【日本版ラストオリジン】光届かぬ聖域かんたんEv2-8攻略。VS堕落したアザゼル【初心者向け】

スポンサーリンク

はじめに

「聖域Ev2-8が突破できない。闇アザゼル強すぎ……」

それもそのはず、HPは30万を有し何度も被ダメを1にしてきますし攻撃範囲も広い、と厄介です。
ごり押しが通じにくい今回の敵の中でも最も厄介な大ボスとでもいうべきギミックを携えています。
今回はそんな聖域Ev2-8の敵のギミック解説と攻略編成の紹介を可能な限り簡素に行います。
 

かんたん聖域Ev2-8

最も簡単なクリア法は、コウヘイ教団員で固めろ、なだけです。

以下のような編成を組むとさっくりとクリアができます。
装備や入手キャラに関してはイベントの交換所や常設低層ドロップ縛りで組んであるので、初めて間もない方でも用意がしやすいはずです。

 

かんたん敵特性解説

闇アザゼル

 ここEv2-8のボスであり聖域イベントのラスボス。全てのRound開始時に3回まで張り直さられる被ダメ最小化バフを所持しかつ、HPが30万と異常に高い。6マス範囲の攻撃と、4回被弾後に使用する放射十字状保護無視攻撃の二つを所持しており攻撃範囲も広く、しかも命中は999%と避けさせる気は一切ない。通常ステージの部類ということで攻撃力こそそこまで高くないものの、6マス攻撃では持続ダメを付与してくるため長期戦になるほど不利。明確な弱点として、<コウヘイ教団>員の攻撃に被弾すると被ダメ最小化バフが1回で剥がれるためコウヘイ教団員の攻撃を起点とした連続攻撃を意識できるかが鍵。

教団近衛隊長

 Round開始時に自分以外の周囲のロボが3体以上だと無限復活する白金の甲冑を着込んだ騎士。行動ルーチンとしては待機し周囲の灰色ロボ強化→自己バフで攻撃クリ命中増加→斬りつけといった様子。この斬りつけは横3マス範囲かつクリティカルだと被ダメ軽減の防御機構を解除してくることがあるため後に続く闇アザゼルからの攻撃が致命傷となることがある。防御の高い壁役に守ってもらいながら、可能な限り周囲の敵から倒すことを心掛けたい。

エキュトス

 量産型の教団近衛隊長と言ってよい。前述している白い方と比べると無限復活条件が難しくRound開始時に自分以外のロボが5体、となっている。こうなるともう最初に倒すべきか誰か、は分かるだろう。

ラインリッターSP

 敵勢力側のラインリッター。戦闘開始時限定の被ダメ最小化1回と、2Roundの間の反撃を持つ。1回でも攻撃を命中させれば2回目からは普通に通るようになるため、いかに最初の反撃を受け流すかが鍵。反撃は保護もできないため、攻撃するキャラ選択は慎重に。時間をかけていいなら3Roundまで待てば大人しく殴られてくれる。

 攻略の鍵は高防御、高範囲編への保護、攻撃回数、そしてコウヘイ教団員、というわけですね。

 

かんたん攻略キャラ紹介

アザゼル

 Ev1-8で確定入手のアザゼルをメインタンカーとして採用。ステ装備は可能な限り防御を増加する装備で固めることで、敵の防御機構崩しに対し強く出れるように。放射状の攻撃が敵配置と相性がいいため、闇アザゼルから攻撃される度にヴェロニカから付与された反撃を繰り出し続けるだけで後列のラインリッターSPを壊滅させられる。範囲保護の側面を持つ"列保護"スキル持ちなので6マス範囲攻撃が飛んで来ようと一人で全て受けられるし、周囲に付与しているその戦闘限りの被ダメ無効化1回と、戦闘続行(残HP以上のダメージを受けても大破退場せず一定HPで復活する効果)1回のおかげで列保護が効果のない保護無視攻撃が何度も飛んできてもお供の二人もやられにくい。

ーステ装備
・Lv80以上、スキルレベル7以上推奨
・ステ振り防御特化
・SS対衝撃回路+0 ×2(入手:聖域Ev2-6)
・SS防御型戦闘システム(入手:聖域Ev2-6初回クリア報酬)
・B戦闘刺激剤(なくとも良い。入手:製造20-10-20)

ヴェロニカ

 Ev1-8で掘れるヴェロニカをメインアタッカーとして採用。ステ装備はとにかく攻撃値が欲しいためクリ率の高い装備と、敵が機動なので機動特攻OSを装備。コウヘイ教団のシスターということで天使を強化する能力も持っており、アザゼルに反撃を付与したり行動加速を促したりしつつさらにエンジェルにも攻撃支援まで行う。アザゼルとエンジェルが闇アザゼルに攻撃を集中させ追撃している間、縦3マス攻撃で取り巻きを粛清しておくのも忘れない。今回唯一フルリンクということで耐久はあるため、保護無視に被弾し続けても落ちにくい。

ーステ装備
・Lv90以上、スキルレベル9以上推奨
・ステ振りクリ100残り攻撃
・SS分析回路β+0(入手:聖域イベント交換所)
・S分析回路(入手:聖域Ev2-5)
・SS対機動型戦闘システム(入手::常設4-4Ex初回クリア報酬)
・SS小型偵察ドローン(入手:常設4-4初回クリア報酬)

エンジェル

 交換所で入手可能なエンジェルはコウヘイ教団員のサポーター。元々所持する攻撃命中バフがコウヘイ教団員だとさらに1.5倍になる。強化効果を付与しつつ、闇アザゼルを攻撃しヴェロニカの攻撃を誘発することでダメージを蓄積させていく。今回ノーリンクかつステも振っていないとぺらっぺらだが、自前で戦闘続行を所持しているだけでなくアザゼルから付与された戦闘続行も発動と最大2回立ち上がるためかなりタフ。アザゼルからの被ダメ無効化バリア1回と合わせて3回まで保護無視を受けられることになる。もちろんフルリンクやHP防御のステ振りをしておくのが本来は望ましい。

ーステ装備
・Lv60以上、スキルレベル不問
・ステ振り不問。防御特化推奨
・SS回路最適化β+0(入手:聖域イベント交換所)
・SS回路最適化+0(入手:常設3-8初回クリア報酬)
・B突撃型戦闘システム(なくとも良い。入手:製造10-20-10)

実際のクリア様子

音あり2分36秒の動画です。
次々とキャラの上に文字が表示され忙しいかもしれませんが、いずれも安定クリアには重要な出来事です。
前述している敵と味方の特性を把握したうえで、何が起きているか、を読み取りながら見てもらえたらと思います。

 

動画内ではエンジェルが3回保護無視を受けていました。

これが1回目。一撃で1800以上のHPを超過するダメージを受けているもののアザゼルの戦闘終了時までの1回限定の無効化バリアで耐えています。そしてこちらが2回目と3回目。

聖戦:と出ているのでアザゼルの付与した戦闘続行が先に起動し生き残り、次は救い:とあるのでエンジェルの自前の戦闘続行が起動し立ち上がったことになります。闇アザゼルさん容赦ない。一回だけアザゼルに打ったのを見るにエンジェルを狙うAIではなさそうなので、今回こうして戦闘続行持ちを連れてきて正解でした…。

 HP30万あろうと全員無事に撃破。お疲れ様でした。

 

おわりに

 「全然勝てへん。周回ゲーでクソギミック出すなや。つまんねー」な新規さんをよく見かけます。

はっきり言ってラストオリジンの戦闘はパズルゲーなので、ゴリ押そうと思って既存の面々や装備で突撃すると平気で壊滅することがあります。日頃よく分かってないけど周回出来ている、のはそのステージと使用キャラの相性がいいかステージパワーが低く事故りにくいだけなんです。

ラストオリジンはキャラゲーです。意図的に特定のキャラだけを育てていれば全ての箇所で通用する、といった場面は排除されやすい傾向にあり特にイベントステージではこれが顕著です。以前のイベントではこれらのキャラが活躍したけど今回のイベントは全く通用しない、がよくあります。

今回のEv2-8も意図的にコウヘイ教団をストーリーだけでなく、戦闘でもピックアップするべく用意された舞台なのでしょう。自分は推しはもちろん、イベントで活躍したキャラは周回に出せないか、と考えるタイプなので今回コウヘイ教団で難所をクリアできてとても楽しかったです。

読者さんもぜひ色んなキャラを育て、彼女らの魅力を知り、そして強さ便利さを知り理解度を深めこういった戦闘ギミックも込みでラストオリジンを楽しんで欲しいと思います。HP30万もあるのも、過去薬の副作用に苦しみ壊れながらも生き延び人類滅亡の"鉄の懲罰"から100年も経過できるほどの信仰の強さ……だ、と思うと納得の気もしませんか?

 

一人でも多くの新規さんが聖域Ev2-8をクリアできる指針となりますように。

Zelarny(@Zelarny)がお送りしました。最後まで閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク