【日本版ラストオリジン】10/27に実装予定の新キャラクター(”レモネードアルファ”見込み)をネタバレ予習。入手法や性能、活躍を確認【本国版からの予測記事】

2021年10月23日

スポンサーリンク

この記事で分かること

・新キャラのネタバレ
・新キャラの性能や入手法、活躍(本国版からの予測)

もう一人の忍び風キャラクター(クノイチ・カエン見込み)については記事済みです。

はじめに:予測が正確な可能性が高い根拠

5月のVer2.0のアプデにより本国版での20年12月のVerが基礎となったと告知がありました。

これで少なくとも日本版が本国版ラストオリジンのデータを使用+日本語化パッチなどの+αの予想が的中した形になりました。
しかしキャラ性能や装備性能に関しては度々のパッチノートが適用された状態となっています。

筆者が確認している限りではこと性能に関しては本国版の6/14まで適用されている、と把握しています。

・21/05/24のアレクサンドラ、AGSの全体強化まで
 (AGSのステ上方修正も9/29のアプデで実装)
・21/06/14のアルバトロス、シェードの強化まで
 (初心者用解説会話シーンは未収録)

これにより実装される内容が本国版基準となる可能性は非常に高い、と見ています。

 

新キャラ予想

21/10/22(金)、次回27日のアップデート予告がありました。

新キャラ2人の影イラストが公開されました。
先行している本国版の情報を元にすると、画像2枚目はほぼこのキャラで間違いないと思います。

レモネードアルファ(仮)

 

レモネードアルファ(仮) 概要

本国版では20/11/23に実装されています。
今回の記事ではあえてキャラの外見や設定についての情報は伏せます。
 
画像クリックでオリジナルサイズ 

 

好感度増減

平均と比べて大破だけちょっと減りにくいだけの極々平均的です。
赤の他人感があります。

 

本国版誓約実装済キャラクター

このキャラクターは本国版では誓約状態が実装されているキャラクターです。
最近の日本版の傾向的(ドラキュリナ、アザズにも実装されています)に、このキャラクターも誓約での特別台詞変更が同時実装の可能性は大いにあります。
 
▽誓約状態での特別仕様についての記事はこちら。

 

入手法

常設8-8の確定クリア報酬となっています。
そう、8章の実装が同時の可能性が非常に高いです。

本国版で開放済みの8-8の画面がこちら。

Chapter8こと8章の記事はこちら。

 

性能

SSランク重装支援機です。

ラストオリジン攻略wikiを参照しています。

▽フレーバーテキスト紹介

 [参照:本国menuwiki]を和訳サイトpapagoでコピペしたもの

[スキル1:ケーストスヒマス:回路侵食]
“レモネードの強力なハッキング能力はAGSと鉄虫はもちろん、バイオロイドのモジュールにも制限的にでも効果を発揮できます。"
[スキル2:ケーストスヒマス:出力展開]
“ケーストスヒマスのコアが回転し始めるということは、アルファが戦場を完全に掌握したという意味です。 すぐに出力を展開して敵を完全に無力化するでしょう"
[パッシブ1:ケーストスヒマス:軽装甲OS]
“レモネードのケーストスヒマスには、ほとんどの戦闘状況に対応できる特化OSがインストールされています。"
[パッシブ2:ケーストスヒマス:射程距離OS]
“ケーストスヒマスには、戦闘OSの他にも偵察情報分析、広帯域通信網、財務管理、スケジュール管理のための様々なソフトウェアが含まれています。"
[パッシブ3:ケーストスヒマス:重装甲OS]
“製作時に簡単な調理のための電子レンジなどが設置される計画も立案されたそうですが、一度探してみてもいいでしょう。"
 

▽総評:存在するだけで戦場を掌握し支配する敏腕秘書

ラビアタ、無敵の龍に次ぐオンリーワンキャラクターなだけあり、壊れレベルで強力です。

[スキル1]
敵HPが100%の状態時に限りますが、効果抵抗を5Roundもの間-150%しかつ追加効果で50%、40%、30%色々発揮されます。
これは発動が100%確率に対してではなく、効果抵抗から差し引いた分の発揮率です。
つまり効果抵抗-150%デバフが入った場合、50%、40%、30%デバフいずれも100%以上の付与率となる為必ず付与されます
敵はアルファから攻撃される度に防御無関係の固定ダメを受け、被ダメ増加デバフを受け、かつアルファの攻撃後の行動だと攻撃できず待機します。
 
本国版で撮ってきた下で紹介している6-8EX動画が分かりやすいです。
元々のパッシブの回数被弾で発揮される1万の固定ダメ以外に5089のアルファの攻撃力を参照した固定ダメでガリガリ減りますし、行動不能デバフが入ってるわけでもないのにアルファのスキル使用不可で待機しているタイミング(Round5)があります。
実際永遠の戦場でもエクスキューショナー処刑人になっている姿をよく見ます。
 
 
[パッシブ群]
いずれも編成されている軽装重装などのタイプが2以上の場合、そのタイプ全域にバフとそのタイプ以外の敵全域にデバフを付与するスキルたちです。
どれもが戦場を大きく引っ掻き回すほどの制圧能力ながら、解除できないおまけつき。
これも下で紹介している6-8EX動画が分かりやすいです。
軽装を3編成しているのでパッシブ1が起動し、味方の軽装3人に防御貫通を付与、敵の機動型のエクスキューショナーと眷属は被ダメが3割伸びて大惨事になっています。
 
パッシブ2の機動では機動以外の命中関連操作。敵は射程減少。
パッシブ3の重装では重装味方に開幕行動加速と行動力+20.5%と大幅バフ。
これはあのタイラントが遅い軽装並(アルマンよりちょっと遅い程度)になるほどです。
重装以外とはいえ敵全域への各種属性抵抗低下-25%付与も凄まじく、アルファと誰か一人重装を編成するだけで敵の重装以外の敵全域の火炎、冷気、電気耐性を-25%します。
性質上ブーストがかかる重装属性アタッカーのサディアスやタイラントと組んだらどうなるのか、はもう何となく分かるかと思います。
火炎耐性を低下させるブラックワームと火炎属性アタッカーのタイラントと同時に編成したらどうなるんでしょうね、と。
ついでに属性耐性デバッファーのエラちゃんも添えたいですね。
 
とこのようにアルファ一人で出来ることが非常に多く、組み合わせこそ多少は限られるものの活かしきれれば戦場を完全掌握かつ支配したかのような活躍ができます。
彼女をどのように活躍させるかは、司令官の腕次第です。
ぜひ使いこなしより戦闘を有利に進めましょう。
 

活躍動画紹介

常設高難易度6-8EX 6Round撃破 2:30

動画の編集ミスって音ありのまま2倍速になった1分15秒動画です。
ラスオリのとあるステージのBGMだからか案外違和感なかったかつ打ち込みっぽくてカッコイイのでそのまま流します。
レモネードアルファが行動の度に攻撃力に比例する固定ダメを1しか受けない特殊耐性の上から付与し5000ずつ減らしていく様子が圧巻です。
ただ、このカーンは専用装備で自己標的を発揮しています。
日本版で再現はカーン専用装備実装まで不可能です。

※音が出ます。ご注意下さい。

表示されない端末向けYouTubeリンク

 

7-8EX、6-4Ex、7-4EX、アルファ入りサディアス編成

サディアス予習記事と同じものです。
当時は濁しましたが、今回はいかに立っているだけでどれだけ仕事しているかが分かると思います。

※音が出ます。ご注意下さい。

 

常設高難易度8-2EX高速クリア編成

エタニティ紹介記事で紹介したのと同じものです。
重装2人いることで開幕AP付与と行動力超ブーストを行い、エタニティが大暴れしています。

※音が出ます。ご注意下さい。

 

おわりに

今回は、10/27日実装予定の2人のうち1人の新キャラのネタバレと新キャラの性能や入手法、活躍を本国版情報から紹介しました。

レモネードアルファ(仮)はSSランク重装支援機
・入手は同時追加と思われる8章の最終ステージ、8-8のクリア報酬。常設通常ステージ最深部ゆえ難易度が非常に高いがなんとかクリアし迎え入れたい
・ラビアタ、無敵の龍と同様に1体しか入手できないキャラクター。リンクは特殊代用コアこと金クラゲが必須となる
・性能的には編成こそ選ぶもののタイプごとに発動する解除不可能の味方、敵全域に発動するバフ/デバフ群と敵の特殊耐性すら無視する固定ダメ付与が尋常じゃなく強力なサポーター。彼女の前にはあの基本1しか通らないエクスキューショナーすら尻尾を巻いて逃げるレベル
・とにかく敵、味方ともに全域に付与する効果が多い。性能把握に努め使いこなし戦闘をより有利に進めたい

と、いう記事でした。

彼女がきたということは、ついに8章だと思っていいでしょう。
これまでの6章、7章のさらに先、物語の核心に近づいていきます。
同様に強力な敵も立ち塞がります。
アルファを迎える為にも、物語の結末の当事者となる為にも。
目標を持って育成と装備強化、頑張りつつ過ごしましょう。

Chapter8こと8章のネタバレ予習記事はこちら。

もう一人の忍び風キャラクター(クノイチ・カエン見込み)については記事済みです。

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク