【日本版ラストオリジン】光届かぬ聖域 Ev2-2Ex 初心者向け装備強化なし安定周回編成例(スノーフェザー、ティタニア、エラの1週1:45)の紹介【22/08/17環境版】

スポンサーリンク

はじめに

聖域Ev2-2Exの装備強化なし安定周回編成の紹介(1週平均約1:45ほど)と解説を行います。

※無音2倍速の動画です。

Twitterで事前に投稿していたものと同一です。
※1-1Exの空中火器用推進機とありますが2-1Exの間違いです。

 

当ブログの編成例紹介は、始めて間もないユーザーさん向けに以下を意識して組まれたものです。

・常設低層やイベント周回ステージ手前まで、交換所で入手できる入手の敷居が低いキャラ装備のみで構成
・可能な限り装備強化や昇級を排除し純粋な育成のみ
・可能な限り周回資源を抑えつつかつ周回速度もそれなりに稼ぐ
 
当ブログはこれまで、どんな難しいイベントでもこのスタンスで編成を紹介し続けてきました。
今回も全てのEx周回編成例を組め…ています。
それでは、以下よりお付き合い下さい。

光届かぬ聖域の全ドロップリストや概要詳細な記事はこちら。

全Ex投稿済みの聖域記事一覧はこちら。

 

大前提:EXは高難易度

「Ex周回できん。周回編成見てもフルリンクやSS+10、それも所持してないキャラ装備を使用している編成ばっかり。クソゲー」

ラストオリジンを始めたばかりの方によく見る発言です。
Exは高難易度扱いなので、難しいのは当然なのです。
そしてラストオリジンは、〇〇がないと周回できない、と言った事態は絶対に発生しません。
安定性の差や周回速度の差などはもちろんありますが、事故(大破し周回が停止する)率を0にする選択肢はほぼ無限にあります。
 
紹介されている編成が見慣れないキャラ装備でLv100、SS装備+10ばかりなのはそれで安定周回できる、という紹介された方なりの"解"の一つだからです。
“1"という"解"を導き出すために1×1と、1÷1と、-1×-1、遠回りして1+1-1など本当に多くの式が存在するようなものです。
 
ことラストオリジンにおいては“事故率を0にする安定周回が可能“の解。
全てのキャラと装備やステと強化値、スキルレベル、配置、敵の持つステスキルや配置。
これらの組み合わせから求められればいいだけです。
 
紹介されている編成はあくまで紹介した方の得た"解"の一つ。
周回可能な編成がそれだけなんてことはありえません。
これを大前提として頭の端に置いて欲しいと思います。
 

Ev2-2Ex 初心者向け安定周回編成例紹介

冒頭で紹介したものと同じです。1週1:45ほど。
12時間の安定確認をしています。

※無音2倍速の動画です。

以前のEv2-1Exとキャラ配置ともに同じ、装備とステを弄った形となっておりこのスタンスでEv2-3Exまで同じ面々で周回編成を組めています。
入手かつ、育成するのはこの3人だけで事足ります。
 

配置と簡易役割解説、コスト(51/95/89)

光届かぬ聖域イベントで入手可能なキャラ3人を使用した編成です。
スノーフェザーはEv2-5、エラはEv1-2Ex、ティタニアはEv1-3Exで獲得できます。
Ev2-1Exと比較するとスノーフェザーの火力にも期待しないとならないため、フルリンクになっています。
また、以前は全員後列から動かしても平気でしたが今回は後列固定です。
 
フルリンクスノーフェザー
今回の仕事は事故要素であるWave4で前列に居座り最後に残ると発狂するテストゥドに相手に先行して攻撃し、削りと付与した浸水デバフで冷気耐性を下げておくことと残ったドライヤー系を反撃で処理することです。
火炎属性攻撃に高い耐性を持つスノーフェザーちゃんはドライヤー系からの猛攻も意に介しません。
 
ティタニア・フロスト
対ドライヤーシリーズ特攻と言っていい9マス冷気攻撃持ちです。9マス攻撃が便利なため、今回のイベントはもちろん、部品集めランなどでも輝きます。
今回はテストゥド開幕確殺が安定ラインです。装備強化なしだと火力超キツいためLv上げ必須。
 
天空のエラ
ふよふよと浮いているだけに見えて欠かせない仕事をしています。
敵全域の冷気耐性の低下、デバフ解除や味方の行動加速、攻撃命中回避と各種属性耐性増加バフの付与です。
このロリ巨乳、できる。
 

スノーフェザー

光届かぬ聖域イベントEv2-5で獲得できます。

・フルリンクLv97~
 (ステ画面で補助装備次第で攻撃値1756以上が満たせるなら以下も可)
・ステ振りクリ100残り攻撃で攻撃1756以上必須
・スキルレベル10
・SS回路最適化+0
 (入手:常設3-8初回クリア報酬)
・SS回路最適化ベータ+0
 (入手:聖域イベント交換所)
・SS強襲型戦闘システム+0
 (入手:聖域Ev1-7)
・補助装備自由。攻撃増加装備で指定Lv以下可能
 

ステ装備の概要

 ここEv2-2Exで最も事故りやすいのはWave4に1体だけ出現しているテストゥドです。ただの雑魚…というには凶悪すぎるスキルを所持しており、これまで数多の司令官を事故らせてきた実質対策必須のエネミーです。詳しくは後述しますが、とにかくこのテストゥドを真っ先に撃退しないと事故るためここWave4の1体のためだけに全てのWaveで行動力装備のスノーフェザーに先行させます。
 スノーフェザーのスキル1には敵を浸水(火炎耐性↑冷気/電気耐性↓)デバフにする効果があり、これとエラちゃんの付与している冷気耐性低下を合わせてテストゥドの冷気耐性70%を削っておくことで続くティタニアの攻撃で一確ラインに届かせることができます。この攻撃は射程が4なのでこちらが後列でも敵の中列まで届いてしまうところを、強襲OS(射程-1)を装備させ敵前列を狙わせます。テストゥドは列保護(縦方向)への持ちなので、敵前列の誰を狙っても保護して割り込んで被弾してくれます。
 

攻撃値の設定理由

 後述するフルリンクLv100のティタニアで、スノーフェザー攻撃後の浸水状態だと上記のような21310ダメージが出ます。ここEv2-2ExのテストゥドのHPは22420なのでスノーフェザーで1110ダメージを与えらればいいだけと、と見ると実はノーリンク攻撃機振りやフルリンク回避極振りでも問題ない気はします。ただ見ての通りテストゥドが周囲に付与した被ダメ軽減35%カットバフでテストゥド周りのドライヤーが残り、このあと猛攻が飛んできます。耐えきって確実に撃破しきる必要があるため、攻撃値を設定し確殺を意識してみました。少なくともEv2-1Exのままのノーリンク回避極スノーフェザーだと事故っていました。

 

圧倒的炎耐性

 スノーフェザーは機動回避盾ながら、一切のバフなく自前で火炎耐性50%を所持する特殊なキャラだったりします。パッシブ2の効果で毎Round開始時に火炎耐性+35%を自分も獲得するので、今回の編成のようにエラちゃんがスキル2で先行直後だと自然と火炎耐性バフを積み耐熱コーティングなどを一切装備していなくても火炎耐性140%まで増加し基本火炎属性攻撃は1しか受けなくなります。ただ鉄壁ではなく、今回の編成のティタニアの火力だと生き残ったドライヤーシューターから火炎耐性低下デバフを受け火炎耐性が100%以下となりダメージを受けることがあります。火炎耐性装備なしでこれなので、ノーリンク攻撃機振りでも耐熱コーティングを装備してたら安定いけるのかもしれません(未検証)。

 

ティタニア・フロスト

光届かぬ聖域イベントEv1-3Ex(当ブログの記事はこちら)で獲得できます。
Ev2-1Exで運用していたティタニアにEv2-1Exで獲得できるSS空中火器用推進機+0を装備しただけだったりします。

フルリンクLv98以上推奨
・ステ振りクリ率100%、命中315%(エラのスキルレベル10前提)、残り攻撃
 (Wave4のテストゥド開幕撃破が最低安定ライン)
・全スキルのスキルレベル10
・S分析回路+0
 (入手:聖域Ev1-5)
・SS分析回路ベータ+0
 (入手:聖域イベント交換所)
・SS対軽装型戦闘システム+0
 (入手:常設5-1Ex、常設イベントリオボロスの遺産Ev3-2ep初回クリア報酬)
・SS空中火器用推進機+0
 (入手:聖域Ev2-1Ex)
・スキル2の優先度変更必須

