【日本版ラストオリジン】22/09/21実装予定新キャラ(”エリー・クイックハンド”で確定)の入手法や性能、活躍を予習しよう【本国版からの予測記事】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・実装予告(公式ツイート)のあった新キャラのネタバレ
・新キャラの性能や入手法、活躍(本国版からの予測)

はじめに:予測が正確な可能性が高い根拠

日本版ラストオリジンは22/05/25の大幅アプデにより"システム改善Ver"化し、韓国版(以降本国版と表記)同様の環境となった、と告知されています。

これにより、先行してサービス展開している本国版の情報を知ることでそのまま未来の日本版の実装情報となりうる可能性が非常に高いです。新キャラ告知時点では未確定ながら、性質上ネタバレとなりえる場合もあります。ご理解の上、以下よりお付き合い下さい。
 

新キャラクター:エリー・クイックハンド 概要

画像クリックでオリジナルサイズ

見るからに少女~な見た目通り、身長127cm、体重25kgと長身むちむちキャラクターの多いラストオリジンの中でも下から数えた方が早いロリキャラクターとなります。

このゲームのキャラクターの身体スペックなどを一覧表にまとめられているwikiを参照すると、身長、体重ともに下から3番目というサイズ感。ラスオリのロリキャラと言ったら、な人気の高いアンドバリよりも5cm小さい、と思うといかにロリなのかお分かりになることでしょう。

 

有志和訳自己紹介

名前に関しては既に22/09/16時点1部が開放中の"蓮花と陰に咲く薔薇"Ev1-6 EDにて完全に出ています。エリー・クイックハンドときっちりシラユリが述べていますね。

ラストオリジンはロリに厳しいことで有名でもあります。そんなエリーちゃんは爆発物解体の専門家だそうですが…?本国版で同時に公開された設定を読んでみましょう。

“エリー・クイックハンド一体の命だけで全てを守る戦果を挙げることができる。"

旧人類マジ旧人類。

バイオロイドは我々人間のように赤ん坊から成長していくわけではなく、生成された瞬間から稼働可能な製品です。その製品をあえて小さくしているということは、製造コストを抑えるために小型化されていたりバイオロイドの体躯以外に高価な機器や機能が使用されているか、です。

例として身長141cmの滅亡のメイだと、台座そのものと指揮モジュールが高価なために本体のコストが抑えられた結果だったりします(それでも全バイオロイドで最も高価)。身長139cmの天空のエラだと、元々の予算が少ない中大気汚染問題に取り組むための機器や機能が高価となり本体の筋力や体力が脆弱、なんて欠陥を抱えていたりします。

以上から「エリーちゃんの腕ももともと義手なのでは?」と思われていたのですが…

後に公式回答があったところ、ペロのグローブなどのように着脱化なのだそうです。

ただちゃっかり補足された傘だけ残る、という事実だけ見るに、エリーちゃん本体が矮躯なのは傘のほうが高性能で製造コストが嵩むので、エリーちゃんごとに使いまわしされているのでは?なんて疑問を呼ぶことに……。

製造理由が製造理由とはいえ、あまりにあんまりです……。

 

中破/スキン紹介

画像クリックでオリジナルサイズ

「爆弾処理のエリーに中破とか失敗後の無残な姿じゃないだろうな……?」

と本国司令官たちの不安をよそに、ちゃんとした(?)中破イラストで実装されたエリーちゃんです。本国版では日本版のように基本スキンと中破が同時実装、ということは基本なく、基本スキン後に目玉の一つとして中破も実装されていたりします。本国ではロリの露出に厳しいのもあり、久々にちゃんと戦闘で傷ついた扱いの中破です。

 

ピクニックスキン

画像クリックでオリジナルサイズ

本国版で22/09/05の極々最近に実装されたスキンです。秋、ということでピクニックがテーマのエリーちゃん。元の扱いが扱いなだけに、危険物処理のないオルカ号での生活により幸せそうな屈託のない笑顔を浮かべる彼女に涙した司令官が多かったとかなんとか。

 

