【日本版ラストオリジン】”怒りの狼牙”イベントEv3-2Ex 初心者向けシェード軸安定周回編成例の紹介。EXP12000が獲得可能な最高峰レベリングも可能【22/07/15環境版】

2022年7月15日

スポンサーリンク

はじめに

怒りの狼牙イベントEv3-2Ex用の安定周回編成を紹介します。

“キャラ装備いずれも常設低層+イベント入手のみで構成かつ、装備強化を不要としレベリングのみ“で安定周回を意識したものです。
当ブログでは過去のどんな難しいイベントでも装備強化なしを組み紹介してきました。
今回も全てのExステージを装備強化なしで組める予定です。どうぞお付き合い下さい。
 

ドロップはこちら。

イベント限のポックルや白兎、製造限のユサールや新規のゴルタリオン専用装備がありがたい。周回価値の高いステージ。

そもそも怒り狼牙イベって?と事前予習周回編成の記事はこちら。

何をどれだけ集めたらいいの?に悩む方向けの記事はこちら。

 

大前提:EXは高難易度

「Ex周回できん。周回編成見てもフルリンクやSS+10、それも所持してないものを使用している編成ばっかり。クソゲーやん」

ラストオリジンを始めたばかりの方によく見る発言です。
Exは高難易度扱いなので、難しいのは当然なのです。
そしてラストオリジンは、〇〇がないと周回できない、と言った事態は絶対に発生しません。
安定性の差や周回速度の差などはもちろんありますが、事故(大破し周回が停止する)率を0にする選択肢はほぼ無限にあります。
 
紹介されている編成が見慣れないキャラ装備でLv100、SS装備+10ばかりなのはそれで安定周回できる、という紹介された方なりの"解"の一つだからです。
“1"という"解"を導き出すために1×1と、1÷1と、-1×-1、遠回りして1+1-1など本当に多くの式が存在するようなものです。
 
ことラストオリジンにおいては“事故率を0にする安定周回が可能“の解。
全てのキャラと装備やステと強化値、スキルレベル、配置、敵の持つステスキルや配置。
これらの組み合わせから求められればいいだけです。
 
紹介されている編成はあくまで紹介した方の得た"解"の一つ。
周回可能な編成がそれだけなんてことはありえません。
これを大前提として頭の端に置いて欲しいと思います。
 

Ev3-2Ex初心者向け周回編成例紹介

メリーシェード軸(60/22/45)

怒りの狼牙Ev2-2Exで掘れる絵描き少女メリーをシェードに添えた編成です。
メリーがいれば装備も限りなく少なくすみます。
10時間の安定確認を行っています。

▽このような周回(音なし2倍速)です。

1週キャラドロップ考慮なしで1分42秒。

 

ちょっぴり本気シェード

ロボ研究を進行することで製造できます。

画像クリックでオリジナルサイズ
・フルリンクLv100推奨
・スキルレベル10必須
・ステ振りはクリ率90.6、命中245%確保、攻撃2058確保必須
・フルリンクボーナス出撃費用でOK
・OS枠自由
 (精密OSなど行動力低下のみ厳禁
・SS行動力チップ+0
 (入手:常設3-8初回クリア報酬)
・チップ枠1つは自由
 (攻撃命中行動力の低下するチップは厳禁
 (攻撃チップなどでLv100以下でステ要求値に近道)
・SS補助エネルギーパック+0
 (入手:怒りの狼牙イベント交換所)
・スキル2の優先度変更必須
 (前列配置の今回は射程2のスキル1を封鎖できていない+反撃でスキル1を使用させるため)
 
ー[命中のステについて]
ここEv3-2Exだと、ぱっと見の最大回避は100%のレギオンMk.Ⅱに見えます。
しかし実はレギオンスナイパーがRound開始時に獲得する回避バフ最大+60%(行動時に解除)が2回重なり、基礎25%+60%+60%で145%まで増加しているタイミングがあります。
必中には+100%が必要なため245%が欲しいステ、となります。
 
ー[クリ率について]
シェードはスキルレベル10だとパッシブにより+9.5%のバフを獲得するため、ステ画面で90.5%あれば加算計算で100%を超え確定クリティカルとなります。
 
ー[装備の選択理由と攻撃値について]
シェードが攻撃機、なだけで横にメリーを立たせると攻撃力に+35%、行動力に+30%の大幅ブーストが付与されます。
敵撃破ごとに行動加速するシェードは次々と敵を撃破できてこそ。火力が足りないと残る敵が現れ被弾機会が増加、事故るため最低攻撃力を設定。
どうしても発生する2~3回の被弾の可能性はもはやHPで耐えることにして、メリーの強みの一つ、HP95%以上でバリア/被ダメ軽減無視の付与は捨てます。
厄介な被ダメ軽減持ちは不在な分火力で押し切れるので無問題です。

 

いつものメリーちゃん

怒りの狼牙Ev2-2Ex(当ブログの装備強化なしはこちら)で獲得できます。

画像クリックでオリジナルサイズ
・ノーリンクLv80可能
・スキルレベル10必須
・ステ振りHP極強く推奨
・B~SSダミーホログラム+0
 (入手:怒りの狼牙イベント交換所または製造20/10/20)
・スキル2の優先度変更必須
・画像の好感度200または誓約によるバフ/デバフLv+1の恩恵は不要
 
[ステ装備の選択理由について]
シェードの項目で少し触れている通り、自身の上下に配置された攻撃機なら誰でも攻撃力+35%と行動力+30%を付与します。
今回はシェードに反撃させ時短を狙った関係で前列配置となっている関係でどうしてもWave1で縦3マス攻撃に巻き込まれます。以降のWaveでもたまに1~2回の被弾をする場合があります。
1回だけなら強化値問わずのダミホロで絶対1にできるものの、2回目の被弾が未知数でたまにレギオンスナイパーから重装特攻狙撃を受けている様子なためHP特化ステを推奨しています。
THE少女なメリーちゃんですが本体は横のナノ粒描画キット。れっきとした重装なのもありロボのシェードより防御がだいぶ高いのも限りなく装備を少なくできている理由の一つです。

 

ブラハシェード軸エネパ強化+2版(72/32/64)

鉄板編成のブラハシェードかつペアだとどうあがいても強化なし無理でした。
3人に増やしてもいいんですがほんっとうに微妙な差でしたのでいっそ強化することに。
10時間の安定確認を行っています。

▽このような周回(音なし2倍速)です。

1週キャラドロップ考慮なしで1分49秒。

 

中破シェード

ロボ研究を進行することで製造できます。

画像クリックでオリジナルサイズ
・フルリンクLv100強く推奨
・スキルレベル10必須
・ステ振りはクリ率90.6、命中245%確保、残り攻撃
・フルリンクボーナスで行動力+0.1
・SS突撃OS+0
 (入手:怒りの狼牙Ev2-2Ex、5-8Exなど
・SS行動力チップ+0
 (入手:常設3-8初回クリア報酬)
・S~SS行動力チップ+0
 (SorSS入手:怒りの狼牙イベントEv1-3Ex、S入手4-4Ex
・SS補助エネルギーパック+2↑
 (入手:怒りの狼牙イベント交換所)
・後列配置以外の場合スキル2の優先度変更必須
・中破(HP50%以下)運用必須
 
ー[ステ装備の選択理由について]
メリーと比較して中破してブラハブーストを受けてもなお手数が足りない関係で行動力装備ましましになっています。
行動力、AP関係いずれも不足すると基本ブラハが落とされて事故るほどシビアなため絶対に上記以下で運用しないで下さい。
これまでの運用と異なり、フルリンクボーナスの行動力+0.1も込みで行動力調整をしています。若干コストが増えるものの、こうでもしないとシェードが保護無視で何百週に1回ペースでいずれ落とされます。
じゃあメリーでよくね?なところはブラハが保護できる保護機以外の育成枠を追加できる、のメリットがあります。
毎回育成枠から行動力やAPバフを付与できるなら、フルリンクボーナスの行動力+0.1を外してもいいと思われます。

中破のさせ方記事はこちら。

 

いつものブラックハウンド

怒りの狼牙Ev1-2Ex、常設4-8、常設4-4Exなどで獲得できます。

画像クリックでオリジナルサイズ
・フルリンクLv90以上必須
・フルリンクボーナスはコスト減
・スキルレベル10強く推奨
・ステ振り回避極
 
ー[ステ装備の選択理由について]
ここEv3-2Exの完全回避はレギオンMk.Ⅱの基礎440%かつ、同レギオンMk.Ⅱの確率デバフ-40%の480%です。
シェードが行動前に潰せたら、と思うもののどうしても残る場合があるため回避を諦めています。
こんな数値装備強化なしだとどうあがいても無理なので、もはやフルリンクの恩恵であるHP増加を利用し体力で耐えます。
逆に装備強化次第で回避480%到達できるならノーリンクでも問題ないことになります。
装備なしでも回避ステ振りさえしているなら、最も被弾したくない攻撃(命中195%)は避けられるため何も装備していません。

 

EXP12000の最高峰レベリングが可能(保護機以外最大3枠)

ブラックハウンドの保護範囲は、スキルレベル10だと全域となります。
保護するのは保護機以外……つまり、軽装支援機、軽装攻撃機、機動支援機、機動保護機、重装支援機、重装攻撃機の6タイプです。
配置に関しては巻き込まれ対策です。
シェードの攻撃範囲の関係で、どうしても攻撃を許してしまうエネミーの中には縦3マス攻撃や十字範囲攻撃持ちが含まれています。
空白を狙って攻撃したりはしないため、ブラハが保護することで安全にレベリングが可能です。
 
※注意点
ただし、攻撃に標的付与持ち(スキル優先度変更で変更推奨)や敵全域に開幕からデバフを与えるタイプは控えた方が無難です。
Wave4で最後に残ることがあるセチュリオンチプティンはデバフを受けていると反撃を行うため、コイツに育成枠が手を出し耐えられると反撃され落とされる可能性が高いです。
具体的には、ニッキートレーシーや天空のエラ、アルマン枢機卿、ティアマト、グラシアスなどはこの編成でレベリングは控えた方がいいでしょう。
 
※注意点その2(22/07/20追記)
Wave4で最後に残る場合があるフルアーマービッグチックシールダーは、5回被弾し防御/行動力バフが5溜まった状態でRoundを迎えると戦闘続行が起動かつ被ダメ最小化にもなります。
こうなってしまうともはや手動で対処するか強化解除などの専用の対策が必要なため、攻撃しないよう出力安定回路を装備し行動力を下げたり後列配置して強襲OSを装備して攻撃参加させなくしたり、と工夫が必要なことは留意しておきたいところです。
 

中級者以上向けシェードソロ(改良型出力制限解除装置 使用)

配置とコストです。ソロなので軽いです。
1週1分50秒ほど(基本スキンの場合。死神スキンの場合時短)で安定して周回可能です。
相変わらず敵の攻撃を微妙に許すため、育成枠を添えるのは想定していません。

改良型出力制限解除装置はアルタリウム(オルタリウム?)1000個と交換可能です。
既存の出力制限解除装置の完全上位互換ですので、変化の聖所を攻略し貯めて優先的に交換しておくことで重宝するでしょう。
 

Ev3-2Exの簡易的解説と攻略要点

敵編成は以下のようになっています。
コンセプトが見つけられずただの寄せ集め編成にしか見えません……。
難易度としてはEv1-1Exの次に簡単なレベルかと思われます。

Wave1Wave2Wave3Wave4

手間削減と記事更新のモチベ維持のためステスキル詳細のスクショ抜粋は取りやめています。
個別で敵のステスキル詳細を知りたい方はデータサイト[滅亡前の戦術教本]を閲覧下さい。
 

Wave1

妨害特化鉄虫かつ開幕全域にAP+2のナイトチックディレクターAA、開幕に上下の味方の初手AP+1のレギオンMk.Ⅱが出現しているため先手を非常に取りにくいです。
具体的には2回行動力加算をした時点で11.2という最速具合。
これは行動力5.51相当だと言えばいかに速いか伝わるでしょう。
 
ディレクターAAが開幕で保護無視の縦3マスの命中-30%、クリ-10%デバフ攻撃を放つため中破運用組はこれに被弾しているようだといずれ事故ることになります。
周囲の命中増加をするディレクターAA、こちら全域の回避を下げることがあるレギオンMk.Ⅱがいる関係で回避盾はかなり相性が悪いです。しかし耐久型はフルアーマービッグチックに被弾すると痛いため、最低回避195%は用意できて高HPや被ダメ軽減を持つ回避盾が有効、と分かります。
 

Wave2

何がしたいかよく分からない編成です。完全回避は480%。
レギオン系は総じて基本的に開幕は準備行動と決まっていますし、フルアーマービッグチックシールダーも最初はスキル2の列/行保護+被ダメ軽減フィールド展開で確定と全体的にトロいです。
レギオンスナイパーはこちらが回避低下状態だと重装特攻かつ防御貫通の痛い攻撃を放ちます……が、Wave1対策ができているなら苦戦はしないでしょう。
 

Wave3

やっぱり何がしたいかよく分からないかつ、トロい敵が多いです。
強いていえば耐久編成で挑むとレギオンMk.Ⅱにハチの巣にされたり後方の保護無視時差着弾マンモスに打ち抜かれて怖いくらいでしょうか……。
特殊なギミックや突出した耐性持ちも不在なため、速攻で何かしらの範囲攻撃をぶち込むだけで容易に突破できるでしょう。
 

Wave4

ここだけガチです。
軽装回避盾絶対殺すマンのナイトチックディテクターGが出現しつつ、レギオンMk.Ⅱの上下味方開幕AP+1で仲間を加速、準備行動→支援攻撃で命中480相当で連続で攻撃が飛んできます。
ディテクターGが存在し続ける限り全体の攻撃はバリア/被ダメ軽減無視化するため純粋な防御以外では受けられません。
純粋な防御以外では、の割に防御貫通所持のレギオンスナイパーがいるためチンタラ耐久しつつちまちま処理していると地獄を見ます。
やっぱり特殊なギミックや突出した耐性持ちが不在なため、回避や防御、というより速攻で何かしらの範囲攻撃をぶち込み続けることが攻略と安定の鍵と言えそうです。
 

おわりに:イベント終了は22/07/27

怒りの狼牙イベントEv3-2Exでの周回編成例を紹介しました。

EXP12000超うめぇ!

見て下さいこの獲得経験値。Wave1をクリアしただけでこれです。4Wave構成の今回は、この数値が4回入るわけですね…!
ラストオリジンの3部構成イベントは、総じて3部は何かしらが美味しいことが多いです。
今回のEv3-2Exもボーナスステージのようなものなので、色んな編成で周回ができることでしょう。

3部開放中かつイベント終了とEXPブーストUP終了の期間が重なっているのもあり、ここEv3-2Exは1週するだけで18000のEXPが入手できることになります。
18000となると常設最深部の8-2Exである装備強化複数必須クラス。破格も破格超破格、と言えるでしょう。
この記事投稿時点からイベント終了の7/27のAM9:00まで残り実質11日ぜひ有効活用し育成を進め、今後の攻略や周回に役立てましょう。

当ブログで扱っている装備強化なしEx周回記事群はこちら。

・Ev3-1Ex(順次更新予定)
・Ev3-2Ex(ここ)
 
参考になりましたら幸いです。
Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク