【日本版ラストオリジン】ヴェロニカのS→SS昇級優先度はコウヘイ教団が揃っているなら高めかも。聖所2区深層も攻略可能【22/09/17環境版】

スポンサーリンク

この記事で分かること

・元々のヴェロニカの強みについて
・SS昇級への恩恵について
・SS昇級ヴェロニカの活躍場面

ヴェロニカのS→SS昇級優先度は"高め(条件付き)“だと見ています。

・コウヘイ教団員(アザゼル、サラカエル、エンジェル、ラミエル)とのシナジーが強くメインディーラーにもなる
・コウヘイ教団編成だと実質SS昇級前提な部分あり。Sのままだと出番をあげにくい

天使そのものの採用率が周回編成では低いため高難易度攻略を目指すならSS優先度が高い、な評価です。

ヴェロニカは何ができるのか?を1個ずつ見ていきましょう。

※当記事で紹介している倍率やスキル範囲はスキルレベル10です。

 

元々の強みについて

やはり天使と組んだ時が特に強力です。

保護機であるアザゼルやサラカエルに反撃を付与できるほか、行動補助まで行いつつ加速した天使の攻撃に対して追撃します。

 

スキル1:異端指定

所持攻撃×2.325倍の比較的シンプルな攻撃スキルです。スキル1に設定されていることで支援攻撃のたびにこのスキルを使用します。

支援攻撃はあくまで支援相手の攻撃のついで、な仕様で補助効果が乗らないため、ある種下手に特攻ありきで倍率低め、よりは強いのかもしれません。

 

スキル2:執行開始

保護無視かつ縦3マスかつ威力減衰なしの所持攻撃力×3倍の標的/被ダメ増加デバフ特攻攻撃です。

このスキルの強みは何と言っても、サラカエルと同時編成状態だと常に敵陣が被ダメ増加デバフ状態、なこと。

そしてこのスキルは敵が被ダメ増加または標的状態だと、被ダメ軽減を解除もします。変化の聖所で出現する敵は被ダメ軽減を重ねに重ねまくる傾向があるため、ヴェロニカがこのスキル2で攻撃後は天使たちの攻撃が非常に通りやすくなる起点とすることが可能です。

 

パッシブ1:影の代行者

要するに以下の効果です。

・行保護持ちまたはコウヘイ教団員の攻撃支援と自身の攻撃命中時AP付与
・Round開始時、アザゼル、サラカエル、ラミエルにAP供給と反撃付与
・常時アザゼル、サラカエル、ラミエル、エンジェルの数だけ防御貫通+20%を重複獲得

ヴェロニカは攻撃機ですが、コウヘイ教団のシスターでもあるため天使のサポートもしています。スキルレベル増加の恩恵が非常に強いため、運用する際はフルリンクボーナスで事実上のバフ/デバフLv+2が必須です。

さらに誓約の指輪を渡した後の誓約状態や、約束の花束での好感度200状態だと防御貫通倍率が+26%、となりコウヘイ教団5人で出撃しただけで26%×4、つまり防御貫通倍率が100%を超え敵の防御をガン無視するようにもなります。

 

パッシブ2:最期の聖戦

戦闘開始時、なので開幕の敵が7体以上だと確定で4スタック分が起動。つまり以下のような自己バフを得ています。

スキル1個で増加しすぎです。変化の聖所ではほぼほぼ毎回のように敵編成は9体なので、常時この状態。強いです。

 

専用装備:特殊隊員用首輪 も存在

常設8-3bでいつでも入手可能です。

パッシブ2で残りHPが低いほど予ダメにブーストがかかるため、この装備をつけて戦闘を続けるだけで次第に火力が増加していきます。速攻編成だと出番はないものの、長丁場となりがちな高難易度ほど真価を発揮します。

ただ長引きすぎると大破してしまいますし、反撃や保護無視の攻撃に被弾するとそのまま落とされてしまいそうです。しかしそんな欠点は、SSへと昇級することである程度克服することができます。

 

昇級後の強みについて

「戦闘続行4回?は?」

と思われるかもしれません……が、ヴェロニカはやろうと思えば攻撃機でありながら4回もHPが0になっても立ち上がります。

 

