/被ダメ軽減無視を自前で所持しているキャラは多い訳ではないため、ラインリッターの強みと言ったら、な支援攻撃に拘らなくともこのスキル2を軸に攻略することも可能なほどです。
刺さる場所には刺さるので「ラインリッターは支援攻撃キャラ」
と覚えていないでスキル2メインの運用もあると頭の端に置いておくと選択肢にあげやすいです。

 

パッシブ1:速足

フレーバーテキスト紹介
“ラインリットルの機動性は、量産型砲撃支援AGSの中で最高水準だったということです。"

地味ですが優秀です。
高難易度あるあるの高範囲攻撃や保護無視に巻き込まれても2回までは最小化します。
また、Roundが経過する度に無限に命中が増加するのもラインリッターだけの利点なため、厄介な高回避エネミーにぶつけるといずれは必中させてくれる安心感があります。
1Round目から適用されているので初手必中値への命中確保に組み込みやすいのも〇。
速攻編成が主流な関係で空気気味ではありますが、覚えておくと最後に残りやすい高回避エネミーや回避増加ギミックに対応しやすいです。
 
 

昇級後の強みについて

昇級前ははっきり言って"弱い"です。

見ると分かる通り攻撃力増加スキルを一切所持しておらず、頼りになるのはスキル2のクリ時威力増加のみ。
支援攻撃キャラなため支援攻撃メインで運用するとメインで使用するスキル1は普通すぎて貧弱ともいえる攻撃。
せいぜいエクスキューショナーなど攻撃回数に起因するパッシブ持ち相手に出番をあげられるかな程度。
スキル2は強力なもののこちらをメインとすると支援攻撃系は死ぬ……とチグハグです。
昇級後は大幅に自己バフを獲得し、非常に頼れるように大化けします。
 

SS昇級獲得パッシブ3:騎兵突撃

説明不要の強スキルです。

昇級前抱えていた攻撃力問題が解決します。
特筆すべきはやはり一番上以外がスタックする点。

AGS5体編成で自己バフのみのこれ。攻撃力の増加がえぐい

昇級しない理由がないと言えます。

 

スキル1:騎士の眼差し

フレーバーテキスト紹介

“気弱な歩兵は馬に乗った騎士と目が合っただけでも戦意を喪失したと言います。"

あえて昇級後に紹介したのはスキル内容がしょぼすぎて昇級前提でないと弱すぎるからです……。
敵が防御低下状態だと予ダメ増加があるものの、支援攻撃では仕様上付与効果は発揮されません。
自分から攻撃した時のみです。
一応スキル1にしては攻撃倍率はそこそこあるものの単純すぎるので、もう一声欲しくなる攻撃スキルです。

 

運用例

AGS編成での出番を多く確認しています。
スチールラインを軸としたバイオロイド編成も組めなくはないですが、あえて組まれることは少ないように思います。
 

常設8-8 上級者向けアザズフォーチュン編成

アザズの記事で紹介したものと同じです。
※音が出ます。ご注意下さい。

バリア/被ダメージ軽減無視を行うスキル2、保護機、スパルタン、スチールラインの攻撃を支援するスキル1を存分に発揮するラインリッターをアザズ、フォーチュンの二人が強化しかつ支援攻撃対象にもなっている編成です。

Wave1、3とWave2で挙動が違うのは敵のボスのスキルにより射程減少を付与されているからとなっています。
なぜか唐突に味方のAGSに殴りかかるアザズさんが自由すぎる画が面白いです。(実際は待機してる模様)
メイが永戦経験値OSを、ラインリッターがここ8-8で獲得できる新装備を装備している関係上最初からこの編成の完コピをしての周回は出来ませんが、参考にはなります。

 

常設8-1EX 装備強化なし(安定性微妙?)

参照:[8-1ex 날먹 시도 라인리터 덱(157/16/105, 5분 30초) – 라스트오리진 채널 (arca.live)]

スキルレベル10は大前提として、命中360確保し反撃機会を封鎖しつつ昇級スパルタンズとフォーチュン、アルバトロスで構成されたラインリッター主砲編成です。
敷居が低い代わりにトータスからキャプテンが殴られた、とあるので事故になるのかもしれません。
再現したわけでもないので安定性は未確認ではありますが、面白い編成なので紹介します。

 

常設7-8EX 上級者向けゴルタリオン編成 8分

参照:[7-8ex 골타리온오토덱 – 라스트오리진 채널 (arca.live))]

A昇級セーフティの自己標的を活用し、全ての攻撃を誘導したところをゴルタリオンで保護してしまおうという趣旨の編成です。
ここ7-8EXはとにかく攻撃が痛いんですが完全に逆手に取っています。
ゴルタリオンはAGSが3機いるかつHP90%以下で被弾しない限り無限に死にません。
保護無視十字攻撃がたまにネストチェイサーから飛んできてラインリッターが巻き添えを受ける以外は全てゴルタリオンが受けるため長期戦になろうとも耐えれてしまっています。
ゴルタリオンすごい。
被弾数回バリアもあるネスト本体なので支援攻撃編成は相性が悪いはずなものの、ごり押してしまっているラインリッターも大概と言えます。

 

おわりに

今回はラインリッターのS→SS昇級優先度は"高め"かもな理由を解説を掲載しました。22/01/31環境版になります。

・ラインリッターはロボながら"名誉"を理解し原動力とする騎士型AGS。"自分だけの貴婦人を探している"なんて設定もある
・性能的には支援攻撃アタッカー。他の支援攻撃キャラと比較すると最前線級とは言いにくいものの、それでも出番が一切ない訳でもない
・昇級すると大量の自己バフを獲得。昇級前の弱点を補完する
・AGSなためオリジンダストは使用しない。青チョコとAIコアの在庫に注意
・どうしても単体攻撃メインな関係で速攻編成やイベント周回で使用されることは多くない。常設の寝放置や栄養不足の際は作ってもいいかも
  

昇級優先度と未実装昇級の記事はこちら。

その他の昇級記事一覧はこちら。

オリジンダスト2倍記事はこちら。

参考になりましたら幸いです。
Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク