【日本版ラストオリジン】Ev10″誰かが望んだ願い” Ev2-6は1万EXPが入手可能なレベリングスポット。おすすめ引率キャラの紹介【22/02/24追記版】

2022年2月23日

スポンサーリンク

はじめに:Ev2-6 概要

Ev2-6はEXP1万が入手可能なレベリングスポットです。
しかし"誰かが望んだ願い"イベント恒例の回避800鉄虫の赤ボンバーが大量発生しており、コイツ対策をしていないとろくに周回すらできません。

出現している敵は4種なものの、どれも曲者揃いです。

赤ボンバーは知っての通りのクソエネミーです。基礎回避800、攻撃後に回避-800。
よって命中100の反撃持ちがいればさっくり倒せます。
攻撃優先度は高攻撃力持ち。攻撃を回避しての反撃後だと前列優先の保護無視十字攻撃を使用します。
 
Ev1-1Exにも出現しているザッパーは初被弾に強い耐性を持ちます。
HPは低いとはいえ一撃で倒すには高い火力が必要です。
 
電気攻撃への耐性が高く、電気攻撃被弾で強化されるサンダーチックも地味に厄介です。
基本的には軽装を狙って攻撃。前列にいる場合横3マス範囲の前列狙い攻撃を使用します。
EXP1万ならアレクサンドラを連れて行って引率してもらいたいんですが、コイツがいるせいでアレクサンドラの攻撃が通りにくいです。

つまり、引率役には以下が適していると分かります。

・反撃スキル持ち
・回避800あろうと強引に命中させる範囲攻撃持ちの組み合わせ
 
実際1年前に先行配信されていた本国版でもやはりレベリングのための周回編成はこの2種のいずれかに落ち着いていた様子です。
本国版のデータを日本語化して使っている日本版もそのまま使用できます。
当時の本国版の編成のうち、有用そうと判断できたものなど紹介します。
 

おすすめ引率キャラ紹介

こちらの記事からの一部抜粋になります。

本国版の先輩司令官に感謝しつつ、使用させてもらいましょう。
 

育成枠安全育成条件

戦闘中のステ確認は戦闘中のミニキャラを長押しで確認できます。

ー引率役の全Waveの全赤ボンバー行動前確殺で安定確定
ー引率役が反撃機の場合
・育成枠の戦闘中の行動力が3.52以下
・育成枠の戦闘中の行動力3.52以下が難しいなら赤ボンバーからの反撃の備え必須
 
[反撃の備え一覧]
ー素のHPで耐えきる
ー赤ボンバーの命中は100。戦闘中の育成枠の回避を100%にすれば怖くない
 
ー被ダメ最小化で反撃を耐えて攻撃を誘導した反撃機で落とすも有効
・ハルピュイア、エンプレスなど
・アザゼルの1回被ダメ無効化バフ付与も有効
・支援機専用装備ダミーホログラム(Bでも可)を装備も有効

育成枠の生存条件を満たせるまではアザゼルにお世話になることで手を出したひよこが反撃を貰っても敵陣遭遇~敵陣撃退の1Waveの間なら毎回1回被ダメを無効化させて守ってくれます。
アザゼルのスキルはスキル9以上と10で変化するため効果範囲に注意。
 
ー電気耐性持ちを一緒に編成し反撃電気攻撃を軽減する
・電気耐性持ち一覧はありがたい(公認ガイドリンク)
 
ーいっそ回避は諦めて被弾して復活する
・アザゼルの戦闘復活バフ付与(HP50%以下)
・B~SS戦闘刺激材(製造式最低20-10-20)
・ミニハチコ(ハチコ外伝報酬)
 

4育成可(周回速度遅め)

S昇級リンティ

参照:[26 승급린티 조건부 4쫄 – 라스트오리진 채널 (arca.live)]

・ノーリンク可能
・スキルレベル10推奨
・戦闘中の命中140%↑、回避175%↑必須
・前列配置
 
[引率役概要]
S昇級リンティは戦闘開始(敵陣遭遇)から2Round(スキル10だと3Round)の間自己標的を有効化します。
つまり敵の全ての攻撃を自分に誘導します。
そしてリンティは反撃スキル持ちなため、敵が行動してリンティを攻撃する度反撃を繰り出し赤ボンバーすら攻撃後の回避-800%状態を狙いうちされて落とすことができます。
 
[装備について]
正直選択の意図が読めません。
敵の赤ボンバーは自己バフ行動力-20%により初手は行動力3.52まで落ちているので本来はこれ以下にしたいですが……。
画像のリンティだと精密OS装備で-8%、4.14になる程度なのでやっぱり先手を取って赤ボンバーを狙った場合反撃される遅延が発生します。
戦闘中のステを満たした後ならフルリンクなら適当、ノーリンクならクリ100目指すとかでいいんじゃないでしょうか。
 
[編成例1]
Sリンティにアザゼルを足した例。
反撃に耐えられないかつ行動力3.52以下にできない育成枠に敵陣遭遇~敵陣撃退までの間の被ダメ無効化1回を付与するため手を出してしまっても安全。
 
[編成例2]
育成枠全員がLv80などで補助装備枠が開放され戦闘刺激剤やミニハチコ、支援機ならダミホロを装備した場合。

戦闘刺激剤なら敵陣遭遇~敵陣撃退までの間に戦闘不能になっても1回復活が敵陣遭遇の度に起動。
ダミホロも同様で1回は1ダメにしてくれるため手を出して反撃されても生き残ることが可能。

 

フルリンクペロ(軽装以外)

・フルリンク必須
・スキルレベル後半~
・戦闘中の命中140%↑、回避175%↑必須
・装備に攻撃力増加系強く推奨
・戦闘中の戦闘員の中でペロが最大攻撃力必須
 
[引率役概要]
ペロは誰かを保護しているわけではありません。
自己標的も持っていません。
しかし、軽装をペロ1人にすることで敵のサンダーチックの攻撃対象をペロのみに限定。
赤ボンバーの攻撃も高攻撃力か前列優先なためペロの攻撃力を最大かつ前列にペロのみにすることでペロだけを狙わせます。
ザッパーも前列にいる場合は決まって前列を狙います。
Wave1のザッパーだけは中列を狙う可能性があるため配置に意識が必要です。
軽装をペロのみかつペロの攻撃力最大とすることで、Wave1のザッパー、シールダー以外の攻撃全てを集中させることができます。
 
[装備について]
可能な限り攻撃力の増加するもので固めて下さい。
高ければ高いほど育成枠の攻撃力が高くとも引率できますし、バフでうっかり上がってもペロで固定しやすいです。
(追記)
レベル増加でも攻撃力は増加しますし、攻撃力バフ付与持ちもスキルレベルUPで誰かがペロ以上になると泥沼化します。
Bでもいいので7-6Bで拾える攻撃力-8%の軽量化チップを育成枠に装備させる、いっそ攻撃力増加バフ付与持ちの育成は諦めるなどの意識が必要です。
 
[編成例]
ペロに回避100と雷缶、または回避175のアザゼルを足して軽装以外を育成する例。

育成枠が赤ボンバーに手を出してしまってもアザゼルの被ダメ無効化バリアで0ダメ可。
アザゼルの後ろだけはアザゼルの攻撃に対しての反撃の巻き込まれで2回被弾機会があるので、回避100到達させたり戦闘刺激剤を装備させたりダミホロを装備させたりが必要。
当然育成枠が全員赤ボンバー対策ができているならアザゼルも不要
 

3育成可(周回速度早め/装備要求高)

完凸アレクサンドラ+天空のエラ引率(22/02/24追記)

周回の様子

動画と同じアレクサンドラ

・フルリンク必須
・スキルレベル10必須
・装備や編成次第ではフルリンクボーナスで命中+75%
(画像のようにSS命中チップ+10×2、偵察ドローン+10だと必須)
・攻撃時に命中+14.5%獲得後の自己バフを含めて命中900確保必須
・天空のエラのスキル2使用後のRoundならパッシブ3により命中35%もステ計算含め可
(天空のエラスキルレベル10かつ以下と同じ装備の場合アレクのステ画面で850.5%でOK)
・後列配置
・B~SS+0~+10強襲OS必須
 
動画と同じエラちゃん

・雷缶装備必須
・B~SS強襲OS装備必須
・B~SS出力安定回路×2
・B~SS+0~+10強襲OS必須
・後列配置
・スキルレベル後半推奨
 
[引率役概要]
アレクで赤ボンバーへの必中900いけるんじゃね?したら足りたので周回させてみた様子です。
フルリンクならザッパー以外はクリ出ずとも余裕で倒せます。
ザッパーだけは被ダメ軽減倍率が高すぎてどうしても残るので、もはや育成枠に倒させます。
育成枠の火力がないなら保護できる育成枠を足しておけば安心です。
 
[編成例]
アレクサンドラに今回の画像のようにSS偵察ドローン+10を装備した場合行動力は4.32になります。
アレクのモードチェンジ条件は敵2体を倒すこと。
戦闘中の育成枠の行動力が4.32以上になりWave1の横に2体並んでる片方を倒してしまうとその時点で周回失敗が確定します。
必ず育成枠は行動力4.32以下に抑えて下さい。
B~SSの出力安定回路や、B~SSの精密型戦闘システムを装備させることで行動力を低下させます。
行動力バフ持ちやAP付与持ち枠はうまいこと配置をいじってエラちゃんの前にも置いたりしてバフ範囲から逃がすしかありません。
 
また、ザッパーが必ず残る関係で全員1Lvとかは非推奨です。
育成枠を保護できるある程度育った育成枠や、全員ザッパーを削りきれるほど火力がある育成枠を連れて行きましょう。
 

本国版リンク

 

おわりに

今回は、Ev10″誰かが望んだ願い" Ev2-6は1万EXPが入手可能なレベリングスポット。おすすめ周回編成の紹介を行いました。

・1万入手可能な代わりに周回難易度が高め。赤ボンバー対策が必須
・S昇級リンティが特にオススメ。ただし運用にはオリジンダストを使用する。EX周回に差し支えないように気を付けよう
・軽装以外なら敵の攻撃優先度を利用してペロちゃんでも育成可能。ペロ>その他の攻撃力とすることでペロに攻撃を集中させることができる
・素材も入手できるメリットもあるとはいえ2-6が特段優れているわけでもなくはっきり言って敷居が高い。常設でレベリングして他で素材集めも視野に
 

▽日本版でもそのまま使用できる周回編成まとめはこちら。

▽当ブログで扱っているレベリング記事一覧はこちら。

期間が短いので焦る気持ちは分かりますが、それで事故りまくっていても捗りませんし何より楽しくありません。
レベリングにしろ素材集めにしろ、確実に手を伸ばして可能そう、と思える場所を周回しEXの準備を進めましょう。
 
以上、Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク