【日本版ラストオリジン】儚き記憶は友と共に Ev2-1EX スパトイア軸で3分安定周回。無敵の龍も装備強化も不要【比較的新規向け21/09/21版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

儚き記憶は友と共に Ev2-1EX 装備強化無し安定周回例
・スパトイアゲー楽しい
・お供は添えるだけ
・安定周回できている理由の徹底解説

はじめに

イベント"儚き記憶は友と共に"の攻略、進んでいるでしょうか。
今回紹介するのはEv2-4で獲得できるスパトイアをメインとした周回です。
SSキャラクターばかりしか所持していない被ダメ軽減無視をSで行える希少なキャラだったりします。
 
このような周回(2倍速)です。最悪手引いて一周3分。
12時間の安定確認をしています。
ただステージ難易度がかなり高く装備強化なしとなると本当に安定に苦労しました…。
仕様的な話がいくつも出るので、よく分からなければ画像の完コピを目指して欲しいと思います。
行動の度に横1列の敵を全てなぎ倒していく姿が爽快なスパトイアが見えるでしょうか。

見れない方向けYouTubeはこちら

その他の編成につきましてはそのまま運用できる本国版編成紹介記事を参照下さい。

 

ステージ概要

各種イベント限定ドロップのセラピアス・アリスと常設難所7-8ドロップのロイヤル・アーセナルの2人に新キャラのドリアード新装備の機動重装OSが獲得できます。
SSの2人はどちらもセックスアピールが強いキャラですし踏まれたい司令官は多いのではないでしょうか。

アーセナルはフルリンクはもちろん、ノーリンク適正もあるので7人集めるのもアリです。
筆者はフルリンク一人ですがお好みでいいです。
新装備の機動重装OSは複合特攻OSの中で最も出番がないと思います……。
最低1つ、万が一に備えて2つあるといいかな、と言った所。

 

敵編成

対策取りにくいエネミー目白押しです。

Wave1Wave2Wave3Wave4

 

敵詳細と対策

出現するステージ内で最高Lvのステを表示しています。
緑字はステ増加値または増加後の数値です。
 
ステ画面は記事ごとに撮りなおしてますがスキルダメージは参考程度に閲覧下さい。
正確な数値は参照:[儚き記憶は友と共に 2区 – 鉄虫 マップ]より各々で確認をお願いします。
全エネミー別の全Lvごとのスキルダメージ画像を撮れとか狂気の沙汰です

ファランクスH

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
3Round目まで(左:防御大幅↑命中↓)
4Round目から(右:命中↑防御貫通↑再攻撃獲得、防御↓)
と性能が変化します。

今回の場合特に怖いことがないです。

 

テストゥド(注意)

もはやイベントEXお馴染みクソエネミーです。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2情報
[概要]
・機動優先気味のランダム攻撃AI?
・HP25~33%程度まで低下でスキル2を使用
・出現した瞬間から自身の列と後ろの列に3Round被ダメ軽減45%バフを付与する為3Roud経過するまで予ダメが半減近くまで下げられる
・スキル2使用後は反撃状態かつバリア9000獲得
・自分以外が5体倒れた状態でRoundを迎えると発狂し機動殺しマシーンと化す
[対策]
・最優先撃破推奨。アタッカーの攻撃をテストゥドのいる列に絞ることで自然に保護し真っ先に撃破しやすい
・反撃は保護もできないが反撃解除や強化解除で無力化可能
・被ダメ軽減無視攻撃を使用し貫通が有効
・もちろん被ダメ軽減の上から火力でごり押しも有効
・発狂さえさせなければ攻撃力はゴミな為バリアで防ごうと思えば防げる

 

チッククォーターマスターSK

やぁ。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
[概要]
・存在するだけで周囲への強化を行うサポーター
・スキル2で自身と十字味方強化(命中+50%含)→恐らく強化が切れるまでスキル1で攻撃のループ
・毎Round周囲味方へ行動力+20%を付与している(5体以上時)為味方の行動が早くなりがちで先手を取りにくい
・味方が多いほど被ダメ軽減率が高くなるパッシブを所持。自分だけになると被ダメ軽減40%獲得としぶとい
・そのくせ4Round目になると自己強化を行い防御貫通、クリ増加、命中+30%とちょっと怖くなる
[対策]
・行動力確保やAP付与キャラを編成し先手を取る
・純粋に高火力でぶん殴る
・被ダメージ軽減無視を所持するキャラで被ダメ軽減効果を無力化する
・強化解除攻撃で被ダメ軽減無視バフを解除しつつ攻撃を与える
 

