【日本版ラストオリジン】楽園への招待状イベント第1部 本国版の周回編成まとめと新登場エネミーについて【本国版からの予習記事】

2021年11月11日

スポンサーリンク

この記事で分かること

・楽園イベ第1部での本国版周回編成と新登場エネミーについて
・過去の妖精の村のアリア、儚き記憶は友と共にでも通用していた本国版の編成の共有
・第1部での新登場エネミーざっくり解説

はじめに:予測が正確な可能性が高い根拠

5月のVer2.0のアプデにより本国版での20年12月のVerが基礎となったと告知がありました。

これで少なくとも日本版が本国版ラストオリジンのデータを使用+日本語化パッチなどの+αの予想が的中した形になりました。
しかしキャラ性能や装備性能に関しては度々のパッチノートが適用された状態となっています。
 
筆者が確認している限りではこと性能に関しては本国版の6/14まで適用されている、と把握しています。
・21/05/24のアレクサンドラ、AGSの全体強化まで
 (AGSのステ上方修正も9/29のアプデで実装)
 
・21/06/14のアルバトロス、シェードの強化まで
 (初心者用解説会話シーンは未収録)
 

これにより実装される内容が本国版基準となる可能性は非常に高い、と見ています。

 

そもそもの楽園への招待状って?

21/11/10~21/12/22までの6週間の間開催される新規冬イベント相当です。

オーソドックスなイベントながら、今回はIDチップを集めて豪華報酬が狙える特殊任務があります。

より詳しい記事はこちら。

当ブログで扱っている楽園への招待状記事一覧はこちら。

 

第1部本国版周回編成まとめ

本国の大型掲示板、オルカライブ(アカライブ)からの転載になります。

はじめに、でも掲載している通り日本版ラストオリジンは本国版のデータ+日本語化パッチで構成されている可能性が高い為、上方修正などの変更の有無の差はあれど本国版の編成をそのまま使用できることが多いです。
今回筆者こと自称上級者のZelarnyが掲載しているのはいずれも個人的に本国司令官がまとめたもののうち21/11/09時点で変更なしでそのまま採用ができそうと思われるものをピックアップかつ抜粋したものになります。
 
-参照
 
とはいえ筆者は日本版ラストオリジン運営でもないので、全ての適用されたパッチを掌握できているわけではありません。
仮に日本版運営がエネミーデータに手を加えていたり、筆者が把握できていない上方修正や変更が入っていた場合通用しない場合もあります。
また、本国有志がまとめた編成記事のうちも元々事故率があった、というのも混じっているかもしれません。
100%完コピしたとして日本版でも絶対100%事故らないという保証はありません。
日本版ラストオリジンからしたら未来のイベントの為、あくまで参考程度で閲覧をお願いします。
 
本国版司令官の試行錯誤と知恵の結晶に感謝しつつ使用させてもらいましょう。
 

第2部のまとめ(投稿後リンク開放)はこちら。

 

第1部ざっくりQ&A

Q.レベリングステージある?
A.ないです。ひょことして崩れない程度に添えて下さい。
  3部まで開放されればありそうですが、2部開放から2週間後かつ2週間しか3部は開放されていないように見えます
 
Q.素材集めランどこが効率いい?
A.ひとまずはEv-8っぽい
 
Q.サイドステージの本や餌落ちないんだけど
A.ドロップ率低いらしいです
 
Q.真似たのに周回できない
A.よく見るとβだったり永戦版なよく似た別の何かだったりしてませんか?昇級忘れてませんか?スキルレベルは基本10ですが足りてなかったりしてませんか?フルリンクボーナスは?
  完コピ出来てないと崩壊はよくある話です。
 
Q.SSキャラ/装備がドロップしない
A.周回時間にもよりますし、1週1分台周回で24時間回し続けても沼る時は沼って3日収穫ない時もあります

 

第1部全ステージドロップリスト

-参照:英語wiki
 
-参照:本国nemuwiki
 

通常ステージ

 

サイドステージ

本国nemuwikiによると敵配置が厄介(自己標的マンことFAビッグチックシールダーⅡが端に配置されているなど)
だけでなくSS装備やスキル本のドロップ率は高くないとのこと。

 

 

EXステージ

 

