【日本版ラストオリジン】22/06/29実装予定新キャラ(”アラクネ”見込み)の入手法や性能、活躍を予習しよう【本国版からの予測記事】

この記事で分かること

・新キャラのネタバレ
・新キャラの性能や入手法、活躍(本国版からの予測)

スポンサーリンク

はじめに:予測が正確な可能性が高い根拠

日本版ラストオリジンは22/05/25の大幅アプデにより"システム改善Ver"化し、韓国版(以降本国版と表記)同様の環境となった、と告知されています。

これにより、先行してサービス展開している韓国版の情報を知ることでそのまま未来の日本版の実装情報となりうる可能性が非常に高いです。
新キャラ告知時点では未確定ながら、性質上ネタバレとなりえる場合もあります。
ご理解の上、以下よりお付き合い下さい。
 

新キャラ予想

22/06/24(金)、次回06/29と思われるアップデート予告がありました。

先行している本国版の情報を元にすると、画像1枚目はほぼこのキャラで間違いないと思います。

N2E-888アラクネ(仮)

 

N2E-888アラクネ(仮) 概要

画像クリックでオリジナルサイズ

自己紹介文

本機はN2E-888アラクネ。 ブラックリバーに従属していない独自のAGS副代替系を構築するためのPECSのプロジェクトから誕生しました。​
4足歩行を採用し、安定した地形適応性、信頼性の高い副武装、強力な電子戦装備で、本機は性能テストで高い評価を受けました。 第2次連合戦争当時に行った最初の実戦でも、後方補給基地に講習した敵AGSユニットを単身で無力化する成果を出しました。​
声のことですか? おっしゃるとおり、今のこの姿は本機の本来の姿ではありません。 PECSのプロジェクト初期、子会社の中でAGS開発に対するノウハウがある会社はビスマルクコーポレーションが唯一だったため、本機にも一種の「設定」が追加されました。​
「女王蜘蛛」という別名とモデル名にふさわしく、女性に擬人化されたクモの姿が本機の本来の姿です。 流失した本機の外装と人格モジュールを確保すれば、いつでもアップグレードが可能であることをお知らせします。
 ​
明らかにメカメカしい見た目でありながら、明確に女性らしい胸部に該当する部分があるなどまさしく"女郎蜘蛛"をモチーフとしているAGSです。
これは本来の姿ではない、としている通り人型形態の存在をを仄めかしており、既に本国版では実装済みだったりします。
 

本来の姿スキン

本国版ではアラクネ実装の半年後に実装されました。
日本版は新キャラのスキンを積極的に販売する傾向があるため、思いのほか早く会える……かもしれません。
以下の画像をクリックで影無しかつ小物ON/OFFを閲覧できます。
画像サイズがやたら大きい(4096×3426)ので注意。

 

入手法

AGSなのでロボ研究を進めることで誰でもいつでも作成可能です。
実装済みの本国版のエミュ和訳機能を使用した画像を紹介します。

・ターゲット分析システム
・大型ロボットフレーム
・大容量ジェネレーター
 
新規のものは使用せず、既存の以上の三つの完了を条件とします。
目安としては、アルバトロスが作成できる前後の方なら実装後即作成可能、ということになります。

▽製造時に消費する素材や資源はこちら。

Sランクなだけに素材は優しい方です。
高密度演算制御パーツが初心者の壁となりやすいので、積極的にドロップする常設(5-8Exや3-2Exでの資源ランや4-4Exレベリング)の周回や交換所で交換を進め集めておきましょう。

 

聖所の救世主になるかもな性能

アラクネはSランク重装支援機です。
支援機らしく味方の支援や敵へのデバフに特化しています。
また、新要素として攻撃力やダメージではなくスキル威力を低下させる、なデバフも使用します。
特に立っているだけで標的を付与できるパッシブ2が便利すぎます。

引用:[戦闘員情報 – N2E-888アラクネー – 滅亡前の戦術教本 (swaytwig.com)]

 

フレーバーテキスト紹介

参照:[本国menuwiki]→和訳サイトpapago]

[スキル1:突き通す牙]
“アラクネの牙は、むやみに接近した敵を無慈悲に突き破ります。"
[スキル2:EMP展開]
“アラクネのコイルが明らかになると、もう手遅れです。 EMPに抵抗することも、時間内に効果範囲外に逃げることもできませんからね。"
[パッシブ1:電子戦防護網構築]
“AGSが主力となった戦闘で敵システム網に侵入して無力化する電子戦は軍隊の基本素養となり、アラクネも侵入能力と同じくらい優れた電子戦防御能力を備えています。"
[パッシブ2:防御アルゴリズム改善]
“あるアラクネ個体が敵の攻撃を分析した後、味方のA.I.に侵入して防御アルゴリズムを改善し、敵の攻勢を成功的に防ぎ、これはすなわち正式な教理となりました。"
 

活躍場面紹介

やはりパッシブ2の毎Round付与する保護機への標的付与が強力です。
味方に標的を付与するキャラはメリーがいますが、重装な関係で行動が遅いにも関わらずアクティブスキルなため味方にスキルを使用し続ける必要がありました。
一方、アラクネは立っているだけで標的の付与が可能です。
標的を付与、ということは敵は全て標的対象を狙うように行動するため、保護機が何もしていないにも関わらずアラクネにより"標的"状態となり敵の攻撃全てを敵の攻撃優先度を無視して誘導することができます。
 
パッシブ1の全味方への命中増加、そして攻撃機には攻撃クリ命中デバフをRoundの最初に解除しつつ防御貫通の増加もありがたいです。
スキル2も保護無視で命中解除かつ命中低下かつスキル威力の低下を放つ、とバッファーデバッッファーとして完成されたスキル構成が非常に優秀。
周回はもちろん高難易度の聖所でももちろん採用され活躍の場は多岐に渡ります。
 

変化の聖所2-34オート

ムネモシュネ反撃編成の様子です。
エラは当然氷缶、レアが敵全域を浸水し冷気耐性と電気耐性を低下。
ユミはムネモシュネの射程を伸ばし足りない射程を補い続ける役割と思われます。
ここは敵がフライヤー系かエンペラー編成で、後者がちょっと怖いように思いますが……。
ランダムフライヤー系編成のみを引いてクリアできればいいやな人に強そうです。

参照元

 

変化の聖所2-43オート

スパルダン鉄虫のフリーザー系+サイクロプス編成のランダムがめんどくさい2-43のオートクリア編成です。
アラクネにより標的を付与されたスレイプニールが敵の攻撃全てを自身に誘導し回避しきります。

参照元

 

変化の聖所2区汎用機動編成

ハングルは中破、と書かれています。
右上のブラックハウンドに標的を付与し全ての攻撃を誘導しつつ、上方修正を貰っておりバリア/被ダメ軽減を無視する超火力スキル2が強烈なティアマト、そしてハル子の単体スキル2がブラハが行動する度に協同攻撃でも起動が強みの編成です。
中破面々は総じてブラハからAPブーストを貰っています。
アタッカー面々はマキナから攻撃命中回避ブーストだけでなく軽装重装特攻まで付与されている、と厄介な敵に強いです。
ティアマトは装備次第では10万HPのあるゼネラルなども一撃で粉砕します。
チプティンやスパルダン鉄虫だけはどうにもならない可能性が高いですが、それ以外のサイクロプスやコマンダー、赤ボンバーなどは突破が容易そうな編成です。

参照元

 

変化の聖所2-60低スペック攻略編成

SS+10ばっかりなんてない!方にオススメかもしれません。
編成の強み弱みを理解し苦手な敵は真っ先に落とす、などの知識は必要なものの、これだけの低スペックで2-60攻略はお見事の一言。
動画とにらめっこしながらプレイするお手本付です。

参照元

 

聖所3区汎用フェアリー編成

炎のスパルダン鉄虫、ドライヤーすらリーゼが切り裂く、と紹介されている編成です。
敵の○○ヘッドから付与されている防御貫通率低下はRound経過で減衰するため、ある程度耐久するとアラクネとダフネの付与している防御貫通も合わさってリーゼでぶち抜けるそうです。
強い。
保護されている厄介な敵はドリアードがスキル2でぶち抜く、と。

参照元

参照元2

 

おわりに

今回は、22/06/29に実装予定の新キャラクター、アラクネ(見込み)のネタバレ予習を行いました。

・アラクネは女郎蜘蛛モチーフのAGS。真の姿を隠している
・真の姿ではなんと一部に肉感的なパーツを使用しており、AGSであるにも関わらずピョンテタッチが可能となっているらしい
・AGSなためロボ研究が進んでいれば誰でもいつでも製造可能。素材を集めておきたい
・性能的には初となるパッシブで味方の保護機に標的の付与が可能なSランク重装支援機。周囲味方への命中増加や攻撃機サポートもありがたい
・性質上ノーリンクで運用されていることも多い。高難易度の反撃への備えにフルリンク、周回用にノーリンクがいてもいいのかも

変化の聖所記事はこちら。

未実装キャラ一覧記事はこちら。

未実装スキン一覧記事はこちら。

予習となりましたら幸いです。
Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 

スポンサーリンク