ステ装備の概要

 ここ聖域Ev2-2Exでの最大回避はテストゥドの下で撃沈しているワスプHMの105%なので、本来は+100%の命中205%あれば初手必中です。ただ今回のこのティタニアは次のEv2-3Exも全く同じで周回が可能だと気づいたためあえて最適化をしていません。一応、最適化に命中205、クリ100、残り攻撃の振り方も試してみましたがそれでもWave4だけは敵全部一掃、はできませんでした。Ev2-1Exで拾った空中火器用推進器のおかげで確殺ラインが伸びてなお、出現した瞬間からテストゥドが周囲に付与している割合カット35%ほんとキツイです…。時間にして数秒の差なので、この際ここEv2-2Ex用に最適化しなくても別にいいかなと思いました。

大活躍のEv2-1Exで拾えるSS装備君+0

SS+0の時点でフルリンクボーナスのスキル威力を取っているのと同然のような効果です。つっよいです。

 

天空のエラ

光届かぬ聖域イベントEv1-2Ex(当ブログの記事はこちら)で獲得できます。
Ev2-1Exで運用していたエラちゃんのままで、このまま次のEv2-3Exも一緒だったりします。

・攻撃未参加及び被弾機会なしのためLv及びステ不問
・B~SS耐寒コーティング+0~+10
・チップ、OS自由
・スキル2の優先度変更必須
・全スキルのスキルレベル10

ステ装備の概要

 今回もちゃっかり仕事しているエラちゃんです。開幕を見て貰うと分かる通り、一人だけ先行獲得しているRound1時点では実はティタニアやスノーフェザーすら先手を取られそうなんですが、エラちゃんがふよふよ浮いて使用するスキル2の効果「Round開始時の味方のAP+2.35」のおかげで2Round開始時にはスノーフェザーやティタニアのAPが敵の所持APを上回り2Round目最速でのスノーフェザー→ティタニアと行動できるようにして時短に繋がっています。エラちゃんまじ縁の下の力持ち。

装備で性能変化?の記事はこちら。

 

聖域Ev2-2Exの簡易敵解説と攻略要点

 出現エネミーは全7種。

それぞれの敵の概要は以下のようになっています。
 
ドライヤーヘッド(軽装支援機)
・専用対策必須の超防御エネミー。超防御かつこちらに"点火"と防御貫通率減衰デバフを付与
・全ての攻撃が火炎属性
・冷気攻撃に極端に弱いがそれ以外に対してはカッチカチ
・防御貫通も一苦労。エタニティや無敵の龍すら基本無力
 
ドライヤーシェル(軽装攻撃機)
・全ての攻撃が火炎属性
・ドライヤーヘッドのお供その1。防御性能は完全に一緒。ヘッドがいると強化される
・ヘッドにより付与された"点火"デバフ状態だと特攻攻撃や被ダメ軽減解除を行う
・毎回ヘッドと同時出現。先にヘッドを倒したい
 
ドライヤーシューター(軽装支援機)
・全ての攻撃が火炎属性なのと防御性能も完全に一緒
・攻撃の度に敵全域の攻撃命中行動力を増加させていく
・攻撃の度に点火や火炎耐性低下、デハフ耐性低下も付与してくる厄介者
・毎回ヘッドと同時出現。先にヘッドを倒したい
 
ワスプHM(機動攻撃機)
・ここEv2-2Exで最も回避が高い。味方が倒れるごとに回避が増加する曲者
・射程3しかないのに前列以外に配置されているため、こちらが後列だと射程不足でうろうろする
・分かりやすい攻撃特化型なためぺらっぺら
 
改良型チックキャノン(重装攻撃機)
・賑やかし要員
・スキル1が届かない場合スキル2の時差着弾十字攻撃を使用。もたもたしていると死ぬ。速攻で仕留めたい
・倒されると爆発するが火炎属性な関係で周囲の高火炎耐性持ちには1しか通らない
 
ビッグチックキャノンG(重装攻撃機)
・火炎耐性が突出して高いだけで冷気耐性は低い
・開幕1Roundのみ全域重装に壊滅的デバフを付与
・1回でも被弾に耐えると敵全域軽装に対重装予ダメ低下デバフを放つ。機動で挑みたい
・HPが高いとスキル2の9マス範囲攻撃を使用する。可能な限り着弾前に一掃したい
 
テストゥド(軽装保護機)
列保護持ちで縦方向の味方を保護する。各種属性耐性が70%と属性攻撃に強い
・開幕から3Roundの間、自身の列と1つ後ろの列の味方に被ダメカット35%バフを付与。予ダメが3割減される
・自分以外が5体倒された状態でRoundを迎えると発狂し猛威と化す。攻撃されると耐えるのが難しい
・しかもHPが3割を切ると反撃/バリア/被ダメ軽減を獲得し硬化。発狂状態でも使用する
 

敵編成

Wave1Wave2Wave3Wave4
 

 Ev2-1Exと比較すると、以前はドライヤー系を倒したらはい終わり、だったところをそうはさせまいとチックキャノンが増えて高範囲時差着弾で撃破を狙ってきたり行動力の高いワスプがすっ飛んできたりテストゥドが居座って実質冷気しか通らないのにさらに被ダメ軽減の防御機構を展開してきたり、と小賢しくなっています。

ドライヤー系って?の記事はこちら。

 

攻略要点と編成選出理由

ー[共通]
・ワスプHMが行動力が高いだけで相変わらずAPバフはない。速攻が楽
・テストゥド以外は総じて冷気耐性が低め。攻撃範囲の広い冷気属性キャラを軸に挑むと楽そう
 
ー[アタッカー選出]
・実質防御貫通無力のドライヤーヘッドがいる時点でアタッカーは実質冷気攻撃キャラに絞られる。冷気属性攻撃持ちが有用
・テストゥドを放置すると基本事故る。開幕でお帰り願う火力を用意するか残っても対処できる強化解除持ちなどが必須
・テストゥドがいる時点でバリア/被ダメ―ジ軽減無視が事実上の必須。ゴリ押すには圧倒的な火力が必要
・高速周回を諦めると今度はビッグチックキャノンGにやられる可能性大。やられる前にやりたい
 
ー[サポーター選出:属性耐性低下デバッファー]
・属性攻撃は敵の属性耐性でダメージ計算を行う。低ければ低いほどべき乗で増加する計算式のためさらに冷気耐性低下デバフを狙えるキャラを選出
・今回Ev2-2Exの敵はデバフ耐性を所持していないため、下げに下げた属性耐性に対し属性アタッカーの火力が強力なほど確殺ラインはあがる
 
ー[サポーター選出:対テストゥド]
・開幕で自分を含む周囲に3Roundの間付与する被ダメ軽減35%を無視するためメリーやアーセナルを添えたい
・アクティブスキルで付与するアーセナルが不利か。グラシアスやティタニアが攻撃機なため攻撃機が対象なら立っているだけのメリーが楽そう
・発狂を許してしまうならアルマンなどの強化解除持ちの編成を忘れないようにしたい
 
ー[ディフェンダー選出]
・敵に攻撃を許すなら反撃かつ冷気攻撃も可能で火炎耐性に優れるスノーフェザーかムネモシュネがド安定
・炎缶を強化して保護機なら多少の流れ弾は平気に思う

 

今回の周回編成
 上記から、コストと育成の手間を踏まえ今回のイベントからの新規さんが組みやすいのはどんな編成か?を考えイベントマップや常設低層で入手できるキャラ装備を選出。選出した中から今回の敵編成に対し配置や装備のうち有効かつコストが抑えられ周回時間もそれなりに短いと思える組み合わせを模索。これが今回紹介した編成になります。

 

おわりに

 光届かぬ聖域イベントEv2-2Exの安定周回編成の紹介と解説を行いました。

 テストゥドマジクソエネミー。

 見て下さいこのダメージ。自分以外の味方が5体以上倒されてからだと発狂して攻撃能力がとんでもなく増加しバリア/被ダメ軽減無視を持ち出す癖に、HPが3割切ってからだとスキル2を使用しさらに硬化かつ反撃を得るので下手に手を出すとこうなります。しかもこれクリティカル出てませんからね。

 テストゥドを発狂させない方法は一番はやっぱり真っ先に倒すこと、です。ほとんどの場合前列に居座っているので、射程を削ったりして前列を狙う分には列保護で勝手に当たってくれます。効果抵抗もないので強化解除も通ります。

 スノーフェザーちゃんにまったり頑張ってもらうのもいいですが、個人的には多少資源を使っても速攻編成をオススメします。資源ラン→高速周回、の方がお目当て獲得できる満足度は高いと思っています。周回速度が遅いとどうしても周回速度が稼げないのでモチベが下がりやすいですが、資源ランと交互なら資源以外も稼げているので素材などで総合的に潤沢になるかな、と。

 光届かぬ聖域イベントは22/09/07までです。お目当て獲得のため、毎日目標を持って周回に出していきましょう。

光届かぬ聖域の全ドロップリストや概要詳細な記事はこちら。

何をどれだけ集めたらいいか分からん…な方はこちら。

資源ランの記事群はこちら。

全Ex投稿済みの聖域記事一覧はこちら。

 

 初心者さんの参考となりますように。Zelarny(@Zelarny)でした。

 閲覧ありがとうございました。

 

スポンサーリンク