パッシブ3:光の加護

要するに以下の効果です。

戦闘開始時:戦闘続行1回+他にコウヘイ教団員が存在する場合さらに1回(解除不可)
戦闘続行時:攻撃行動力増加(解除不可)
常時   :クリ率と射程増加

コウヘイ教団と言えば、天使アザゼルの周囲8マスへの戦闘続行効果はお馴染みかと思います。

SSヴェロニカの戦闘続行は天使アザゼルの復活バフと重複しますし、さらに戦闘刺激剤やミニハチコの装備による戦闘続行バフも重複します。つまり最大4回戦闘続行が可能です。天使勢で戦闘続行を自前で所持するのはアザゼルとエンジェルだけで、アザゼル周囲に付与するのは戦闘続行1回。

光の加護、と称して天使勢よりも多く立ち上がるという光の加護を受けし者の恩恵を示すに相応しい挙動をします。ある種狂っているともいえそうな信仰心、さすがのヴェロニカです…。

 

運用例

変化の聖所1区フルオートコウヘイ教団編成

変化の聖所2区で汎用で通用する編成で1区苦戦するわけないよね、という。

サラカエルが開幕で自己標的を起動し攻撃を引き付け、HPが半分以下になると今度はアザゼルがサラカエルを保護しだします。アザゼルは最大2回復活するうえ、復活の度に被ダメ最小化バフを得るため一度起き上がってからが減らないのなんの。

厄介な反撃や保護無視もアザゼルの付与している被ダメ1回無効化や戦闘続行1回で起き上がって戦闘を続け、次のWaveで再度有効化して……とゾンビ軍団のような挙動をします。これが光の加護です。ごり押しの極み。

参照記事はこちら。

 

変化の聖所2区汎用コウヘイ教団編成

画像クリックでオリジナルサイズ

↑の亜種です。筆者もコウヘイ教団編成を組もうとすると似たような編成になったので紹介。ただエンジェルがサブディーラーとなっている関係上、射程+1ではなくて射程+2装備のが安定性が高かったように思います。

なお、反撃反撃、とにかくデバフを蓄積させてヴェロニカが穿つ、な編成なため被弾で発狂する2-60の追撃者だけは割とどうにもならなさそうでした。ゴルタリオン無限復活編成と同時出撃がいいかもしれません。実質聖所2-1~2-59まで、かも?

参照記事はこちら。

聖所2区総合攻略記事はこちら。

 

変化の聖所2区ほぼ汎用電気編成

画像クリックでオリジナルサイズ

追撃者とサイクロプスType-Xのいるステージだけ無理、としています。

自己標的サラカエルが全てを引き付け、高めに高めた被ダメ軽減倍率で耐えつつヴェロニカから付与された反撃の電気攻撃を繰り返す編成。SSレイシーやエラが電気耐性を下げているため、サラカエルだけでなくロクやレイシーの火力も伸びていることで極端に属性耐性の高い敵以外を蹂躙します。ロクが爽快なダメージを出しそうです。

参照記事はこちら。

聖所2区総合攻略記事はこちら。

 

おわりにとまとめ

・ヴェロニカの昇級優先度は条件付きで高め。コウヘイ教団員を揃えている方前提ではあるものの、高難易度適正が非常に高い
・SSとなるともはや天使勢より復活したりと攻撃機な割にアザゼルもびっくりのしぶとさを誇る。信仰心すごい。
・ただアザゼルやサラカエルなど、SSキャラクターとのシナジーが高く彼女らありきな性能なところがあるため未所持の場合極端にオススメ度が落ちる

筆者も一時期組んで腕試してた感じ、見るからに半壊しているとしか思えないこの面々はなんとWave1の時点からほぼずっとこの状態で2-60の最深部までこれたりしました。さすがに追撃者には後一歩及ばず撃退されたものの、地力を示すには充分すぎます。

地味に一番鬱陶しかったのがビッグチックキャノンGでしたり。ヴェロニカがメインアタッカーなのに軽装→重装予ダメを反撃で削られまくるので割と苦戦しました…。思わぬ相手が苦手となるのも、高難易度あるあるで面白いです。

昇級優先度と未実装昇級の記事はこちら。

その他の昇級記事一覧はこちら。

以上、Zelarny(@Zelarny)でした。

閲覧ありがとうございました。

 

スポンサーリンク