【日本版ラストオリジン】Ev:楽園への招待状Ev3-3sでの比較的初級者向け1週1:20のハルピュイアソロランを紹介。部品回復の資源ランが可能

スポンサーリンク

はじめに

今回は11/10~12/22まで開催されているイベントのうち、第3部で開放されたEv3-3sにおけるハルピュイアのソロランを紹介します。

楽園3部はステージが4種中4種とも難易度が低く周回が容易という共通点があります。
Ev3-3sは高回避、Ev3-4sは特殊ギミックと癖こそあるものの、いずれのステージの出現エネミーの最大HPが2500程度しかありません。
様々なキャラクターでソロランが可能となっています。
DMM/FANZA版事前登録報酬でハルピュイアが配布されていると知り、部品不足の初級者さんの役に立つかもと組んでみた装備強化なしを紹介します。
 

1週1:20(キャラドロップ+4秒)の無音2倍速動画

 

そもそもの楽園とは?と3部でのドロップについての記事はこちら

ハル子以外の周回については本国版の周回編成をどうぞ

当ブログで扱っている楽園への招待状記事一覧はこちら。

 

Ev3-3s ハルピュイア ソロラン

参考:[EV 33 28돌던 할페 재활용(최적화X) – 라스트오리진 채널 (arca.live)]のローコスト版です。

※画像は最適化されていません。

・Lv90~
・誓約/好感度200によるバフ/デバフLv+1効果は不要
・スキルレベル10でクリ75%、命中281確保
SS軽量化チップ+0(入手:交換所)
SS行動力チップ+0(入手:3-8初回クリア報酬)
SS標準OS+0(入手:常設3-1EX)
SSリサイクルモジュール+0(入手:楽園Ev2-7B)
・後列配置
 
赤字必須、緑字推奨、黒字はステを満たせるなら自由枠です。
ハルピュイアは圧倒的自己バフの山により攻撃力は余裕で足りています。
縦3マス攻撃を使用しさくさくと敵を片付けていきます。
ここEv3-3sの敵は高回避の敵が多い為命中重視のステ振りになっています。
後列配置することであえて前列しか狙えない状態にして、射程の短い敵の行動機会を潰しています。
それでも届く敵から攻撃はされるものの、自己バフにより無振りでも回避169%まで増加。被弾の可能性はライトニングボンバーからの命中180%の攻撃のみです。
被弾しても1Waveの間にスキルレベル10では2回まで被ダメ1にできるので事故らない……はずです。
 
配置とコスト
後列配置。部品11、栄養27、電力32と部品消費が軽いのがメリット

今回の編成ではレベリングはできません。
Ev3-2sやEv3-4sをお試し下さい。
 

初級者向けギミック解説(読みたい方向け)

 

最も厄介な敵について

ここEv3-3sは機動のみで構成されておりいずれも回避が高めです。
中でも特に厄介なのはこちらのライトニングボンバー。
一体だけ初期回避が300を超えているなど一般ステージにしては要求値が非常に高い難敵です。
 
これは遭遇した瞬間のステ。
相変わらずの超回避なものの対峙してばかりなのにこちらからのデバフもなしに回避が-30%されています。これは一体?
となるのは自前のパッシブ1によるものです。

パッシブ1情報
情報覧で狙撃手のミホが任せて、と言っているのはミホなら100%命中させられる、という意味ではありません。
動きが早くて攻撃を当てにくいから命中が大事だよ、という意味と徐々に回避が低下していく特性を"逃げ回って"と表現しているのだと思われます。
 
そしてこのパッシブ1。
なんと全てのRoundで付与かつ重複するためいずれ回避0になります。
以下のは3Round目のライトニングボンバーです。既に疲れてきたのか100%近く回避が低下しています。

ステだけ見ると初期回避は310なものの、この3Round目時点では必中値は+100%を足した320で良さそうです。
小数点以下が表示されていないだけで0.01%で避けられるかは不明です。
次の項目ではなぜ今回紹介しているハルピュイアが命中281なのかを解説します。

 

ステ画面で命中281確保の理由について

①命中値の確保理由について
ハル子は自前のパッシブによりスキルレベル10だと命中が+25%(画像は誓約/好感度200により+1)されます。

 

そして装備しているSS標準OSは+0でも命中が+14%増加する優れものです。

この2つにより、ステ画面で命中281%にしておくことで戦闘中は+25%+14%の加算が行われ320%まで増加するわけです。
これなら上の項目のライトニングボンバーが3Round目になり回避が基礎310から-30%×3した状態なら必中させられますね。
逆に言えば3Round目までは外す可能性があるということです。
「大丈夫なんだろうか?」
という理由については以下に続きます。

 

②.3Round目に絶対に攻撃する理由

ハル子がメインで攻撃に使用しているスキルはこちらです。
縦3マス攻撃。優秀です。
ただ注視して欲しいのはAP8、の部分と射程距離。

これはこのスキルを使用するにはAP8を消費と、射程は3だという意味です。
AP8となるとかなり重いので連打はきかないと分かります。
AP=行動力だと思って貰うと、ほとんどのキャラが行動力4~4.5なのを見るに行動力2回分に相当するわけです。
 
そんな射程3で連打の難しい範囲攻撃スキル持ちのハル子を今回のように後列に配置したらどうなるか。
多くの敵を巻き込んで狙うAIがあるにも関わらずこれは射程内限定です。
つまりスキル1の届く敵の前列だけを決まって開幕は狙うわけです。
 
例としてここEv3-3sのWave4の攻撃順としては以下のように絶対になります。
※他にライトニングボンバーのいるWave3も同様に中列に配置されている為同じ攻撃順、同じRoundになります。

①はスキル1が届く最長距離です。全てのRoundで基本ここしか狙えません。
②は敵側のラストオリジンの仕様により前列が空白になったことで前列に詰めてきます。
ここに攻撃を行えるのは必ず3Round目になります。2Round目は行動力加算によるAPが足りず息切れして攻撃したくてもできません。
行動力の加算待ちとなります。
次の3Roundになると行動力が加算され行動権を獲得できたので攻撃を行います。
③も②同様前列が不在となった為前列に詰めてきます。
敵のスカウトは射程が2しかないので待機しかできず、APがたまったハル子に倒されて終了です。
  
冒頭の動画を思い出してもらうと分かる通り、Wave4の2Round目は行動順にハル子の顔アイコンがないのが分かります。
ラストオリジン行動のルールにより所持APが10以下なので行動権がないんです。

 

3Round目になりやっと息切れが回復(所持APが10以上)になりました。
この3Round目、ってどっかで見ませんでしたか?

 

そう、敵のライトニングボンバーもへとへとになって回避低下デバフが蓄積してきた頃です。
3Roud目なので1Round-30%×3が付与されており回避が220%まで低下。
初期回避が310でも必中には320%あれば充分なわけです。

このようなロジックにより今回紹介しているハル子のステ画面は281、に設定されています。

 

余談:カーンはノーリンク確保してもいいかも

ここEv3-3sで入手できるカーンは今後ノーリンク適正がより増す可能性があります。

 

本国版で実装されている以下の装備によるものです。
専用装備であり、本国版では21年3月5日に実装されました。
カーン本人の回避増加パッシブと合わさり、こちらを装備するだけでA昇級セーフティと同様の毎Round自己標的かつ回避280%となり回避運用が可能となります。

専用装備だけでです。
チップやOSも回避増加で合わさるととんでもない回避値になり最高峰回避タンカー運用がされたりします。
 
そして今回の交換所で実装間近かもしれない可能性が浮上しました。
21/12/08のアプデでアプデ毎交換所が更新されたのは知っているかと思います。

なぜか21/12/10時点では交換所の説明文がカーン専用装備のものになっていたりします。
試しに実際に交換してみたものの普通の氷缶でした。
日本版運営ことアイシャ81号がミスってるだけみたいです。

 
回避盾運用するだけなら一切被弾しないかつリンクボーナスでの回避増加もないのでリンクは必要ありません。
次の"願い"イベントではカーンは掘れません。
常設5-4EXで掘れるものの常設は渋い……。
となると、フルリンクと別のノーリンク保持はオススメできる……かもしれません。

 

おわりに

今回は、Ev:楽園への招待状3部 Ev3-3sの初級者向けハル子部品回収ランを紹介しました。

・楽園への招待状は11月10日~12月22日で開催のイベント
・Ev3-3sの敵は機動のみ。特に初期回避310のライトニングボンバーが厄介
・今回は初級者向けのハル子ソロランを紹介。装備強化なしでも安定して周回が可能
・資源回収効率も優れており常設よりこちらを周回したいかも。素材集めからのIDチップ交換での特殊作戦の資源×1000も意識したい
・レベリングはEv3-2sアレクサンドラ引率Ev3-4sのカエンに任せよう
・掘れるカーンの専用装備が実装されそうかも。自己標的回避運用用に確保もいいかもしれない
という記事でした。
 
長かったかのような楽園も3部開放から2週間でイベントは終了です。
3部開放から終了までの2週間の間、掘りはもちろん素材集めももちろん、育成も進めて次のイベントや常設高難易度に備えましょう。
参考になりましたら幸いです。

当ブログで扱っている楽園への招待状記事一覧はこちら。

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。

 

スポンサーリンク