【日本版ラストオリジン】ニンフのA→Sの昇級はちょっとオススメ。理由を解説【21/10/03版】

2021年10月7日

スポンサーリンク

この記事で分かること

・元々のニンフ自身の強みについて
・S昇級の恩恵について
・S昇級ニンフの活躍場面

はじめに:ニンフのS昇級オススメ度は"ちょっと"

ニンフの昇級は21/10/03現在、"ちょっと"クラスだと見ています。

あくまで筆者ことZelarnyの個人の独断と偏見であり、育成状況や編成次第ではちょっとではないかもしれません。
あくまで参考程度に閲覧下さい。
※当記事で紹介しているニンフはフルリンクボーナスなし、スキルレベル10の数値です。
 

元々のニンフの強みについて

ニンフは所謂支援攻撃キャラクターなわけですが、特に個性的なのはこちらのパッシブ1です。

戦闘開始時に自身の前の味方にAP+2.4を付与します。

戦闘開始時、とはWave開始時(敵陣遭遇時)を意味しています。
4Waveのステージだったら4回の敵陣遭遇毎にAPを付与し行動を加速させてくれるありがたいスキルな訳ですね。
 
特筆すべきはAP+2.4という数字。
こちらの記事では詳しくは割愛しますが、このAPは行動力だと思ってくれていいです。
つまり開幕に限り、行動力2.4をそのまま足します。

 

運用例1:レモネードアバターから先手を奪取

イベント"儚き記憶は友と共に" Ev2-5で初心者を殺したレモネードアバター(行動力10)に対しAP獲得と行動力盛り盛り編成で1Round目から先手を取るの図

行動力に乗算される行動力バフと比べAPは所持APを直接加算します
ニンフ一人だけでできているわけではありませんが、ラスオリの行動順の仕様をある程度分かってきた方ならこれがいかに異常か一目で分かります。

儚き記憶は友と共にEv2-5 1分周回編成へのリンクはこちらの一番上です。

 

運用例2:無敵の龍開幕砲撃サポート

無敵の龍を運用している方ならお馴染み、開幕待機→先手9マス砲撃ですが敵編成によっては先手を取れず攻撃の機会を許してしまう場合があります。
その際、開幕AP付与キャラを添えることで解決したりします。
本題の前にまずこちらを解説します。

こちらはイベント"儚き記憶は友と共に"Ev2-2EXの龍編成なんですが、敵編成が嫌がらせレベルで厄介です。

特に龍の行動順の次にいるナイトチックディレクターAAは戦闘開始時に自身を含めた周囲9マスにAP+2を付与する特性があります。
これは無敵の龍のスキル2と同じAP付与量です。
これをパッシブで行動無しに付与なんですから味方だったら壊れもいいところです。
こちらにより我々編成組む人間としてはコイツの顔を見た瞬間「うげっ」となります。
 
・「AP付与キャラや行動力サポートキャラを随伴させ先手奪取ゲーする」
・「敵の先手を許しデバフを被弾した前提のステ振りや装備を選択する」
の2択になるわけですからたまったもんじゃありません。

前置きが長くなりましたが、このように敵編成によっては先手奪取が難しい際に活躍するのがニンフなどの"開幕AP付与キャラクター"な訳です。

「敵がAP付与して加速してくるならこちらも加速してしまおう」

というわけです。
実際にこちらのニンフ添え龍編成は先手奪取が難しいステージの解の一つとして定番なところがあります。
龍編成を使用しているうちはニンフが有用だ、と頭の端に置いておくといいでしょう。
 

実際にこちらの効果を使用し高速周回している龍編成はこちらの上2つです。

そもそもの土台の無敵の龍マリア編成の記事はこちら

 

S獲得スキル"待ち伏せ支援"の強みについて

極地(極寒の地)用に制作されたバイオロイドらしいスキルです。

全キャラでも珍しい味方に反撃を付与するスキルを獲得します。
こちらにより、軽装か重装の味方に回避や被ダメ軽減を付与し耐久性を増加させつつ反撃を行わさせることが可能です。
 
また、自身と自身の前の攻撃支援対象に攻撃力とクリティカルバフを付与もします。
こちらにより前方キャラを強化するため、確殺ラインを上げることができます。
前方のキャラが仕留め損ねても支援攻撃を行い、追撃で倒すことも可能です。
ニンフ本体の攻撃性能は控えめですが、どうしてもミリ残ししてしまう場合などステが足りない時に役立つときがあります。
 

運用例:常設7-8 ニンフ反撃軸1分30秒高速周回

あの遅い強い硬いタイラントがひたすら噛みついて鉄虫を葬り去っていきます。
反撃にAP消費はありません。
本来はAP消費9のタイラントバイトも連発して文字通り暴君の如く食い散らかしていきます。
21/10/03の日本版で再現する場合、タイラントの装備しているリミッター解除装置が上方修正前と見られる為動画通りの行動順となるようアザゼルの行動力調整が必要です。

※音が出ます。ご注意下さい。

動画内容解説

ニンフ
活躍は今回の記事通りです。
開幕AP付与によりタイラントの先手奪取を促し、かつ攻撃支援を行う為微妙に残ったネストにとどめを刺しています。
確殺ライン向上の為か約束の花束を10本渡し好感度200になりバフ/デバフLv+1を獲得、スキルレベル11相当となりバフと反撃倍率を増加させています。
 
 タイラント
攻撃時に自身に標的を付与する"自己標的"をニンフの開幕AP付与により最速獲得し敵の攻撃を自身に誘導し他の面々を事実上保護かつ反撃しています。
重装攻撃機ならではの遅い硬い強いでの圧倒的ステの暴力をもちながら反撃で"遅い"を解消しているのですから手が付けられません。
 
アザゼル
放射状の標的付き範囲攻撃をメインで使用します。
これをタイラント行動前に使用することで、標的(攻撃誘導効果)によりタイラントの単体攻撃を誘導してたりしています。
今回の7-8の場合ネストと後ろ2体がちょうどこの放射状の範囲に配置されている為、範囲攻撃は多くの敵を巻き込むAI上アザゼルは必ずこの範囲しか攻撃しません。
タイラントの噛みつきは射程が2しかない為、3体に標的が付与されていても一番手前のネストしか噛みつけません。
 
 アルマン枢機卿
いつもの補佐役です。
ニンフとタイラントに機動特攻と攻撃力バフを付与しつつ、敵全域をデバフの渦に飲み込み弱体化させ予ダメを伸ばしています。
今回の場合アルマンの使用する標的付与付き単体強化解除攻撃はタイラントがアザゼルかアルマンの標的どっちを狙っていいか困ってしまうので、事実上封印させる為出力安定回路こと行動力-0.1チップを2枚装備してじっとさせています。

このように各々のスキルや配置、ステージ特性が噛み合うとこんな面白い周回ができたりします。

 

おわりに

今回は、ニンフの昇級オススメ度はちょっと、を紹介しました。

・パッシブ1の開幕AP付与+2.4は全キャラでも最大レベルに高く先手奪取に有用。攻撃支援もありがたい
・S昇級スキルでは全キャラでも珍しい反撃付与が可能。自身と支援味方の攻撃クリバフもありがたい。確殺ラインがあがる
・攻撃性能自体は低い性質上ノーリンク運用もあり。支援攻撃も活かすフルリンクとAPとバフ参加のノーリンクのS昇級二人目の用意もありかもしれない
・大きな活躍の機会が速攻編成や反撃編成とそれほど広くはない関係上昇級超オススメ!とはいいがたいが意識的に昇級させたいキャラクター

と、いう記事でした。

実際龍編成例を見るに、Aのままなことも多いです。
Sだとより時短や消費資源の削減を狙える感じ。
 
筆者はSニンフを用いてイベント"妖精の村のアリア"と"儚き記憶は友と共に"のEX高難易度を周回しました。
追撃いらずで砲撃のみで終わる場合が多いので周回速度を稼ぎやすくSSドロップ集めが捗りました。
あの妖精村Ev2-3EXでのセレスティアを13人集めた編成もSニンフちゃん添え編成でした。
この為にフルリンクだったAのニンフを昇級後リンク解除機5つでノーリンクにしたほどです。
 
フルリンクSニンフは今後の昇級実装具合や環境次第でどうしようかなーと言ったところ。
彼女が好きな方は一考の価値アリです。

オリジンダスト2倍記事はこちら。

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 

おまけ

昇級とは関係がないおまけです。

スキンVerのニンフは本国版こと無規制版では特殊タッチだけでなく特定部位判定で変化するスペシャルロビーアニメーションが実装されています

スペシャルロビーアニメーションが実装されているキャラは多くなく、魔王の腹心イグニス、制服バーバリアナ、わんこエタニティくらいだった気がします(うろ覚え)
クリスマスウンディーネとお出かけ金蘭、カウガールエルブンもありました(追記)
いずれもただでさえ露出が多いのにさらにはだけたりするというギミックとなっており、ピョンテ紳士諸君大歓喜となっています。

また無規制版だと布地がさらに減っている関係でSDキャラが何がと言えませんが放り出したりしており、勝利モーションではピョンテすぎることになっていたりします。
同様に本国版ではつい最近スキンニンフにスキン版の誓約ボイス(これまでいくつスキンがあろうと誓約ボイスは1つのみだった)が実装されたりもしました。
日本版もいずれはスキン限定の誓約ボイスも実装されるでしょう。
今回の記事でニンフちゃんが気になった方はスキンの購入、いかがでしょうか。
  
今度こそこの記事を終了します。
ここまで閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク