【日本版ラストオリジン】12/08に実装予定の新キャラクター3(”クイーン・オブ・メイン”見込み)をネタバレ予習。入手法や性能、活躍を確認【本国版からの予測記事】

2021年12月5日

スポンサーリンク

この記事で分かること

・新キャラのネタバレ
・新キャラの性能や入手法、活躍(本国版からの予測)

新キャラ予習1("ニッキートレーシー"見込み。公式露出狂なSS軽装攻撃機)はこちら。

新キャラ予習2("グラシアス"見込み。女性ボイスの氷龍型AGS)はこちら。

 

これで少なくとも日本版が本国版ラストオリジンのデータを使用+日本語化パッチなどの+αの予想が的中した形になりました。
しかしキャラ性能や装備性能に関しては度々のパッチノートが適用された状態となっています。
筆者が確認している限りではこと性能に関しては本国版の6/14まで適用されている、と把握しています。
 
・21/05/24のアレクサンドラ、AGSの全体強化まで
 (AGSのステ上方修正も9/29のアプデで実施)
 
・21/06/14のアルバトロス、シェードの強化まで
 (初心者用解説会話シーンは未実施)

これにより実装される内容が本国版基準となる可能性は非常に高い、と見ています。

 

新キャラ予想

21/12/03(金)、次回12/08日のアップデート予告がありました。

新キャラ3人の影イラストが公開されました。
先行している本国版の情報を元にすると、画像3枚目はほぼこのキャラで間違いないと思います。

クイーン・オブ・メイン(仮)

 

クイーン・オブ・メイン(仮) 概要

本国版では21/05/31に実装されました。
エンプレス、セティ、エラなどの所属するウォッチャーオブネイチャーの4人目となる動物保護バイオロイドです。
対密猟者用に開発されたものの、滅亡戦争勃発後は牙と爪を鉄虫用に改造されています。
ピョンテすぎる恰好が凄すぎる割に、本国版でも同時実装だったグラシアスに話題を奪われいまいち注目を浴びなかった過去があったりします。
 
画像クリックでオリジナルサイズ

 

本国版公式自己紹介有志和訳

 

こだわり

ウォッチャーオブネイチャーの例に漏れず、動物遺伝子こそ入っていないもののモチーフとしている動物の要素を強く取り込んでいます。
メインは百獣の王ライオンの毛皮型コートの他、目もネコ科のライオンにあわせて猫目になってたりします。
表情差分はありませんでした。追加はよ。

 

好感度増減

贈り物半減、戦闘勝利2倍、大破平均、副官平均です。
増加具合から贈り物なんかより鍛えた身体を見せつけろだとか言いそうですし、戦闘は自己紹介通りストレス発散になるからか伸びやすいようです。
名は体を表すとでも言いましょうか。

 

リニューアルした好感度記事はこちら。

滅亡前の戦術教本の歩き方記事はこちら。

 

本国版誓約実装済キャラクター

このキャラクターは本国版では誓約状態が実装されているキャラクターです。
最近の日本版の傾向的に、このキャラクターも誓約での特別台詞変更が同時実装の可能性は大いにあります。

誓約状態での特別仕様についての記事はこちら。

 

入手法

先に断っておきます。最悪半年以上製造限定の見込みです。
聖域は本国版では夏イベが該当します。
実装ペースを加速させてきた日本版ではあるものの夏イベ相当まで夏以外にやるかというと怪しいと踏んでいます。
当分は基本的には製造で狙うことになるでしょう。
幸いSランクではあるので電力栄養よりで投入していると来てくれやすそうではあります。

引用:[滅亡前の戦術教本 (swaytwig.com)]

 

製造で狙うなら?

サラカエル実装時から、本国版では実装と同時にピックアップが行われるようになっています。

これまではイベントの一端として行ってきたものから、バイオロイドの種類が増えてきた為に救済処置がとられたそうです。
とはいえ日本版運営の81号がこれを知っているかどうかは少々期待できないところです。
製造ピックアップ来たらラッキー程度に思っておきましょう。
 

こちらは本国版のアイシャ式

※アイシャ式とは:本来ログインできない時間に運営が実際のサーバーで排出確認を行ったと思われるレシピのこと

 
ニッキーやついでにティタニアもワンチャンありそうなレシピではありますが……。
Sを狙うには重すぎるので、900/900/900とかで数ぶん回しも有効です。
一般で部品390/栄養990(上部下部寄り)/電力620の12%を狙うのもいいと思います。
 

性能

Sランク軽装攻撃機です。
見た目通り非常に高い攻撃性能を有しています。
この時期実装されたキャラにありがちな非常に個性的なパッシブも所持しています。

フレーバーテキストありませんでした。無念。

 

評価

鉄虫相手でも"狩り"の本質は変わらぬ百獣の王

-[クイーン・オブ・メインの長所]
Sランクと思えないほどのとんでも倍率かつ保護無視かつ持続ダメ付与でケミカルXなども噛み殺せる特定エネミーに刺さるスキル1
後列配置するだけで連打可能な縦3マス確定移動不可+確率範囲行動不能効果
自己バフ+待機機追加効果のパッシブ1
攻撃機ながら上下範囲と狭いものの重装軽装特攻効果を付与できる非常に珍しいパッシブ2
 
と尖りまくった面こそないものの、堅実な強さを誇ります。
特にパッシブ2での重装軽装特攻を味方に付与は攻撃機ではメインくらいです。
その他の重装軽装特攻付与キャラクター(文字列クリックで展開)
・マキナ
・フレースヴェルグ
・アルマン枢機卿
スキル1、2ともに自身の攻撃力に直結した状態で繰り出される高倍率のスキル1の火力は下手なSS並です。
待機すると射程を延長する珍しいパッシブも所持しているのもまた強みです。
射程減少を付与してくる強化型チックディテクターやレモネードオメガなどの出現するステージでは意図的にスキル1と2を切り替えることができたりします。
 
-[クイーン・オブ・メインの短所]
地味。
この一言に尽きます。
決して弱いわけではないんですが、21/12/05時点の環境において強力なのはほぼスキル1とパッシブ2のみ、は活躍の場をどうしてもあげにくいです。
スキル2の倍率も範囲攻撃としては高めなものの、縦3マスに見えて敵指定な為2体が離れて配置されている時などは2体同時に狙えません。
移動不可付与は他の特攻持ちと編成しやすい強みもあるものの、本人が一切行動力バフを所持していないのも時にはネック。
待機後の回避増加や反撃所持も面白いものの謎に1度限りというタイミングを選びすぎる扱いにくさも……
潜在能力は高いのは間違いないんですが、まだ眠れる獅子と言った印象が強いかもしれません。
とはいえ手動だと意図的にスキル1の持続ダメでケミカルX貫通や待機後の範囲行動不可付与など様々な場面において"仕掛ける"タイミングを調整できる強みはあるので、好きな方向けの玄人キャラかなといった所。
昇級&ウォッチャーオブネイチャー組とのシナジー効果はよ。
 

活躍動画紹介

あるにはある……んですがパッシブ1を起動しようと思うと待機が必要との事実上手動前提なので操作性が。
一応ウォッチャーオブネイチャー編成で永戦手動攻略なんて面白いものもあります。
どうしても単体威力の高いスキル1と、パッシブ2の軽装重装特攻バフを活かしてのサブアタッカー編成が多いです。

 

常設8-8(スキル優先指定可能後) 1:00

[引用:메인 8-8 이터니티/레몬/아스널/퀸오메 (1:00) – 라스트오리진 채널 (arca.live)]

21/12/05時点の日本版では実装されても不可能な編成です。
21/10/25の本国版でも極々最近に実装された、使用スキル優先度を配置に関係なくスキル1か2か選択できるようになるアップデートが行われると可能となります。
常設9章と同時だったものですし、日本版は早くても半年くらいは先かなぁ……と見ていますがはたして。
 
憤怒状態のエタニティが周囲3人のバフこみで雑魚を一層しつつ、オメガも削ります。
メインはエタニティに重装軽装特攻を付与しつつ残ったオメガを仕留めます。
特攻効果を付与するキャラは数いれど、特攻付与しつつダメージも出せるのはメインくらいな為ピンポイントに出番が回ってきた形です。

 

おわりに

今回は、12/08に実装予定の新キャラクター("クイーン・オブ・メイン"見込み)のネタバレ予習を行いました。

・クイーン・オブ・メインはSランク軽装攻撃機。ウォッチャーオブネイチャー所属の野性味あふれる動物保護バイオロイドなメスライオン。筋肉質。
・入手は基本的には製造限定。初のドロップ解禁は夏イベとなる見込み
・性能的には要所要所で刺さりそうなスキル効果群。攻撃機ながら軽装重装特攻を付与できたりとサブアタッカーになりがち。"狩り"のスタイルを反映したかのような性能が面白い
・とはいえ12/05時点の現環境だと出番は控えめ。刺さる場所には刺さる為強みは把握しておきたい
という記事でした。
 
本国版だと一度も使ったことはないキャラです……。
個性的なのは知っていますし面白い挙動もしますが、じゃあメインじゃないと!という場面がなかなかありません。
範囲攻撃で薙ぎ払った後ケミカルXだけが残っても続いたメインが噛み殺せたりするのは面白いんですけどね。
眠れる獅子を起こすのはなかなか骨のようです。
 
おまけのSDキャラ。エロ可愛い

以上、Zelarnyでした。
閲覧ありがとうございました。
  
スポンサーリンク