公式漫画出演紹介

IF!?での活躍:ノブレスオブリージュ

本国版の公式漫画ながら、有志が和訳してくれた日本版が存在します。日本版実装前ゆえ、一人称や口調などが異なる場合はあるもののエリーがどんなキャラか、を知り彼女らの生きてきたラストオリジンがどんな世界か、を知るには絶好の漫画です。有志さんに感謝しつつ読ませてもらいましょう。

なお、一部刺激の強い表現がある漫画のため注意が必要です。

以下のページの第51話が該当します。

IF!? LastOrigin とあるバイオロイドの記録 – Last Origin (ラストオリジン) 日本版攻略wiki (seesaawiki.jp)

あえて支離滅裂な言動に見えるシーンをカットして紹介しました。爆弾処理に取り掛かったエリーはどうなったのでしょうか…?

 

IF LastOrigin Cartoon

こちらはコミカルなほう。IF!?の刺激が強すぎる方はこちらがおすすめです。こちらも本国版の公式漫画ながら、有志が和訳してくれた日本版が存在します。有志さんに感謝しつつ読ませてもらいましょう。

こちらのリンクの299.5話が該当します。

IF LastOrigin Cartoon – Last Origin (ラストオリジン) 日本版攻略wiki (seesaawiki.jp)

あのハイエナがドン引きするレベル。

 

ラストオリジン漫画劇場シーズン2

もっちりほっぺな可愛い絵柄ながらえぐいシーンとの落差が癖になる作者diyap氏が連載されていたラストオリジン漫画劇場。こちらのシーズン2でもエリーちゃん回がありました。日本版公式はシーズン2までは掲載していないので、有志……というかポイちゃんの生みの親おぶい先生@ovvv)が記念に和訳されたものを紹介します。

以下のリンク先の15話が該当します。

14話……はアイシャ回なので頭からっぽで読めるとして、16話以降は基本的にエリーちゃん以降の時系列(日本版でいうと22年秋以降)なため、ネタバレが気にならない方だけ検索されて楽しんだらいいと思います。全6話。

from:ovvv 漫画劇場 – Twitter検索 / Twitter

 

贈り物 :平均と比較して3倍(Topタイ)
戦闘勝利:平均
大破  :平均と比較して0.5減らず
副官  :平均

この時点で既にどんなキャラかなんとなく分かりますね。上で設定紹介の覧で掲載済みの通り、実は甘えん坊なエリーちゃんなので贈り物を貰えると本当に嬉しい(食い意地のジニヤーや糖分を欲しているアンドバリなどと同様)様子。大破で平均より減らないあたりも「守るべきもののために傷つくのも貴族の役目」などと思ってそうなのがまた庇護欲を刺激します。

好感度増加は個性があるよ、な記事はこちら。

 

本国版誓約実装済キャラクター

このキャラクターは本国版では誓約状態が実装されているキャラクターです。
最近の日本版の傾向的に、このキャラクターも誓約での特別台詞変更が同時実装の可能性は大いにあります。

誓約状態での特別仕様についての記事はこちら。

 

入手法

参照:戦闘員情報 – エリー・クイックハンド – 滅亡前の戦術教本 (swaytwig.com)

蓮華の上に~は日本版でいう"蓮花の陰に咲く薔薇"が該当します。要するに22/09/21に彼女が実装後即、同時に開放される蓮花イベ2部で掘れるということを意味します。以降の箱船は冬イベですし、その下の未翻訳は本国版22年夏イベ……は日本版だと23年夏イベが該当します。

英語wikiを見るに初回クリア報酬が高級モジュール、ドロップはエリーとドラコ、ドラキュリナ専用装備のようですね。彼女が欲しいなら、蓮花イベに参加し2部まで進める必要がある、ということだけは留意する必要があります。この通りドロップで入手可能なため、製造率UPキャンペーンなどがあろうと製造で狙うメリットは低め、と言えるでしょう。

蓮花イベにおける全ドロップリストや周回優先度記事はこちら。

 

性能

参照:戦闘員情報 – エリー・クイックハンド – 滅亡前の戦術教本 (swaytwig.com)

列/行保護を持つヨアンナ強化版……やギガンテス亜種、と言えば分かりやすいでしょうか。本国版ではエリーちゃんが真っ先に持ち出したのが「範囲ダメージ分散」だったりします。常時列保護を有効化しつつ、スキル2使用で行保護まで獲得。自身が中央の場合範囲内に範囲ダメージ分散を付与しさらに守る、と非常に噛み合ったスキル群です。

ただし見ての通りスキル2使用後の1回被ダメ無効化、範囲ダメージ分散と被ダメ軽減30%弱しか防御機構がないので、あまりに強力な単体攻撃がバンバン飛んでくる場面だと耐えきれないのは想像にやすいことでしょう。

 

フレーバーテキスト紹介

[スキル1:テーザーニードル]
“様々な機能が搭載された要員用量産は080機関所属要員の装備の一つです。 他にも刃の隠された靴、神経毒の入った万年筆、ライターの形をした手榴弾などがあります。"
[スキル2:防護モード]
“量産に設置された防護駅長の出力を最大に上げる場合、かなりの爆発程度は防御できます。 内側でも外側でも"
[パッシブ1:ノブレス·オブリージュ]
“不幸にも、庶民のために犠牲になり奉仕するというエリーの心構えは、一点の偽りもない真心です。"
[パッシブ2:気楽なティータイム]
“騒がしい戦場でもティータイムを欠かしません。"
 

活躍場面紹介

メインタンカーとしては紙耐久ですが、サブタンカーとしてならとても優秀です。スキル2使用後に毎回張り直す被ダメ無効1回と範囲ダメージ分散がありがたい。

 

ガードモーション実装キャラクター

エリーは味方が攻撃された時、保護すると盾などを構えて防ぐ挙動を取るキャラクターの1人です。日本版だとフリッガが先でしたが、本国版ではエリーちゃんが最初の実装キャラクターでした。

 

変化の聖所2-33:反撃ストロングホールド編成

変化の聖所2-33、というと赤ボンバー地帯です。敵編成としてはこんな感じ。

見た瞬間「うわあああああああ!」となりそうな敵編成ですが、回避750%の赤ボンバーには致命的が弱点がありそれが「攻撃後は回避が500%低下する」ということ。今回の編成ではエリーのスキル「範囲ダメージ分散」を活かし、赤ボンバーから飛んでくる苛烈な範囲電気攻撃を分散させ電気耐性のないストホの被ダメを減らして耐えつつ、SSミホから付与されている反撃で赤ボンバーを処理していきます。

記事はこちら。

 

常設9-4Ex とある海軍の姉キャラ掘り 3:20

蓮花イベの後にくるかもこないかも……?な一応秒読みではある9区最深部、聖域イベで同じみHP300万のブラックナイト2体と戦闘するステージです。

ドロップとしてはこのように。9区と同時実装と思われる海軍の姉の新キャラと、シラユリやクリβ、カーンの自己標的専用装備が常設入りします。

聖域イベEv1-3Ex強化版といった敵編成なため、高速周回は非常に難しいです。22/09/16時点では日本版未実装なため、興味のある方だけ以下より詳細をどうぞ。

 

おわりにとまとめ

表情差分も多め。どんな表情をしてくれるか、は実装後に確かめてみよう
・エリー・クイックハンドは080機関所属の爆弾解体のスペシャリスト。学校などに潜入し生徒たちに紛れ未来ある子供を守る役目
・身長127cm、体重25kgととんでもなく身軽。理由は彼女が製造された"役目"と関係がある
・蓮花イベ1部の最後で言及されていた通り、彼女が実装される22/09/21と同時開放の2部で掘れる見込み
・性能的にはSランク軽装保護機。"ダメージ分散"効果が強みのサブタンカー向きのスキル構成
・ノーリンク適正はほぼないに等しい。フルリンク1人いれば良さそう
 

「エリーちゃんきたああああああああ!」

な方も多いかと思います。ロリに厳しいラストオリジンの中でも、LRL以上かもしれない凄惨な設定のバイオロイドなだけに庇護欲を刺激される司令官が多い様子。ぜひお迎えして大事にしてあげましょう。筆者も大量のケーキと指輪を用意してスタンバっています。
 
魅力を紹介できていたら幸いです。
Zelarny(@Zelarny)でした。
閲覧ありがとうございました。
 
スポンサーリンク