【日本版ラストオリジン】”外部通信要請” 設計者と被造物 HARD(旧ノーマル) 解説攻略【21/06/09版】

2021年7月3日

スポンサーリンク

(21/07/03追記)
21/06/30アップデート(公式お知らせ)により難易度表記が変更されました。
手間なのでタイトルのみ修正します。
設計者と被造物 NORMAL の出現エネミー解説、攻略編成の紹介を行います。

イージーの記事はこちら。

一言で表すなら詰め将棋です。
他のゲームでもあると思います。
ラスオリの場合、特定キャラを用いる、人数○○以下などの条件で指定ラウンド内に全滅させろ、のようになります。
詰め将棋ですので全てのお題を達成(☆4)しないと報酬が貰えません。
一応クリアだけでもツナ缶は貰えます。
 
性質上手動前提なところや大破が反映されない、戦闘中回復ができない、などは永遠の戦場と同様です。
ただし資源消費はありません。
キャラの性質や敵のスキルの理解が必要となるなど、上級者向けのコンテンツとなっています。
より詳しい記事はこちら。
 

設計者と被造物 概要

4本腕の謎の新エネミーが佇んでいます。
設計者と被造物、ということなのでこのエネミーは設計者か被造物のどちらかなのかはたして。

☆4条件と報酬[NORMAL]

・クリアしろ
・戦闘不能は1人まで
・10ラウンド以内
・軽装1人のみ編成、と。
イージーでは機動1でしたが今度は軽装1ときました。
ポイ編成では苦労しそうです。

ツナ缶資源3万ずつです。

敵編成[NORMAL]

タイラントだけでも10Round以内はきついのに何かがいます。
入場前に映っていた"設計者"がこの4本腕のエネミーなんでしょうか…?

暴君タイラント(NORMAL版)

二つ名付きの特殊エネミーのようです。
EASYからLv10増加し2万近くHP増えてます。これはきつい。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
Lvが増加したことでスキルダメージも増加しているんですが、性能は変化していません。
スキルダメージのみノーマル同様です。更新が手間ですので省略させてもらいます。
ご了承下さい。

暴君タイラント(NORMAL)から分かること ※イージーから追記修正

HPが事実上35万と非常に多い(イージー+3万)
・開幕2Roundは50%もの高確率で行動不能
 ほぼ8Roundで削りきれ要求
・パッシブ2により硬い。防御貫通、被ダメ軽減無視を持つキャラが有効
ー重装の為行動力が低い
 LRLなどで遅延を重ねれば封殺も可能と思われるが一応効果抵抗も所持(50%)している為弾かれる確率は半々
ー全ての攻撃が保護無視。だが攻撃の誘導は容易
前列、中列に誰もいなければ単体炎属性攻撃しか使わない
スキル2説明解読完了
 Round開始時のHPに応じて攻撃対象を変更
 かつ、Round中に属性攻撃に被弾すると属性攻撃ごとに決められた攻撃対象へ変更
 つまり行動前に炎攻撃を命中させ続けることで常に重装に攻撃の誘導が可能
・ヒント通りブラックワームなら行動前にアクティブ2の炎攻撃を命中させることで必ずブラックワームに誘導できる
 ブラックワームからでなくとも他のキャラからでも誘導が可能
ー復活後撃破で所持攻撃力×200%の炎属性自爆特攻を仕掛けてくる
 NORMALだと2400
スキル2と自爆特攻は炎属性の為火炎抵抗100%で被ダメを1にできる
 

???(NORMAL版)

名前がエラーで分かりません。
重装支援機なだけありサポート能力に長けているようです。
タイラントはHPを減らさない限り重装しか狙わないので、基本はこの謎のエネミーから落とすことになりそうです。

スキル1スキル2パッシブ1パッシブ2パッシブ3情報
分かりやすいほどに支援機です。
謎の新キャラからの情報が見れます。

???(NORMAL)から分かること

ースキル1→4スタック後?→スキル2→スキル1のループ
ー攻撃スキルはどちらも保護無視ではないが範囲攻撃。攻撃時デバフを受けていると攻撃相手(こちら)に適用する
・列保護や行保護ならまとめて受けれそう
防御貫通や被ダメ軽減無視を付与されはしない為スキルダメージからデバフの差し引き分がそのままダメージ
・ワクチンがあるとデバフを弾ける為予ダメが伸びることはなさそう
ー周囲の味方の防御と命中をRoundごとに増加させる
・自分は命中デバフを受けない限り増加しない
・基礎命中220
ー自身に防御増加とバリアを所持
ー攻撃ごとに周囲に行動力バフ付与。だが3回攻撃後に属性攻撃に被弾すると3Roundのエラーが発生。エラー中にRound開始を迎えると周囲のバフを全解除かつ2Round行動不能となる
3回攻撃したタイミングで属性攻撃を当て、あえてRoundを移すとタイラントもろとも2Roundも動かない、と(タイラントの自爆はする)
ー自分も味方もデバフを受けるとデバフに応じたステを増加させるがステと無関係のものは対処できない(打消しのような何か)
 

Zelarnyの場合の攻略(シャロ編成の例)

軽装を1だけ編成しろ、なのでそれ以外は5人編成可能です。

日本版攻略wikiでの紹介例に手を加えたものです。
ポイちゃんでもいけると思いますが、今回は事実上8Roundで2体を削りきらなければなりません。
???への攻撃タイミングを見誤って巻き込まれたりタイラントの行動次第では被弾した瞬間火力が落ちるポイちゃんはちょっと相性が悪いです。

編成概要

敵は被ダメ軽減30%を所持しています。
被ダメ軽減無視ができるキャラクターが有用です。
また、タイラント自身も"???"も防御増加パッシブを所持しています。
防御貫通も欲しいです。

今回はバリア/被ダメージ軽減無視かつ再攻撃まで獲得したシャーロット。
彼女を軸に防御貫通パッシブを上乗せし防御貫通100%にしてしまおう、という編成です。

使用キャラと装備

シャーロットだけはガチガチに装備とステを整える必要があります。
事実上アタッカー1体で2体を10ラウンド制限がかなりきついので、火力が低いと事故や削りきれない事態が多いです。

シャーロット

・SSクリチップ+10
・SS対装甲装備+10
・SS対重装OS+10
・SS攻撃チップ+10
 (上記いずれも推奨)
 
上でガチガチと述べたもののステ調整はVer1.0環境時のままです。
(Ver2.0仕様ではパッシブが変化し最初からクリ+14.5%するようになってます)
wiki編成よりは余裕があるように組んだので、装備はもう少し低くてもいいかもしれません。
横にダフネも添えているのでないと思いますが、クリ100%にだけなるように調整お忘れなく。

今回鍵となっているスキルは以下のスキルです。

Ver1.0環境と異なり1回攻撃後のRound開始時からバリア/被ダメージ軽減を無視します。
(Ver1.0では3回攻撃後のRound開始時からでした)
また、3回攻撃後のRound開始時(4回目の攻撃から)Ver2.0からの新要素"再攻撃"を獲得し一度の行動で2度攻撃を行います。
ただし防御貫通は所持していないので、今回は対装甲装備と周囲のサポートで防御貫通100%にしています。

 

バーバリアナ

・ミニハチコ
・SSワクチンチップ+0
・SS防御OS+0
・SS防御チップ+0
・ステは防御極振り
・フルリンクボーナスにHP+20%(推奨)
 
シャーロットの育成と装備次第では適当でも平気です。
適当でも大丈夫でしたが、クリティカル連打されたりするとちょっと怖いかもしれません。

今回鍵となっているスキルは以下のスキルです。

自分がどこにいても後列を指定保護しつつ、防御貫通まで付与できます。
ただあくまで指定保護なので"???"の十字のスキル2だけ怖いです。
巻き添えが発生しやすいため、"???"の攻撃回数を覚えておいて
3回攻撃したしなかった、を判断し3回攻撃した状態なら属性攻撃(キルケーのスキル1)を命中させスキル2を封じかつ行動不能にしてしまいましょう。

以下の攻撃です。

 

キルケー

シャーロットやバーバリアナの強化次第では実はいなくても平気です。
こと今回の攻略だとタイラントを真っ先に落とした時点で勝ち確定のようなものなんですが、ワクチンの強化具合が低かったり本人の効果抵抗が発揮されなかったりするとじわじわ減らされていく為結構見てて怖かったりします。
その為火力が低い場合や操作ミスった時の保険の意味でもキルケーを採用しています。

・運命の水晶玉+10(推奨)
・SS行動力チップ+0 or 回避チップ
・SS行動力チップ+0 or 回避チップ
・SS標準OS+0
・ステは回避極振り
・フルリンクボーナスにバフ/デバフLv+2推奨
 
キルケーは水晶玉を装備すると隠し効果を発揮し、自分を含む周囲8マスにRound開始時最大+0.31のAP付与を行えます。
このため推奨玉やリンクボーナスに縛られない回避チップのがいいかもしれません。
全バフこみで回避220あれば"???"の攻撃を回避できます。
怖いのはタイラントですがタイラントは攻撃前にキルケーの持つ炎攻撃を命中させればバーバリアナしか狙いません。

今回鍵となっているスキルは以下のスキルです。

キルケーのアクティブ1は炎属性攻撃です。
タイラントのHPがRound開始時に70%以下で攻撃してくる時先に炎攻撃を命中させることで攻撃をバーバリアナに誘導できます。
攻撃力と行動力ブーストを斜めに付与するのもありがたいです。
ただ命中を下げてしまうので、これをバーバリアナにかけてしまうと命中が100%を下回り回避0の相手にすら当たらない確率が生じます。
よって一番下にバーバリアナを配置しています。

 

ダフネ

立っているだけで周囲を助ける妖精さんです。

装備は適当です。
ダミホロがあると戦闘復活し行動力が爆増しているタイラントから攻撃を受けた時保険になります。
ステ……はHP防御でいいと思います。
フルリンクボーナスにバフ/デバフLv+2にしてますがこれじゃなくてもいいです。
スキルレベルも10でなくて平気です。

今回鍵となっているスキルは以下のスキルです。

シャーロットに防御貫通を付与してくれています。
ついでにキルケーのお酒で酔って下がった命中をその場で元通りにする介抱もしてくれています。
装備強化が不足気味で苦しいのでしたら、ダフネのクリティカルパッシブも計算に入れてシャロのクリ100を目指すと良いでしょう。

 

エクスプレス

キルケーを採用したことで若干役割が浮いてます。

SS行動力チップ+0を2枚装備しているだけです。
2Roundの攻撃力増加もついているので本来は積極的に給油した方がいいです。
所持済みの方は高強化の突撃OSやエネパも装備するといいでしょう。

今回鍵となっているスキルは以下のスキルです。

毎Roundシャロにお届けして頑張ってもらいましょう。

 

攻略動画(音有無編集)

※音がでます。ご注意下さい。

各々やっていることは以下になります。

・シャロ
 とにかく攻撃。最速で3回攻撃し再行動を獲得したい。
 復活後の行動力超ブーストタイラントだけは怖かったのでスキル2を使用し大火力で行動前に潰しています。
 
・バーバリアナ
 威力の高いスキル2をメインで使用し削ります。
 
・キルケー
 ビビッて待機させまくってますが序盤くらい攻撃しても平気です。
 むしろシャロが攻撃する寸前くらいは被ダメ増加デバフ付与のスキル1入れといたほうがダメージ伸びます。
 役割としてはタイラントのHPが70%以下で攻撃を行う場合に真っ先に行動しバーバリアナへとタゲ変更をすることです。
 Round開始時に、です。
 Round開始時にHPが184800以下だと攻撃対象が重装以外の為、ぱっと見に自信がなければ基本様子見させておいて いざという時にスキル1を使わせるといいでしょう。
 動画では3回攻撃後の"???"に炎攻撃を命中させ行動不能を付与する仕事もさせてます。
 
・ダフネ
 スキル1で腐食状態にして被ダメ増加の内部破壊を付与と行動遅延でタイラントを抑え続けています。
 スキル2で"???"を巻き込んで地味に削っておいてもいいです。
 
・エクスプレス
 お届けです!
 
怖いのは復活後のタイラント。
キルケーのスキル2で行動を封じようにも50%確率で弾かれる
シャロのAPが足りていれば開幕2回行動と再攻撃2回で沈めることができるが、もし足りていなければ2回目の攻撃はタイラント行動後になってしまう
タイラントに動かれると最悪バーバリアナや機動のいずれかが落とされる危険がある
1人なら☆4県内だから平気だが、自爆のHP2400が全員残っているか要確認
シャロの装備強化次第だが復活後のHPはスキル2一回で削りきれる
戦況の変化を見極めたい
 

おわりに

今回は、設計者と被造物 NOAMAL の出現エネミー解説、攻略編成の紹介を行いました。

・特殊な二つ名のタイラント+謎のエネミーの2体。10Round制限がかなり厳しい。装備強化高水準必須
・"???"は攻撃力こそないが範囲攻撃所持。デバフが重なると行動不能も付与してくる。基本的には最優先で倒したい
・被ダメ軽減、バリア、高防御と攻撃拒否能力が高い2体。今回はシャロに防御貫通を付与して攻略
・"???"は3回行動後に属性攻撃を命中させることで周囲を巻き込みながら行動不能となる。
 3回命中バフがたまっているタイミングを見逃さず属性攻撃を打ち込みそのまま次のRoundに移し戦闘を楽に進めたい
・重要なのはタイラントの攻撃誘導と、"???"の攻撃をいかに受けないか。
 自爆特攻されると2400ものHPを全域が受けることになる
と、言う記事でした。
 
実はこの記事投稿時点でエキスパートまでクリアしてるんですが、ノーマルが一番きついと思います。
HP合計70万を事実上8Roundで削りきれ、はだいぶ鬼です。
いっそ最初のRoundで行動不能祭りになったら撤退、再出撃を繰り返してもいいかもしれません。
ただ装備強化や編成次第では今回のように2Round完全にすっとばしても1Round余るくらいには出来ています。
キャラ育成や装備強化を行い、最終クリアを目指したいところです。
必然的に有効キャラが限られたりするので攻略編成が似たり寄ったりになるのが本当につまらないんですが、こればっかりは仕方ありません。
どれも要点を抑えられているか否か、ですので手持ちと相談しいけるいけないを練るのもいいかと思います。
参考になれば幸いです。
 
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
スポンサーリンク