【日本版ラストオリジン予習】Ev17:怒りの狼牙の全ドロップリストと周回編成まとめ【6/24追記更新】

2022年6月14日

スポンサーリンク

はじめに:怒りの狼牙イベントとは

アニメ「魔法少女まどかマギカ」「翠星のガルガンティア」、ゲーム制作会社「ニトロプラス」などで脚本やシリーズ構成を担当されている大型シナリオライター、"虚淵玄"氏がコラボ作家として参加された新イベントです。
本国版と日本版のあるラストオリジンにおいて、日韓同時イベと題されて発表後ほとんどのイベントが約1年遅れで追従している日本版にも数週間後というハイスピードで実装されることとなりました。

時系列的には22/06/14時点最終章のラストオリジン第1部の締めくくり、8章後のお話と虚淵氏自ら発言されています。
ラストオリジンは常設と各種イベントが時系列続きとなっているため、一言で8章、と言ってもイベント8つを経た後でもあります。
これらを読んでラストオリジンの世界感の理解をしておくと、楽しめるイベントと言えるでしょう。

イベントは3部構成となっており、アップデートで少しずつイベントストーリーを開放していく流れです。
6/15時点ではまず1部のみが公開。
2部で話は一旦締めくくられ、3部は後日談やおまけが3部構成イベントのいつもです。
 
なお、ラストオリジンの仕様として物語だけを読みたくてもイベントチャートの間には敵陣との撃破が挟まるためある程度の戦力が必要です。
幸いイベントストーリー部分の敵は弱いことが多いため、期間ギリギリに始めたとしても余裕で間に合うと思います。
またこのゲームのイベント期間は長く、今回の怒りの狼牙イベントも7/27予定までとされているので詰まったらレベリングして、を繰り返しているだけで物語の最後まで読むことは容易でしょう。
イベントマップでは初心者が嬉しい道中で攻略に役立つキャラや装備が確定入手できることもある優しい仕様なので安心。
虚淵氏のコラボストーリーはもちろん、題材となったラストオリジンもぜひ楽しんで貰えたらと思います。
 
前置きが長くなりました。
今回はそんな"怒りの狼牙"イベントで入手できるもの一覧と、周回編成まとめを紹介します。
※22/06/14時点、本国版でも6/13に2部が開放されたレベルなため3部のドロップは不明です。順次更新していきます。
 

高効率のイベント内資源探索が可能

常設同様、左下の虫眼鏡マークを選択することでイベント内資源探索に出すことが可能です。
いずれも4時間となっており、特別な品は獲得できたりはしない模様?
効率が異常に高いため、資源が苦しい初心者ほどイベント内探索に送り出し資源を回収してくると楽ができそうです。
 

全ドロップリスト一覧

簡易は本国司令官の運営するデータサイト「世界情報 – 怒りの狼牙 – 滅亡前の戦術教本 (swaytwig.com)」を、個別は英語のwiki「Wolf’s Fang of Fury | Last Origin International Wiki | Fandom」から引用しています。
簡易表示では目新しさのないBのキャラは省いています。
 

1部

 

Ev1-1

常設だと高難易度の7-2Exでしか入手手段のない金蘭がいきなり掘れます。
回避保護機として非常に優秀なキャラで上級者の採用率も高めなほどの優秀なキャラです。
ぜひお迎えして育てたいところ。
今回物語の主軸となっているアンガーオブホード隊員ともこと性能面だけ見たら相性がいいです。

金蘭紹介画像

 

Ev1-2

むっちむちなチアリーダーなキャロルがドロップします。
応援団員で攻撃能力に期待が難しい分支援効果が強力なキャラなため、上の金蘭に守らせたりで支援を振りまいて貰いましょう。  

キャロル紹介画像

 

Ev1-3

長らく製造限定だったアンガーオブホード隊員のハイエナがイベントドロップ解禁かつ確定入手、ドロップでも入手することができます。
同じく常設ドロップしない製造限だったクイーンオブメインもドロップ、と未所持なら大変ありがたいラインナップです。

ハイエナ紹介画像

 

Ev1-4

長らく製造限定だったアンガーオブホード隊員のサラマンダーがイベントドロップ解禁かつ確定入手、ドロップでも入手することができます。
重装攻撃機なため特殊制作でしか製造できず、我慢してきた司令官も多かったはず。思う存分お迎えしましょう。