チックスナイパー(注意)

初心者殺しエネミーです。

スキル1スキル2パッシブ1情報
[概要]
・後列優先AI
・スキル2で自己バフ獲得→自己バフ獲得中スキル1保護無視狙撃のループだが瀕死時はスキル1を優先することがある
・スキル2使用後の次のRoundだけ被撃時反撃
・地味に回避が高い。自己バフ獲得により105まで増加する
[対策]
・後列に囮のみを配置し受けるか避けるかする
・……が今回の場合後述するチックコマンダーのバフにより凶悪化しておりコマンダーを早々に倒せない場合ほぼ回避一択
・自己バフ獲得には被ダメ+25%も入っておりぺらいが、今回の場合テストゥドがいる関係上そこまでぺらくなくなっている。
 耐えられると反撃の危険がある為火力が重要

 

チックコマンダー(要注意)

コマンダー(指揮官)なだけあり非常に厄介です。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
[概要]
・存在するだけで自身の周囲8マスに毎Round復活バフ(1回HP100)を付与する。取り巻きは1Roundに1回の攻撃では絶対に退場させられない
・最優先撃破推奨
・復活しても1死亡扱い。10カウントまで到達すると発狂しスキル2の9マス攻撃を使用する
・デバフがほぼ(80%耐性)通らない
・復活バフと共にバリア/被ダメージ軽減無視+防御貫通30%を付与することもある
[対策]
・とにかく速攻でお帰り願いたい
・復活バフは1Round制限を毎Roundかけ直しているだけの為、早々に撃破できれば次のRoundからは復活バフはない
・高範囲攻撃を連続で打ち込みで巻き込んでしまうのが吉。単体攻撃キャラばかりや9マス単発攻撃のみでは相性が悪い
・復活してもHPは100。持続ダメ付与の割合次第では復活後即持続ダメで倒すことも可能
・早々に退場させられない場合取り巻きの攻撃は基本受けられないと思った方がよい
 

マンモス(注意)

シンプルに強いです。

スキル1スキル2パッシブ1情報
[概要]
・いつものマンモスだが純粋に攻撃力が高く被弾すると超痛い
・軽装優先AI
・後列時スキル2の保護無視十字攻撃、中列前列でこちらに前列配置の場合スキル1の縦3マス攻撃を使用
・バリア/被ダメージ軽減無視
[対策]
・軽装1のみかつ回避盾を一人編成することで攻撃誘導が可能。命中は低い
・初動が遅い為遅延をかけたり速攻を仕掛ける
 

周回編成紹介

中破メイ、ブラックハウンドによる中破ブーストを用いたスパトイア軸編成です。

中破メイは周囲8マスの味方の行動を加速させます。
ブラックハウンドは中破(HP50%以下)の味方の行動を加速させます。
この二人の行動加速にさらにテティスも添えて各種ステ補助でステの底上げを行うことで装備未強化でも毎Roundスパトイアが行動かつ火力も出せています。
アルマンはブラックハウンドとスパトイアの二人のサポートをしています。
 

配置とコスト(100/157/125)

SSのアルマンと中破メイはノーリンクですが、残りのSの3人がフルリンクな為重いです。
これでも頑張って抑えた方です…。

 

スパトイア

Ev2-4で獲得できます。
中破運用必須。
彼女(俺っ娘ですが)が行動の度に敵を全て薙ぎ払うことができます。

・フルリンク必須
・中破必須
・フルリンクボーナスは消費資源-25%
 (スキル威力+15%を選択または重装OSの強化次第ではLv100以下も可能)
・ステは命中144.5、クリ77.6、残り攻撃、行動力3.95ほぼ必須
・SS行動力チップ+0(入手:常設3-8初回クリア報酬)
・SS行動力チップ+0(入手:Ev1-1EX)
・SS対重装OS+0(入手:常設4-3EX初回クリア報酬)
・行動力またはAP増加の補助装備追加非推奨
・スキルレベル10必須
 
画像は最適化されています。
スパトイアはクリが出ると被ダメ軽減を解除する攻撃をメインで使用します。
クリ発生→被ダメ軽減解除→被ダメ発生という仕様の為、にっくきテストゥドなど被ダメ軽減持ちを紙にできます。
ステに関しては自己バフ、テティスのバフで必要値に達しています。
特に命中に関しては妥協するとスナイパーに回避→反撃の流れで中破ラインでHPが全回復しないにも関わらずじわじわ減らされてそのうち大破させられ周回が停止します。
行動力に関しては3.95ならなんでもいいと思います。
もし他の装備(S+2など)で代用する場合は、後述するメイと開幕のRoundに一緒に行動できるか否かを判断基準にして下さい。
一緒に行動できないと事故ります。
理由はメイの項目で解説します。

▽キー(鍵)スキル

[スキル1:シューティングスター]
保護無視かつクリだと被ダメ減少解除かつ予ダメ3割増と強いことしか書いていないスキルです。
横3マス攻撃も魅力的で、多くの敵を巻き込んで狙う性質の関係で今回の場合中央に横3マスに並んでいるWave2以降のテストゥドとチックコマンダーを一番最初に必ず打ち抜くことができます。
 
[パッシブ1:観測データ受信]
Round開始時、の為仮に自分が行動できなくても自己バフを獲得します。
最初の攻撃が重要でない場合は2回分をカウントし必要値に到達も手です。
今回の場合開幕でチックコマンダーを打ち抜きたい為1Round目の数値のみでクリ100到達を目指してステ振りしています。
 
と、このようにポテンシャルは高いんですが重装攻撃機なのがとにかくネック。
今回は中破メイとブラックハウンドの中破ボーナスを受ける為中破運用することでAPを毎回付与してもらい毎Round行動できています。
 

ノーリンク中破メイ

イベント交換所で入手できます。
今回の場合中破運用が必須です。
理由はブラックハウンドの項目で解説します。

・ノーリンク可能
・スキルレベル10必須
・好感度200は不要
・中破運用必須
・ステは防御251↑、クリ70.1、命中163確保必須
・S防御チップ+0(入手:Ev1-3)
・S防御チップ+0(入手:Ev1-3)
・SS機動軽装OS+0(入手:Ev1-6)
・SSバリア+0(入手:21/09/23 18:00にメールボックスに届くキャンペーン物資)
・スキルレベル10必須
 
画像は最適化されています。
役割としては周囲の行動加速、テティスとブラックハウンドの強化、そして重要なコマンダーと置き土産の爆撃役です。
スパトイア同様横1列攻撃を使用するので、スパトイアが打ち漏らしたコマンダーやコマンダーの付与したHP100で復活した雑魚を追撃し焼き払います。
ラストオリジンの仕様的な話なんですが、同一Roundに同じ攻撃範囲持ちが攻撃する場合で全滅させ損なった時、他に多く巻き込める敵がいようと残った敵に対し追撃するように攻撃するそうです。
この仕様によりWave3、Wave4の横1列に3体並んでいるコマンダーとその取り巻きをメイとスパトイアが必ず1Round目に復活バフ込みで倒しきります。
ステ振りに関しては特殊です。
クリと命中に関してはテティスのバフこみで必要値に到達するよう調整されています。
防御に関してですが、敵選択と行動順の関係で、Wave1のテストゥドから1回だけ反撃を受けてしまうパターンが低確率で発生します。
テストゥドの攻撃力がゴミなのを利用して防御とバリアで受けてしまおうという算段です
バリアでダメージを防ぎきれた場合なら被弾してもHPは減りません。
2%の確率でテストゥドがクリを出したとしても、スキルダメージとしては450。
メイの防御が251を超えた状態でSSバリア+0(200まで肩代わり)を装備している今回は未発狂状態のテストゥドならばメイの防御+バリアの451>テストゥドの最大予ダメ450となり中破状態で被弾してもHPが減らない、という状況を作れるわけです。
逆にアルマンとスパトイア以外の味方の火力を盛りすぎることと、アルマンとメイの行動力を稼ぎすぎた場合発狂したテストゥドに打ち抜かれる可能性が発生するかもしれません。
要注意。

▽以下の場合の話。前のRoundでテストゥドは反撃適用状態。スパトイアが攻撃するまでの前3人は反撃を受けることになる。アルマンの装備強化による攻撃力増加値またはSS軽装OS+0装備状態次第では前のRoundで削りきれている

▽キー(鍵)スキル

メイは中破していると周囲8マスの行動加速を行います。
基本被弾できなくなるという明確な弱点こそありますが、使いこなせれば高速周回が可能です。
また、メイの使用する攻撃は横1列かつ防御貫通攻撃です。
今回のようにノーリンクかつ防御寄りなんて中途半端でも、HP100だけ残ったコマンダーの置き土産くらい爆破は容易です。

中破のさせ方記事はこちら。

レッドフードなら同イベントのEv2-5で拾えます。

Ev2-5の記事はこちら。

 

ブラックハウンド

常設4-8または4-4EXで獲得できます。
中破した上記二人にAPを付与し行動を促進しつつ囮になりつつ、全域の味方を保護しています。
後列に一人配置されていることでチックスナイパーの後列優先攻撃を一身に引き受けかつ全て回避します。

・フルリンク推奨
・フルリンクボーナスは出撃費用-でOK
 回避+20%ならLv100以下でも運用可能だが消費資源が増える
・ステは回避極
・S回避チップ+0(入手:Ev2-2)
・S回避チップ+0(入手:Ev2-2)
・SS標準OS+0(入手:常設3-1EX)
・補助装備に行動増加装備非推奨
・スキルレベル10で全域保護機化必須
 
画像は最適化されています。
Lvに関しては特に指定しません。が、回避が足りているか否かが絶対条件です。
今回のブラックハウンドはチックスナイパーの攻撃を避けれるか否かが鍵です。
試したことはないですが計算上2、3回クリを受けると中破すると思います。
チックスナイパーの命中は380ですが、火力次第では横のチッククォーターマスターSKの行動後だと命中バフ+50により430まで増加し攻撃してくるタイミングがあります。
今回はアルマンがいるので、敵の命中は-14.5%が遭遇した瞬間に付与され完全回避ラインは415.5まで低下します。
がこの415.5到達はかなりきつい。
上記装備のブラハだとこのような計算となり395.5まで増加します。
190+14+90+45+42+14.5=395.5
(基礎+SS標準OS未強化+パッシブ1+パッシブ1攻撃値+フルリンクボーナスバフ/デバフLv+2のテティスのバフ+アルマンの回避増加バフ)
20%足りていない分はフルリンクボーナスの回避+20%で到達できるんですが、一晩と4時間放置して事故らなかったのでまぁいいやの精神です。
ブラハとテティスが配置上前列しか攻撃できないのと、この最大命中のチックスナイパーが基本的に前列配置かつ準備行動→狙撃の行動ルーチンな関係で狙撃前に落とせることが多い様子です。
今回の編成を完コピすると狙撃チャンスを与えても1回っぽいので、仮に被弾しても中破していないみたいです。
逆に一回の攻撃で瀕死にできてしまった場合準備行動なし狙撃することがあるので、ブラハはともかくテティスの攻撃力を上げすぎると事故るかもしれません。
その場合フルリンクボーナスで回避+20%を選択して下さい。
消費資源が重くなりますが事故るよりマシです。

▽キー(鍵)スキル

[パッシブ1:緊急護衛]
スキルレベル10だと全域の保護機以外を指定保護します。
保護対象は1体に限られるとはいえ、保護対象が広すぎます。
さらにHPが半分以下の場合毎Round開始時にAPを+1.45付与します。
今回の場合メイと共に中破スパトイアにAP+2.9を毎Round付与していることになります。
SSエネルギーパック+10の約3つ分の効果と言えば凄さが伝わるでしょうか。
 
[パッシブ2:VIFF機動]
基本+90、攻撃命中時半分獲得、というスキルです。
ブラックハウンドは機動かつ行動力も高めな為だいたいの場合真っ先に行動します。
さらにスキル1には命中補正効果もある為、ステ画面だと125しかありませんが攻撃時は+90%され215%まで増加しここEv2-1EXの必中値到達、回避+135%状態になります。
ちなみにVectoring In Forward Flightの略です。航空軍用語です。

 

テティス

Ev-6で入手できます。
いつもの重要な役割の哨戒役です。かわいい。

・フルリンク必須
・フルリンクボーナスにバフ/デバフLv+2必須
・ステは命中158、クリ70.1、残り攻撃
・SS偵察ドローン+0(入手:常設4-4初回クリア報酬)
・S攻撃チップ+0(入手:Ev1-1)
・S攻撃チップ+0(入手:Ev1-1)
・SS強襲(射程減)OS+0(入手:Ev1-7)
・スキルレベル10必須
 
画像は最適化されています。
今回も偵察装備を装着し補助モードへとなっていることでパッシブを大幅強化し特定範囲の味方にバフを振りまき必要値への達成を促してくれています。
ステに関しては補助モードでの自己バフとメイのパッシブによりクリ100、同様に自己バフで命中236まで増加します。
しかしスキル1は命中-30%補正がついており命中206まで落ちますがここEv2-1EXの必中値205には足りているので敵に避けられたりはしません。
SS攻撃チップを所持していたり装備強化次第ではLv90~でも運用可能だと思います。
キモは射程減OSを装備していること。
今回の配置では中列な為、テティスは基本的に前列しか攻撃できません。
前列に居座っている鬱陶しいテストゥドをガリガリ削ったり、敵の前列が全滅していれば射程が長く威力の高いスキル2を使用する為周回速度と安定化に貢献してくれています。

キースキル1

テティスと言ったら、なスキル。

上記いずれかを装備した場合、回避増加だけのパッシブに追加要素が適用されます。
今回はこのいずれかの装備を装着することでメイとブラハ、スパトイアに自分自身にも補助を適用しています。

キースキル2

補助モード状態かつフルリンクボーナスでバフ/デバフLv+2選択状態だとクリ+15.5%、命中+42%、回避+42%、行動力+15.5%を加算する、という割と壊れ性能です。

非常に広い範囲にも注目。

▽その他の装備で性能が変化するキャラはこちら。

 

ノーリンクアルマン

テティスの下からブラハには回避バフを、スパトイアには攻撃バフと軽装特攻を付与しています。

・ノーリンクでOK
・スキルレベル10でパッシブ範囲の拡大必須
・ステはクリ100、命中205確保、残り攻撃
・S攻撃チップ(入手:Ev1-1)
・SS偵察ドローン+0(入手:ランパートLv30で解放の外伝クリア報酬)
・SS機動軽装OS(入手:Ev2-6)
・S攻撃チップ(入手:Ev1-1)
 
今回唯一画像が最適化されていないアルマンです。初期化モジュール死にました。
命中は205あればいいので偵察ドローン装備分超過しています。
クリ100と攻撃値が重要です。
クリの理由は後述します。攻撃値は高ければ高いほど今回の編成で最悪手引いた時最も事故を招きやすいWave1のテストゥドを削りきれる可能性が高くなります。
偵察ドローンに関してはあってもなくても事故率に直結しているのか正直よく分かりませんが、今回は装備状態で安定確認を行いました。

▽キー(鍵)スキル1

[スキル1:懲罰]
クリティカルだと強化効果をごっそり剥がすことのできるスキルです。
テストゥドの反撃だろうが被ダメ軽減だろうがバリアだろうが全部です。
標的を付与してしまうのが地味に厄介で、これを付与された敵めがけて味方が総攻撃してしまいます。
場合によっては厄介なエネミーを放置してしまったり逆に発狂させたりするので使いどころを選びます。
 
[パッシブ3:予知]
遭遇した瞬間敵全域をデバフの渦に巻き込みます。
偵察状態だとさらに被ダメ増加のデバフも付与します。
自前で偵察も獲得しますが2Wave目からなので、1Wave目から適用したいなら偵察装備を装着している必要があります。

▽キー(鍵)スキル2

[パッシブ1:攻撃隊指揮]
自身の周囲8マスにいる攻撃機限定ではありますが、攻撃力増加と装備した対タイプ特攻を付与できます。
つまり今回のように軽装機動OSを装備している場合、軽装と機動2つの特攻を付与していることになります。
ここEv2-1EXの場合厄介なのは軽装と重装なので本当は軽装重装OSが理想なんですが、入手はEv2-2EXと一個先なのであえて除外しました。
 
[パッシブ2:警護隊指揮]
自身の周囲8マスにいる保護機にバフを付与します。
今回の場合ブラックハウンドの回避を増加させかつ被ダメ軽減を付与しうっかりチックスナイパーに打ち抜かれても中破ラインへの到達を遠ざけてくれています。

 

おわりに

今回は、儚き記憶は友と共に Ev2-1EXの装備強化なし編成を紹介と解説を行いました。

・敵編成がかなり鬼畜。龍編成でも一筋縄ではいかない
・テストゥドとチックコマンダー、チックスナイパーの対処が鍵
・それだけに常設イベント縛りかつ装備強化なしの敷居がとんでもなく高くなってしまった
・が敵の強み味方の強みを理解すれば安定周回は可能

と、いう記事でした。

比較的新規さん向けに、と編み出したものの内容が上級者向けすぎて誰得になってしまった感……!
初級者さんは説明はほーんとでも思って貰って、ステ画像の必須だけ真似てもらって周回してもらえたらと思います。
手の空いた時やよりラスオリを知りたくなった時、編成を組みたくなった時読み返してもらえたらそれでいいかなと。
参考になりましたら幸いです。
一人でも多くの新米ユーザーさんがドリアードやアーセナル、アリスをお迎えできますように。
 
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク