【日本版ラストオリジン】儚き記憶は友と共に Ev2-6周回キャラクターを紹介。レベリングも可能で一周9000と非常に美味しいEXPが獲得できる

2021年10月21日

スポンサーリンク

この記事で分かること

・儚き記憶は友と共に Ev2-6の概要
・周回要点解説

はじめに

比較的新規向けにレベリングも可能な儚き記憶は友と共に Ev2-6を紹介します。

一周9000と破格なだけでなく、ドロップもSSキャラのアルマンの他、速攻編成で度々出番のあるSのタロンフェザー、新装備の軽装機動の複合特攻OSなど美味しいだけでなくイベント素材まで入手できます。
しかも敵が強いかというとそうでもない為、ドロップを集めながらレベリングも安易に可能なありがたいステージとなっています。
 

Ev2-6 ステージ概要

出現エネミーとしては以下の5種。

・チラー
・スケロプ
・スカウト
・ヘビースカウト
・ワスプ
 
いずれも下位種で、敵HP的には最も高くて2610と非常に低いです。
こと初手に限定ですが初手行動力4.5以上、必中値は最大回避のチラーの80に+100した命中180です。
スティンガー型鉄虫のワスプだけ味方が倒れるごとに回避が2Round+25%増加する為、単体攻撃で倒し続けていく場合最大3スタックまでの+75%を見る必要があります。
射程が短い敵ばかりなので後方が比較的安全ですが、チラーのように軽装優先AI、ヘビースカウトのように重装優先AIの敵もいる為基本的には育成枠は保護しておいたほうが良いです。
ペロちゃんなど適当な回避反撃機を前列に置くだけでも周回自体は可能だと思います(最大命中130。回避130で完全回避
ちなみにチラーは冷気耐性が99%な為、冷気攻撃キャラのみで挑むとほぼ積んだりします。
 

配置例

アレクサンドラを引率キャラクターとする場合、以下のような配置例になります。

Wave1の1、2Round目だけは攻撃されてしまいます。
敵は射程の関係で奥までは基本届きませんが、スキルで射程を伸ばす敵もいる為絶対ではないです。
ざっくりすぎますが、HPが2000以上のキャラを前に、HP1000程度のキャラを奥に配置で事故りにくいと思います。
Lv1からを育てたいなら、育っている保護機で保護していまう手をオススメします。

 

お約束

標的付与攻撃持ちを編成し、かつ引率役より先に行動し敵に命中させてしまう場合は注意が必要です。

育成枠を連れていく場合、標的持ちは行動を遅らせるか攻撃を外させるかが必要です。
標的攻撃持ちが先制して攻撃してしまうと、後に行動する高範囲攻撃キャラクターが標的付与対象を優先して攻撃する為多くの敵を巻き込むように狙ってくれません。
命中低下チップこと出力増幅回路(左)を装備させるか、行動力低下チップこと出力安定回路(右)をBでもいいので装備させる対策が有効です。
育成枠を編成する際は標的攻撃を所持しているか否か、引率役より早く行動してしまうか否か、を確認しましょう。

こちらの記事の一部が非常に分かりやすく解説できています。↓のほうの標的持ちの例と標的付与した場合~を確認下さい。

 

ドロップと経験値

キャラクターとしてはSSにアルマン枢機卿、Sにタロンフェザー。
新装備として複合特攻OSの対軽装機動(最大+20%ずつ/単体OSだと+35%)が獲得できます。

また、獲得EXPも優れており1週9000と初級者や中級者向けの常設レベリング4-4EXの1.5倍のEXPを獲得できます。

周回が難しいかと言えばそうでもない為、様々なキャラで安定して周回が可能です。
要点を抑えれば最大4枠の育成も可能です。
 

周回引率キャラクター紹介

9マス攻撃所持キャラクターを採用することで高速周回が可能です。

その他の編成については本国版でも研究されていた編成がそのまま利用できます。

 

エイダー3-1EX流用

こんな感じの周回(2倍速)です。

資源ラン記事で紹介しているエイダーと完全に同じものです。

・SS攻撃回路β+10
・SS分析回路+10
・SS強襲型戦闘システム+10(別名射程減OS)
・SS運命の水晶+10
・ステはクリ100残り攻撃
・後列配置
 
同イベントのEv1-1EXで獲得できるキルケーの外伝で入手できる運命の水晶玉+10を装備させることで行動力を+15%することができます。
行動力計算としては4×(1+0.15)=4.6
となりここEv2-6の最速行動可能値4.5を超えられています。
命中も180を超えている為全ての敵に必中。
後列配置かつ射程減OSを装備することで9マス範囲攻撃しか使用できない為全Waveを最速行動し9マス攻撃で全エネミーを倒し続けて周回できます。
 

ノーリンクエイダー低コスト

比較的新米司令官向けのノーリンクエイダーです。

・ノーリンク
・ステは攻撃極振りの様子
・SS行動力チップ+10(常設3-8クリア報酬)
・SS出力制御回路+0(Ev2-5)
・SS射程減OS+3(Ev1-7)
・SS偵察ドローン+10(常設4-4クリア放流)
・後列配置
 
冒頭で解説している通り命中180で後列配置で行動力が4.5以上あればいい、をソロで達成する為のエイダーです。
ここEv2-6程度の敵ならクリティカルが発生せずとも問題なく倒せる火力はでます。
SS行動力チップと偵察ドローンの装備強化がしんどい場合は、行動力サポートが可能な育成枠のキャラをエイダーに添えることで行動力4.5を達成できることがあります。
とはいえ、この2枚とも使用頻度はかなり高めなので優先して+10にしてしまうのは悪い選択ではないです。

エイダーなど引率役に行動力サポートが可能なキャラ一覧(21/09/18時点)はこちら。

資源消費なしでステ確認方法についての記事はこちら。

 

ノーリンクアレクサンドラ低コスト(おすすめ)

こんな感じの周回(2倍速)です。

常設4-8で入手できます。
全域味方に最大獲得経験値+40.25%を付与できる他、自身での引率も可能な教師です。

・Lv100は不要。80~から可能?
・クリ100も不要(画像のは汎用クリ100残り攻撃)
・SS行動力チップ+0
・SS射程減OS+0
・SS偵察ドローン+0
・スキルレベル10必須
 
冒頭で解説している最速行動には行動力4.5必要!を満たしていないように見えますが、アレクサンドラは敵を2体撃破後にモードチェンジ(足元の色が青→紫)となり自己バフを獲得します。
この自己バフにより行動力を獲得する為、モードチェンジ前のWave1だけはグダりますがモードチェンジ後のWave2からは行動力4.5を超え最速行動しかつ9マス攻撃を打ち込み全滅させます。
この9マス攻撃はスキルレベル10限定時の攻撃の為スキルレベル10必須としています。
Lvに関しては80なくてもいいかもしれません……が100しか所持していないので未確認です。
要するにバフこみで行動力4.5と命中180、スキルレベル10あれば快適ということになります。

今回紹介している装備、ステのアレクサンドラがモードチェンジしてWeve移行後のステはこちらになります。

4.32×(1+0.0725)=4.6332
基礎+モードチェンジ後のパッシブ1の行動力増加値

行動力4.63となり今回の最速行動目標値4.5を超えていることが分かるでしょうか。

モードチェンジ後のスキル効果確認はステ画面から行えます。

こちらに関する小ネタ記事はこちら。

 

おわりに

今回は、儚き記憶は友と共に Ev2-6でのレベリングについて掲載しました。

・引率キャラクターは自前で9マス攻撃持ちが強い。今回紹介しているエイダー、アレクサンドラの他にもレア+αやリアン+αなどもある
・先手行動力4.5以上、命中180以上、9マス攻撃、が鍵
・敵編成としては行動の早い機動ばかり。たが紙耐久でかつ射程も短く、さらに開幕は準備行動するものも多く敷居はそれほど高くない
・レベリングついでにアルマンやタロンフェザー、機動軽装特攻OSも集めてしまおう

と、言う記事でした。

ほんとにはじめたばかりの新規さんからするとエイダーも研究での開放は遠いしアレクサンドラも持ってねえ!
となりがちなのはまぁしょうがないんですが、どちらも毎日コツコツと目標を持って続けていれば入手は容易です。
特にアレクサンドラはフルリンク近い回避ペロちゃんでもソロを続ければ入手できるので新規さんにこそ強くオススメできます。
イベントが開催中はイベントマップを優先して……も大事なんですが、研究用の上位素材は常設でしか落ちなかったりします。
ただ単にその辺を周回、ではなく目標を持ってプレイしていくことが大事です。
参考になりましたら幸いです。
 
以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
スポンサーリンク