サラマンダー紹介画像

 

Ev1-5

新キャラクターのケシクが初回クリア報酬で早速獲得することができます。
ホード隊員初の軽装支援機にして、とあるキャラの前身らしいです。
ドロップでは掘れませんが、イベント交換所で5人まで交換可能なためフルリンクにすることも可能です。
うっかり分解してしまわないように注意。

ケシク紹介画像

 

Ev1-1Ex

日本版では本来22年夏イベント"聖域(仮)"でドロップする予定だった現製造限のドラキュリナちゃんがドロップ解禁。
常設7-8Ex、8-8の高難易度でしか入手手段のないキルケーがドロップ。
新装備としてドラキュリナ専用装備がドロップする、さらに緑のオリジンダストまで獲得可能、と周回価値の非常に高いステージです。
1部開放中はひたすらここを周回してオリジンダストを集め続けたいほどです。

イラストレーターが"朝凪"氏な傲慢女吸血鬼ドラキュリナちゃん

好感度80で開放後の外伝で上級者御用達な装備が貰える魔女キルケー

ドラキュリナ専用装備の性能

中列や後列配置が多いドラキュリナにありがたい射程延長付きのOSです。
敵を選ばず特攻を伸ばしやすいのもグッド。
より出番をあげやすくなります。
 

Ev1-2Ex

常設6-8Exでしかドロップしないハルピュイアのほか、イベントドロップ限のフレイスヴェルグもドロップ。
新装備としてブラックハウンド専用装備が、そしてここでも緑ダストを掘ることができます。

派手な見た目ながら読書好きな頭脳派なハルピュイア

有能な副官?いいえオタクです。なフレイスヴェルグ

ーブラックハウンド専用装備の性能

回避増加+25%と、毎Round開始時にAP+1、そして反撃を獲得します。
回避盾ながら攻撃スキルには命中補正がついているため、回避極のステ振りでも反撃が有効な回避の高い赤ボンバーなどに優位が取れるようになります。
さすがに他の回避特化装備と比べると回避率の増加は控えめなものの、優秀な装備です。
 

Ev1-3Ex

高難易度の常設6-8でしか掘れないメイを獲得できるほか、上級者の採用率の高い行動力チップがドロップ。
新装備としてリンティことリントヴルム専用装備に、ここでも緑ダストを入手できます。

身長141cmなトランジスタグラマーながら機動編成の要、メイちゃん

ーリンティ専用装備の性能

自分に攻撃支援、は要は再攻撃のことです。
全RoundでAP獲得かつ防御貫通まで得るため、従来の反撃機としての反撃はもちろん自分から攻撃時に手数が増えるためソロランで特に有用と言えます。
回避増加はないのが少し惜しいでしょうか。
 

2部

日本版は22/06/29開放とされています。

※Ev2-2、Ev2-5、-cステージはドロップがありません。

 

Ev2-1

常設ドロップのない各種イベント限キャラクター、クノイチ・ゼロがドロップします。
珍しい電気属性攻撃の使い手であるかつ、部品が尽きた時にソロランをさせて稼いでくる仕事もさせられる優秀なキャラです。
ソロラン用とフルリンクの2人保持がオススメできるほどです。

忍者らしからぬたわわなクノイチ・ゼロ

 

Ev2-3

常設ドロップのない各種イベント限キャラクター、クノイチ・カエンがドロップします。
クノイチ姉妹の片割れで、こちらは見敵必殺の火炎属性攻撃を使用します。
周回に強いキャラなため、フルリンク目指して集めましょう。

忍びらしく下半身も強いクノイチ・カエン

 

Ev2-4

アンガーオブホード隊員にしてホード隊員でまとめて組んだ時のキーパーツの一人、クイックキャメルが初回クリア報酬とドロップで入手できます。
通称"ホード編成"の主砲となりうるので、入手したら積極的に育成しフルリンクを目指したいほどです。

褐色だけど実は日焼けなだけだったりするゆったり入浴好きクイックキャメル

 

Ev2-6

アンガーオブホード隊員にしてホードの目、唯一の機動型なタロンフェザーが初回クリア報酬かつドロップで入手できます。
ホード編成を組む際タロンはだいたいの場合編成され速攻型の後押しをしてくれるため、入手後積極的に育成しフルリンクを目指したいです。

清楚に見えるけど実はノーブラの変態パパラッチ、タロンフェザー

 

Ev2-7

アンガーオブホード隊長、迅速のカーンが初回クリア報酬で獲得可能。
ドロップとして本来22年夏イベ"聖域(仮)"ドロップ解禁予定だった宝蓮ちゃんが解禁されます。
カーンはフルリンクはもちろん、ノーリンクで回避盾運用も可能なほどの非常に優秀なキャラです。
特にこだわりがなければ、ノーリンクとフルリンクの2人運用をオススメできるキャラとなっています。

歴戦の勇士、迅速のカーン

日本絵師"きろめ"氏デザインのオタクに優しいギャル美容師な宝蓮ちゃん

 

Ev2-1Ex

迅速のカーンがドロップの他、カーン専用装備1が新装備としてドロップします。
カーン専用装備は2種類あり、そのうち上級者でも採用率の高い装備のほうになります。
2部開放後は緑ダストをここで集めつつ、聖所攻略に精を出したい方は専用装備をいくつか拾っておくと楽ができるかもしれません。
ーカーン専用装備1(自己標的)の性能

カーン自身が攻撃機でありながら保護機もびっくりすぎる回避性能と被ダメ軽減率の獲得です。
さらに標的を獲得するため、立っているだけで敵の攻撃全てを自身に誘導する回避囮化もできます。
その回避能力はエンドコンテンツ"変化の聖所"で毎回のように使用されるレベル、と書くといかに強力か分かることでしょう。
 

Ev2-2Ex

動物遺伝子が入っており猫や犬の見た目が可愛いだけでなく性能も高いコンパニオンシリーズと、常設で入手機会がなく製造限定でイベント限定だったメリーがドロップ解禁します。
カーン専用装備2と、上級者の採用率の高い突撃OS、ここでも緑ダストがドロップする周回価値の高いステージです。
 
初心者御用達!のソロラン要因から聖所でも大活躍な白猫メイドのペロ

主人公をお兄さま、と慕う空想を現実に描ける妹属性な少女メリー

ーカーン専用装備2(攻撃特化)の性能

元々所持している対軽装/重装特攻14%に加えさらに追加で+30ずつ。
防御貫通率も元々所持している66%に加算され100%を超え絶対防御無視するウーマンとなれるアタッカー運用時の専用装備です。
ホード編成お馴染みの速攻型で押し切れる場合、こちらの方が有用となります。
ただ新しく何かできるわけではない従来通りなため、速攻で押し切りにくい高難易度ほど採用率が低かったりします…。
 

Ev2-3Ex

マングースチームのママ属性指揮官、紅蓮のほか同マングース主軸の編成で主砲となれるブルガサリ。
常設深部8-7のドロップにして好感度80後の外伝で上級者御用達装備のチョコが貰えるアウローラ。
そして新装備としてブルガサリの専用装備2がドロップ解禁されます。

ウェディングスキンはもちろんアフターウェディングスキンまであり中破イラストが必見な紅蓮

体液から甘い電気使いの常識人苦労枠パティシエ、アウローラ

ーブルガサリ専用装備2の性能

しょっぼ!と思いきや、ブルガサリのモードチェンジを開放する専用装備です。
記述通り攻撃力増加、スキル2の射程距離増加、奥2マス攻撃化、電気属性化と大幅に変化します。
このブルガサリのスキル2はマングース隊員の協同攻撃対象でもあるため、マングース編成では誰かしらが攻撃する度にブルガサリがすっ飛んでいて敵陣に風穴を開けまくれるようになる強力な装備です。
 

3部

22/06/14時点では本国版でも未開放なため情報がありません。
後日追記します。
 

初心者向け周回優先度とキャラ装備オススメ入手数

何をどれだけ集めたらいいか分からん……な方に。
 

第1部

より詳細な記事はこちら。

イベント交換所

目玉のもののみ掲載します。画像は第1部開放時点のものです。

全一覧は参照元の[Wolf’s Fang of Fury | Last Origin International Wiki | Fandom]で確認下さい。

Ev1-1とEv1-2をクリアするだけでバッヂが合計6000貰えるため、これらのSSキャラはひとまず交換して役に立てましょう。
特にエタニティはノーリンクでも圧倒的な強さです。
 

第2部、3部で追加見込み

22/06/15時点の本国版では2部が開放済みで、交換所への追加が行われました。

カーンやレオナ、アルマン、エネパ、各種モジュール、基地強化素材などのほか、第1部時点とはまた別にオリジンダストが同数補充されたりします。
3部も同じように補充される可能性が高いため、バッヂ集めに勤しみたいところです。
 

第1部の時点で本気で集めずともよい

3部構成のイベントは総じて、後半のステージほど財貨やステージドロップ、経験値が美味しくなっていきます。
1部は言ってしまえば顔見せの意味合いが強く、3部まで開放された場合1部を素材目当てで周回することはまずありません。
例としてこちらは恐らく次と思われる星夜(仮)の3部のイベントドロップです。
通常ステージでは入手手段が限られているβ系がドロップしていますし、サイドステージではSSキャラしか落ちなかったりと超豪華となっています。

しかも敵が弱い場合がほとんどなのでもう大盤振る舞いです。
これまでの3部構成のイベントも総じてこの傾向があるため、第1部のみが開放中の時点で必死になる必要はないと思われます。
周回が厳しいのならレベリングに資源集めに、と勤しみましょう。
ラストオリジンのイベントは長く今回の怒りの狼牙イベントも7/27まであるため、焦ることはありません。
  

敵編成について

最近の本国版あるあるの、Exですら敵が雑魚で周回しやすいタイプのイベントです。
前回の"誰かの望んだ願い"イベントでは厄介なエネミーが登場しまくり阿鼻叫喚となりましたが、今回はそんなことはないので安心です
ぱっと見難易度的には妖精村のアリアくらい……?に見えます。
22年から始められた中級者な方なら周回は容易かと思います

敵編成についてはここ滅亡前の戦術教本で閲覧可能です。

 

周回編成

日本版も22/05/25の大幅アプデで本国版同様となったため、未実装のキャラや装備以外なら全く同様の挙動が可能と思われます。
あくまで実装前なため日本版運営がなぜか手を加えていたら通用しない場合もあることは留意をお願いします。
日本版でも可能と思われるものを参照元の[🎉 [진행중인 이벤트] 분노의 늑대 송곳니 [5월 30일 ~ 7월 11일] – 라스트오리진 채널 (arca.live)]より抜粋して紹介します。
本国版では目新しいものが皆無なためか、非常に少ないです。
 

第1部

バッヂ集めなら1-5、ダストも欲しいならExどこでもな模様。
なおダストは10週に1個ペースだそうなので無理に狙う必要はないといえばないです。
恒例通りなら2部3部と高効率ステージが開放されていくと思われる関係上、1部のみの時点では集めるものを集めきったら資源ランでも全然いいと思います。
 

Ev1-5

 

EvEx総合

 
エタニティレモネード編成

 

Ev1-1Ex

※2名ともスキル2使用の補足有

新規向けブラハシェード編成

より詳しい記事はこちら。

 

Ev1-2Ex

※2名ともスキル2使用の補足有
※エイダーースキル2使用の補足有
 
ブラハシェード軸の初心者向け

より詳しい記事はこちら。

 

Ev1-3Ex

※メイスキル2使用の補足有
※2名ともスキル2使用の補足有
※エイダーースキル2使用の補足有

ブラハシェード軸の初心者向け

より詳しい記事はこちら。

 

第2部(22/06/24追記)

Ev2-1Ex

 

Ev2-2Ex

 

Ev2-3Ex

Ev2-〇C チャレンジ総合

 

第3部(順次更新)

 

おわりに

今回は、Ev17:怒りの狼牙イベントの全ドロップまとめと周回編成をまとめました。

虚淵氏コラボの新イベント、怒りの狼牙。
楽しんでいきましょう。
筆者も随時情報を集めるのはもちろん、初心者向け周回編成が組めるように更新頑張ります。
怒りの狼牙イベントの間、お付き合いよろしくお願いします。
 
以上、Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク