【日本版ラストオリジン】ランパートのB→A→S→SS昇級優先度は普通かも。SSにもなると主役もはれるかも【22/03/31環境版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・元々のランパート自身の強みについて
・SS昇級への恩恵について
・SS昇級ランパートの活躍場面

ランパートのB→A→S→SS昇級優先度は"普通"だと見ています。

とはいえあくまで筆者ことZelarnyの個人の独断と偏見です。
参考程度に閲覧下さい。
※当記事で紹介しているランパ…ランパリオンはスキルレベル10の数値です。
 

元々の強みについて

AGSなので栄養消費が0、昇級にオリジンダストを使用しないため素材の敷居が低め、一応協同攻撃実装済み、な他堅実なスキル群が特徴です。
ただBの時点だととにかくステが低いため、本当に仕事をあげにくく未昇級だと補助役にしかなりません…。
 

スキル1:目標牽制(単体攻撃↓命中↓デバフ攻撃)

普通すぎる攻撃スキルです…。
単体ですし命中時のデバフ付与倍率も平均どころか低め。
協同攻撃が実装されているものの、攻撃するのは同じ保護機かつB(A昇級も実装済み)なMiss Safetyのスキル2。

共同攻撃には追加効果は不随しないため、単純に単体攻撃後に低倍率の奥2マス攻撃が追撃される、程度です。
ただもし彼ら彼女らを同時に編成することがあり、奥に回数被ダメ軽減を所持している敵などのギミック対応させたい場合選択肢にあがる……あがる?
かもです。
 

スキル2:市民護衛(単体指定保護+AP付与)

スキル1の射程が3、スキル2のこれの射程が6のキャラです。
つまり以下のようにランパ+誰かとなるようペアで運用かつ配置してランパートに強襲OS(射程-1)を装備させた場合、毎回の行動で必ずもう一人に指定保護をかけ続けます。

対象はランダムなため、2人以上にすると均等に保護をかけ続けたりはしない点は注意が必要です。
AP付与量は+1.45とかなりしょぼいものの、毎回ブーストをかけつつ自分は被ダメ半減状態(こと被ダメ軽減倍率の数値だけならペロ並)となれるのはBかつ栄養消費0としてはかなり有用です。
覚えておくと役立つこともあるでしょう。

 

昇級後の強みについて

未昇級だと初期状態では誰も保護しておらず、さらにスキル2を使用させてやっと単体保護ができるだけのちょい支援+流れ弾対応くらいしかできませんでした。
SS昇級後は攻防ともに優秀かつ装着装備次第でカスタマイズ性も発揮するなど非常に出番をあげやすくなります。
 

A昇級獲得パッシブ1:市民の友達(上1マス指定保護+命中行動力増加)

Bの時点ではスキル2を使用するまで誰も保護していませんでした。
A昇級すると上1マスと狭いながらも一切行動せずとも保護かつバフまで付与します。
他に防御バフなどは一切ないためAとしては最弱の防御性能なのは変わっていませんが、地味でもバフがあるのはありがたいです。

当然、当初のB通りペア運用かつ後方に縦2人並べるように運用すると面白いことができはします。
今回のパッシブ1で指定保護し命中行動バフを付与しつつ、強襲OS装備のランパが行動の度にスキル2を使用しAPバフを付与も可能、と。
 

S昇級獲得パッシブ2:軍用現代化改修(攻防↑行保護獲得+装備カスタム)

ちょっとチグハグしてきました。

防御が多少増加したところでスキル2を使用させるまでSとしては最弱の防御性能のままです。
しかし行保護(後方範囲保護)を得ている関係で前列に配置したいという……。

保護範囲としてはパッシブ1の上単体保護も合わせるとこうなります。
Sの時点で3人も保護可能な保護範囲だけは非常に優秀な部類です。
常設7-3Exや妖精村Ev1-1Exなどで拾える"出力制限解除装置"(攻撃↑行動力↑命中↓)を装着することでスキル1を強化かつ反撃も繰り出します。
ここまで来るといっそ防御は捨ててSとなり高くなった素ステで受けて反撃で倒すスタイルの方向性もいいかもしれません。
 

SS昇級獲得パッシブ3:戦術転換(シティガード隊員シナジー+装備カスタム)

シティーガード5人編成だと防御+25%、防御貫通+25%を獲得。
これによりシティーガード編成ではこと純粋な物理攻撃に関してだけは及第点となりました。
敵の防御機構への対策も地味ながら編成次第では光るかも…?
シティーガード隊員(文字列クリックで展開)

・ケルベロス
・フロストサーペント
・ランパート
・ポップヘッド
・懲罰のサディアス
・慈悲深きリアン
・Miss Safety
“出力制限解除装置"(攻撃↑行動力↑命中↓)を装着でスキル1の性能をモードチェンジ後の性能へと昇華(後述)。
 
常設6-2Exなどで獲得できる"防御力場"(バリア獲得)を装備した場合80%HPで復活を1回獲得かつ被ダメ800以下吸収バリアを追加獲得。

この通り元のバリア効果+追加バリアを張ります。
スキル説明に記載はないものの永戦バリアでも発揮された模様。
シティーガード仲間が多いと防御増加+25%。バリア装備だとバリアを2重に獲得しどちらも割れるまで一切HPすら減らない。減り出して倒れても敵陣遭遇~敵陣撃退の間に1回8割ものHPで復活し立ち上がる。
これが勇気の力…!
 

モードチェンジ版スキル1(横3マス攻撃化)

画面右上の[Normal][F.Change]の枠を切り替えることでモードチェンジ後の性能を確認できます。

全キャラでも珍しい特定装備装着でスキル1の性能がごっそり変更されます。
射程が1増加、横3マス範囲攻撃化、消費AP増加、さらに協同攻撃対象の変更。

SSランパが横3マス攻撃を使用後、サディアスがどこに配置されていようと縦3マス電気攻撃で協同攻撃で追撃。
当然サディアスとランパートが縦に並んでいればサディアスの支援攻撃範囲なため、ランパ→サディアス協同攻撃→サディアス支援攻撃と繋がる攻撃を見ることができます。

 

運用例

出来ることは多くなったが「じゃあ使うか?」
と言われると微妙に困る性能です。
横3マス攻撃は便利なもののメインアタッカーにするには火力が低めかつ敵の防御機構突破能力も高くありません。
シティーガード組と相性がいいものの、シティーガード編成はそもそも電気属性編成で染めた方が強い場合が多いためランパの枠がないことも多いです。

聖域(仮)Ev1-1Ex

※音が出ます。

日本版だと22年夏イベと思われる聖域(仮)のEv1-1Exは待望のレナ・ザ・チャンピオンの初ドロップ解禁ステージです。
敵のゴルタリオン編成のようなものだと思って下さい。
敵のラインリッターSPと謎の巨人AGSが非常に厄介なステージで、この2体の対策ができていないと安定して周回が難しいです。

[解説]

巨人型はゴルタリオンのような性能で、味方が5体以上だと死にません。しかも被弾すると反撃してきます。
ラインリッターSPは味方と近しい被ダメ最小化1回を獲得している他、被弾すると反撃を行います。
いかにラインリッターSPを含むAGS群を先に倒し、巨人型の不死条件を解除できるかが鍵です。
 
今回の編成ではメインアタッカーにSSランパートを採用、サブアタッカーに攻撃特化スレイプニールを採用、バッファーデバッファーにS昇級LRLを採用。
先行したLRLはラインリッターSPの被ダメ最小化バフを剥がしつつ二人を強化。
スレイプニールの横3マス攻撃は反撃解除がついているため、敵の反撃機会を潰しつつ雑魚もろとも薙ぎ払っています。
後を追うようにSSランパが横3マス攻撃で敵陣を薙ぎ払いつつ、反撃でも敵を倒すことを趣旨としている華麗な編成です。

 

常設7-4Ex AGS編成

1週こそ遅い、もののAGSのみかつ3機で周回可能、とされているキチキチに切り詰められた趣味編成です。
SSランパ、Aポップヘッド、Aスパルタンアサルトのみという昇級AGSたちで構成。
ぱっと見初期組なのに高難易度もクリアできるんだぞ、との趣旨と思われます。
なんという愛…!
 
ステ装備などの記事はこちら。

 

おわりに

今回はランパートの昇級優先度は普通かも、と紹介しました。

・ランパートは警備用AGS。市民の味方。なぜかどう見ても勇者王なスキンもあり、人気を博している
・未昇級のままやA昇級までだとほぼほぼ支援役兼サブ壁程度にしかならない。弱いわけではないが……。
・SS昇級にもなると最大3マスもの保護範囲や横3マス攻撃、反撃、復活など大幅に強化されステージ次第では主役を張れる。高何度適正はないものの、刺さる場面で刺さることもある

※音が出ます。

声優さんが何がと言えませんがまんまなため、このボイス聞きたさに日本版を開始した本国版ユーザーすらいたほどだと聞いています。
そんなランパートは22/03/31時点ではSS昇級してもなおどこでも強力最強キャラ!とは到底言えませんが……。
SS昇級させておくと活躍の選択肢をあげられる程度にはなっています。
元Bのキャラと到底思えない活躍、ぜひ愛(と勇気)の力でさせてあげて欲しいと思います。

昇級優先度と未実装昇級の記事はこちら。

その他の昇級記事一覧はこちら。

オリジンダスト2倍記事はこちら。

参考になりましたら幸いです。
Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク