【日本版ラストオリジン】新規イベ”Project ORCA ~星夜の舞台~(仮)”を予習し備えよう【本国版からの予測記事22/10/06追記編集版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・新規イベ、"星夜(仮)"イベントの以下について
・概要
・全ドロップキャラ、装備リスト
・交換リスト、新規敵エネミー

はじめに:予測が正確な可能性が高い根拠

日本版ラストオリジンは22/05/25の大幅アプデにより"システム改善Ver"化し、韓国版(以降本国版と表記)同様の環境となった、と告知されています。

これにより、先行してサービス展開している本国版の情報を知ることでそのまま未来の日本版の実装情報となりうる可能性が非常に高いです。告知時点では未確定ながら、性質上ネタバレとなりえる場合もあります。ご理解の上、以下よりお付き合い下さい。

 

日本版公式Twitterに動きが!

ラストオリジン -Last OriginさんはTwitterを使っています: 「私たち、「アイドル」になります! #ラスオリ https://t.co/7yZoH2t5lX」 / Twitter

なんと日本版ラストオリジン公式ツイッターが、アイコンや背景を変更しました。これはこれまでにない大きな動きでして、"何か"が始まろうとしていることは間違いないと言えます。なおその"何か"の予兆は、実は既に過去のお知らせで掲載されていたりしました。

今後のラストオリジン日本版「システム改善Ver」予定について

“ボーカル曲が挿入されたシナリオやスキンパック"と言われてもなんのこっちゃでしょうが、知っての通り日本版ラストオリジンは本国版ラストオリジンのローカライズ版です。本国版で販売されていたスキンの中にはボーカル付きのものもありましたので、日本版に合わせて準備中、とはすなわち「日本版も日本の声優さんが歌うスキンパックを用意するよ」ということなのだと思われます。

そんな告知があった

 

星夜(仮)イベント 概要

本国版告知時(公式告知)のバナーをpapago画像和訳かけたもの

イベント内容としては、ラストオリジンのイベントでよくある素材アイテム3種(小中大)を集め、交換所で交換するオーソドックスなものです。

8-2EXでしかドロップ機会のない行動チップβ、入手機会の限られている攻撃チップβを交換できるほかは、最近恒例のゴルタリオン専用装備やドラキュリナ専用装備がピックアップされています。キーキャラクターはミューズ。やっと彼女の立つイベントステージが到来、となります。

ミューズは既に8/10のメンテで実装されており、当時の夏イベ聖域EXドロップのほか製造で狙うことが可能でした。

彼女もまたイベント交換所で入手可能です。輝く舞台が見れることでしょう。

 

開催期間は2か月見込み

本国版では2021/04/19~2021/006/14と開催されました。

[ProjectORCA 星夜のステージ – ラストオリジン 攻略Wiki (playing.wiki))]

 

日本版もこれまでのイベント同様本国版と開催期間を限りなく寄せた、2か月弱ではないか、と見ています。本国で2か月だった楽園がなぜか1か月半で閉められたり願いイベが2週間伸びたりと日本版独自な部分はあるので、絶対とは言えませんが……。3部構成なイベントではありますので、短くとも1か月半はあると思います。

 

交換所(22/10/06追記)

目玉なものだけ紹介します。他のいつもの金クラゲやオリジンダスト、育成本などについては引用元の英語wikiで確認下さい。
今回の日本版は本国での復刻版ということで、2部、3部と開放されるごとに追加がある見込みです。
チケット交換券の交換覧がないのはよく分かりません……。不具合かもなので、いずれ修正されると思われます。

前述している通りミューズをフルリンク分交換可能なほか、待望の属性編成と言ったら、なエラちゃんの入手機会や入手機会に乏しい攻撃チップβ、8-2Exでしか掘れない行動力βの交換がありがたいです。なぜかタイラントも交換できます。

 

22/10/06 19:00追記:イベント内探索が追加

本国版にて21年度に開催された時と異なり、復刻版となった関係かイベント内探索でイベント素材を獲得できます。要チェックです。

 

全ドロップリスト

英語wikiと本国menuwikiを照らし合わせた上で英語wikiのスクショを転載します。

[参照]
-英語wiki:
-本国menuwiki
 

第1部

まずイベントと同時に開放される1区です。2部、3部はこれまでのイベント同様、2週間のメンテごとに追加されていく見込みです。

 

通常/サイドステージ

 

EXステージ

春の狼牙、夏の聖域、と来てもはやお馴染みの面々や装備が並んでいます。上級者の採用率が高いEv1-1Exのカーン専用装備、Ev1-3Exのエタニティが掘れるため始めて間もない方ほど周回価値が高いと言えます。

 

第2部

1部開放後の次のメンテ…だいたい2週間後に開放される見込みです。

 

通常/サイドステージ

各種イベントドロップ限のランバージェーン、フレースヴェルグがドロップします。また、常設だと6-8Exでしか入手機会のないハルピュイアを非常に緩い難易度で掘れるのが超お得です。

 

EXステージ

製造限のアザズが21/10/13に追加されて以降初ドロップ機会だったり、複合特攻OS3種が10か月ぶりくらいにドロップ機会が回ってきたりと22年度からのユーザーだと周回価値が高そうなステージ群です。お待たせしました。

 

第3部(大盤振る舞い後日談ステージ群)

2部開放後の次のメンテ…だいたい2週間後に開放される見込みです。

見ての通りドロップが超豪華でして、なんと通常ステージでは入手機会が限られすぎている攻撃β、防御β、クリβ、HPβチップを無限に掘ることができますし、Bステージに至っては夏イベ聖域3部と同様SSしかドロップしないステージ群です。

なぜこんなに豪華なのか、は……ご自分でFinaleを読んで確かめると良いでしょう。

 

本国版の周回編成まとめ

書けました。

以下のリンクは初回版のものでして、日本版で開催された復刻版とは一部敵編成が異なっているため一部参考にならないものが混じっています。それでも和訳通してでも見たい意欲のある方向け。本国だと日本版でいうシステム改善Ver以前のイベントなので、スキル優先度変更実装前の少し古い環境のものです。
 
1部
2部
3部
 

お尋ね者エネミーたち

本来はこのイベントが初出となる予定でしたが……日本版は本国だと春だったイベントをずらしたため、高難易度コンテンツ変化の聖所が初出現となってしまっている敵が多いです。そしてシステム改善Ver以前のイベント、ということでExが普通に難しいのは留意しておくといいです。

 

ビッグチックキャノン

ぱっと見でかくごつくなったチックキャノンで、基本的にはスキル1が単体火炎攻撃、スキル2が時差着弾保護無視攻撃で倒されると爆発するのも一緒ですが、ビッグになったことでパッシブ2が追加されています。それは被弾すると敵全域の軽装型へ"対重装への攻撃-30%デバフ"を放つ、というもの。いつもの雑魚だと思って軽装ばかりの手数編成で挑むと思いのほかダメージが伸びず耐えられやすいので、メインアタッカーに機動か重装を用意したいです。

 

ビッグチックキャノンG(要注意)

より重装甲になったビッグチックキャノンです。ビッグチックキャノンの強化型、ということで前述通りのスキル群のほか戦闘開始時の最初のRoundだけ全域の重装に攻撃力-100%、クリ率-100%を放ってきます。よって最初のRoundだけ重装はデバフまみれでろくにダメージを出せません…。幸い解除可能ではあるので、アルマンなどでデバフ解除するかいっそ機動軸で挑むと楽ができるでしょう。

 

ドゥームイーター(ナーフされました)

Ev1-3Exに出現します。※日本版場は本国における復刻版での開催となったため出禁となりました。

HPは永戦の80万などと比べ3分1以下の25万しかないものの、相変わらず攻撃後のRoundまでダメージ最小化を得ているため普通に硬いです。全ての攻撃がランダムかつ保護無視攻撃かつRound経過で発狂するため、自己標的で誘導しつつ耐えたりLRLなどで遅延させたりコンスタントに火力の出せる単体攻撃キャラを採用するなりしてなんとかしたい相手です。

スキル優先度変更がある日本版ならダメージソースを選択しやすくなっているので、そこまで苦労はしない、はず。

 

スキャラブH(聖所でお馴染み)

Ev2-6、Ev2-4b、Ev2-1Ex、Ev2-2Ex、Ev2-3Exに出現します。

4-4EXなどでお馴染み空飛ぶジャガイモことスケロプの上位モデルでして、基本的には従来のスケロプ同様のスキル群です。相変わらずの高回避。問題は新たに獲得したパッシブのこれ。

態勢転換
ラウンド開始時、現在ラウンドが3ラウンド以下の場合、防御態勢を整えて自分の回避率を減少させ、属性耐性を大幅増加させます。ラウンド開始時、現在ラウンドが4ラウンド以上の場合、攻撃態勢を整えて攻撃力と防御貫通が増加し再攻撃をする代わりに、防御力が減少します。

3Round以前は基礎属性耐性50%ずつ+このパッシブで属性耐性+150%となり全属性耐性200%のアンチ属性攻撃エネミーとなっています。じゃあ物理なら通るのか、と言われると防御もとんでもないことになっているエネミーなので、顔を見た瞬間物理防御貫通を用いるか4Roundになり弱体化するまで待つかのいずれかの手が必須です。

 

スカウトAK(ナーフされました)

Ev2-2Ex、Ev2-3Exで出現します。※日本版場は本国における復刻版での開催となったため出禁となりました。

敵の機動型のLRL+チッククォーターマスターSKのような性能です。機動ばりの圧倒的行動力とAP獲得で先手を取り、9マス範囲の命中無関係の初手AP-2デバフ攻撃を放ってきます。相変わらず重装型を優先するか低HPを狙うようなので、いっそ保護機で保護したり重装の囮を配置するなどして攻撃の誘導が効果的です。逆に言えばこの対策ができていないとこちらの挙動が乱され総崩れになりやすい非常に厄介な敵です。

 

相変わらず続投の厄介エネミーたち

全ての攻撃を自身に誘導する敵のA昇級セーフティことFAビッグチックシールダーⅡ(左)
“願い"イベでお馴染み回避750%の超回避鉄虫赤ボンバー出禁になりました)
敵味方問わず攻撃機のAPを16に強制変更アクアチックG(右。Ev1-1Ex、Ev1-2Exに出現)

「なんだこいつ!?」と思ったらひとまずオートの手を止めて、スキル効果を確認し戦況の把握に努め対策キャラを育てたり配置変更をしましょう。

 

おわりに:ボーカル付きスキンや専用背景の販売も

“星夜(仮)"は本来、2020年年末頃に行われた本国版のアイドル部隊選出企画において本国ユーザーたちの投票により1位に輝いた部隊特典として彼女らが選出、専用衣装や専用曲、イベントを用意されるまでになった経緯があったりします。

とある部隊のキャラ達が専用衣装に身を包み、ラストオリジンのキャラが歌を歌う……本国では大変な盛り上がりとなり、一時期はあのBTSを超えるほどの熱狂具合でした。そんなイベントが、日本語にローカライズされて、専用曲を披露してくれる可能性があるというんですから日本版ユーザーとしても盛り上がらないわけがありません。

今回の記事ではあの部隊だ、だのどんな曲がある、などはあえて紹介しません。当ブログに情報を集めにきているほどの物好きな方なら、先ほどから掲載している画像で察しはつくはずです。

スキンを買うとロビーBGM変更と同様にスキンに付属している曲を再生できるようになりますし、また別のスキンを買い対応していたら彼女らがセットの曲も再生できます。ソロだけでなく、トリオやそれ以上の曲もあります。同様に専用背景を設定することも可能となります。

新スキンは専用ボイス、歌付き、SDキャラ変更、専用背景あり、ということで全体的にツナ缶の値段が高いのも特徴です。Aランクのキャラのスキンですらフルセットだと196ツナ缶したりします。仮に本国版同様のフルセットで購入しようとしたら、合計は1000ツナ缶超えると思われます。

プレミアムオルカパスだけにしてきた筆者も、さらにプッシュすることにしました。

まだ臨時待機室の610~1200が来日する予定ですし、これからも魅力的なスキンは次々と追加されていきます。ツナ缶が全然足らなくなると分かっているので、買うのなら1個あたりは安いに越したことはありません。これを読んでいる読者さん。ツナ缶、貯めておきましょう。

ツナ缶1個あたりの値段はオルカパスが最もお得、な記事はこちら。

今後追加されると思われる魅力的なスキン群を知りたい方はこちら。

臨時待機室超便利!な記事はこちら。

以上、Zelarny(@Zelarny)でした。閲覧ありがとうございました。

 

スポンサーリンク