敵編成

日本語版は有志和訳が行われるまでは未翻訳エネミーが存在します。
和訳はpapagoがオススメです。
有志に感謝しつつ利用させてもらいましょう。
 
-参照:鉄虫MAP日本語版
  
-参照:鉄虫MAP本国版
 
-参照:鉄虫MAP英語版

 

通常ステージ周回編成

当然ですがいずれも当時の解の一つです。
基本的にはSS+10や永戦装備ばかりです。

Ev-6

[1-6] [1分10秒] [ノーリンク] ドリアード(永戦改良OS使用)

Ev-7

[1-7] [1分30秒] [ノーリンク] ドリアード(永戦改良OS、永戦攻撃チップ使用)

Ev-8

 
-装備強化なし

 

サイドステージ周回編成

当然ですがいずれも当時の解の一つです。
基本的にはSS+10や永戦装備ばかりです。

Ev-6B

Ev-8B

[1-8b] [1分34秒] [フルリンク] オベロニア・レア3(永戦改良OS、永戦攻撃チップ使用)
[1-8b] [1分55秒] [ノーリンク] マリー(行動β2枚、永戦スコープ使用)
[1-8b] [2分26秒] [ノーリンク]ロク(永戦改良OS、永戦スコープ使用)
 

 

EXステージ周回編成

当然ですがいずれも当時の解の一つです。
基本的にはSS+10や永戦装備ばかりです。
永戦経験値OSも使用されています。経験値OSとの見極め注意です。

EX1区総合

Ev-1EX~Ev-2EX

Ev-2EX~Ev-3EX

 

Ev-1EX

 

Ev-2EX

 

Ev-3EX

 
-装備強化控えめ

 

Ev-1C(21/11/11追記)

まさかの1部と同時開放とは思いませんでした。

-SS昇級モモ軸(2%運ゲー)
 
-エミリー軸(中破25%以上33%未満)
 
-ティアマト軸
 
-S昇級リーゼ軸(中破25%以上50%未満)
 
-SS昇級ミホ軸
 
-タイラント軸
 
-メイちゃん軸

初級者~中級者向け周回編成

本国司令官が比較的初めて間もない方向けに組んだ編成の数々です。

装備強化が控えめだったり、ノーリンクだったり、昇級なしだったりがあります。
装備やフルリンクボーナスがどれ、については画面とにらめっこしてもらうしかありません。
※無敵の龍フルリンクは除外しました。
 
放置前に必ずステ装備の確認を行って下さい。
また、上級者向けと比べて周回時間については測定されていません。

Ev-4

Ev-7~8

[1-7~1-8] クノイチ・ゼロ

Ev-8

Ev-1EX~2EX

Ev-1EX

Ev-2EX

Ev-3EX

 

新登場エネミー予習

8章の延長線上なだけありデバフ前提の戦闘を強いてくる敵もいます。
何も考えずつっこむと強みを発揮しにくいです。
敵情報を確認し、戦況の把握に努めたいところ。

新規敵AGS

量産型フォトレス

Ev-7、Ev-8に出現します。

味方のフォトレスを劣化させてそのまま敵にしたような性能です。
モードチェンジはない様子。
自分より後方を指定保護しています。

 

新規生存型鉄虫シリーズ

過去チョコイベ2部のEv2-5EXとEv2-6EXに少しだけ顔出してた無駄にHPが多いシリーズです。

姿形は基本種と全く変化がないんですがとにかくHPが高いかわりに浸水に弱い、というエネミー群です。
かつ、生存型、とつくエネミーは総じて以下のパッシブを所持しています。

浸水でRound開始すると被ダメ+500%とかいうパッシブです。
そのくせ横にアクアチックが配置されていることが多い為、アクアチックを倒すと周囲を浸水、浸水中の2Roundは被ダメ増加状態となるわけです。

ある意味新規さんに戦況把握して欲しくているような気がします。

 

生存型 ナイトチック ランチャー

Ev-6B、Ev-8Bに出現します。

生存型 ナイトチック

Ev-6B、Ev-8Bに出現します。

生存型 ナイトチック キャノン

Ev-8Bに出現します。

浸水して倒されても爆発するとはこれいかに。
どうでもいいんですが実はこのナリで重装だったりします。

 

新規鉄虫化AGS

スパルタンズが浸食され鉄虫化されてしまった姿です。
寒冷地域で進化した為冷気攻撃を扱うようになり冷気耐性が優れています。
が炎に非常に弱いです。
防御がデフォで4万~5万ある点も特徴です。

フリーザーシューター

Ev-1EX、Ev-2EXに出現します。

基本的なフリーザー系です。下っ端の方です。
当然のように冷気攻撃使いで、自分中心の9マスに攻撃クリ行動力+15%を付与かつ攻撃を行うと同効果を付与と加速していきます。
浸水すると冷気耐性が増加し状態異常耐性+100%状態となります。

 

フリーザーシェル

Ev-1EX、Ev-2EXに出現します。

フリーザー系その2です。下っ端の方です。
当然のように冷気攻撃使いで、こちらはフリーザーヘッドがいると攻撃クリ命中が+20%され強化されます。
浸水すると攻撃力+60%増加し状態異常耐性+100%状態となります。

 

フリーザーヘッド(要注意)

最も厄介なエネミーです。

Ev-1EX、Ev-2EXの全Waveに出現します。

元はスパルタンキャプテンだと思われ、下っ端二人を強化かつ自分もこみで支援攻撃を行います。
もちろん冷気攻撃を使用します。
 
・毎Round冷気耐性+50%、電気耐性+30%
・毎Roundこちら全域に浸水付与するが自分が死亡すると反転し味方を浸水化
・開幕1Round目は防御貫通-100%を付与。Round経過ごとに20%ずつ低下していく。デバフ解除可能。
・こちらにバイオロイド3機以上だと防御貫通-40%を永続付与。デバフ解除不可能。 
 
と後半2種のパッシブによりフリーザー系全員防御5万とかな癖に基本防御貫通が通りません。
龍もラビアタもエタニティも基本的には無力です。
基本的には弱点の炎属性攻撃で殴ることになります。
……が2機以下で周回できてしまうエタニティや-100%の方は弱体解除が可能な為エラやセレスティア、アルマンなどのスキル2で解除してしまって残りの解除不可の-40%防御貫通率はダフネやバーバリアナ、紅蓮、セレスティアなど防御貫通増加キャラで補う編成が存在しています。

 

新規鉄虫変異種

アクアチックG(要注意)

Ev-3EXに出現します。

基本的にはアクアチックと同じ……なんですがちょっとキモくなっており、なんとAP操作系のパッシブを所持しています。

戦闘開始時、敵味方問わず攻撃機のAPを16に変更するというもの。
幸い所持APが同じ場合でもこちらが先手を取れますが、それで倒し切れなかった場合敵の攻撃機がこちらの支援機などより先に行動します。
またいやらしいことに横にディレクターAAを配置したりしている関係で対策なしだと敵の攻撃機が一斉に行動します。
撃破されると鉄虫側だけの攻撃機のAPを8に変更し浸水させ退場します。

 

アクアチック Type-X(注意)

Ev-3EXに出現します。

見た目は普通のアクアチックですし基本的にはアクアチックです。
が敵、味方のユニット数に対するパッシブを所持しており敵味方の合計ユニット数が10以下だと自分を含む9マスに開幕で1回限りのHP25%復活を付与します。
Ev-3EXだとアクアチックType-Gこみで7体配置されています。
こちらが3体だと戦闘復活を付与されて厄介なので、最低4人以上で攻略が有効となりそうです。
 

おわりに

今回は、楽園への招待状イベント第1部の本国版の周回編成まとめと新登場エネミーについてを本国版から予習を行いました。

・通常ステージは相変わらずだがサイドステージには8章組も出現。HPが高いが浸水に弱い生存型組がいる関係で浸水付与キャラが周回向き
・EXステージは新エネミー目白押し。特に冷気耐性に優れる冷気攻撃エネミーばかりで構成。8章からの延長線上のようでこちらにデバフ付与が当然のように行われてくる
・今回は防御貫通が強みの龍やエタニティが活躍しにくい。素直に属性攻撃を用いると楽か
・通常ステージで掘れるクノイチ・カエンを主力とした編成が非常に多い
・カエン主体な関係で相性の良いブラックワームやエラ、リアン、シラユリも多い。積極的に育成を進めよう
・日本版の場合シェードやアレクサンドラも有益そう

と、いう記事でした。

お目当て目指して育成と装備強化を行い、安定編成を組んで頑張りましょう。
本国司令官に感謝。
 
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク