【日本版ラストオリジン】22/10/06アプデでしれっとロボ研究2種が追加済み。未来のAGSのために研究を進めておこう

スポンサーリンク

はじめに:しれっと2種研究

日本版ラストオリジンにおける22/10/06アプデ(公式リンク)で、しれーっとAGS研究2種が最下段に無告知で追加されていたりしました。

この22/10/06アプデでは、このほかにも図鑑機能強化によるボイスリスト表示(別記事リンク)や、外伝のAI変更、筆者の報告していた不具合修正が行われていたり、と公式告知にないものの実施された内容が多かった日でした。(同時に敵の情報覧もバグりました。いずれ直ると思われます…)

日本版運営ちゃん3年目。相変わらずポンコツなままではありますが、一応これでもだいぶマシになってはきました…。不具合報告やら要望やら送りまくって2年半近く付き合っている筆者なので、成長を感じる部分もありはします。

今回は、しれーっと追加されたロボ研究2種について、と開放可能となるAGSの性能についてを紹介します。

詳しいキャラ設定などは実装予告後に掲載しますので今回は取り扱いません。あしからず。

 

そもそも進行させてしまっていいのか?

「無告知で実装されたのなら不具合なんじゃ…」

「進行させたけど本来の実装時にリセットされたりしない?」

「バグ利用として処罰されたりしない?」

等々思われる方がいるかもしれませんので、本題に入る前にお伝えしておきます。

ラストオリジン日本版運営の場合まず不具合ではないですし、間違いなくリセットされませんし、処罰されたりもしません。

 

まず不具合なのかどうか、について

日本版ラストオリジンは韓国版(以降本国版と表記)ラストオリジンのローカライズ版です。どのように成り立っているのかは知る由はありませんが、過去の不具合の中にはなぜか台詞が韓国語になってしまったり、なぜか説明文が韓国語だったり、な事態が起きました。

例:大幅アプデ時にしれっと実施された上方修正キャラたち

本国版は日本版より先にサービス開始した関係で、日本とはおよそ1年分のアプデの差があります。それなのに、日本版は22/05/25アプデで22年度の本国版と同様に環境となるようパッチノートを適用してしまっている様子なため「把握してないけどなぜか実装されちゃってた」がかなり多いです。

これについて何の言及もないので、古くからのユーザーは「もはや格式美」だとすら思っているところがあります。

 

リセットされたりしない?について

これについては、過去なんと不具合ありきで周回編成が確立していた頃がありました。

Ver1.0時代の日本版に、本国版ではVer2.0化以降に追加されたステージを先行実装した結果ボスエネミーが棒立ちになり、取り巻きだけを倒せばいいだけな激ヌルボーナスステージ化した6-8Exが存在したりしました。

伝説のバグスキューショナー。不動かつ虚弱体質化しているため容易にレベリングすら可能だった

これについて問い合わせても返答はなかったものの、リセットなどはありませんでしたし周りの当時の古参からも聞いたことはありません。

その事実から、消化させといたけど後で初期化されている、な事態は起こりにくいと思います。

 

不正利用で処罰されたりしないか、について

少なくとも、当時前述している6-8Exのバグスキューショナーを利用してのレベリングやレアドロ回収をしたユーザーで日本版運営から処罰された、な声は一人たりとも聞いていません。

今回もそうとは限らない、は確かにその可能性はありますが、そもそも不具合で利用してはいけない、のだとしたら公式から声があるはずです。それがないのは、「なぜかパッチノートを適用したら実装されちゃったけど本来はまだだから大きな声でいえない」だけだと思われます。

ポンコツすぎて何が仕様か不具合か分かりにくい要素がそもそも多いです。

あまりこういう書き方をしたくはありませんが、「やったもん勝ち」な側面があるのは否めません。

 

追加新規ロボ研究1:多重火器統制システム

“多重火器制御システム"は、とあるAGSを製造解禁するために必要なロボ研究です。

22/11/02時点では日本版未実装なので詳細は伏せますが、"複数の火器と同時に効率的に制御できるシステム"なんてなんだかロマンを感じますよね。

筆者はゾ〇ドをよく見ていたので、ラ〇ガーゼロパンツァーが真っ先にイメージに浮かびました。歳がバレる……!?

英語wiki(外部リンク)から研究詳細をお借りすると、研究の開放にはタイラントの研究をクリアしてからやっと研究進行可能となる様子。

特殊モジュールこと青チョコ500と、重武装パーツ1500がえっぐい。さらに192時間、つまり8日間かかるのもえぐい。

ただそれだけにこれまで開放してきたAGSたち同様、性能が強力なのは保証されています。

製造解禁されるのはSSランクであり、日本版では未実装なものの本国版では以下の機体が該当します。

「男の子ってこういうの好きでしょ?」

でぶん殴ってくるゲーム、ラストオリジン。

当然AGSなので、製造ガチャなどもなく研究を開放すれば無限に製造可能です。

 

製造可能AGSの活躍機会

動画は22/11/02時点日本版未実装、変化の聖所3-50クリアの様子です。

聖所装備の強行戦闘補助装置……通称背骨を装備しかつ、自前のパッシブでさらに増えた行動回数で重装攻撃機よろしく全ての攻撃が一撃必殺クラスの攻撃を仲間たちにAP供給を繰り返されることで1Roundに最大4回行動しつつ自前のパッシブで自分の攻撃に協同攻撃。

1Roundに合計8回もの無慈悲な高範囲超火力攻撃を叩き込み続け聖所深層にのさばる理不尽エネミー群をその身の全身武器庫のミサイル豪雨だけででねじ伏せていきます。

詳細な解説はあえてしません。全身砲台AGSの暴れっぷりをただただ眺めてみて下さい。

※音が出ます。BGM変化後が暴れ状態の編集のようです。

こちらの全身ミサイルランチャーAGSは、早ければ常設9章クリア後に製造解禁となる見込みです。

常設9章は時系列的に22/11/02時点開催中のProject ORCA スターナイトステージの次に追加されると思われており、早ければ星夜イベ終了後の11/23、もしくは12月中には日本版でも会えることでしょう。

とある条件を満たすとリミッター解除状態となり、全身から蒸気を噴き上げる演出も。

頑張って素材を集め、8日間の研究、進めておきましょう。

 

新規追加ロボ研究2:高出力核融合推進器

“高出力核融合推進器"は、とあるAGSを製造解禁するために必要なロボ研究です。

22/11/02時点では日本版未実装なので詳細は伏せます。

核融合の時点でエネルギーの塊なのにさらに高出力、そしてこれを制御するAGSなんてどんな強大なロボなのか…と期待に胸がはずみます。

英語wiki(外部リンク)から研究詳細をお借りすると、研究の開放にはストロングホールドの研究をクリアしてからやっと研究進行可能となる様子。

特殊モジュールこと青チョコ500と、超合金装甲板1500がえっぐい。さらに192時間、つまり8日間かかるのもえぐい。

ただ知っての通り、ラストオリジンのSSAGSに外れはいません。それどころか、このAGSは1体で周回環境に革命を起こしたほどの超性能です。

製造解禁されるのはSSランク日本版では未実装なものの本国版では以下の機体が該当します。

「男の子ってこういう変形ロボ好きなんでしょ?」

なんて言われるまでもないですよね。

当然AGSなので、製造ガチャなどもなく研究を開放すれば無限に製造可能です。

 

製造可能AGSの活躍機会

こちらは鳥モードでのメリーを添えた7-4Ex周回の様子。

普通に攻撃しただけでこの火力。風の刃が初心者殺しのデストロイヤーを瞬く間に粉砕しています。

※音が出ます。

 

次にこちらは人型モードでの常設深部8-8周回の様子。

マリアさんにより待てされたことで待機し変形、9マス範囲の極太ビームを放ちにっくきレモネードオメガもろとも敵陣を消し飛ばします。

※音が出ます。

 

そして最後に、人型モードにて日本版未実装の強制待機させる聖所装備を装着し自力待機して攻撃を繰り出すリオボロスの遺産Ev2-3b単騎周回の様子。

人型モードのもう一つの攻撃、高高度からの飛び蹴りを放ち敵陣を蹴り砕いていきます。

※音が出ます。

そう、こちらは単騎周回にも強いです。栄養を使わないAGSなので栄養に優しいのはもちろん、彼がいれば電力>部品の順で消費を行う資源ランも可能です。これまで困りがちの電力>部品>栄養の資源の偏りの際大幅に貢献してくれます。

 

おまけ:等倍の変形シーンだけを切り取った動画

もちろん音が出ます。むしろ効果音聞いて下さい。

こちらの変形AGSは、9章後~冬イベ辺りで実装されると思われます。つまり早ければ1~2か月ほどで日本版にも実装される見込みです。

研究を進めておけば、実装されたら即開放出来るようになります。

この単独変形をさせるには、精錬アルタリウム1500を消費しての聖所装備も必要です。

頑張って素材を集め、8日間の研究を進めながら聖所攻略にも精を出しましょう。

 

おわりに:まだ見ぬAGSやスキンも存在

「おっぱいと言えばラストオリジン!」

を公式がやりやがったくらいにはむちむちおっぱい巨尻ゲーだと思われていそうですが、ラストオリジンはそれだけでなくメカメカしいロボットやポストアポカリプス全開なダークな世界感が売りのゲームだと思っています。

今回紹介した2体のAGSは22/11/02現時点からすると実装間近と言っていいロボで、研究もうっかり追加されたため紹介しました。他にはいないのか、というとこれからもAGSにとある方々に刺さりそうなスキンや、だいぶ先にはなりそうなものの公募展から1体、そして新章で1体がほぼ確定しています。

日本版にも冬~春にかけて実装と思われるAGSたちのスキン

ラストオリジンはまだまだ続いていきます。

まだ見ぬ彼ら彼女らはもちろん、まだ見ぬ推しを会うため周回し素材素材集めにできるなら高難易度攻略に、と意欲的に遊んでみて欲しいと思います。

聖所攻略記事はこちら。

未実装キャラ記事はこちら。

未実装スキン記事はこちら。

資源ラン記事群はこちら。

サービス開始から遊んでいるラスオリ一筋の自称上級者、Zelarny(@Zelarny)がお送りしました。

閲覧ありがとうございました。

 

スポンサーリンク