【日本版ラストオリジン】ジニヤーのB→A昇級優先度は控えめかも。ドゥームブリンガー編成ではメイン回避盾となることも【22/05/02環境版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・元々の強みについて
・A昇級への恩恵について
・A昇級ジニヤーの活躍場面

ジニヤーのA→S昇級優先度は"控えめ"だと見ています。

とはいえあくまで筆者ことZelarnyの個人の独断と偏見です。
参考程度に閲覧下さい。
※当記事で紹介しているジニヤーのスキルレベルは10の数値です。
 

元々の強みについて

スキル1は単体挑発攻撃、スキル2が範囲範囲バフです。
22/05/02時点ではスキル2を使用させたければ後列に配置して強襲OS装備か手動が前提です。
直近のアプデと思われるスキル使用優先度変更が来ればまた違った動かし方が可能となる点が強みと言えます。

スキル使用優先度変更って?の記事はこちら。

 

スキル2:チャフミサイル(4マス回避↑被ダメ軽減↑)

地味にとても珍しいスキルを所持しています。
4マス範囲もの高範囲に回避と被ダメ軽減を付与できる、をBの時点で持っているのはとてつもなく個性的です。
スキル2の射程>スキル1の射程かつ3なため、22/05/02時点では後列配置にして強襲OSを装備でこれのみを使用させることができます。
どうしても4マス範囲なため配置に気を使う必要があるものの、SやSSが所持しているようなバフをBで代用できる場合があるのは強いです。

 

昇級後の強みについて

これまでは機動保護機ながら一切保護を所持しておらず、バッファー参加がメインの支援機のようでした。
Aとなってからは回避増加と指定保護が可能となり、必要最低限の出番はあげられるようになりました。
 

A昇級獲得パッシブ1:爆撃編隊護衛(回避↑メイバフ範囲保護)

機動回避保護機なら最低限持ってて欲しい回避増加と、指定保護能力を獲得します。

ただ微妙に分かりにくい範囲をしています。

お互いに自分中心の8マスなので、このように配置した場合ジニヤーはメイを保護できません。
メイを保護したいなら、お互いがお互いの8マス以内にいる必要があります。

こんな感じ。
どうしても指定保護な分範囲攻撃には弱いですが、中破運用が多いメイのHPが最も低いでしょうからメイを守るように動いてくれるのはありがたいです。

 

運用例

全体的に純粋な回避盾の能力として見るとどうしても劣るものの、ことシナジーのあるドゥームブリンガー編成だと話は別です。
特に聖所高層での縛り編成ステージでは特定編成を組むとボーナスを得られるため、せっかくだし、と部隊編成が組まれている様子があります。
  
ここ聖所第4作戦区域は分隊ボーナスが存在します。
4-26はドゥームブリンガー接待ステージとなっており、メイを編成した場合ドゥームブリンガー隊員は永久的に攻撃、行動力、被ダメ軽減、回避、対重装予ダメにブーストがかかる仕様です。
 
それでもスレイプニールやブラックハウンドでよくね、といわれたらそりゃそうなのは間違いありません。
ただ彼女らが聖所第2作戦以降導入される疲労システム(ステージクリアしたキャラは1日使用使用不可)により編成できなかった場合を考えると、性能的に2軍3軍であろうと代替が利くのは強みと言えるでしょう。
 

おわりに

今回はジニヤーのB→A昇級優先度は控えめかも、と紹介しました。

・ジニヤーはもろこしもぐもぐちゃん。空を覆いつくすほどの物量でメイを保護するドゥームブリンガーのメイン盾
・性能的にはスキル2の4マスバフが特徴的な回避機動保護機
・A昇級すると自己バフを獲得かつドゥームブリンガー隊員を保護するようになる。強くはないが、ドゥームブリンガー編成では引っ張りだこなスレイプニールやブラックハウンドの代わりとなれるかも

昇級優先度と未実装昇級の記事はこちら。

その他の昇級記事一覧はこちら。

オリジンダスト2倍記事はこちら。

参考になりましたら幸いです。
Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク